更新日:

高速バスはクレジットカード払いできる?カードで支払った場合の払い戻し方法も解説!

高速バスはクレジットカード払いできる?カードで支払った場合の払い戻し方法も解説!

リーズナブルな料金で長距離移動ができる「高速バス」。

高速バスの料金をクレジットカードで支払うとポイントがつくだけでなく、コンビニなどに支払いに行く手間が省けますし、支払い忘れもなくスムーズに乗車できます。

このようにクレジットカード決済はお得なのですが、そもそも高速バス予約サイトやバス会社の窓口でクレジットカード決済が可能かどうかが気になりますよね?

そこで、この記事では高速バス乗車券をクレジットカードで購入できるバス予約サイトやバス会社の窓口を紹介します。

クレジットカードで支払った場合の払い戻し方法や、お得に高速バスを利用できるクレジットカードについても紹介しているので参考にしてくださいね。

多くの高速バスの料金はクレジットカードで支払える!

現在、多くの高速バスの料金をクレジットカードで支払うことができ、さらにクレジットカードのポイントがつくので現金払いよりお得になります。

バス会社独自のポイント制度などがあれば、ポイントの二重取りも可能です。

たとえば高速バスドットコムのポイント付与対象便なら、クレジットカードの独自ポイントとは別に利用金額の2%のポイントが貯められます。

また、クレジットカードで支払うと料金は後払いなので、バス予約時にお金が無くても高速バスを利用できます。

さらにクレジットカードについている特典や優待を利用すると、高速バス以外でもお得になりますよ。

オンライン決済でクレジットカードが使える高速バス予約サイト

オンライン決済でクレジットカードが使える高速バス予約サイトを紹介します。

クレジットカード決済可能な高速バス予約サイト

  • 楽天トラベル
  • じゃらんnet
  • 高速バスドットコム
  • ハイウェイバスドットコム
  • WILLER TRAVEL
  • VIPライナー
  • 高速バスネット
  • 発車オ~ライネット

主要な高速バス予約サイトはクレジットカード払いに対応しており、サイトによってはクレジットカードで決済すると割引が受けられることもあります。

また、クレジットカード決済ならコンビニなどに支払いに行く手間も省ける上に、支払い忘れもなく乗車当日でも予約できます。

コンビニ決済などで料金を支払うとキャンセル時の返金の際には振込み手数料がかかりますが、クレジットカード払いなら振込み手数料はかからないというメリットもあります。

オンライン決済の方法

バス予約サイトでクレジットカードを使って予約する手順は以下のようになります。

ここでは楽天トラベルを例にとって説明します。

クレジットカードでオンライン決済する手順

  1. 予約サイトでバスを検索
  2. 残席があれば希望のバスを選択
  3. サイトに会員登録
  4. 搭乗者の情報を入力
  5. 支払方法などを選択
  6. クレジットカード情報を入力
  7. 予約内容を確認し予約する

まず高速バス予約サイトで目的地や出発地、乗車日などからバスを検索し、空席状況を確認して残席があれば希望のバスを選択してください。

初めて利用する場合は、会員登録をおこなってから搭乗者の情報を入力して支払方法を選択します。

楽天ポイント利用の有無や予約確認メール送付先、クーポン利用なども選択または入力します。

そしてクレジットカードの情報を入力し、予約内容を確認して「上記の内容で予約する」を押すと予約は完了です。

クレジットカード決済なら予約時に支払いが完了するので、支払いに行く手間がかからず便利です。

バス予約サイトではクレジットカード決済は基本的に1回払いで、利用できるクレジットカードの国際ブランドはVISA、Mastercard、JCB、American Express、ダイナースクラブです。

ただし、ダイナースクラブについては一部の予約サイト(高速バスネット、WILLER TRAVEL、発車オ~ライネット)で使用できません。

なお乗車日に、予約で利用したクレジットカードを確認されることがあるので持って行ったほうがよいですね。

窓口でクレジットカードが使える高速バス会社は?

窓口で高速バス乗車券を購入する際にクレジットカードが使えるかどうか、それぞれのバス会社について紹介します。

JRバス

JRバス関東の高速バス乗車券はJR東京駅とバスタ新宿(新宿駅新南口)内にあるJR高速バス切符売り場の窓口と自動券売機で購入可能で、どちらもクレジットカードで支払えます。

なお、JR東京駅の自動券売機では当日チケット、翌日以降のチケット、予約済みのチケット、回数券をクレジットカードで購入できます。

西武バス

西武バスの高速バス乗車券は、以下の窓口で購入できます。

西武バスの高速バス乗車券を購入できる窓口

  • 池袋チケットセンター
  • 池袋駅案内所(西武池袋線 B1改札前)
  • 石神井公園案内所
  • 大泉学園駅北口案内
  • 所田無駅案内所
  • ひばりヶ丘駅南口案内所
  • 朝霞駅南口案内所
  • 清瀬駅北口案内所
  • 花小金井駅案内所
  • 立川駅北口案内所
  • 所沢駅東口案内所
  • 狭山市駅案内所
  • 川越駅西口案内所
  • 大宮駅西口案内所(アルシェビル6F)

上記の窓口では、セット券を含む高速バスの乗車券をクレジットカードで購入できます(回数券を除く)。

利用できるクレジットカードの国際ブランドはVISA、Mastercard、JCB、American Express、ダイナースクラブ、Discoverです。

京王バス

京王バスの全路線の窓口は、バスタ新宿(新宿高速バスターミナル)にあります。

バスタ新宿にある有人発券窓口と自動発券機はどちらもクレジットカード決済が可能です。

名鉄バス

名鉄百貨店メンズ館にある名鉄バスセンター3階にある切符売り場で、名鉄バスの高速バス乗車券をクレジットカードで購入できます(出発30分前まで)。

利用できるクレジットカードの国際ブランドはVISA、Mastercard、JCB、American Express、ダイナースクラブ、Discoverです。

ただし、近距離高速線はクレジットカードで支払うことはできません。

近鉄バス

近鉄バスの高速バス乗車券は、以下の窓口で購入できます。

近鉄バスの高速バス乗車券が購入できる窓口

  • 近鉄高速バスセンター(近鉄大阪上本町駅2階)
  • 近鉄バス各営業所
  • OCATビル チケットカウンター
  • 三宮バスターミナル (ミント神戸1階)
  • 近鉄駅営業所(大阪難波駅、近鉄八尾駅、京都駅、大阪阿部野橋駅)
  • 主要旅行会社(近畿日本ツーリスト、JTB、日本旅行、東武トップツアーズなど)

窓口によってはクレジットカードが使えない可能性もあるので、事前に確認しておきましょう。

阪急バス

阪急バスの高速バス乗車券は、以下の窓口でクレジットカードを利用できます。

クレジットカードを利用できる阪急バスの窓口

  • 大阪梅田チケットセンター(阪急三番街高速バスのりば前)
  • 新大阪チケットセンター
  • 千里中央案内所
  • 桃山台案内所

また、大阪梅田チケットセンターと有馬案内所にある自動券売機でもクレジットカードを利用できます。

西鉄バス

西鉄バスでは定期券販売所や博多バスターミナル、天神バスセンター、バス営業所などの窓口でクレジットカードを利用できます。

窓口によって取り扱う商品が異なるので、購入予定の窓口で高速バス乗車券を販売しているかどうかは事前に確認しておきましょう。

また、利用できるクレジットカードの国際ブランドはVISA、Mastercard、JCB、American Express、ダイナースクラブです。

クレジットカードで高速バス料金を支払った場合の払い戻しはどうなる?

予約サイトを使ってクレジットカードで高速バスの料金を支払った場合、予約サイト上で払い戻しが可能です。

ただし、サイト上で払い戻しができる期限は予約サイトによって異なり、期限後の払い戻し方法もそれぞれ異なります。


予約したバスが始発バス停を出発する2時間前(一部は乗車バス停出発10分前)までならサイト上で払い戻しできるところもありますし、路線によってサイトで払い戻しできる受付期限が違う場合もあります。

期限が過ぎた後も、出発時刻までに指定の連絡先に連絡できれば払い戻しができる場合がほとんどです。

窓口でクレジットカードを使って支払った場合は、予約したバスの出発時刻になるまで、購入した窓口でのみ払い戻しができます。

その際はクレジットカードの利用控えが必要なので、忘れずに持っていきましょう。

高速バスを利用するなら楽天カードがおすすめ

楽天カード
楽天カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永年無料の業界大人気クレカ!
  • ポイントは電子マネー「楽天Edy」にも交換可能!
  • SPUポイント倍率:楽天カードで楽天市場の支払いをするとポイント最大3倍。
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~20.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天カードは年会費無料のクレジットカードです。

基本の還元率は1%ですが、楽天トラベルの支払いに楽天カードを使えば還元率は2%にアップします。

楽天トラベルの利用で楽天ポイントが貯まるだけでなく、貯めたポイントを楽天トラベルで使うこともできるのでお得です。

楽天カードは楽天市場で使うといつでも還元率3%なのでポイントが貯めやすいクレジットカードです。

普段の買い物で楽天カードを使うようにすると、貯めたポイントの分だけバス料金を安くすることができます。

過去に楽天トラベルでは高速バスの利用でポイントが5倍にアップするキャンペーンが開催されたこともあり、キャンペーンを利用できればさらに還元率を上げられます。

楽天カードは入会時のキャンペーンが豪華なので高速バスを利用する前にクレジットカードを発行しておくと、もらったポイントを使って実質無料でバスに乗ることもできます。

高速バスのクレジットカードまとめ

クレジットカードで高速バスの料金を支払うとポイントが貯まりますし、支払いに行く手間も省けるのでお得で便利です。

主要な高速バス予約サイトではクレジットカードで決済できます。

また、バス会社の窓口でもクレジットカードで決済できるところが増えています。

クレジットカードを使って予約サイトでバス料金を支払った場合、期限内であればサイト上で払い戻しができますが、その期限は予約サイトによって異なります。

期限後も、出発前までに連絡できれば払い戻しができる場合が多いです。

楽天カードは楽天トラベルで使うと還元率2%にアップするクレジットカードなので、お得に高速バスを利用したい人におすすめです。

貯めたポイントを利用できるので高速バス料金を安くすることもできますよ。

食品や雑貨商品などを扱うライター・編集を経て、マネ会を担当。クレジットカードのポイント還元や特典だけでなく、各カード会社の戦略やマーケティングにも興味あり。普段使っているクレジットカードはJALカードで、実家への帰省の際には、貯めたマイルを特典航空券に交換している。ヤフオクやヤフーショッピングで買い物をする際には、ヤフーカードも使用。体を動かすことが好きで、定期的にジムで筋トレ。機会あれば、山へハイキングに出かけ、帰りの温泉を楽しむ。

山本の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事