更新日: / 公開日:

ゴールドカードへアップグレード!インビテーションが届くクレカを紹介

ゴールドカードへアップグレード!インビテーションが届くクレカを紹介

クレジットカードを使っているそこのあなた、「インビテーション」という言葉を知っていますか?
この言葉、日常的にクレジットカードを使っている方なら是非とも知っておきたい言葉です。

インビテーションは日本語に訳すと招待という意味ですが、クレジットカード業界では発行会社から届く招待状のことを指し、よりグレードの高いカードに更新しませんか?ランクアップしませんか?という案内のことです。

インビテーションが届くということは、発行会社から優良顧客として認められたことを意味していますので、その提案を受けるにせよ受けないにせよ、喜ばしいことだと言えます。

クレジットカード会社はなぜインビテーションするのか?

では、なぜクレジットカード会社はインビテーションを行っているのでしょうか?
その理由は、ずばりインビテーション = 利益につながるからです。

現在、日本国内だけでもかなりの数のクレジットカードが発行されており、1人の方で複数のカードを支払いによって使い分けることも良く行われています。

ただし、異なる複数のカードを使い分けされると、それぞれのクレジットカード発行会社としてはあまり利益が出なくなるので、優良顧客の決済が他社へ流れないように、自社のより質の高い上位ランクへクレジットカードの更新を促すために招待(=インビテーション)します。

また、単純にカードをアップグレードしてもらえれば年会費も上がるので、よりクレジットカード会社の利益につながるという狙いもあります。

インビテーションにはどんなメリット・デメリットがあるの?

一般的に、インビテーションを受けてクレジットカードのグレードが上がると、利用限度額の上限が上がり付帯している特典も充実したものになります。

また、クレジットカード会社から優良顧客として認められた証となるので、ちょっとした優越感が得られることもメリットとして挙げられるでしょう。
基本的にインビテーションが届いた結果、カードのランクはゴールド以上になりますので、見た目にも「お金のある人なのだな」という印象をさり気なく周囲に与えることになります。

しかし、ほとんどのクレジットカードは、グレードアップとともに年会費も上がってしまいます。
特典と年会費のバランスを見ながら、本当にインビテーションを受けてグレードを上げる必要があるか判断することをオススメします。

ゴールドカード20枚の限度額を徹底調査!利用限度額の上げ方も解説
クレジットカードには、お支払いに利用できる最大の限度額が設けられています。 この利用限度額は、クレジットカードの種類や契約者によって異なりますが、一般的にステータスが高いと言われているゴールドカードではどうなのでしょうか?

インビテーションを受けてアップグレードすると特典はどう変わる?

ここでは、国内唯一の国際ブランドJCBの発行する「JCBカード」を参考に解説していきます。

JCBカードのランクによるスペック、特典の違い

JCB一般カード
JCBゴールドカード
JCBゴールド ザ・プレミア
年会費 1,250円+税 10,000円+税 15,000円+税
旅行傷害保険 最高3,000万円 最高1億円 最高1億円
ショッピング保険 最高100万円 ※海外 最高500万円 最高500万円
空港ラウンジサービス × 国内○ 海外× 国内○ 海外○
コンシェルジュ × ○(コールセンター) ○(専属)
直接申し込み 可能 可能 インビテーションのみ
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

年会費

年会費は当然一般カードの方が安いです。ランクが上がるにつれて年会費も上がっていきます。

中には、年会費が初年度無料のゴールドカードもあるためまずはそういったもので試してみるというのも良いでしょう。

JCBゴールド
おすすめポイント
  • 今なら初年度年会費無料
  • 最高1億円の旅行保険が付帯!
  • ポイント互換性の高いOkiDokiポイントが貯まる!
年会費 無料
次年度以降 10,000円
ポイント還元率 0.5%~2.5%
マイレージ還元率 0.3%~0.78%
ETC年会費 -
発行期間 1営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 非対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

旅行傷害保険

対象となる旅行が海外と国内どちらなのか、もしくは最高でどのぐらいの金額まで補償してくれるのか、など補償金額や内容が異なってきます。

JCB一般カードの場合

海外・国内旅行傷害保険共に、最高3,000万円まで補償します。

JCBゴールドカード、JCBゴールド ザ・プレミアの場合

海外旅行傷害保険で最高1億円、国内旅行傷害保険では最高5,000万円まで補償します。

ショッピング保険

当該カードを利用して購入した商品に対する補償です。補償の有無、最高限度額などが異なります。

JCB一般カードの場合

海外で購入した商品のみ対象で、最高100万円まで補償します。

JCBゴールドカード、JCBゴールド ザ・プレミアの場合

海外・国内で購入した商品を対象に、最高で500万円まで補償します。

空港ラウンジサービス

全国各地の主要空港内に設けられている空港ラウンジの無料利用の可否が異なってきます。

JCB一般カードの場合

空港ラウンジの無料利用はできません。

JCBゴールドカードの場合

全国の主要空港ラウンジを無料で利用することができます。

JCBゴールド ザ プレミアムの場合

全国の主要空港ラウンジを無料で利用することができます。
海外主要都市空港にあるVIPラウンジ、「プライオリティパス」へ無料で入会できます。

コンシェルジュサービス

クレジットカード利用に対するサポート、コンシェルジュサービスの有無が異なります。

JCB一般カードの場合

コンシェルジュサービスには対応していません。

JCBゴールドカードの場合

カードに関する全般的な問い合わせや、航空券、JR乗車券の予約手配をしてくれるサポート窓口が用意されています。

JCBゴールド ザ プレミアの場合

カードに関する全般的な問い合わせや航空券、JR乗車券、ゴルフ場の予約手配をしてくれるプレミアム会員専用窓口が用意されています。

どうすればインビテーションが届くのか?

中には、「どうしてもゴールドカードが欲しい!」という方や、「ゴールドカードは持っているのにしばらくプラチナカードのインビテーションが来ない」という方もいらっしゃるでしょう。

ここでは簡単に、どうすればゴールドやプラチナといったカードへのインビテーションが届くのかをご説明します。

プロパーカードを選ぶ必要がある

クレジットカードには、カード会社が自社で発行しているプロパーカードと、カード会社以外の企業が発行している提携カードがあります。

プロパーカードと提携カードの例

イオンカードはイオンクレジットサービス株式会社が発行するのでプロパーカード
ファミマカードはポケットカード株式会社が発行するので提携カード

インビテーションは、プロパーカードを利用している場合にしか届きませんので、すでにカードをお持ちの方は、ご自分のカードがプロパーカードかどうかを確認してみましょう。

発行会社に「優良顧客だ」と認められる必要がある

「優良顧客」だと認められるためには、年間の利用金額と支払い状況が大きく影響します。
しかし、実は発行会社が公表していないため、正確なインビテーション基準は知られていません。
会社ごとに多少の差はありますが、ゴールドカードの場合だと、年間50万円~100万円程の利用プラチナカードだと年間100万円以上の利用を数年継続することが条件だと言われています。

また、リボ払い・分割払い・キャッシングの利用は、「生活に余裕がないのでは?」と捉えられることもあるため、インビテーションが届かない可能性が高くなると言われています。
利用金額も利用年数も問題ないのにインビテーションが届かない方は、利用方法に問題があるのかもしれません。

利用内容にも気をつけよう

優良顧客の判断材料のひとつに、クレジットカードの利用内容も含まれます。

光熱費の支払いにだけ利用されている方と高級ブランド品や高額な品物を購入している方を比べると、後者の方が裕福な印象を受けるので、優良顧客として判断され、よりインビテーションが届きやすくなると言われています。

また、長期的に利用する、または継続的な支払いを行うことでも優良顧客としての信用度を上げることができるので、あせらないことも重要です。

これはNG!インビテーションを受けるためにやってはいけないこと

上で触れた条件を満たしているのに、インビテーションが届かない場合は、以下の場合が考えられます。

クレジットカード会社からのインビテーションを希望するうえで、もっともやってはいけないことが利用料金の遅延・延滞です。

クレジットカード会社はインビテーションの判断基準として利用者の支払い能力を重視します。
アップグレードされたクレジットカードは、利用限度額も上がるのが一般的ですが、遅延や延滞をしてしまう信用度が低い方だと返済されないリスクが発生するので、自然とインビテーションの基準から除外されてしまいます。

基本的には遅延や延滞は、インビテーションにかかわらず、社会の自身に対する信用度も下げてしまうので、気をつけるようにしましょう。

インビテーション以外でカードのグレードを上げるには

今までに触れた必要なこと、やってはいけないことをすべてふまえたうえで、それでもインビテーションが届かない場合もあります。
(これはクレジットカード会社の判断なので仕方がありません)

それでは、カードのグレードを上げることはあきらめるしかないのでしょうか?

ゴールドカードに直接申し込もう

もしどうしてもインビテーションが届かない場合は、クレジットカード会社へ直接申し込みましょう。
もちろん、インビテーションでのみ発行しているクレジットカードもありますが、ゴールドカードであれば、今の時代はほとんど直接申し込むことが可能です。

この際、基本的には今お持ちのクレジットカードの上位版ではなく、別の発行会社のゴールドカードに申し込むようにしましょう。
「保持クレジットカードのインビテーションが来ないので、自分から何度か連絡していたらインビテーションが届いた!」という声も散見されますが、基本的には発行会社が定める基準に達していないからインビテーションが届いていないのであり、ご自分からしつこくリクエストを送るのはあまり得策とは言えません
アメリカン・エキスプレスやダイナースといった、審査基準が比較的厳しいと言われるクレジットカードであれば尚更です。

他社のクレジットカードであっても、改めてゴールドカードで利用実績を積むことで、さらに上のプラチナ・ブラックへのインビテーションの道も開けるので、諦めずに申し込んでみましょう。

次項では、インビテーションなしでも発行可能なゴールドカードを紹介します。

インビテーションなしでも発行出来るゴールドカード

ここでは、ステータス・発行難易度別に2〜3枚ずつ、直接申込みのできるオススメゴールドカードをご紹介していきます。

ステータス: 中、発行難易度: 中

この分類には、国際ブランドが直接発行していないカードや、いわゆる格安ゴールドカードと呼ばれるものを入れています。

あまりご自分の年収や信用度に自信がない、という方はこちらを選ばれると良いのではないでしょうか。

もちろん、これらのカードにも更に上のランクが存在しますので、年収・信用度がしっかり上がれば、各プラチナカードなどへのインビテーションも届くでしょう。

ステータス: 高、発行難易度: 高

こちらでは比較的ステータスも高く、付帯サービスなども充実しているゴールドカードを掲載します。
年会費も10,000円(税別)を超えてきますが、その分うまく使えばリターンも大きいカードです。

「格安ゴールドはちょっと・・・」と思われる方は、こちらにチャレンジされてはいかがでしょうか?

なお、こちらでご紹介しているアメリカン・エキスプレス®・カードは、券面はグリーンですが、実質ステータスは他社のゴールドカード並と言われています。

ステータス: 最高、発行難易度: 最高

最後に、ステータスも非常に高く、その分審査難易度も高いと思われるゴールドカードをご紹介します。
基本的には国際ブランドが発行するクレジットカードがこの分類となります。

知名度も高いカードですので、これらのカードを所有していれば周囲から一目置かれることは間違いないでしょう。

インビテーションがある嬉しいカード

ここからは、今後さらに上級のクレジットカードを狙う方々のために、インビテーションされる可能性があるクレジットカードをご紹介していきます。

ゴールドカードにインビテーションされる可能性があるクレジットカードはこれだ!

まずは、ゴールドカードにランクアップできる可能性のある一般カードをご紹介していきます。いきなりゴールドカードに申し込むのは気が引ける、自信がない、という方はこちらのカードにお申込みをされてはいかがでしょうか?

プラチナカードにインビテーションされるクレジットカードはこれだ!

次に、プラチナカードにランクアップできる可能性のあるゴールドカードをご紹介します。
ゴールドカードに申し込んでも審査を通過する自信のある方は、是非下記のカードを選んでみて下さい!

ゴールドカード申し込みに必要な年収が気になる方は、下記の記事もぜひ読んでみて下さい。

ゴールドカードに必要な年収ってどのくらい?年収の目安を徹底調査!
「ゴールドカード」が欲しいけど、年収によって取得出来るゴールドカードは変わるのか、どのぐらいの年収が必要なのだろうかなど、疑問にお答えします! ゴールドカードの取得に必要とされている年収の目安を徹底調査。また、その必要年収の目安別におすすめするゴールドカードも合わせてご紹介します。 ご自身の年収に合った、特別なゴールドカードを見つけましょう。

持っているだけで自慢できる!?選ばれた人だけがもてるプラチナカード・ブラックカード

さらに、一部のお金持ちや優良ユーザーにしかインビテーションが送られないと言われるプラチナカードもこちらでご紹介しておきます。

実はプラチナカードの中にも直接申し込みが可能なカードがあるのですが、ここではそれらのカードは対象外とします。

JCB ザ・クラス

こちらはJCBカードシリーズの中でも最上級のカードです。
券面は高級感のある黒の中心にペガサスと「THE CLASS」の金文字があしらわれた、いかにも限定感のあるデザインとなっています。

取得条件としては、JCBゴールド ザ・プレミアカードで100万円程度の利用を2年以上続けることが条件と言われています。
(実際にJCBで運用されている条件は公開されていません。飽くまで非公式の情報となります)

さらにJCBゴールド ザ・プレミアカードを利用するためにも、JCBゴールドカードの利用実績を積み上げてインビテーションを貰う必要があります。

以上から、JCB ザ・クラスを目指す方は、JCB一般カードもしくはJCBゴールドカードから取得する必要があります。

JCB ザ・クラスは、一般にJCBオリジナルシリーズを利用し始めてから4〜5年ほどの期間を経て獲得できると言われていますので、その期間はしっかりとクレジットヒストリーを築くことに集中しましょう。

JCB一般カード
おすすめポイント
  • オンライン入会で初年度年会費無料!
  • 国内・海外旅行保険は最大3000万円!
  • 海外の利用ではポイントが2倍に!
年会費 無料
次年度以降 1,250円
ポイント還元率 0.5%~2.5%
マイレージ還元率 0.3%~0.78%
ETC年会費 -
発行期間 1営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 非対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー
JCBゴールド
おすすめポイント
  • 今なら初年度年会費無料
  • 最高1億円の旅行保険が付帯!
  • ポイント互換性の高いOkiDokiポイントが貯まる!
年会費 無料
次年度以降 10,000円
ポイント還元率 0.5%~2.5%
マイレージ還元率 0.3%~0.78%
ETC年会費 -
発行期間 1営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 非対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

アメリカン・エキスプレス®・プラチナ・カード

こちらはアメリカン・エキスプレス自身が発行する、プロパーのプラチナカードです。
アメックスが発行するクレジットカードで年間100万円程度の利用があれば、所有から1年程度の利用期間でもインビテーションが届くと言われています。

アメックスブランドで他社が発行するカードであれば、インビテーション無しでも入会可能なものはありますが、アメックスのプロパーカードの場合はゴールドカードまでしか招待無しでは取得できません。

なお、アメリカン・エキスプレス®・プラチナ・カードの年会費は現在130,000円(税抜)となっているようです。

他社のプラチナカードと比較しても格段に高く、普通のサラリーマンでは所有すること自体が重荷となる水準ですので、一定以上の地位と金銭的余裕がある方にしかインビテーションが送られないのも頷けるでしょう。

ちなみにプラチナの更に上位のカードとして、世界最高クラスの年会費を誇るセンチュリオン・カードが存在します。

将来的な保有を目指す方は、まずはグリーンもしくはゴールドから取得しておきましょう。

アメリカン・エキスプレス®・カード
おすすめポイント
  • 国内200以上のレストランの優待特典や多様なエンターテイメントの優待特典あり!
  • 最高5,000万円の旅行傷害保険の保証も充実!
  • 貯めたポイントを一度アイテムと交換するとポイント有効期限が無期限に!
年会費 12,000円
次年度以降 12,000円
ポイント還元率 0.333%~0.4%
マイレージ還元率 0.5%~1.0%
ETC年会費 無料
発行期間 14営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
おすすめポイント
  • 世界が認めるゴールドカードとしてのブランド力!
  • 最高1億円まで補償される海外旅行保険!
  • 旅行予約サイトでの特典が多数!
年会費 29,000円
次年度以降 29,000円
ポイント還元率 0.333%~0.4%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 -
発行期間 14営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 非対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

セソンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンが発行するアメリカン・エキスプレス・カードで、年間100万円以上の利用を継続していると招待されると言われています。

こちらはアメックスプロパーのプラチナカードとは異なり、年会費は20,000円+税と、比較的所持しやすく設定されています。

なお、下位のカードとしては年会費の低い順に

・セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
・セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
・セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

があります。

プラチナを除く上記はいずれも直接申し込みが可能ですので、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの取得を狙う方は是非詳細を確認してみてください。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
おすすめポイント
  • 初年度年会費無料、次年度以降も年一回の利用で年会費無料!
  • 有効期限のない永久不滅ポイントに対応!
  • 海外のショッピング利用でポイント2倍!
年会費 無料
次年度以降 1,000円
ポイント還元率 0.5%
マイレージ還元率 0.90%
ETC年会費 無料
発行期間 最短即日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
おすすめポイント
  • 最高3,000万円の旅行傷害保険!
  • 手荷物無料宅配等の海外でのサポートも充実!
  • 有効期限のない永久不滅ポイントに対応!
年会費 無料
次年度以降 3,000円
ポイント還元率 0.7%
マイレージ還元率 0.90%
ETC年会費 無料
発行期間 3営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
おすすめポイント
  • 有効期限のない永久不滅ポイント対応!
  • 貯まったポイントを多彩なアイテムと交換可能!
  • 国内での利用で1.5倍、海外利用なら2倍のポイントが貯まる!
年会費 無料
次年度以降 10,000円
ポイント還元率 0.75%
マイレージ還元率 0.90%
ETC年会費 無料
発行期間 3営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能

ダイナースクラブプレミアムカード

こちらはダイナースクラブカードの上位カードとなっており、ダイナースが展開するカードの最上位です。

年間の利用額が100万円未満でも、ダイナースクラブカードを取得後に数十万円の利用が数年間続けばインビテーションが届くと言われています。
(インビテーション基準は公開されていません。こちらも非公式の情報となります)

ダイナースクラブプレミアムカードの年会費は130,000円に設定されており、アメックスのセンチュリオンカードの年会費が300,000円以上であることを考えれば、比較的所持しやすいと言えます。

優待サービスは、基本的には通常のダイナースクラブカードが更にワンランクアップするようなものが用意されています。

直接申し込みは当然不可ですので、保有を目指す方はダイナースクラブカードから入手しましょう。

ダイナースクラブカード
おすすめポイント
  • 会員様を信頼しての利用限度額に一律の制限なし!
  • 国内外850ヵ所以上の空港ラウンジが無料!
  • 最高1億円の旅行保険が付いているから安心!
年会費 22,000円
次年度以降 22,000円
ポイント還元率 0.4%~0.416%
マイレージ還元率 1.0%
ETC年会費 無料
発行期間 14営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

エポスプラチナカード

皆さんよくご存知の、マルイを運営する丸井グループのエポスカード株式会社が発行するクレジットカードの最上位版です。
取得条件としては「エポスゴールドカードで年間100万円程度の利用」になっているようですが、他のカード同様公式には明確にされていません。

プラチナカードの会員になると、下位ランクのカードにはないボーナスポイントが毎年加算されます。
エポスプラチナカードの年会費は20,000円なのですが、100万円以上を年間で利用するだけで20,000円相当のポイントが付与されますので、使い方によっては実質年会費無料のプラチナカードとなり得ます。

その他にも、利用者の誕生日月には利用金額に応じたポイントが通常の2倍になるといった、母体がショッピングセンターであるからこそのメリットが用意されています。

国内・海外旅行保険や空港ラウンジの利用、海外サポートデスクも利用できるなど、他のプラチナカードに勝るとも劣らないサービスが充実しています。

エポスプラチナカードを狙う方は、通常のエポスカード、もしくはエポスゴールドカードから入手していきましょう。

エポスカード
おすすめポイント
  • 全国10,000店舗の優待つき!
  • 入会金・年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険は最高500万円
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5%~5.0%
マイレージ還元率
ETC年会費 無料
発行期間 1営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

まとめ

・インビテーションを受けるには、クレジットカード会社の信用度が重要
・積極的かつ、支払期日を守った利用を心がけることで、インビテーションが狙える
・インビテーションでランクが上がったクレジットカードは、特典やサービスも充実する

インビテーションには公式に出ていない不確定な情報が多いですが、いずれにしても、クレジットカード会社からの信用度がもっとも重要と言えるでしょう。

支払い期日を守った利用を心がけ、着実に次のランクアップを目指しましょう。

関連記事

2019年03月14日
2019年01月30日
2019年03月12日
2019年02月24日
2018年12月26日
2018年12月14日
2019年01月30日
2019年03月19日
2019年01月31日
2019年03月18日
2018年12月12日
2019年03月06日
2019年01月30日
2018年12月11日
2019年02月25日
2019年01月30日
2019年03月06日
2019年01月30日
2019年01月30日
2019年02月08日
2019年01月31日
2018年12月14日