更新日:

ETCカードのみでも作成可能!メリット・デメリットを徹底解説

ETCカードのみでも作成可能!メリット・デメリットを徹底解説

諸事情によりクレジットカードを作りたくない方やETCカードだけが欲しいという方もいらっしゃることでしょう。そのような方のために、「クレジットカード機能がないETCカード」が存在します。

本記事ではETCカードのみ発行する場合のメリット・デメリットをご紹介していきます。

ETCカードのみでも作成はできる

ETCカードのみで作成できるカードは、ETCパーソナルカード、ETCコーポレートカード、法人ETCカードの3券種です。

クレジット機能がないこれらのETCカードは、デポジットをカード発行元に預けたり、利用代金の数%を手数料として支払うことで、ETCカードを利用できます。

ただし、高速道路利用料金が事前に支払ったデポジットから引かれるわけではないので、デポジットとは別に利用料金を支払わなければなりません。

ETCカードのみ発行するメリット

クレジットカード機能のないETCカードを発行することにはメリットがあります。

ETCカードのみ発行するメリット
  • クレジットカードの審査を受ける必要がない
  • クレジットカード番号の盗難などの被害に遭う心配がない
  • 他のETCカードと同様に各種割引の対象となる

ETCカードのみを発行するメリットである3つの点をご紹介します。

クレジットカードの審査を受ける必要がない

クレジットカード機能がないため、個人信用機関を使った審査を受ける必要がありません。そのため、過去に支払遅延などの金融事故を起こしたことがあるなど、審査に不安がある人でもETCカードを持てます。

クレジットカード番号の盗難などの被害に遭う心配がない

クレジットカード機能がないため、盗難に遭っても高額の買い物をされるなどの不正利用される心配がないという安心感があります。

ただし、ETCコーポレートカード以外は車両を問わず利用可能なため、盗難に遭って、高速道路通行に利用される可能性はあるので、その点は注意が必要です。

他のETCカードと同様に各種割引の対象となる

クレジットカード機能はないものの、クレジットカード付帯のETCカード同様に各種割引の対象となります。

審査なしで割引が受けられるので、クレジットカードを持たずにETCカードを持ちたい人におすすめです。

ETCカードのみ発行するデメリット

ETCカードのみの発行でも、ETCマイレージサービスなどの割引は受けられますが、使い勝手はクレジットカード付帯のETCカードと違っています。

ETCカードのみ発行するデメリット
  • 選択肢が少ない
  • 手続きが煩雑
  • デポジット分のお金を余分に用意する必要がある

ETCカードのみ発行する場合のデメリットを一つずつ解説していきます。

選択肢が少ない

ETCカードのみ発行できるカードの種類はこの記事の後半で紹介する3種類のみです。

法人でも個人事業主でもない個人が入手しようと思う場合は、ETCパーソナルカード一択となります。

クレジットカード付帯のETCカードだと年会費無料のものや利用金額に応じてポイントが貯まるものなど自分のニーズに合わせてたくさんの選択肢の中から自分に合ったものを選べますので、選択肢の少なさはデメリットといえます。

手続きが煩雑

クレジットカード付帯のETCカードであれば、インターネットから申し込み、本人確認書類も写真をアップデートするだけと、ネット上で完結するものが多くあります。必要書類も少なく、手続きは簡単です。

しかし、ETCカードのみを発行しようと思う場合は、必要書類が多く、保証金の支払いなど手続きも煩雑で時間がかかります。

しかも、クレジットカード付帯のETCカードだと即日発行可能なものもあるため、ETCカードのみの発行は急いでいる人には向きません。

デポジット分のお金を余分に用意する必要がある

クレジットカード付帯のETCカードは発行手数料無料・年会費無料というカードも多く、保証金など支払いは必要ありません。

ETCカードのみ発行する場合は、審査がない分、支払い保証のために事前に保証金や出資金などの支払いをしなくてはならず、余分にお金を用意する必要があります。

デメリットが気になる方はETCカード付帯のクレジットカードを選ぼう!

ETCカードのみ発行するとなると年会費も掛かりますし、デポジットや出資金などの余分なお金を準備しなければならない上に、手続きも煩雑で時間が掛かります。

そこで、年会費などの維持費が掛からないおすすめのクレジットカード付帯のETCカードを2券種ご紹介します。

年会費無料!ポイント高還元率!「JCB CARD W」

JCB CARD Wは、JCBならではの充実したサービスや保険が付帯していながら、本カード・ETCカード共に年会費・発行手数料無料のカードです。

JCB CARD W
JCB CARD Wの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • WEB入会限定カード
  • 年会費永年無料!
  • ポイント還元率は常に2倍以上
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1 〜 2%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

年会費などの維持費が掛からないだけでなく、ETCカードを利用するとETCマイレージのほかに、利用金額に応じて「OkiDokiポイント」も付与されます。

しかも、いつでもポイント2倍なので、ポイント還元率1.0%と還元率が高いことも魅力の一つです。39歳以下を対象にしたカードと年齢制限はありますが、対象年齢の方は持っていて損のないカードといえます。

JCB CARD Wは常にポイント2倍!39歳以下ならメリットだらけの高還元率クレカ!

年会費無料!充実の付帯保険!エポスカード

エポスカードは本カード・ETCカード共に年会費・発行手数料無料のカードです。しかも、エポスカードを持っていると全国の10,000店以上で割引料金で利用できるなどの優待を受けられます。

エポスカード
エポスカードの詳細
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 全国10,000店舗の優待つき!
  • 入会金・年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険は最高500万円
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~5.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

エポスカードのETCカードはネットから申し込むと、申し込み日から10日前後で自宅に届きます。ETCカード発行にあたっての必要書類などはないので、手続きも簡単です。

また、年会費無料のカードでありながら、最高2,000万円の海外旅行保険が自動付帯しており、海外で病気やケガに見舞われた際の治療費が最高200万円まで補償されるなど、補償内容も充実しています。

ポイント還元率は0.5%(200円で1円相当のポイント)と標準ですが、付帯保険や優待サービスなどを考えると持っているだけでも得をするカードといえます。

エポスカードは年会費無料でお得なメリットや特典が豊富!デメリットはあるの?

ETCカードのみのメリット・デメリットまとめ

クレジットカードを持ちたくない方や審査に不安のある方は、ETCカードのみを発行可能です。

しかしETCカードのみを発行しようと思うと、審査がない分、保証金や手数料などの高速道路利用料金以外の費用が掛かってしまいます。

そのため、年会費・発行手数料無料で、さらに利用金額に応じてカード会社からポイントで還元してもらえるクレジットカード付帯のETCカードがおすすめです。

クレジットカード付帯のETCカードは維持費が掛からず、お得に利用できるので、審査に不安がある方も試しに申し込んでみる価値があるといえるでしょう。

関連記事