更新日:

ETCカードの使い方大全! 初めてETCカードを使う人もこれさえ読めばOK!

ETCカードの使い方大全! 初めてETCカードを使う人もこれさえ読めばOK!

初めてETCカードを使おうというあなたへ。この記事を読んで、高速道路でのETCカードの使い方はもちろんのこと、事前準備や走行後の使い方までを頭に入れておいてください。

この記事さえ読んでおけば、ETCカードの使い方は万全。ETCカード初心者でも、焦ることなくスマートに使いこなせるでしょう。

ETCカードの使い方①初めてのセットアップ編

高速道路の料金所にて、精算を自動的に済ませるためには、ETC車載器が必須です。また、ETC車載器がなければ、ETCの時間帯割引も受けられません。

ETC車載器をまだ持っていない場合には、カー用品店バイク用品店カーディーラーなどで購入したのちに、下記の手順でセットアップをおこなってください。

ETC車載器をセットアップしよう

ETC車載器は、購入後にセットアップしてから取り付けなくては利用できません。

セットアップとは、車やバイクの車両情報を書き込み、セキュリティ処理をほどこすこと。個人ではできない内容のため、車載器を購入した店やディーラーにセットアップを依頼してください。

車載器のセットアップと取り付けにかかる時間は、約1時間ほどです。

なお、セットアップを依頼するためには、車検証本人確認書類が必須です。バイクの場合には、車載器を取り付ける「実車」も用意しましょう。

ETCカードを車載器に挿入して動作確認しよう

ETCカードのセットアップと取り付けが完了したら、動作確認をおこないましょう。

手順としては、車載器の電源を入れ、ETCカードを挿入するだけです。配線に問題があった場合には、ETC車載器の電源を入れた時点で通知があり、ETCカードに問題がある場合には、挿入時に通知があります。

通知は機種によって異なり、エラー音のほか音声案内されるケースもあります。詳細はETC車載器の取り扱い説明書で確認してください。

なお、ETCカード挿入時に多いエラー原因は、下記のとおりです。

主なエラー原因
  • ETCカードを挿入する向きを間違えている
  • 傷や汚れが原因となって読み込みができない
  • ETCカードの有効期限が切れている


エラーが起きたときには、まずこれらを確認してください。

ETCカードの使い方②ETCマイレージサービス登録編

ETCカードを使うためには、もうひとつ事前準備が必要です。ETCマイレージサービスの登録をインターネット、もしくは郵送からおこなってください。

インターネット申込みの場合は申込み当日からポイントがつきますが、郵送だと書類到着後からになるため、急ぎの場合はインターネットで申込みましょう。

なお、どちらの申込み方法でも本人確認をかねて、登録住所へと「登録完了のお知らせ」が郵送されます。到着日はインターネット申込みだと約1週間、郵送申込みだと約2~3週間が目安です。

ETCマイレージサービス登録に必要な情報

ETCマイレージサービスの登録に必要な情報は、下記一覧を確認してください。

登録に必要な情報
  • 名前
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • ETCカード番号および有効期限
  • 車両番号(ナンバープレートの4桁)
  • 車載器管理番号(ETC車載器の19桁)


分かりづらいのは、車載器管理番号かと思いますが、こちらは「ETC車載器セットアップ申込書・証明書」か、「ETC車載器本体のラベル」に記載されています。

ETC車載器によっては、音声案内機能や表示機能を使って番号を教えてくれるタイプもあります。

ETCカードの使い方③走行中編

ETC車載器のセットアップとETCマイレージ登録が完了したら、いよいよ本番です。

高速道路(料金所)でのETCカードの使い方はとても簡単。利用可能なETC専用レーンに時速20km以下の速度で進入するだけです。

ETCカードが確認できれば自動的に料金精算が済み、料金所のゲートも開きますので安心して進んでください。

料金所で注意したいのは、ETC専用レーン上に取り付けられている信号を確認することです。信号が赤色の場合、そのレーンは利用不可。レーンの故障や整備、係員が横断しているといった状況のため、進入しないようにしてください。

ETC専用レーンが使えないときは手渡し

利用可能なETC専用レーンがない場合や、ETC専用レーンに入ったもののETCカードが使えなかった場合には、出口料金所の一般レーンへ進入し、一時停止してください。

一般レーンでは自動精算ができないため、料金所係員に事情を話したうえでETCカードを手渡しして精算してもらいましょう。

ETCカードの使い方④走行後編

走行後は、必ずETC車載器からETCカードを抜き取るようにしてください。

ETCカードを入れっぱなしにしていると、盗難悪用の恐れがあります。また、車内に熱がこもることでETCカードがデータエラーを起こす恐れもあります。

ETCカードはクレジットカードと同様に考え、管理をしっかりおこないましょう。

ETCカードの使い方まとめ

ETCカードは実際の使い方だけでなく、事前準備や走行後の使い方まで押さえておくことが大事です。

とはいえ、どの工程にしてもETCカードの使い方は決して難しくありません。ETCカード初心者でもすぐに使いこなせるはずです。

ETCカードを使いこなすことができれば、より快適かつスマートなドライブが楽しめます。事故やトラブルに気をつけながら使ってみてくださいね。

ライター歴8年、編集歴3年。クレジットカードやローンなど金融関係を筆頭に、エンタメや美容などさまざまなジャンルで活動中。クレジットカードは、メインカードとして楽天カードを保有。そのほかに普段の買い出し用にイオンゴールドカードや、家電量販店用に100満ボルトカードなどサブカードも複数保有。普段の買いものはほぼすべてクレジットカードにし、貯まったポイントを本やゲームなど趣味に使うのがルーティンとなっている。

たけなわアヤコの執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事