更新日:

エポスカードのポイントの貯め方を解説! ポイント還元率を劇的にアップさせるテクニックとは

エポスカードのポイントの貯め方を解説! ポイント還元率を劇的にアップさせるテクニックとは

「OlOl」のロゴでおなじみの商業施設・マルイが発行する人気クレジットカード「エポスカード」。

エポスカードはマルイ系列の店舗はもちろん、全国のVISA加盟店でのショッピングや月々の携帯電話・公共料金の支払いでもカンタンにポイントを貯めることができます。貯まったポイントはマルイでのショッピング割引に使えるほか、商品券やギフト券、マイルなどと交換することが可能です。

本記事では、エポスカードを使ったおトクなポイントの貯め方と、貯めたポイントの使い道について徹底解説していきます。また、「もっとたくさんポイントを貯めたい!」という方に向けて、通常カードよりさらにポイントが貯まりやすいゴールドカードとプラチナカードについてもご紹介します。

年会費 初年度 : 無料 / 次年度 : 無料
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

エポスカードのポイント(エポスポイント)の貯め方を徹底解説!

エポスポイントは、エポスカードの利用に応じて貯まる便利でおトクなポイントサービスです。

エポスポイントの国際ブランドVISAのため、VISA加盟店でのカード利用200円(税込)につき1ポイント(還元率0.5%)が付与されます。

貯まったポイントは、マルイでのショッピング割引やプリペイドカードへのチャージ、商品券・ギフトカードとの交換などに利用することができます。

本章では、エポスポイントを上手に貯めるテクニックのほか、ポイントの有効期限や持っているポイント数の確認方法などをご紹介します。

ポイント還元率最大30倍!? エポスポイントを上手に貯める6つの方法

エポスポイントは、以下の方法により貯めることができます。

  • 店舗での利用
  • ネットショッピング
  • 携帯電話・公共料金などの月々の支払い
  • 電子マネーへのチャージ
  • アプリのミニゲームなど、エポスカードの公式アプリ
  • キャンペーン
  • ゴールドカードの特典

本項目では上記の利用方法の中から、特に効率良くポイントを貯めることができる方法を6つ厳選してご紹介します。

1.マルイ店舗の利用でポイント2倍!

エポスカードを使ってマルイで買い物する際、クレジットカードの「1回」「2回」「ボーナス払い」で決済すると200円(税込)につき2ポイント(還元率1.0%)が付与されます。

その他の加盟店では200円につき1ポイントなので、マルイではポイント還元率が通常の倍にアップすることになります。

2.ポイント最大10倍! ポイントアップ対象店舗を有効活用しよう

エポスカードを持つメリットとして、「会員限定の優待を受けられる提携店が多い」ことが挙げられます。

会員限定の特典としては、以下のようなものがあります。

会員限定特典

  • 特定の店舗・施設で通常より高いポイント還元率で買い物ができる
  • 特定の商品を割引価格で購入できる
  • ミュージカル、コンサート、歌舞伎、映画などのチケットを優待価格で購入できる

エポスカードの会員になると、上記のような特典を受けることができます。

では、具体的にどのようなお店が「ポイントアップ対象店舗」として登録されているのでしょうか? 以下は還元率がアップする店舗の一例です。

店舗名 ポイント倍率
HP Directplus(PCメーカー直販サイト) 10倍
ノジマ 5倍
アパホテルズ&リゾーツ 5倍
KEYUCA 5倍
モンテローザグループ 5倍
ビッグエコー 5倍
IDC 大塚家具 2倍
ラクサス 3倍
HMV&BOOKS 5倍(土曜日・日曜日限定)
(※)ポイント倍率は2019年3月13日現在のものです


還元率が高い優待店舗や、キャンペーンを実施している店舗の情報は、エポスカードの優待情報サイト「エポトクプラザ」で確認することができます。

貯まったポイントを再びショッピングに利用すれば、節約にもつながります。エポトクプラザでは、たくさんの優待店舗をカテゴリー別に閲覧することができます。これらの優待店舗を利用して、おトクにポイントを貯めましょう!

3.ポイントアップサイト「たまるマーケット」なら、最大30倍のポイントがもらえる!

たまるマーケット」とは、エポスカード会員(エポスNet会員)専用のポイント優待サイトです。ショッピングから旅行、レストラン予約まで、ジャンルを問わずさまざまなオンラインショップと提携しており、ご希望のショップやアイテムを簡単に見つけることができます。

対象のショップは400以上で、たまるマーケットを経由して買い物をすると、ポイントが通常時の2〜30倍貯まります。

以下は、たまるマーケットで特に人気のある店舗をカテゴリ別に掲載した表です。

カテゴリ ショップ名 ポイント倍率
総合通販・百貨店 Amazon 2倍
楽天市場 2倍
Yahoo!ショッピング 2倍
イトーヨーカドーネットスーパー 3倍
ファッション ユニクロオンラインストア 2倍
セシール オンラインショップ 3倍
adidas ONLINE SHOP 4倍
暮らしと生活 ロフトネットストア 4倍→7倍(2019年5月6日まで)
ディノスオンラインショップ 2倍
e87.com(千趣会 イイハナ) 4倍→15倍(2019年6月30日まで)
家電・パソコン トレンドマイクロ・オンラインショップ 18倍→25倍(2019年5月6日まで)
Dell 2倍→11倍(2019年5月6日まで)
ソニーストア 2倍
グルメ・ギフト シャディ ギフトモール 6倍→18倍(2019年6月2日まで)
ENOTECA online 4倍
【カゴメの通信販売】カゴメ健康直送便 5倍
(※)ポイント倍率は2019年3月13日現在のものです


上記はたまるマーケットに掲載されているショップのごく一部です。400以上あるショップはカテゴリ別に分けられているので、ご希望のショップの情報を簡単に見つけることができます。

各ショップのポイント倍率は、時期によって変動します。最新のポイント倍率やキャンペーン内容は、たまるマーケット内の記載をご確認ください。

4.楽天Edyならポイント二重取り! 電子マネーの利用でエポスポイントを貯める

エポスポイントは、電子マネーやスターバックスカードなどへのチャージでも貯めることができます。

電子マネーに関しては、エポスカードは楽天Edy、モバイルSuicaへのチャージに対応しています。特に楽天Edyの場合、チャージ時と決済時、それぞれでエポスポイントが付与されるので、ポイントの二重取りをすることができ大変おトクです。

エポスカードから楽天Edyにチャージすると、「1,000円につき5エポスポイント」が貯まります。さらに支払いで楽天Edyを利用しても、「200円につき1エポスポイント」が貯まるので、ポイントを二重取りすることができるのです。

日ごろからよく電子マネーを利用するという方は、楽天Edyでエポスポイントを効率的に貯めてみてはいかがでしょうか。

5.支払方法を「リボ払い」または「3回以上の分割払い」にすると、ポイント還元率アップ!

支払方法を「リボ払い」または「3回以上の分割払い」にすると、200円につき2エポスポイントが貯まります。この場合の還元率は1.0%となり、通常時の2倍となります。

ポイント還元率がアップして、一見おトクに思えるかもしれませんが、リボ払いは別途手数料がかかるので気をつけなくてはいけません。

エポスカードのリボ払いの手数料は、実質年率15.0%です。決して低い利息とはいえないので、ご利用前に問題なく返済することができるか、一度検討することをおすすめします。

6.「ROOM iD」を使って、家賃の支払いで貯める

月々の家賃や保証料の支払いで、エポスポイントを貯める方法もあります。

ROOM iD」は、エポスカードが連帯保証人に代わり家賃等の保証をしてくれるサービスです。ROOM iDを利用すれば、家賃の支払いでも200円につき1ポイントがもらえます。

たとえば月々の家賃が10万円の場合、ROOM iDの利用で1か月に500ポイントが貯まり(100,000円÷200ポイント=500ポイント)、1年で6,000ポイントが貯まります。

1エポスポイントは1円の価値があるため、家賃の支払いだけで年間6,000円相当のポイントがもらえることになります。これはかなりおトクです!

エポスポイントの有効期限は2年間

エポスポイントは、ポイント加算日から2年間有効です。

ただし、下記の方法やカードを利用すれば、2年間の有効期限をさらに延ばすことができます。

  • ポイント有効期限を延長する
  • エポスゴールド・プラチナカード

それぞれどのような内容なのか、順番に見ていきましょう。

ポイント有効期限を延長する

「3か月以内に期限切れとなるポイント」をお持ちの方は、有効期限の延長を申請することができます。

エポスNetマイページの「ポイント照会」から申請すると、すべてのポイントの有効期限が24か月後まで延長されます。

ポイントの有効期限が迫っている方は、失効してしまう前に有効期限延長の申し込みをするようにしましょう。

エポスポイントの確認方法

貯まったポイントは、ホームページや利用代金明細書で確認することができます。

ホームページで確認する場合、事前に「エポスNet」会員の登録が必要です。エポスNetに登録すると、「ポイント照会」ページからポイント残高や加算・減算履歴を簡単に確認することができます。

カード利用後に送られてくる利用代金明細書でも確認することができますが、紙だと毎月の明細書を管理するのが手間だし、Webに比べてポイントの履歴を確認しづらいというデメリットがあります。

Webのほうが、これまでのポイント推移や現在持っているポイントをタイムリーに確認することができるため、利便性が高くおすすめです。

マルイ商品券、Amazonギフト券…エポスカードのポイント交換について

前章ではエポスポイントの「貯め方」について見てきましたが、本章では貯めたポイントの「使い方」についてご紹介します。

エポスポイントには、以下のような交換先があります。

エポスポイントの主な交換先

  1. マルイでのショッピング割引に使う
  2. 商品券やAmazonギフト券と交換する
  3. ANAマイルやJALマイルなどの他社ポイントと交換する
  4. オリジナルグッズと交換する
  5. 支援団体に寄付をする
  6. エポスVisaプリペイドカードにチャージする

それぞれどのような内容なのか、具体的に見ていきましょう。

1.エポスポイントをマルイでのショッピング割引に使う

まず最初にご紹介するのが、「マルイの店舗や通販でのショッピングに使う」方法です。

エポスポイントは、マルイの店舗や通販(マルイウェブチャネル)での精算時に「1ポイント=1円」として割引に利用できます。

店舗・通販どちらもクレジット払い(1回・分割・リボ・ボーナス払い)が対象となります。また、ポイント充当後の残額を現金でもらうことはできないので、注意しましょう。

2.エポスポイントをマルイ商品券やAmazonギフト券と交換する

貯まったエポスポイントは、マルイの商品券やギフトカード、クーポンなどとも交換することができます。これらは申し込み後、1週間ほどで登録先の自宅住所に届きます。

エポスポイントと交換できる商品券・ギフト券は以下の通りです。

商品券・ギフト券 交換に必要なエポスポイント
マルイの商品券 1,000円 1,000P
VJAギフトカード(全国共通商品券)1,000円 1,000P
クオ・カード 1,000円 1,000P
Amazonギフト券 1円分〜 1P〜
App Store & iTunesコード 1,000円/3,000円 1,000P/3,000P
スターバックスカード 3,000円 3,000P
アパホテルクーポン券 1,000円 1,000P
KEYUCAお買物券 500円 400P
(株)モンテローザお食事券 1,000円 800P
IDC OTSUKA エポスクーポン券 1,000円 1,000P

マルイの商品券やAmazonギフト券、iTunesコードやスターバックスカードなど、有名な商品券・ギフト券と交換できるのは嬉しいですよね!

ただし、Amazonギフト券以外の商品券やギフト券の場合、最低でも500ポイント以上でなければ交換することができないので気をつけましょう。

その点、Amazonギフト券なら1ポイントから交換可能です。商品券に交換して残ったポイントをAmazonギフト券に交換すれば、端数もムダなく使い切ることができるのでオススメです。

3.エポスポイントをJALマイルなどの他社ポイントと交換する

エポスポイントはANAのマイルJALのマイル、ドコモのdポイントやau WALLETポイントなどと交換することもできます。

交換可能な他社ポイントや交換レートを表にまとめてみました。

他社ポイント 交換に必要なエポスポイント
ANAのマイル
通常:500マイル
プラチナ・ゴールド会員:600マイル
1,000P
ANA SKY コイン 1,000コイン 1,000P
JALのマイル 500マイル 1,000P
スターバックスカード
500円分チャージ
500P
ノジマスーパーポイント 500P 500P
dポイント 1,000P 1,000P
au WALLET ポイント 1,000P 1,000P

表からわかる通り、マイルは2ポイント=1マイル、その他のポイントは1ポイント=1円相当で交換することができます。

旅行が趣味で飛行機の利用が多い人は、エポスポイントをマイルに替えるとおトクに旅ができそうですね!

4.エポスポイントをオリジナルグッズと交換する

貯まったエポスポイントを、オリジナルグッズと交換することもできます。オリジナルグッズには、アニメやゲーム、プロ野球チームの福岡ソフトバンクホークスとのコラボアイテムなどがあります。

オリジナルグッズには、以下の4種類があります。

  • オトメイト」オリジナルグッズ
  • カプコン」オリジナルグッズ
  • コーエーテクモゲームス」オリジナルグッズ
  • ホークス×エポスカード」オリジナルグッズ

ポイント数に応じて、それぞれの作品やチームのオリジナルグッズと交換することができます。グッズには、レプリカカードやパスケース、トートバッグやタンブラーなどがあります。

ファンには垂涎もののレアアイテムが多数揃っているので、気になる方は公式サイトをチェックしてみてください!

5.エポスポイントで寄付をする

貯まったエポスポイントを、NGOなどの支援団体に寄付することもできます。具体的には、次のような団体へ寄付することができます。

  • ユニセフ
  • 世界の子どもにワクチンを日本委員会
  • プラン・インターナショナル
  • ワールド・ビジョン・ジャパン
  • 国境なき医師団
  • 国連WFP協会
  • 日本救済衣料センター
  • 日本赤十字社
  • グリーンバード
  • WWFジャパン
  • アイメイト協会
  • 日本ブラインドサッカー協会(JBFA)

「1ポイント=1円」に換算し、500ポイント以上500ポイント単位で寄付することができます。寄付先の団体やエポスカードからの領収書は発行されないのでご注意ください。

6.エポスポイントをエポスVisaプリペイドカードにチャージする

貯まったポイントを「エポスVisaプリペイドカード」にチャージすると、国内外約3,800万か所のVISA加盟店でのお買物に利用できます。

下の表は、エポスVisaプリペイドカードとその他のギフトカードの、ポイント交換の単位や利用できる店舗数などを比較したものです。

ポイント交換の単位 交換までの期間 利用時のキャシュバック 利用できる店舗数
エポスVisaプリペイドカード
1ポイントから可能 即座にチャージ可能(※1) 0.5%(※2) 国内外約3,800万店
VJAギフトカード(全国共通商品券) 1,000ポイント 届くまで約1週間 なし 国内50万店
クオ・カード 1,000ポイント 届くまで約1週間 なし 国内5.5万店
(※1)プリペイドカードを申し込む場合、届くまで1週間ほどかかります
(※2)1回の利用200円につき1円、プリペイドカードにキャッシュバックされます


エポスVisaプリペイドカードの場合、チャージが1ポイントから可能なことや、利用額の0.5%がキャッシュバックされるなど、他2つのギフトカードにはないメリットがあります。

利用できる店舗も圧倒的に多いので、利便性を考えるならエポスVisaプリペイドカードへのチャージが断然おすすめです!

ポイント還元率や期限は? エポスカードの基本情報

ここまではエポスカードの「ポイント」に焦点を当て、エポスポイントの貯め方や使い方について見てきました。

本章では、エポスカード自体のスペック(年会費、ポイント還元率、付帯保険など)について解説していきます。

エポスカード
おすすめポイント
  • 全国10,000店舗の優待つき!
  • 入会金・年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険は最高500万円
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5%~5.0%
マイレージ還元率
ETC年会費 無料
発行期間 店頭申込で最短30分発行・オンライン入会で1週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

エポスカードのポイント還元率は0.5%

エポスカードは入会金・年会費が無料です。ポイント還元率は0.5%で、カード利用200円(税込)につき1ポイントが付与されます。

年会費が無料とはいえ、楽天カードやリクルートカードなど、同じく年会費無料で高還元をうたっているクレジットカードと比べると、還元率に関してはやや見劣りする感が否めません。

以下は、高還元で知られるクレジットカードの年会費と還元率をまとめた表です。

クレジットカード 年会費(税抜) ポイント還元率
楽天カード 無料 1.0%
リクルートカード 無料 1.2%
dカード 1,250円(※) 1.0%
YJカード(ワイジェイカード) 無料 1.0%
JCBCARD W 無料 1.0%
REXCARD 無料 1.25%
(※)初年度は年会費無料


上の表からもわかる通り、高いポイント還元率を売りにしているカードは、どれも1.0%以上の還元率を誇ります。0.5%という還元率の低さは、エポスカードの数少ないデメリットといえるでしょう。

ポイント還元率が高いクレジットカードを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

クレジットカードのポイント還元率を徹底比較!ポイント高還元のおすすめクレカはコレ!
新しくクレジットカードを作ろうと思ったときに1番に気になるのがポイント還元率です。しかし、正しい知識を持っていないと、お得ではないクレジットカードを選んでしまうことにもなりかねません。そこで本記事では、クレジットカードの専門家監修のもと、ポイント還元率の高いおすすめのクレジットカードをはじめ、ポイントの基本情報や注意点についてもご紹介していきます。

エポスカードは海外旅行傷害保険が「自動」付帯!

エポスカードは年会費無料ながら、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯する数少ないカードです。旅行保険の補償対象となるのは海外旅行のみで、国内旅行は対象外となります。

自動付帯なので、旅行代金をカードで支払わなくても補償の対象になるのがうれしいポイント! 旅先にエポスカードを持っていくだけで、病気やケガなどの治療費や、持ち物が盗まれる・壊れるなどの被害にあった際の損失を補償してくれます。

具体的な補償内容は以下の通りです。

保険の種類 補償額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2,000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

エポスカードの海外旅行傷害保険は、海外で特に需要の多い疾病や携行品損害を重視した補償内容になっています。

たとえば海外で病気にかかり、現地の病院に緊急入院した場合、治療を受けるために支出した金額(治療費、入院費、薬剤費など)に対して、最高270万円まで保険金が支払われます。

観光中にデジカメを落として壊してしまった場合はどうなるのでしょうか。この場合は携行品損害に該当し、デジカメの損害額に応じて保険金額の範囲内で、免責分の3,000円を差し引いた金額が支払われます。

実際に使っている人はどう思ってる? エポスカード利用者の口コミを紹介!

実際にエポスカードを利用している人たちは、どのような感想をもっているのでしょうか。マネ会クレジットカードに投稿された口コミ・評判をご紹介します。

(20代/女性/その他/年収200〜400万円)

エポスカードを選んだ理由を教えてください
他にも2枚ほどクレジットカードを持っていましたが、カードを作った当時に住んでいた場所が丸井の近くで、結婚式のドレスや小物を買いに丸井に行ったときに、エポスカードがある方が割引になると紹介していただいたので作りました。 ちょうど普段使っているクレジットカードはJCBのみだったのでVISAも使えるのも魅力だったので、カードを作ることにしました。

(20代/男性/学生/年収200万円未満)

入会してから特典やポイント制度で”これはお得だ!”もしくは”不便だ!”と感じた点を教えてください
ショッピングのたびにポイントがどんどんたまり、それが丸井などで手軽にポイント利用できるところ。 またポイント交換制度としてギフト券や食事券、マイルが簡単に貯まるところ。定期的にエポスカードを利用するため自然とポイントが貯まり、またそれが簡単に現金や商品に変えられるため使いやすい。 丸井全店舗で使えてかつ、ポイントが貯まるのでセールの時にはとても頼りになる。丸井の中にエポスカードATMも入っているため、もし引き落としが遅れて払えなかったとしてもATMから気軽に支払うことができる点はとても助かる。またATMが丸井の中だけではなく、たくさんのところに存在するのでとても嬉しい。しいてあげるとしたらショッピングに対して付与されるポイントをもう少し増やしてほしい。

(20代/女性/フリーター/年収200万円未満)

アプリ、もしくはWebサイトの使用感を教えてください
アプリで簡単に今月使った金額を見ることができ、安心します。利用通知メールに登録すればその場で使った金額の確認できるし、安心して使うことができます。webサイトは、メニューで分けてあって見やすく、使い勝手がいいです。初めての方でも不安なく、使いこなすことができるように説明がしてあり、わかりやすいです。

マネ会に寄せられた投稿を見る限り、エポスカードの利用者は20〜30代がメインのようです。

口コミを見ると、「ポイントが貯まりやすい」、「ポイント交換制度が充実していて、ギフト券や食事券、マイルなどと交換できるのが嬉しい」、「Webサイトが見やすく、アプリも使いやすい」など、好印象をもっている方が多いようでした。


エポスカードのアプリは、公式サイトから無料でダウンロードできます。カードの利用状況やポイントの確認はもちろん、おトクなキャンペーン情報もアプリ内のカレンダーで簡単にチェックできます。

指紋認証ログインなので、ログインのたびにID、パスワードを入力する手間もかかりません。とても使い勝手が良いので、エポスカードを持っている方はぜひダウンロードしてみてください!

エポスカードについてもっと詳しく知りたい! という方は、こちらの記事もあわせてお読みください。

エポスカードは海外旅行保険が自動付帯!ポイントの貯め方から豊富な優待情報までご紹介
エポスカードは、マルイ店舗でのお買い物はもちろんのこと色々組み合わせることでおトク度やポイント還元の機会が飛躍的に向上する、ポテンシャルの高さを十分備えたカードです。マルイファンの方なら必携ですし、初めてクレジットカードを作る方にもおすすめ。年会費も無料なので、1枚持っておいて損なしと言えるクレジットカードです。

豊富な優待・特典! さらにポイント貯めたい方は「エポスゴールドカード」がおすすめ

エポスカードには先ほどご紹介した通常カードのほかに、上位クラスのエポスゴールドカードエポスプラチナカードがあります。本章ではまずゴールドカードについて解説していきます。

こちらはゴールドカードの基本スペックです。

券面
国際ブランド VISA
申し込み条件 20歳以上の方(学生をのぞく)
年会費 5,000円(税込)
審査・発行期間 通常2〜3週間
ポイント還元率 0.5%(200円につき1ポイント)
ポイント有効期限 無期限
海外旅行保険 自動付帯
特典 ・年間利用額に応じてボーナスポイントがもらえる
・ポイントサービス「選べるポイントアップショップ」が利用できる
・国内外の空港ラウンジを無料で利用できる など

年会費無料の通常カードに比べて、エポスゴールドカードは年会費が5,000円(税込)かかります。ただし、年間の利用金額が50万円以上で翌年以降の年会費は永年無料になります。また、エポスカードからのインビテーションで発行した方も年会費は永年無料です。

具体的に、ゴールドカードは通常カードと比べて何が優れているのでしょうか。ゴールドカード独自のメリットを以下にまとめました。

エポスゴールドカードのメリット

  • 永久ポイントだから有効期限がない
  • 「選べるポイントアップショップ」でポイント最大3倍!
  • 年間利用額に応じてボーナスポイントがもらえる

それぞれどのような内容なのか、順番に見ていきましょう。

ゴールドカードの特典その1:永久ポイントだから有効期限がない

通常のエポスカードの場合、ポイントの有効期限は加算日から2年間です。いっぽう、ゴールドカードやプラチナカードの場合は、有効期限のない永久ポイントとして使うことができます。

通常カードとゴールドカードの有効期限
通常カード ゴールドカード
2年間 無期限

有効期限が2年間というと、長く聞こえるかもしれませんね。ただし、カードの存在を忘れていて、しばらく買い物をしていないうちに、いつの間にかポイントが失効していたなんてことも十分に起こり得ます。

失効してしまうのが心配な方は、有効期限のないゴールドカードへの切り替えをおすすめします。

ゴールドカードの特典その2:「選べるポイントアップショップ」でポイント最大3倍!

選べるポイントアップショップ」とは、300以上のさまざまなショップから、よく利用するショップを最大3つまで登録するだけで、エポスカード利用時のポイントが最大3倍(還元率1.5%)になるサービスです。

ゴールドとプラチナ会員限定のサービスで、登録はエポスNetから簡単におこなえます。「選べるポイントアップショップ」を利用した場合のポイントの貯まり方を表にしてみました。

通常のVISA加盟店 登録ショップ
1回、2回払い
ボーナス払い
1ポイント 3ポイント
(1ポイント+2ボーナスポイント)
リボ払い
分割払い(3回以上)
2ポイント 4ポイント
(1ポイント+2ボーナスポイント)
(※)カード利用を200円(税込)した場合


「選べるポイントアップショップ」を利用すると、1回、2回払いとボーナス払いに関してはポイントが3倍に、リボ払いと分割払い(3回以上)に関しては2倍にアップします。

スーパーやコンビニなどの店舗に限らず、電気やガス代などの公共料金も登録できるのが嬉しいポイント! よく利用するお店やサービスを登録すれば、エポスポイントがどんどん貯まります。

ゴールドカードの特典その3:ゴールドカードなら年間利用額に応じてボーナスポイントがもらえる

ゴールド・プラチナ会員は、年間の利用金額に応じて最大1万円相当のボーナスポイントがもらえます。

年間利用金額 ボーナスポイント
50万円以上 2,500ポイント(2,500円相当)がもらえる(※)
100万円以上 10,000ポイント(10,000円相当)がもらえる(※)
(※)ポイント相当額はVJAギフトカードに交換した場合


たとえば1年間に合計100万円のカード利用をすると、10,000円分(ボーナスポイント)+5,000円分(通常ポイント)=15,000円分のエポスポイントが貯まります。

100万円と聞くと高額に思えるかもしれませんが、選べるポイントアップショップなどを駆使すれば、決してクリアできない額とはいえないでしょう。

エポスカード最高クラスのサービスと特典。「エポスプラチナカード」ならポイントがザクザク貯まる

ゴールドカードよりもさらに高いポイント還元率や手厚い特典が受けたいという方には、エポスプラチナカードをおすすめします。

プラチナカードには、前章でご紹介したゴールドカードの特典(永久ポイントや選べるポイントアップショップなど)がすべて備わっています。さらに、プラチナ会員限定のポイントアップサービスや手厚い付帯保険なども付帯しています。

まずはゴールドとプラチナの基本スペックを比較してみましょう。

カード名 エポスゴールドカード エポスプラチナカード
券面
年会費 5,000円(税込) 30,000円(税込)
年間ボーナスポイント 最大1万ポイント 最大10万ポイント
ファミリーボーナスポイント 最大3,000ポイント 最大6,000ポイント
お誕生月ポイント なし あり
選べるポイントアップ あり あり
海外旅行保険 補償対象 本人のみ 本人/家族(※2)
最高補償金額(※1) 1,000万円 本人:1億円
家族:2,000万円
国内旅行保険 補償対象 なし(国内旅行は対象外) 本人/家族(※2)
最高補償金額(※1) なし(国内旅行は対象外) 本人:1億円
家族:2,000万円
プライオリティ・パス なし あり
空港ラウンジ(海外) 2か所 1,000か所以上
空港ラウンジ(国内) 本人のみ 同伴者1名まで
プラチナトラベル なし あり
(※1)傷害死亡、後遺障害の保険金額
(※2)対象となる親族の範囲:本会員と生計をともにする親族(6親族内の血族、配偶者、3親等内の姻族)


プラチナカードは通常年会費が30,000円(税込)かかりますが、年会費を1万円安くする方法があります。

プラチナカードの場合、年間の利用金額が100万円以上だと翌年以降の年会費が20,000円(税込)になります。エポスカードからインビテーションを受けて発行した方も同様です。

最大10万円分のボーナスポイント! エポスプラチナカードの3つのメリット

数あるプラチナカードのメリットの中で、特筆すべきものを3つ挙げてみました。

エポスプラチナカードのメリット

  • 年間ボーナスポイントが最大10万ポイント!
  • お誕生月ポイントがもらえる!
  • 最高1億円の手厚い旅行保険

具体的な内容は以下で解説していきます。

プラチナカードの特典その1:年間ボーナスポイントが最大10万ポイント!

ゴールドカード同様、プラチナカードの会員も年間の利用金額に応じてボーナスポイントがもらえます。ゴールドが最大1万円相当だったのに対して、プラチナでは最大10万円分のエポスポイントがもらえます。

利用額と付与されるポイントの関係を表にしてみました。

年間利用額 ボーナスポイント
100万円以上 20,000ポイント
200万円以上 30,000ポイント
300万円以上 40,000ポイント
500万円以上 50,000ポイント
700万円以上 60,000ポイント
900万円以上 70,000ポイント
1,100万円以上 80,000ポイント
1,300万円以上 90,000ポイント
1,500万円以上 100,000ポイント

100,000ポイントもらうには、年間に1,500万円以上利用する必要があります。一般的な感覚からすると、年間1,500万円という数字はあまり現実的ではないかもしれませんね。

ただ、年間100万円の利用でもゴールドカードの2倍の20,000ポイントがもらえるというのは、かなり大きなメリットといえるでしょう。

また年間で100万円以上利用すれば、ボーナスポイントに加えて翌年以降の年会費も20,000円(税込)になります。まずは年間100万円の利用を目指してみるといいかもしれませんね。

プラチナカードの特典その2:お誕生月ポイントがもらえる!

プラチナカード限定で、誕生月にポイントが2倍になるサービスを実施しています。

通常月 誕生月
マルイでの利用 2ポイント 4ポイント
その他のVISA加盟店での利用 1ポイント 2ポイント
(※)カード利用を200円(税込)した場合


表からもわかるように、誕生月には通常時の2倍のポイントが付与します。マルイでお買い物をすれば、なんと200円(税込)につき4ポイントももらえます! 自分へのご褒美に高額な商品を買うときなどに、重宝しそうですね。

プラチナカードの特典その3:最高1億円の手厚い旅行保険

プラチナカードの他のメリットとしては、ゴールドよりも手厚い海外旅行傷害保険自動付帯することが挙げられます。

通常カード、ゴールドカード、プラチナカードの旅行保険の補償額の違いを一覧表にまとめてみました。

通常カード ゴールドカード プラチナカード
傷害死亡・後遺障害 最高500万円 最高1,000万円 最高1億円
傷害治療費用
1事故の限度額
200万円 300万円 300万円
疾病治療費用
1疾病の限度額
270万円 300万円 300万円
賠償責任(免責なし)
1事故の限度額
2,000万円 2,000万円 1億円
救援者費用
1旅行・保険期間中の限度額
100万円 100万円 200万円
携行品損害(免責3,000円)
1旅行・保険期間中の限度額
20万円 20万円 100万円

さすが最高ランクのプラチナカードだけあって、通常カードやゴールドカードとは補償額の桁が違います。特に、死亡・後遺障害賠償責任1億円まで補償されるのは相当安心感がありますよね。

さらに、プラチナカードは「国内旅行も補償対象になる」点が、他の2つのカードと大きく異なります。国内外問わず、仕事やプライベートでよく旅行に出かけるという方は、充実した補償内容のプラチナカードへの切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

エポスプラチナカード
おすすめポイント
  • 充実のサポート・ご優待
  • 24時間365日コンシェルジュがサポート!
  • ご利用金額に応じてボーナスポイント
年会費 30,000円
次年度以降 30,000円
ポイント還元率 0.5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 1営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能

エポスカードのポイント(エポスポイント)のまとめ

エポスカードのポイントの貯め方や使い方について解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

エポスポイントの通常のポイント還元率は0.5%(200円につき1ポイント)ですが、マルイの店舗でお買い物をしたり、ポイントアップサイトの「たまるマーケット」などを利用することで、最大30倍までポイント倍率を上げることができます。

貯めたポイントは「1ポイント1円」としてマルイでのショッピング割引に使えるほか、Amazonギフト券やANAマイルと交換したり、エポスVisaプリペイドカードにチャージして使ったりすることができます。

さらにたくさんポイントを貯めたいという方のために、ゴールドカードやプラチナカードも用意されています。ゴールド(プラチナ)会員になれば、年間利用額に応じてボーナスポイントももらえるのでおトク感が格段にアップします!

通常のポイント還元率自体は決して高いとはいえませんが、特定の店舗やさまざまなサービスと組み合わせることで、飛躍的に還元率がアップするエポスカード。20代の方でも気軽に申し込めるので、「人生最初のクレジットカード」として利用してみてはいかがでしょうか。

関連記事