更新日: / 公開日:

Tマネーがクレジットチャージに対応!ポイント2重取りはできるのか

Tマネーがクレジットチャージに対応!ポイント2重取りはできるのか

2014年頃にサービスが開始された電子マネー「Tマネー」。

当初は、現金とギフトカードでのみチャージ可能となっていたため、少し使い勝手の悪い印象でしたが、2017年3月下旬、新たにクレジットカードによるチャージに対応可能となりました。

そこで今回は、ファミマTカードと連携してお得に使える電子マネー「Tマネー」についてご紹介します。

この記事の内容は2017年5月11日時点の情報です。

Tマネーとは

Tマネーとは、前払い式(プリペイド式)の電子マネーです。
主に、Tカードに追加された電子マネーサービスとなっており、2014年に開始しました。

既にTカードを持っていれば、TSUTAYAなどのTマネー加盟店のレジで、特別な手続きもなくそのまま現金でチャージして利用できます。支払い時にはTポイントが貯まります。

チャージ方法は、現金・Tマネーギフトカード・クレジットカードの3種類

これまで、Tマネーのチャージ方法は、現金チャージとTマネーギフトカードによるチャージしか用意されておらず、利用するには加盟店や販売店に行く必要がありました。

しかし、新たにクレジットチャージが追加され、WEB上から24時間いつでもチャージが可能になり、利便性が大幅にアップしました。しかも、オートチャージも利用できます

オートチャージとは、電子マネー内の残金が一定の金額を下回ると自動で設定した金額をチャージしてくれる機能です。

オートチャージの機能があるとチャージそのものを気にする必要がなくなるため、電子マネーをクレジットカードと同じように利用できるようになります。
主要な電子マネーであってもオートチャージ機能を備えていない事もあるため、その分優位性も高くなります。

チャージ方法 1回でチャージできる金額
現金チャージ 1,000円~30,000円
Tマネーギフトカード 3,000円、5,000円、10,000円
クレジットチャージ 3,000円~30,000円

狙い目は、毎週水曜日のTマネーチャージの日

Tマネー加盟店のファミリーマートでは、毎週水曜日をTマネーチャージの日としており、毎週水曜日にファミリーマートのレジにて、Tマネーをチャージすると5ポイントをプレゼントしています。

2017年8月30日(水)までのキャンペーンとなっているので、Tマネーをお持ちの方は、毎週水曜日にチャージしましょう。

※同日に複数回チャージを行っても付与されるポイントはお一人につき5ポイントのみです。

Tマネーのポイント還元率

Tマネーは元がTカードのため、支払い時に加え、提示でもポイントを獲得できます。

支払いの場合は、月額利用金額500円につき1ポイント貯まります。貯まったポイントは1ポイント=1円として利用できるため、ポイント還元率は0.2%です。
ポイントは月額利用金額に対して貯まるため、1回の支払いが499円のような端数であってもポイントを獲得できるメリットがあります。

提示の場合は、Tポイント加盟店でポイントを獲得できます。Tポイント加盟店では100円~200円(税別)につき1ポイントが貯まるため、ポイント還元率は0.5%~1%です。

ファミリーマートのようなTマネー加盟店であり、なおかつTポイント加盟店である店舗なら支払いと提示でポイント2重取りができます。ファミリーマートは、200円につき1ポイントが貯まるため、合計すると最大0.7%のポイントを獲得できます。

現時点ではメリットは弱い、クレジットチャージでのポイント付与も無し

ただ、主要な前払い制の電子マネーのポイント還元率が0.5%~1%であることを考えると、今のところあえてTマネーを選ぶメリットはあまり感じられません

Tカードを持っていれば、他の電子マネーでもポイント2重取りは可能なため、支払い時のポイント還元率の高い電子マネーの方が、より多くポイントが貯まります。

また、肝心のクレジットチャージ、オートチャージによるポイント付与は発生しない点が残念です。

ただし、オートチャージ設定を行うことで当月分のTマネー利用獲得ポイントが2.5倍になるキャンペーンを行っているので、Tマネーを利用する方は、オートチャージ設定を行った方がお得です。

主な電子マネーポイント還元率の比較

電子マネー名 ポイント還元率
Tマネー 0.2%~0.7%
楽天Edy 0.5%
nanaco 0.5%~1%
WAON 0.5%
Suica 0.5%~1%

ポイント2重取りについて詳しく知りたい方はこちら

Tマネーが使える場所

Tマネーは全国約16,000の加盟店で利用できます。
サービス開始時はTSUTAYAとドラッグユタカでしか利用できる場所がなかったので、加盟店は順次増加中のようです。

チャージ・決済が可能な加盟店 決済のみ可能な加盟店
ファミリーマート、ウエルシア、ハックドラッグ、B.B.ON、TSUTAYA、蔦屋書店、ドラッグイレブン、ドラッグユタカ、タウンプラザかねひで、東武ストア/フエンテ、ドラッグストアmac 東京ワンピースセンター、街のお店、福岡ソフトバンクホークス、TSUTAYAオンラインゲーム

※上記の店舗であっても一部対象外の店舗があります。

ファミマTカードでTポイントを貯める

ファミマTカードは、ファミリーマートとポイントカードが株式会社が提携発行する年会費無料のクレジットカードです。利用金額に応じてTポイントが貯まります。

通常のお買物で貯める

通常のお買物の場合、200円(税込)に1ポイントが貯まります。Tカードとしての機能も備えているため、Tポイント加盟店では提示でもポイントが貯まります。その場合は200円につき2ポイント貯まり、ポイント還元率は1%となります。

ファミリーマートで貯める

ファミマTカードには、ファミリーマートで利用した際の特典が豊富に用意されています。

ファミランク

1ヶ月間のファミリーマートでのお買物金額に応じて、翌月のポイント還元率がアップします。

ランク 月間利用金額 ポイント還元率
ブロンズ ~4,999円 200円につき1ポイント(0.5%)
シルバー 5,000円~14,999円 200円につき2ポイント(1%)
ゴールド 15,000円以上 200円につき3ポイント(1.5%)

カードの日

毎週火曜・土曜のカードの日と言って、ファミマTカードでの支払い分がポイント2倍になります。

レディースデイ

毎週水曜日は女性会員様に限り、ショッピングポイントが2倍貯まります。

若者応援クレジットポイント

25歳以下の方は、ファミマTカード支払いをすると、クレジットポイントが2倍貯まります。

ファミマTカードについて詳しく知りたい方はこちら

ファミマTカードのクレジットカードはポイント高還元率!審査からお得な使い方までご紹介!
普段からファミリーマートでよく買い物をしている方!Tポイントをもっとゲットしたいなら、ファミマTカードのクレジットカードを発行するのが一番おすすめです。 ファミマTカードのクレジットタイプは、ファミリーマートで受けられる特典が多彩で、どんどんTポイントが貯まる特長があります。現金やほかのクレジットカードで支払うのはもったいないですよ。 今回は、ファミマTカードのたくさんのメリットや、あまり知られていないお得な使い方、気になる審査などについて解説します。この記事を参考に、お得なファミマTカードライフを送ってください。

Tマネーを利用するうえでの注意点

最初の方で既にTカードを持っていれば、Tマネー加盟店のレジで、特別な手続きもなく現金でチャージが可能とお伝えしましたが、下記の2つの条件に該当するTカードは資金決済法の制約によりTマネーとして利用ができません。

2014年6月1日以降に発行されている
・裏面にTマネーに関する記載がない


この条件にあてはまるTカードをお使いの場合、Tマネーを利用するには新たにTカードを作り直す必要があります。その際一部のTカード発行店では、Tマネー非対応のカードを発行しているため、お気をつけ下さい。

Tマネー非対応のTカードを発行している店舗一例

ENEOS、L-club、牛角、GREEN DOG、シーエーセールススタッフ、スリーエフ、TSUTAYA(一部デザインのみ)、Tベネフィット、ドトールコーヒーショップ、エクセルシオール カフェ、日立チェーンストール、VIPライナー、富士シティオ、BOOKS misumi、Misumiグループ、プラッセ&だいわ、街のお店、MADO ショップ、ヤオマサ、レッドキャベツ、ソフトバンクカード(プリペイド機能付きTカード)、Yahoo! JAPANカード(VISAのみ)

まとめ

・Tマネーはクレジットチャージで24時間いつでもチャージ可能
・クレジットチャージによるポイント付与はない
・Tマネー加盟店、かつTポイント加盟店であればポイント2重取りが可能

Tマネーは、現金、Tマネーギフトカードに加えて、新たにクレジットチャージに対応可能になりました。

時間と場所を問わずチャージできるので利便性は向上しましたが、残念なことにポイントの付与はありません。

ただし、Tマネー加盟店、かつTポイント加盟店によるポイント2重取りは可能なので、TSUTAYAやファミリーマートを頻繁に利用される方にはお勧めです。

関連記事

2019年03月15日
2019年03月22日
2019年02月26日
2019年01月30日
2019年01月30日
2019年01月30日
2019年01月30日
2019年01月31日
2019年02月08日
2019年01月31日
2019年02月20日
2019年03月18日
2019年02月01日
2018年12月25日
2019年02月06日
2019年02月01日
2019年03月06日
2019年03月12日
2019年03月26日
2019年01月30日
2019年01月31日
2019年02月24日
2019年02月26日
2019年01月29日
2019年02月04日