更新日: / 公開日:

QUICPayならポイント3重取りが出来るって知っていますか?

QUICPayならポイント3重取りが出来るって知っていますか?

電子マネーには、楽天EdyやSuicaなどの前払い制のものと、iDやQUICPayなどの後払い制のものがあります。この内、後払いの電子マネーは人気も知名度も前払い制の電子マネーには及びませんが、使い方によっては前払い制の電子マネーを超える便利な存在になります。

今回は、そんな後払いの電子マネーQUICPay(クイックペイ)について紹介していきます。

QUICPayの基本スペック

QUICPayは、クレジットカードを紐付けて利用する後払い制の電子マネーです。前払い制の電子マネーでは、利用金額に応じて独自のポイントが貯まりますが、QUICPayでは利用金額に応じて、クレジットカード独自のポイントが貯まります

QUICPayではクレジットカードの利用限度額がそのまま適用され、支払いもクレジットカードとまとめて請求されます。会計時のサインは必要ありませんが、1度の会計で2万円までしか利用できないという制限もあります。

QUICPayでポイント2重取りするには

電子マネーを利用する上で、1番気になる所は、ポイント還元率という方は多いのではないでしょうか?ポイント還元率を重視するので、チャージの際と支払いの際に、2重にポイントをゲットできる前払い制の電子マネーを選ぶ方が多いと思います。

しかし、後払い制の電子マネーだからと言って、ポイントの2重取りができないという事はありません。前払い制の電子マネーと比べると少し工夫が必要ですが、QUICPayでもポイントの2重取りができます。

QUICPayでポイントを2重取りするには、QUICPay(nanaco)を使います
QUICPay(nanaco)とは、セブン-イレブンでおなじみのnanacoにQUICPayの機能が付帯したカードです。セブン-イレブンで、このQUICPay(nanaco)を使うと支払い時にも利用金額に応じてnanacoポイントも貯まるためポイントを2重取りできます。

また、利用できる場所が増えるというメリットもあります。
nanacoはセブン&アイグループの加盟店を中心に展開されており、これ以外のコンビニやスーパーでは加盟店が少ないというデメリットがありますが、QUICPay(nanaco)ではnanaco加盟店とQUICPay加盟店の2つで利用できるため、nanacoのデメリットをカバーできます。

ポイント還元率は、nanaco加盟店でnanacoで支払いをした場合は100円に付き1ポイント、QUICPay加盟店でQUICPayを使って支払いをした場合は200円につき1ポイントが貯まります。

QUICPay nanaco QUICPay(nanaco)
チャージ 不要 必要 不要
サイン 不要 不要 不要
nanacoポイント 無し 有り 有り
クレジットカードのポイント 有り 有り(クレジットチャージに限り) 有り

QUICPay(nanaco)の注意点

「支払いはQUICPayで」と伝えましょう

QUICPay(nanaco)は見た目だけではnanacoと区別が付きません。
そのため、支払いの際にカードだけを出していると、店員さんがnanacoで支払いをすると勘違いしてしまう事があるようです。支払いの際は、しっかり「QUICPayで」と伝えるようにしましょう

登録できるクレジットカードが少ない

QUICPay(nanaco)に登録できるクレジットカードは限られており、現在登録できるのはJCBカードが中心です。また、nanacoにQUICPayの機能を追加した場合、利用開始できるのは手続きをしてから2~3週間ほど経ってからになります。

QUICPay(nanaco)に紐付けが出来るクレジットカード QUICPayに紐付けが出来るクレジットカードを発行している会社
・JCBカード 
・セブンカードプラス 
・セディナカード
・JCB 
・トヨタファイナンス
・オリコ 
・セディナ
・日専連 
・UCSカード
・アプラス

紐付けるのにオススメのクレジットカードは?

QUICPay(nanaco)に紐付けをするなら、オススメなのはJCBが発行するクレジットカードです。JCBには、JCB ORIGINAL SERIESパートナーというサービスがあります。このサービス加盟店でJCBカードを利用して支払いをするとポイント還元率がアップするのですが、JCBカードで紐付けを行ったQUICPayを利用してもこの還元率が適用されます。

そして、セブン-イレブンもJCB ORIGINAL SERIESパートナーの加盟店なので、JCB一般カードで登録したQUICPayで支払いをするとポイント還元率が高くなるというわけです。

さらにJCBカードのなかでも、特にオススメなのがJCB一般カード/プラスANAマイレージクラブです。セブン-イレブンは、JCB ORIGINAL SERIESパートナーであると同時にANAカードマイルプラスの加盟店でもあります。そのため、対象クレジットカードでお買物をすると通常のクレジットカードのポイントに加えANAマイルも貯まります。これは、紐付けをしたQUICPayを利用した際も同じです。

つまり、セブン-イレブンでJCB一般カード/プラスANAマイレージクラブで紐付けしたQUICPayで支払いをすると、nanacoポイント、クレジットカードの独自ポイントに加えANAのマイルとポイントの3重取りができるのです。セブン-イレブンでお買物をする方は、コンビニで貯めたマイルで旅行に行くことも夢ではありませんよ。

キャンペーンでポイントゲット

また、QUICPayはポイントをゲットできるキャンペーンも盛んに行われています。
こういったキャンペーンは、自ら応募をしなくてはいけない事が多いのですが、QUICPayは応募不要のキャンペーンも多数開催されているため、知らない内に得をしているケースもあるかもしれません。こちらは、現在開催されている応募不要のキャンペーンを紹介します。

ツルハグループ

毎月1日・10日・20日に全国のツルハグループ店舗だとQUICPayを利用してお買物をすると3%のキャッシュバックが受けられます。

キャンペーン期間
2016年4月1日~2017年3月20日

対象店舗
ツルハドラッグ、クスリの福太郎、ドラッグストアウェルナス、ウォンツ、くすりのレディ

毎週総額100万円プレゼント

毎週土日にQUICPayを利用すると、抽選で1,000人に1,000円が当たります。さらに土日ごとの利用金額が1,000円(税込)以上だと抽選口数2倍になります。

キャンペーン期間
2017年3月までの毎週土日

トヨタファイナンス発行QUICPayで支払うと割引

トヨタファイナンス発行のQUICPayで支払いをすると割引を受けられる店舗があります。
こちらは現在の所、キャンペーン終了期間が設けられていないため、長期に渡って割引を受けられます。以下の店舗をよく利用する方は、QUICPayの利用を始めてみてはいかがでしょうか?

対象店舗 特典内容
イオングループの飲食店 5%割引
ドラッグスギヤマ 5・15・25日は5%割引
ユニーグループ 毎月30日は5%割引
amano 毎月10日・20日・30日は5%割引%割引

2016年12月時点

QUICPayについて解説。お得に使えるクレジットカードはどれ?
最近世の中がどんどん便利になっていますね。私は特に、ネット通販で買い物をする時にその便利さを実感します。そんな、ネット通販と比例するように、支払いの方法も年々便利になっており、最近ではレジで支払いをする際に現金払い以外の様々な方法が選べるようになりました。 電子マネーのQUICPayもその1つです。電子マネーは、年々種類が増えてきているので、いまいち理解していない方も多いと思います。今回は、電子マネーの中からQUICPayについて解説していきます。

まとめ

・QUICPay(nanaco)ではポイントの2重取りができる

・JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブを紐付ければセブン-イレブンでポイント3重取りも可能

・QUICPayで支払うと割引を受けられる店舗もある