更新日:

QUICPayとiDは何が違う?Apple Payユーザーはどっちが良い?特徴や仕組みをあわせて解説

QUICPayとiDは何が違う?Apple Payユーザーはどっちが良い?特徴や仕組みをあわせて解説

利用料金をあとからまとめて支払うポストペイ型の電子マネーにはいくつか種類がありますが、なかでも、QUICPayiDは、利用者が多い電子マネーです。

しかし、QUICPayとiDは、類似している部分が多いため違いがわかりにくく、電子マネーになじみのない人は、どちらを利用してよいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

ということで、今回は、QUICPayとiDの違いを中心に紹介し、それぞれの電子マネーの特徴や仕組みについても触れていきたいと思います。

これから電子マネーの利用を検討している人やQUICPayとiDの利用で迷っている人は、参考にしてみてください。

三井住友カード

三井住友カードの詳細
初年度 : 無料 / 次年度 : 1,375円(税込)
ポイント還元率 : 0.5%~1.0%
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

JCB CARD W

JCB CARD Wの詳細
年会費 : 無料
ポイント還元率 : 1 〜 2%
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

オリコカード THE POINT

オリコカード THE POINTの詳細
年会費 : 無料
ポイント還元率 : 1.0%~2.0%
【PR】Sponsored by 株式会社オリエントコーポレーション

そもそも電子マネーにはどのような種類がある?

近年は、多数の電子マネーが登場していますが、基本的に前払い式のプリペイド型と後払い式のポストペイ型に分類することができます。

プリペイド型とポストペイ型の主な電子マネーは、下記のようになっているので、覚えておきましょう。

プリペイド型とポストペイ型の主な電子マネー

上記のように、電子マネーとして有名なSuicaWAON楽天Edynanacoなどは、事前にチャージをしなければ利用できないプリペイド型の電子マネーです。

一方、今回紹介するQUICPayiDは、事前のチャージが必要のない、ポストペイ型の電子マネーになります。

ちなみに、iPhoneで利用できるスマホ決済サービス「Apple Pay」は、Suicaには対応しているものの、WAON、楽天Edy、nanacoなどの電子マネーには対応していません。

しかし、ポストペイ型のQUICPayやiDは、Apple Payに対応しているので、紐づけされたクレジットカードを登録するだけで利用することが可能です。

QUICPayやiDなどのポストペイ型の特徴は?

QUICPayiDなどのポストペイ型の電子マネーには、下記のような特徴があります。

ポストペイ型の特徴

  • 事前チャージの必要がない
  • 利用するためにはクレジットカードが必要
  • 利用料金は紐づけされたクレジットカードの支払日に請求される
  • 電子マネー自体にはポイントがつかない(紐づけされたクレジットカードのポイントがつく)

ポストペイ型の電子マネーは、後払い式の電子マネーなので、プリペイド型のように事前のチャージを必要としませんが、利用するためにはクレジットカードを所有している必要があります。

利用料金は、紐づけされたクレジットカード支払い日にカードの利用料金と一緒に請求されるので、覚えておきましょう。

また、プリペイド型の電子マネーは、利用金額に応じたポイントの還元を受けられるものが多くありますが、ポストペイ型の電子マネー自体には、基本的にポイントの還元がありません。

ポイントに関しては、紐づけされたクレジットカードポイントプログラムとなるため、紐づけするクレジットカードによってポイント還元率が異なることに注意が必要です。

QUICPayとiDの違いは?

QUICPayiDは、どちらもポストペイ型の電子マネーとしてApple Payに対応していますが、実際に利用する場合、どのような違いがあるのか気になりますよね。

両者の電子マネーは、使い方や基本となる機能の違いがほとんどないものの、下記の点が若干異なるので、覚えておきましょう。

QUICPayとiDの主な違い

  • 紐づけできるクレジットカード
  • 利用できる店舗(加盟店舗)
  • 利用できる形態の数

ここでは上記で紹介したQUICPayとiDの違いについて詳しく説明していきます。

紐づけできるクレジットカードが違う

QUICPayiDを利用するためにはクレジットカードを所有する必要がありますが、それぞれ提携しているカード会社が下記のように異なることを覚えておきましょう。

QUICPayとiDが提携している主なカード会社
QUICPay iD
オリエントコーポレーション(オリコ) オリエントコーポレーション(オリコ)
セディナ
セディナ
クレディセゾン
クレディセゾン
三菱UFJニコス NTTドコモ
ジェーシービーグループ(JCB) 三井住友カード
楽天カード イオン銀行

上記のように、QUICPayとiDは、提携しているカード会社が違うので、クレジットカードによって利用できる電子マネーが決まってしまうケースがあります。

たとえば、クレジットカードのなかでも人気の高いJCBカードは、QUICPayに対応していますが、iDには対応していないため、JCBカードを紐づけする場合は必然的にQUICPayを利用することになります。

ですので、QUICPayとiDを利用する際は、紐づけするクレジットカードがそれぞれの電子マネーに対応しているのかを確認するようにしましょう。

Apple Payで利用する場合は対応していないクレジットカードもある

QUICPayやiDは、おサイフケータイや専用カードなどで紐づけできるクレジットカードとApple Payで利用できるクレジットカードが異なる場合があることに注意が必要です。

たとえば、QUICPay、iDともに対応しているセディナカードですが、おサイフケータイの場合は、QUICPayiDのどちらでも登録することができるものの、Apple Payを利用できるのはiDのみとなります。

ちなみに、Apple Payを利用する場合ですが、QUICPayやiDの申込みが完了していれば、クレジットカードを登録した時点で利用できる電子マネーが自動的に決まるので、覚えておくとよいでしょう。

加盟店はiDのほうが多い

QUICPayとiDは、利用できる店舗が異なることを覚えておきましょう。

たとえば、紀伊國屋書店はiDでの支払いが可能ですが、QUICPayの支払いには対応していないなど、加盟店舗が異なることに注意が必要です。

ただ、基本的には、どちらの電子マネーも加盟店舗が多く、大手コンビニエンスストアなどで利用することができるので便利なツールになっています。

また、QUICPayとiDのそれぞれに対応しているクレジットカードを1枚ずつ持てば店舗によって使い分けができるので、クレジットカードを複数枚所有することに抵抗がない人にはおすすめの方法です。

ちなみに、加盟店舗については後ほど詳しく説明しますが、iDのほうが利用できる店舗数が若干多くなっているので、覚えておくとよいでしょう。

利用できる形態はQUICPayのほうが多い

QUICPayとiDは、ともにモバイル型、クレジットカード一体型、専用カード型を選択できますが、QUICPayに関しては、そのほかにコイン型やキーホルダー型などを選択することが可能です。

QUICPayは、iDと比べると利用できる形態が多いので、用途に応じて利用する形態を選択できるというメリットがあります。

QUICPayについて簡単におさらい

QUICPayは、2005年にサービスが開始されたポストペイ型(後払い式)の電子マネーサービスです。

利用金額は、紐づけされたクレジットカードの支払い日にカードの利用金額と合わせて請求されるため、事前のチャージが必要なく、クレジットカードのようにサインをする必要もありません。

また、QUICPayは、用途に合わせて、下記のように8種類の利用方法が選択できるという特徴があります。

QUICPayの種類

  • QUICPayカード
  • QUICPayモバイル(Apple Payやおサイフケータイ)
  • コイン型QUICPay
  • クレジットカード一体型
  • おこづかいQUICPay
  • nanaco一体型QUICPay
  • ANA QUICPay+nanaco
  • キーホルダー型QUICPay

上記のなかでも、nanaco一体型QUICPayは、nanacoの機能にQUICPayの機能が追加された電子マネーなので、両方の機能を利用できるというメリットがあり、おすすめです。

本来、nanacoは、事前チャージの必要なプリペイド型の電子マネーですが、QUICPayとの一体型を利用することで、事前チャージの必要がなくなります。

また、nanacoが利用できる店舗に加えて、QUICPayが利用できる店舗での買い物も可能になるため、用途の幅が広がる点も魅力になっています。

ちなみに、QUICPayは、1回あたりの利用金額が2万円までという利用制限がありますが、現在は、QUICPayの進化版のQUICPay+を利用すれば2万円以上の利用も可能です。

QUICPay+は、モバイル型のみとなるので、利用方法を選択できないというデメリットがあるものの、クレジットカードのほかにデビッドカードプリペイドカードとの紐づけが可能なので、ぜひ利用してみてください。

QUICPayを利用できる主な加盟店

QUICPayやQUICPay+は、コンビニスーパー飲食店ドラッグストアなど多数の店舗で利用することができます。

利用できる店舗は、「QUICPay」や「QUICPay+」のマークが目印となっていて、主に下記のような店舗があります。

QUICPayが利用できる店舗
カテゴリ 店舗名
コンビニ セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマートなど
スーパー イオン、マックスバリュ、ピアゴなど
飲食 ガスト、牛角、かっぱ寿司、マクドナルドなど
本、CD HMV、TSUTAYA、古本市場など
家電、キャリアショップ auショップ、ビックカメラ、コジマ、ヨドバシカメラなど
宿泊、レジャー ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、東京ディズニーランド、APAホテルなど
ドラックストア ツルハドラッグ、ココカラファイン、コクミン、マツモトキヨシなど
その他 アリオ、LOFT、六本木ヒルズ、ユニクロなど

上記以外には、タクシー料金の支払いなども可能です。ただ、ネットショッピングでは利用できないので、この点に関しては不便に感じてしまう人もいるかもしれません。

ちなみに、クレジットカードに紐づけされたQUICPay+を利用する場合は、QUICPay、QUICPay+のどちらか一方のマークがあれば利用することができます。

しかし、デビッドカードプリペイドカードに紐づけされたQUICPay+は、QUICPay+のマークがある店舗のみで利用可能となっているので、覚えておきましょう。

QUICPayの使い方

QUICPayを使うためには、クレジットカードを所有する必要があるので、まずは、QUICPay対応のクレジットカードに申込みをおこないましょう。

すでにQUICPay対応のクレジットカードを所有している人は、QUICPayの申込みをおこない、利用する形態を選択してください。

モバイル型QUICPay以外は、基本的に申込みが完了すればすぐに利用することができますが、モバイル型QUICPayに関しては、登録が必要になります。

登録方法は、下記の手順でおこなうことができるので、参考にしてください。

モバイル型QUICPay使い方(Apple Pay)

  1. QUICPay対応のクレジットカードに申込み
  2. QUICPayの申込み
  3. Apple PayにQUICPayと紐づけしたクレジットカードを登録
  4. QUICPayと紐づけしたクレジットカードがメインカードになっていることを確認
  5. 支払いの際に「QUICPayで支払います」と伝える

先に触れていますが、Apple Payは、クレジットカードを登録した時点で自動的に利用できる電子マネーが決定するので、基本的には、クレジットカードの登録が済めばQUICPayを利用することができます。

ただ、Apple Payは、機種にもよりますが、同時に8枚から12枚のカードを登録することができるので、メインカードがQUICPay対応のクレジットカードになっていることを確認するようにしましょう。

ちなみに、おサイフケータイに関しても登録が必要になりますが、おサイフケータイの場合は、iDやQUICPayなどの利用したい項目が個別に設定されているので、Apple Payよりはわかりやすいと思います。

Apple PayやGoogle PayでのQUICPay+の使い方

QUICPay+は、Apple PayやGoogle Payに搭載されているので、QUICPayの登録が終われば自動的に利用できるようになります。

ですので、基本的にモバイル型QUICPayの使い方と同じになります。

ただ、QUICPay+は、デビッドカードプリペイドカードと紐づけが可能なので、クレジットカード以外でQUICPay+を利用する場合は、紐づけしたカードを登録することを忘れないでください。

ちなみに、Google Payを利用する場合は、Apple Payとは違い最初に暗証番号の登録がないので、1回の利用金額の上限が3万円になります。

QUICPay+の特徴である、1回の利用金額の制限がないというメリットが若干薄れてしまうことは覚えておきましょう。

QUICPay(クイックペイ)はnanaco利用でポイント二重取りもできるお得な電子マネー

iDについて簡単におさらい

iDは、携帯電話のキャリアとしても有名なNTTドコモが2005年に開始した電子マネーサービスです。

QUICPay同様にポストペイ型の電子マネーなので、事前のチャージが必要ないという特徴があります。

iDは、大きく分けると下記の4種類から利用方法を選択することが可能です。

iDの種類

  • モバイル型(Apple Payやおサイフケータイ)
  • クレジットカード一体型
  • iD専用カード
  • dカード mini

iDは、QUICPay同様、基本的にクレジットカードの所有が必要ですが、dカード miniに関しては、クレジットカードを所有していなくても利用できるという特徴があります。

dカード miniは、クレジットカードに紐づけするのではなく、携帯電話に紐づけされるため、iDの利用料金は、携帯電話の利用料金と一緒に請求されます。

dカード miniを利用できるのは、ドコモユーザーのみとなるものの、クレジットカードを所有していない人でも利用できることはうれしいメリットになっています。

ちなみに、dカード miniでiDを利用した場合、200円ごとにdポイント1ポイント貯まるので、ポイント還元率は0.5%になります。

iDを利用できる主な店舗

iDの利用が可能な店舗は、「iD」のマークが目印になります。基本的には、コンビニスーパー飲食店ドラッグストアなど多数の店舗で利用することができるので、QUICPay同様に便利なツールとなっています。

iDを利用できる主な店舗は、下記のようになっています。

iDを利用できる主な店舗
カテゴリ 店舗名
コンビニ セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、セイコーマートなど
スーパー イトーヨーカドー、イオン、マックスバリュなど
飲食 ガスト、魚民、かっぱ寿司、マクドナルドなど
本、CD ブックオフ、タワーレコード、紀伊國屋書店など
家電、キャリアショップ ドコモショップ、ビックカメラ、コジマ、ヨドバシカメラなど
宿泊、レジャー シダックス、ビックエコー、京王プレッソインROUTE INNなど
ドラックストア ツルハドラッグ、ウェルネス、サンドラッグ、マツモトキヨシなど
その他 ダイソー、ドン・キホーテ、洋服の青山、RIZAPなど

上記のほかに、QUICPay同様にタクシー料金の支払いが可能です。また、iDは、Amazonなどのネットショッピングの支払いでも利用することができるので、QUICPayよりは用途の幅が広くなっています。

iDの使い方

iDは、ポストペイ型の電子マネーなので、基本的にはiD対応のクレジットカードが必要です。ですので、まずは、クレジットカードの申込みが必要になります。

iD対応のクレジットカードを所有している人はiDの申込みをおこない、利用したい形態を選択してください。

クレジットカード一体型や専用カード型は、そのまま利用するだけなので、モバイル型の利用方法について簡単に紹介しておきます。

モバイル型iDの使い方(Apple Pay)

  1. iD対応のクレジットカードに申込み
  2. iDの申込み
  3. Apple PayにiDと紐づけしたクレジットカードを登録
  4. iDと紐づけしたクレジットカードがメインカードになっていることを確認
  5. 支払いの際に「iDで支払います」と伝える

iDの使い方は、基本的にQUICPayと同じです。違いは、Apple PayにiD対応のクレジットカードを登録するだけなので、覚えておきましょう。

iD(電子マネー)とは?ポイントが貯まるお得な使い方やメリット、使えるお店を完全網羅!

QUICPay、iDの利用者におすすめのクレジットカード

QUICPayとiDは、紐づけできるクレジットカードが違うことを紹介しましたが、実際に利用する場合、どのクレジットカードを選択すればよいのか迷ってしまう人もいると思います。

ということで、ここでは、QUICPayとiDの紐づけをするのにおすすめのクレジットカードを紹介しておきます。

iDの利用者におすすめ!抜群の信頼性を持つ「三井住友VISAクラシックカード」

三井住友カード
三井住友カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • インターネット入会で初年度年会費無料
  • 毎日のお買物でポイントが貯まる
  • カード紛失盗難の際も安心のサポートサービス
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 1,375円(税込) 0.5%~1.0%
電子マネー
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
PiTaPa(ピタパ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

三井住友VISAクラシックカードは、大手カード会社の三井住友カードが発行しているので信頼性が高いクレジットカードです。

最高2,000万円海外旅行傷害保険最高100万円ショッピング補償が付帯しているので、安心して利用できる点が魅力的です。

また、三井住友カードは、業界最高水準のセキュリティを備えているので、カードの不正利用や偽造など対する十分な対策がとられています。

年会費は、初年度が無料で2年目以降は1,250円(税別)かかってしまうものの、年会費以上の充実したサービスと補償を受けることができるおすすめのクレジットカードです。

ちなみに、2年目以降の年会費に関しては、マイ・ペイすリボの登録で無料にすることも可能なので、覚えておきましょう。

(20代 / 男性 / 会社員 / 年収200~400万円未満)

三井住友のクレジットカードなので信頼できると思ったことが選んだ理由です。様々なクレジットカードを検索しましたが、ショッピングなどのポイント海外旅行の保険などの補償も充実しているので好感が持てました。年会費以上の価値があり、VISAとなっているので世界で使えるカードだと感じました。

QUICPayの利用者におすすめ!ポイント還元率が常に2倍の「JCB CARD W」

JCB CARD W
JCB CARD Wの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ポイントは常に2倍以上で年会費はずっと無料!
  • さらにJCBオリジナルシリーズパートナーや、Oki Doki ランド 利用でポイント大幅アップ!
  • キレイをサポートするLINDAリーグの優待も利用できる「JCB CARD W plus L」もご用意
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1 〜 2%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCB CARD Wは、年会費無料で利用することができ、一般のJCBカードの常に2倍のポイント還元率になるクレジットカードです。

また、Amazon.co.jpスターバックスセブンイレブンなどのJCB優待店(JCB ORIGINAL SERIESパートナー)での利用でさらにお得にポイントを貯めることが可能なので、ポイント還元率に優れたカードになっています。

利用条件は、39歳以下でWEB入会限定となっているものの、QUICPayでお得にポイントを貯めたい人におすすめのクレジットカードです。

(30代 / 女性 / 会社員 / 年収400~600万円未満)

ポイントが2倍貯まるというのは、かなりお得です。気づいたときにはかなりポイントが貯まっています。以前とは比べものになりません。

 Amazonショッピング
セブンイレブンでのお買い物、昭和シェル石油、スターバックスなどは更にお得なので、JCB CARD Wを持っていると色々な場面でお得を感じることができます。 
入会するときは、やはり年会費が気になりますがJCB CARD Wは年会費無料です。これはかなり安心ですし、とても嬉しいポイントでした。

QUICPayとiDが搭載!年会費無料で還元率1%の「オリコカード THE POINT」

オリコカード THE POINT
オリコカード THE POINTの詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費が永年無料で、ポイント還元率は常に1%以上
  • 入会後6ヶ月間は、ポイント還元率が2倍の2%!
  • たまったオリコポイントは500ポイントからリアルタイムに交換可能ですぐに使えます!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~2.0%
電子マネー
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社オリエントコーポレーション

オリコカード THE POINTは、年会費無料でポイント還元率が1%と高還元率のクレジットカードです。

入会後6ヶ月間はポイント還元率が2倍になるほか、ネットショッピングの際にオリコモールを利用すれば、最大16.5%の還元率も可能となっているので、ポイントプログラムに優れている点が魅力的です。

また、オリコカード THE POINTは、QUICPayとiDのダブル搭載が可能なクレジットカードなので、QUICPayとiDのどちらも利用したい人におすすめのクレジットカードになっています。

(20代 / 女性 / 公務員 / 年収600~800万円未満)

年会費永年無料だということと、入会後6ヶ月間はポイント還元率2パーセントにアップすることを知って良いなと思いました。

最初は黒のカードかっこいいなと単純な理由でもありましたが、調べてみた時にいろんな魅力があってびっくりしました。 電子マネーIDとQUICPayがダブル搭載されているから、コンビニなど楽ちんで支払いができます。

QUICPayとiDの違いのまとめ

QUICPayとiDの違いを中心に紹介してきました。QUICPayとiDは、基本となる機能や使い方に大きな違いはありません。

しかし、紐づけできるクレジットカード利用可能な店舗利用できる形態の種類に若干の違いがあるので、それぞれの特徴を把握して、用途に合った電子マネーを選択することが大切です。

また、QUICPay、iDともに、電子マネー自体にポイントが付与されないため、基本的にはポイント還元率が高いクレジットカードがおすすめとなっています。

ただ、クレジットカードや電子マネーは、ポイント還元率がすべてではないので、用途に合わせて利用できるように、QUICPayとiDそれぞれに対応しているクレジットカードを1枚ずつ持っておくのもよいでしょう。

食品や雑貨商品などを扱うライター・編集を経て、マネ会を担当。クレジットカードのポイント還元や特典だけでなく、各カード会社の戦略やマーケティングにも興味あり。普段使っているクレジットカードはJALカードで、実家への帰省の際には、貯めたマイルを特典航空券に交換している。ヤフオクやヤフーショッピングで買い物をする際には、ヤフーカードも使用。体を動かすことが好きで、定期的にジムで筋トレ。機会あれば、山へハイキングに出かけ、帰りの温泉を楽しむ。

山本(信)の執筆記事・プロフィール一覧へ