更新日:

ダイナースでマイルを効率よく貯める方法とおすすめのカードを厳選して紹介します

ダイナースでマイルを効率よく貯める方法とおすすめのカードを厳選して紹介します

ダイナースクラブカードは、日本で最初にサービスを開始したクレジットカードです。ステータス性の高さや特典・サービスの充実さから、特別な存在感を放っています。

また、高還元でマイルを貯めることが可能なカードです。ポイントを効率よく貯め、マイルの移行レートに注意してマイルを交換することで、よりお得に利用することができます。

今回は、ダイナースでマイルを効率よく貯める方法を紹介します。マイルの貯まりやすいおすすめカードもあわせて解説しているため、マイルをお得に貯めたい方はぜひご覧ください。

ダイナースでマイルを効率よく貯める方法

ダイナースでマイルを貯めるには、まず「①ポイントを貯め」、次に「②貯めたポイントをマイルへと移行する」手順を踏みます。これは、多くのクレジットカードと同様の流れです。

また、上記の①と②のそれぞれのステップで工夫することで、マイルを効率よく貯めることができます。おおまかに説明すると、下記のとおりです。

マイルを効率よく貯める方法

  1. ダイナースクラブ ポイントモールなどを活用し、ポイント獲得を工夫する
  2. ANAマイルなど、レートを考慮してマイルを移行する

たとえば、1年間に3,000ポイントを獲得したとしましょう。何も工夫しなければ、1ポイントはおよそ1円の価値となるため、3,000ポイントは約3,000円の価値となるでしょう。

一方、ポイント獲得を工夫すると、同じ3,000円分のポイント獲得できるカード利用金額で、2倍の6,000円分のポイントを獲得することができます。以下で解説するダイナースクラブ ポイントモールを利用すると、ボーナスポイントが獲得できるためです。

たとえば、「+1ポイント」のボーナスポイントがもらえる加盟店では、通常獲得の1ポイントにつき「+1ポイント」もらうことができます。したがって、3,000ポイント分利用すれば、合計で6,000ポイント貯めることが可能です。

6,000ポイントは、1ポイント=1マイルで移行できるANAマイルへ移行すると、東京=札幌間の往復航空券と交換することができます。東京=札幌間の往復航空券は、ローシーズンで38,960円の運賃です。

このように、工夫しなければ約3,000円の価値となるポイントが、工夫次第で約40,000円相当の航空券と交換することができます。そのため、効率よい方法を取ることで、通常よりはるかにお得にカードを利用することができます。

ダイナースクラブ ポイントモールを活用する

「ダイナースクラブ ポイントモール」とは、クラブ会員限定のポイント優待サイトのことです。このサイトを経由してネットショッピングをすることにより、ポイントの優遇が受けられます。

たとえば、楽天市場やYahoo!ショッピング、ベルメゾンネットで買い物する前にこのサイトを経由すると、通常のカード利用ポイントに加え、ボーナスポイントキャッシュバックのどちらかを選んで特典が受けられます。

ダイナースクラブ ポイントモールの特典
サイト名 ボーナス キャッシュバック
楽天市場 +0.5ポイント 0.5%
Yahoo!ショッピング +0.5ポイント 0.5%
ベルメゾンネット +1ポイント 1.0%
成城石井.com +2.5ポイント 2.5%
宅配ピザのドミノピザ +2ポイント 2.0%
ロクシタンオンラインショップ +2.5ポイント 2.5%

ボーナスポイントは5,000円単位、キャッシュバックは100円単位で特典を受けることができます。切り捨て部分を考え、どちらかを選択することが可能です。

また、上記のボーナスポイントやキャッシュバックに加え、通常のカード利用ポイント(100円につき1ポイント)も加算されます。そのため、「成城石井.com」ならモール利用で3%の還元率でポイントを貯めることができます。

なお、ポイントモールのボーナスポイント付与日は、オンラインショッピングをした日から3ヵ月後です。通常ポイント付与日とはタイムラグがあることは、覚えておきましょう。

ポイント還元率の異なる利用先をチェックする

ダイナースでは、一部のでポイントが付与されない、あるいは換算率が低くなる加盟店があります。ポイントをマイルへと移行する際に見込みより少なくなることのないように、還元率が異なる利用先は確認しておきましょう。

ポイント還元率の異なる加盟店
ポイントが付与されない加盟店 ・楽天Edyチャージ
・JR東日本モバイルSuica
・キャッシング、ローン、年会費などの利用料
200円につき1ポイントとなる加盟店 ・東京電力、関西電力などの電力会社
・東京都水道局、大阪市水道局などの水道局
・ガス会社、国税や地方税、国民年金保険料など

上記のように、EdyやSuicaへのチャージにはポイントが付与されません。また、電気料金などの公共料金は、通常の2分の1のポイント還元率となるため、注意してください。

便利なキャッシュレス、Apple Payも活用しよう

2020年4月1日から、ダイナースクラブカードでApple Payが使えるようになりました。外出先で財布を持っていなくても、スマートフォンのみで支払うことが可能です。

登録は、iPhoneさえあれば手数料無料で簡単に追加できます。Apple PayはApple Payマークか、QUIC Pay(クイックペイ)マークのあるお店で利用可能です。コンビニや大手スーパーなど、多くの店舗で便利なキャッシュレスを利用できます。

なお、Apple Payを会計レジで使用する場合は「QUIC Payで支払います」というとスムーズです。

ダイナースグローバルマイレージの仕組み

次に、ダイナースクラブカードで貯めたポイントを、マイルへと交換することについて解説します。

マイルへと交換するためには、ダイナースクラブグローバルマイレージというマイレージプログラムに加入する必要があります。本プログラムをとおして、ANA(全日空)やユナイテッド航空、デルタ航空などのマイルへ交換可能です。

マイル交換の必須条件

前述のように、ポイントをマイルへと交換するためには、ダイナースクラブグローバルマイレージへの参加が必須条件です。

ダイナースクラブグローバルマイレージ
名前 参加航空会社 年間参加料(税込) マイル移行料
ダイナースクラブグローバルマイレージ ・ANA
・デルタ航空
・ユナイテッド航空
・大韓航空
・アリタリア-イタリア航空
6,600円 無料

本マイレージプログラムの年間参加料は、上記のように6,600円(税込)です。したがって、マイルへ移行するためには参加料の支払いが求められます。ただし、期間内におけるマイル移行に手数料はかかりません。

なお、ANAダイナースカードなど航空会社提携カードでは、各航空会社マイルへと移行するため、本マイレージプログラムへの参加は不要です。そのため、参加料なしでマイル移行することができます。

ポイントを貯めたらマイルへ移行する

ポイントをマイルへと移行する際には、2つの方法があります。インターネットで会員専用サイトからマイル移行する方法と、電話でマイル移行する方法です。

マイルへの移行方法
インターネット ・会員専用サイトよりダイナースクラブグローバルマイレージへ
・暗証番号と生年月日の入力が必要
電話 ・音声ガイダンスにしたがってメニュー番号を選択する
・手元にカードと暗証番号を用意

ダイナースのマイル移行における強みは、ポイントの有効期限がなく、いつでもマイルへ移行できる点にあります。つまり、マイルに移行させない限り実質マイルが無期限となるため、マイルの有効期限を気にする必要がありません。

たとえば、マイルをファーストクラス航空券へ交換しようとすると、相当数のマイルが必要です。有効期限を気にせずポイントやマイルを貯められるため、大量のマイルが必要な航空券も交換しやすくなっています。

ANAマイルにも交換できる

ダイナースでは、ポイントを5つのマイレージプログラムと交換できます。そのなかにはANAマイレージプログラムも含まれているため、ANAマイルとの交換が可能です。以下では、各マイル移行レートや年間マイル移行上限を紹介します。

ダイナースクラブグローバルマイレージのマイル移行レート
会社名 マイル移行レート 移行上限
ANA(全日空) 1,000ポイント=1,000マイル 40,000マイル
ユナイテッド航空 2,000ポイント=1,000マイル 120,000マイル
デルタ航空 2,000ポイント=1,000マイル 140,000マイル
大韓航空 2,000ポイント=1,000マイル 120,000マイル
アリタリア-イタリア航空 2,000ポイント=1,000マイル 120,000マイル

上記のように、移行レートではANAマイルが有利です。ほかの4社は移行レートが低い分、移行上限が高く設定されています。本移行レート・移行上限は、2020年2月1日より適用されています。

したがって、ダイナースで貯めたポイントはANAマイルへの移行がおすすめです。1ポイント=1マイルという高い移行率で交換できるため、マイルを効率よく貯めることができます。

他のポイントに交換してしまうと還元率が低くなる

ダイナースのポイントの交換先は、マイル移行のほかに、商品交換や支払いへの充当、Tポイントなど他ポイントへの交換があります。

しかし、マイル移行以外の交換先は、ほとんどがポイント還元率1.0%を切ってしまうため、あまりおすすめできません。マイル移行すると、ポイント還元率は軽く1.0%を超えていきます。

前述のように、6,000ポイントを東京=札幌間の往復航空券に交換した場合、38,960円ほどの価値となります。そのため、ポイントの交換はマイル移行がお得です。

マイルを効率よく貯められるダイナースカード2選

ここからは、マイルを効率よく貯められるカードを厳選して2枚紹介します。それぞれ、マイルへの交換や特典が充実したクレジットカードです。

自身のライフスタイルやよく利用するシーンにあわせて、使いやすいクレジットカードをお選びください。

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ
おすすめポイント
  • 会員様を信頼しての利用限度額に一律の制限なし!
  • 国内外1,000ヵ所以上の空港ラウンジが無料!
  • 最高1億円の旅行保険が付いているから安心!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
24,200円(税込) 24,200円(税込) 0.5 〜 1%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

ダイナースクラブカードは、ダイナースのクレジットカードのなかで最もスタンダードなカードです。

一律の制限がない利用可能枠、高級レストランのコース料金を2名以上で利用すると、1名分が無料となるエグゼクティブ ダイニング、高級料亭での会食を楽しめる会員限定イベントなど、付帯するベネフィットは他カードの追随を許しません。

年会費は、すべてのダイナースカードのなかで最も安く、ANA以外のマイルへと交換することができます。メインカードとして使いたい方におすすめのクレジットカードです。

(40代 / 男性 / 会社員 / 年収600〜800万円未満)

100円あたり1ポイント付与されて、実質還元率1%なので、クレジットカードの中では還元率が高い方だと思います。

そしてANAのなどのマイレージとのポイント交換が1対1で行えるので、100円消費するごとに1マイルがたまる換算になり、これは格別なオトクさだと思います。

上記のように、実際にカードを利用している方からも、マイルへの移行率は好評を得ています。

ANAダイナースカード

ANAダイナースカード
ANAダイナースカードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ
おすすめポイント
  • あらゆるシーンのご利用でポイントが貯まる
  • 高額のご利用でポイントが大きく貯まる
  • ポイントの有効期限なし
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
29,700円(税込) 29,700円(税込) 0.4%~1.2%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

ANAダイナースカードは、ANA(全日空)とダイナースが提携して発行しているカードです。基本的に、上記のダイナースクラブカードに付帯する特典はすべて利用することができます。

本カードの魅力は、ANAマイルをたくさん貯められる点です。ANAマイルへの移行に手数料はなく、移行上限もありません。好きなタイミングで移行できるため、使いやすいこともメリットです。

ANAマイル以外に移行できないデメリットもありますが、マイル移行への効率性の観点から考えると、ダイナースカードのなかではおすすめのクレジットカードです。

(40代 / 男性 / 会社員 / 年収400〜600万円未満)

私は旅行が好きで、国内旅行も47都道府県踏破したことがあるくらい国内のあちこちに出かけていますが、その交通費が高いなといつも思っていました。

ANAダイナースカードでポイントをためマイルに移行すると、6000マイルくらいで国内であれば飛行機のチケットと交換ができるため、実質無料で飛行機に乗ることができます。

旅行好きな方にとって、マイルで交換できる航空券はとても魅力的です。効率的にマイルを貯めることで、年間に旅行できる回数を増やすこともできるでしょう。

ANAカードの特典も利用できる

ANAダイナースカードでは、ANAカードの特典を利用することができます。入会ボーナスマイルとして2,000マイル、利用を継続することで1年ごとに更新ボーナスマイルとして2,000マイル獲得可能です。

また、ANAを利用するごとに、区間のフライトボーナスマイルを貯めることができます。ANAカード特約店ではマイル付与率が1.5~2%となり、特約店のレストランやカフェを利用することで、マイルがザクザク貯まります。

ダイナースクラブカードとANAダイナースカードならどちらが良い?

ここまで紹介した2枚のカードは、どちらも魅力のあるクレジットカードです。2枚をマイルの観点からまとめると、下記のようになります。

カード名 主な特徴
ダイナースクラブカード ・年会費:24,200円(税込)
・ポイント還元率:0.5~1.0%
・指定の空港ラウンジを無料で利用可能
・ダイニング特典(1名無料)
ANAダイナースカード ・年会費:29,700円(税込)
・ポイント還元率:0.4~1.2%
・指定の空港ラウンジを無料で利用可能
・ダイニング特典(1名無料)
・毎年の継続時に2,000マイル獲得
・通常ANAマイルに加え、搭乗ボーナスが25%が加算
・ANAマイル移行手数料が無料

やはり、ANAカード特典まで考慮すると、ANAダイナースカードのほうがマイルは貯まりやすいといえるでしょう。

ただし、ANA以外のデルタ航空やユナイテッド航空なども利用する方にとっては、ダイナースクラブカードも選択肢に入ります。自身にとって利用しやすいカードを選択してください。

ダイナースのマイルを効率よく貯める方法まとめ

ダイナースは、高級店の食事代が1名分無料となるグルメ特典や、多くの空港ラウンジを利用できるなど、サービス開始から60年たった現在でも輝きを増しているカードです。

さらに、ポイントモールなどを利用し、マイル移行先もレートを考慮して選択することで、効率よくマイルを貯めることができます。少しの工夫で大きな差が出るため、普段から意識して利用しましょう。

今回は2枚のカードを紹介しましたが、それぞれに魅力を持っています。ぜひこれを機会に、カードへの入会をご検討ください。

食品や雑貨商品などを扱うライター・編集を経て、マネ会を担当。クレジットカードのポイント還元や特典だけでなく、各カード会社の戦略やマーケティングにも興味あり。普段使っているクレジットカードはJALカードで、実家への帰省の際には、貯めたマイルを特典航空券に交換している。ヤフオクやヤフーショッピングで買い物をする際には、ヤフーカードも使用。体を動かすことが好きで、定期的にジムで筋トレ。機会あれば、山へハイキングに出かけ、帰りの温泉を楽しむ。

山本(信)の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事