更新日:

ダイナースのハワイでの7つの優待サービスを解説!出発前の無料サービスもご紹介

ダイナースのハワイでの7つの優待サービスを解説!出発前の無料サービスもご紹介

ダイナースクラブカードにはハワイの旅行を満喫する素敵な優待サービスが目白押しです。

ハワイの名物バスのLea Lea(レアレア)トロリーの乗車運賃が無料になったり、レストランやショッピング、エンタテインメントが割引になるなど、全部で7つの優待サービスは、家族で旅行する方にピッタリな内容となっています。

ほかにもダイナースクラブカードは海外旅行を便利にする国内外の空港で受けられるサービスや、ANAマイルを効率よく貯めるクレジットカードなどもあり、海外に行く回数が多い方ほどお得になります。

この記事では、ダイナースクラブカードのハワイ優待サービスや国内外の空港で受けられるサービスの詳細、そしてダイナースクラブのクレジットカードをわかりやすく解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

ダイナースクラブカードの7つのハワイ優待サービス

ダイナースクラブカードには、ハワイで受けられる優待サービスが7つもあります。

ダイナースクラブのハワイ優待サービス

  • 「ホノルル・Lea Lea(レアレア)トロリー」が無料で乗車できる
  • ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル) のラウンジが利用できる
  • レストランやショッピングで割引が受けられる優待特典
  • ハワイの人気ホテルがお得に利用できる
  • ファミリーにも人気のコンドミニアムが15%オフ
  • 子どもも大人も楽しめるハワイのエンタテイメントがお得に
  • レンタカー料金も割引

どの優待サービスも、ハワイを旅行するときに役立つサービスとなっています。それぞれ、どんな内容の優待サービスになっているのか、順番に解説します。

①ハワイの名物観光バス「Lea Leaトロリー」が無料で乗車できる

「ホノルル・Lea Lea(レアレア)トロリー 」とは、ハワイの名物観光バスのことです。

開放的な外観のトロリーに乗りながら、アラモアナセンターをはじめ、カカオコやダウンタウン、ダイヤモンドヘッドなどのハワイを代表する観光スポットを巡る13のルートがあります。

ダイナースクラブでは、Lea Leaトロリーの10ルートまでが1週間乗り放題となるトロリー乗車券が、カード会員限定で無料になるという優待サービスがあります。

トロリー乗車券サービスの対象ルート

  • アラモアナ/ドンキ・ライン
  • ダイヤモンドヘッド・ライン
  • カハラモール/ワイキキ近郊・ライン
  • ワード/カカアコ/ダウンタウン・ライン
  • 朝食レストラン周遊・ライン
  • ウエスト・ディナー&ショッピング・ライン
  • イースト・ディナー&ショッピング・ライン
  • KCCファーマーズマーケット・エクスプレス
  • アラモアナ・エクスプレス
  • ダイヤモンドヘッド・エクスプレス

Lea Leaトロリーの乗車券は旅行代理店のHISから購入できますが、ダイナースクラブカードの優待サービスと内容が近い乗車券の価格は、大人が62ドル(約6,500円(※))、子どもが50ドル(約5,300円(※))とそれなりの価格となっています。

仮に、4人家族(大人2名、子ども2名)で購入した場合は約23,600円の出費となります。ダイナースクラブカードなら、この分の出費を節約でき、10ルートが1週間乗り放題となります。

(※)1ドル:106円換算

Lea Leaトロリーで行ける観光スポット

どのルートも魅力的なLea Leaトロリーですが、なかでも人気を集めているのは下記の6ルートになります。

Lea Leaトロリーの人気ルート

  • アラモアナ/ドンキ・ライン:ロイヤル・ハワイアン・センターとアラモアナ・センターを結ぶショッピングに便利なルート(10分間隔で運行)
  • ダイヤモンドヘッド・ライン:ホノルル動物園やワイキキ水族館、ダイヤモンドヘッドなどの有名な観光スポットを巡るルート(約50分間隔で運行)
  • カハラモール/ワイキキ近郊・ライン:人気のレストランやカフェが密集しているモンサラット通りやショッピングモールを巡るルート(約50分間隔で運行)
  • ワード/カカアコ/ダウンタウン・ライン:ワイキキの中心エリアから出発して人気の観光名所を回るルート(約40分間隔で運行)
  • 朝食レストラン周遊・ライン:ガイドブックに載る有名店から地元民御用達の朝食レストランを巡るルート(毎朝1本)
  • KCCファーマーズマーケット・エクスプレス:毎週土曜日午前中に開催されKCCファーマーズマーケットへの直行便(約15分~20分間隔で運行・土曜日限定)

これらのルートでは、ハワイ有数のショッピングモールであるロイヤル・ハワイアン・センターアラモアナ・センターでショッピングしたり、家族連れに人気なホノルル動物園ワイキキ水族館などで動物とふれあったり、おしゃれなレストランやカフェが集まるモンサラット通りなど、ハワイで人気の観光スポットを回れます。

ハワイ初心者におすすめなのがワード/カカアコ/ダウンタウン・ラインです。カメハメハ大王像の近くにあるモダンなハワイ州庁舎や出雲大社、ハワイの歴史を遊んで体験できるビショップミュージアムなどの有名だけど各エリアに点在していて徒歩で回るのが難しい観光スポットを巡るルートになります。

このように13ルートはそれぞれ目的地や内容が異なっており、観光やショッピングを心ゆくまで楽しめるルートとなっています。

ただし、ルートによって運行時間や運行間隔が違う点に注意しましょう。

たとえば、アラモアナ/ドンキ・ラインは1日中運行しており、10分間隔で次のトロリーが来るため乗り遅れても次のトロリーが来ます。

しかし、朝食レストラン周遊・ラインのように1日1本しか運行しないルートや、KCCファーマーズマーケット・エクスプレスのように土曜日限定のルートもあるためスケジュールに組み込む際は乗り遅れないように気を付けましょう。

Lea Leaトロリー乗車券を受け取る際にラウンジを無料で利用できる

また、ダイナースクラブカードではトロリー乗車券を受け取る際に、ハワイの中心部にあるロイヤル・ハワイアン・センターのLea Leaラウンジが無料で利用できます。

Lea Leaラウンジのサービス

  • ソフトドリンク(セルフサービス)
  • インターネット利用・無料Wi-Fi
  • 日本語新聞・テレビ番組の閲覧

トロリー乗車券を受け取るときだけの限定のサービスとなっていますので、忘れずにサービスを受けましょう。カード会員1名につき、同伴者4名までサービスを受けられます。

②ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル)のラウンジが利用できる

ダイナースクラブカード会員は国内外あわせて1,000ヵ所以上ある空港ラウンジを無料で利用できます。

ハワイの場合は、ダニエル・K・イノウエ国際空港のIASS ハワイラウンジがカード会員本人と家族会員まで無料となります。ただし、3歳以下の子ども除いた同伴者は有料となります。

IASS ハワイラウンジのサービス内容は下記になります。

IASS ハワイラウンジのサービス内容

  • 無料ドリンク(ソフトドリンクのみ)
  • フライト情報
  • 新聞・週刊誌の無料閲覧
  • 無線LAN
  • パソコン貸し出し

静かで快適な空間となっており、出発前に旅の思い出を家族で話したり、ちょっとしたインターネットの用事を済ませたりするのに便利な場所です。

③レストランやショッピングで割引になる優待特典

ハワイにはCafe O'Lei Kihei(カフェ・オレイ・キヘイ)やNoi Thai Cuisine Honolulu(ノイタイ・キュイジーヌ)といったハワイで人気のレストランや、kate spade new york(ケイト・スペード)といった有名なブティックが軒を連ねています。

ダイナースクラブでは「Shop Hawaii」に登録しているこれらのレストランやショッピングで割引になる優待特典サービスがあります。

「Shop Hawaii」の内容

  • kate spade new york:定価商品をお買い上げの方は15%引き
  • ABCストア:$50以上ご利用の場合、マウイカレンダーを進呈など
  • Café O'Lei Kihei:メイン料理を2つ注文するとデザートをプレゼント

店舗によって優待内容は異なりますが、レストランやショッピングがお得になるのは魅力的です。

利用方法は簡単で、「Shop Hawaii」のサイトで優待内容と対象店舗を確認し、買い物時・注文時に「Shop Hawaiiの特典利用」なのを伝えるだけです。

「Shop Hawaii」に登録している店舗は「Lea Leaトロリー」のルートにも含まれているため、併せて使いましょう。

④海外クラブホテルズならハワイの人気ホテルがお得に利用できる

ダイナースクラブでは海外の人気ホテルがお得に利用できる「海外クラブホテルズ」という優待サービスがあり、ハワイなら12件のホテルがサービスの対象となっています。

海外クラブホテルズの対象ホテル

  • マウナ ラニ オーベルジュ リゾーツ コレクション
  • タートル・ベイ・リゾート
  • モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパ、ワイキキビーチ
  • ザ・リッツ・カールトン、カパルア
  • アンダーズ マウイ アット ワイレア リゾート
  • ザ・リッツカールトン・レジデンス ワイキキビーチ
  • アストン・ワイキキ・ビーチ・タワー
  • プリファード ホテルズ&リゾーツ
  • ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート
  • トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ
  • ザ・カハラ・ホテル&リゾート
  • ハレクラニ

優待サービスの内容はホテルによって異なりますが、対象となる部屋に2泊以上するなどの条件を満たせば、クレジット(ホテル限定で使用できる通貨)や朝食などがサービスされます。

たとえば、ハワイの言葉で「天国にふさわしい館」という名のハレクラニでは、パーシャル オーシャンビューなどの部屋を予約した際にルワーズ ラウンジでのカクテルを2名分が無料になるサービスのほかに、ホノルル市内にある美術館などの文化施設が無料となります。

また、白砂のビーチが幻想的なザ・カハラ・ホテル&リゾートでは、シーニックなどの指定の部屋を予約すると、到着時の空き室状況によって部屋の無料アップグレードが提案されます。

ほかには3連泊以上の宿泊で、ザ・カハラ・ホテル&リゾートのメインダイニング「Hoku's(ホクズ)」の支払いに利用できる、100ドル(約1万690円)のHoku'sクレジットがもらえます。

予約方法は簡単で、ダイナースクラブ優待検索の海外トラベルでハワイを検索し、宿泊したいホテルを探します。宿泊したいホテルが決まりましたら、日本を出発する4日前までにトラベルデスクに電話します。

トラベルデスク:0800-222-5972
月~土 10:00~18:00
日・祝・12月30日~1月4日まで休み

あとは、宿泊したいホテルの予約をトラベルデスクに任せれば、優待サービスが受け取れます。なお、プレミアムカード会員は、プレミアム専用デスクで予約をしましょう。

⑤ファミリーにも人気のコンドミニアムが15%オフ

ダイナースクラブカードを持っている会員なら「AQUA-ASTON(アクア-アストン)」のコンドミニアムが15%オフで利用できます。

AQUA-ASTONの人気コンドミニアム

  • アストン・ワイキキ・サンセット:通常料金419ドル~859ドル
  • アストン・アット・ザ・ワイキキ・バニアン:通常料金405ドル~485ドル
  • イリカイ・ホテル&ラグジュアリー・スイーツ:通常料金600ドル~1400ドル

ハワイでコンドミニアムタイプの宿泊施設はファミリー向けとして人気を集めています。なぜなら、コンドミニアムにはキッチンが付属しています。

小さい子どもを連れて旅行をするときによくあるトラブルは食事だといわれています。大人が満足する料理でも子どもが満足するとは限らず、ホテルの部屋で離乳食を準備するのは大変です。

コンドミニアムタイプの宿泊施設なら、キッチンが備わっています。簡単な離乳食の準備から、本格的な調理まで可能となっているため、食事トラブルに悩むファミリーにピッタリです。

予約の方法はAQUA-ASTONのダイナースクラブ会員専用ページから、24時間受け付けている予約フォームか、電話で申込みます。

アクア-アストン・ホスピタリティー 日本地区販売総代理店
株式会社パシフィックリゾート:0120-080-102
月曜~金曜:9時30分~18時まで

予約する際はダイナースクラブ会員優待予約を利用することを伝えないと、通常料金での利用となってしまいますので、注意しましょう。

⑥子どもから大人まで楽しめるハワイのエンタテイメントがお得に

ハワイには子どもから大人まで楽しめるエンタテイメントがいくつもあり、ダイナースクラブではそれらのエンタテイメントがお得になる優待サービスがあります。

対象となるエンタテイメントと優待内容

  • ポリネシア・カルチャー・センター:事前予約、事前支払で15%OFF
  • シーライフ・パーク・ハワイ:事前予約、事前支払で15%OFF
  • ウェット・アンド・ワイルド・ハワイ:事前予約、事前支払で15%OFF
  • クアロア・ランチ・ハワイ:事前予約、事前支払で10%OFF
  • マンダラ・スパ ハワイ:事前予約、事前支払で10%OFF・ダイナースクラブ会員限定特別プログラム
  • モクレレ航空エアーツアー:事前予約、事前支払で15%OFF

シーライフ・パーク・ハワイはイルカやアシカと一緒に泳げるエンタテイメントです。熱帯魚やウシガメ、エイといったハワイに生息する魚とふれあえるプログラムを用意しており、子どもに人気です。

大人向けのエンタテイメントも用意されており、マンダラ・スパ ハワイではパリ伝統のトリートメントやマッサージに加え、ハワイに伝わるロミロミといった多彩なスパメニューを体験できます。

ハワイ エンタテイメント施設優待から予約したいエンタテイメントを選択し、予約ページでプログラムを決定すれば予約は完了です。

プログラムの内容や料金、エンタテイメント施設までのアクセスなどが公開されているため、スケジュールを組むのに役立ちます。

⑦ハワイの広々とした風景を満喫できるレンタカー料金も割引

ダイナースクラブカードでは、ハワイをはじめ、アメリカ・カナダ・グアム・サイパン・オーストラリア・ヨーロッパでレンタカーを借りる際に割引となる優待サービスがあります。

世界最大のレンタカー会社「Hertz(ハーツ)レンタカー」で車を借りると、基本料金から5%~20%割引、または特別料金で利用できます。

電話かオンラインで予約をする際に会員優待番号[1797327]を伝えて、現地でダイナースクラブカードで支払いをすれば完了です。

ハーツレンタカー予約センター:0120-489-882
月曜~金曜:9時~18時まで
土・日・祝年始休日

ハワイは日本と違い右側通行・左ハンドルですが、日本に比べて道幅が広く一本道が多くなっています。出勤・帰宅時の高速道路を避ければ、渋滞に巻き込まれるというリスクも少ないです。

レンタカーで移動すれば、ショッピングした荷物を運びやすくなり、公共交通機関のスケジュールに縛られることもありません。小さな子どもが疲れて休みたいときは、車がプライベート空間に変わります。

ハワイの法律では、アメリカ入国後1年以内なら、日本の運転免許証だけで運転することが可能となっており、国際免許証は不要です。

ただし、事故を起こした場合に警察官が日本語を読めなかったりすると、無免許運転扱いにされてしまうリスクがあります。

用心のために国際免許証を取得するか、在ホノルル日本領事館サイトにある日本の運転免許証の英語版解説書を用意しておきましょう。

また、ハワイではチャイルドシートの着用が厳罰化されているため、4歳未満の子どもは必ずチャイルドシートを着用させましょう。

出発前に国内空港でも優待サービスが利用できる

ハワイを快適に過ごす優待サービスが充実しているダイナースクラブカードですが、実は出発前の国内空港でも優待サービスがあります。

ダイナースクラブカードの国内空港優待サービス

  • 羽田や成田空港などの主要空港のラウンジが無料で利用できる
  • 出発前日に空港近くにあるホテルの宿泊が無料になる
  • タクシーの送迎サービスが片道無料
  • ハワイから帰国したときの手荷物1個を自宅まで無料配送
  • 成田空港のパーキングが旅行期間中無料
  • 成田エクスプレスなど空港までの特急料金が無料
  • 空港で受け取りができるレンタルWi-Fiが優待料金で利用可能

どれもハワイへ旅行する際に便利な優待サービスですが、なかでも注目したいのがレンタルWi-Fiが優待料金で利用できるサービスです。

ハワイでは無料のWi-Fiスポットが複数あります。

ハワイの無料Wi-Fiスポット

  • ダニエル・K・イノウエ国際空港
  • アラモアナ・センター
  • インターナショナル マーケットプレイス
  • ロイヤル・ハワイアン・センター

ほかにはホテルなどの宿泊施設や、マクドナルドやスターバックスなどの飲食店でも利用できますが、その際に必要なのはIDとパスワードです。

店内のどこかに明記されているか、店員に聞けばIDとパスワードはわかりますが、英語で質問をするのはハードルが高いです。また、無料Wi-Fiスポットはほかの方が利用していて混雑している場合があります。

レンタルWi-Fiなら、それらのストレスを感じずにインターネットとつなげられます。

ダイナースクラブカードでは海外レンタル店「グローバルWi-Fi」の海外レンタルの利用料金が20%オフになる優待サービスがあります。空港での受渡手数料が無料で、帰国時に国内空港のカウンターか、宅配で返却します。

事前に予約をしないと優待サービスが適用されないので注意しましょう。

ハワイに行くなら検討したい2枚のダイナースクラブカード

ハワイへの旅行がお得になるダイナースクラブカードには、提携カードを含めれば10種類以上ものカードがあります。そのなかで、ハワイに行くなら検討したいカードがあります。

ハワイに便利なダイナースクラブカード

  • ダイナースクラブカード
  • ANAダイナースカード

それぞれ、どのようなクレジットカードなのか、順番に解説します。

世界が認めるステータスカード「ダイナースクラブカード」

ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ
おすすめポイント
  • 会員様を信頼しての利用限度額に一律の制限なし!
  • 国内外1,000ヵ所以上の空港ラウンジが無料!
  • 最高1億円の旅行保険が付いているから安心!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
24,200円(税込) 24,200円(税込) 0.5 〜 1%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

ダイナースクラブカードは、日本で最初に生まれたクレジットカードで、食事や旅行の優待サービスが豊富で、海外旅行保険が手厚く、世界が認めるステータスカードです。

年会費24,200円(税込)ポイント還元率は0.5%~1%となっており、ショッピング利用可能枠に制限を設けていないため、高額な商品でも事前の承認なしで購入できます。

食事に関するグルメサービスが豊富で、対象レストランの利用料金が10~20%オフ、1名様分が無料になる「ダイナースクラブ・エグゼクティブ・ダイニング」などの優待サービスは魅力的です。

また、ハワイの優待サービスをはじめ、「クラブホテルズ優待」や最高1億円まで補償する海外・国内旅行保険、コナミスポーツクラブ・名門ゴルフ場の優待サービスなど、さまざまな優待サービスが充実しています。

さまざまな優待サービスが魅力的なダイナースクラブカードですが、入会基準は比較的高めといわれています。

公式の入会条件は「年齢27歳以上の方」とだけありますが、一般的には400万円以上の年収が必要のようです。

そんなダイナースクラブカードは世界2,600万店以上の加盟店で使用できます。

ダイナースクラブカードの海外加盟店ネットワーク

  • 世界185以上の国と地域
  • 加盟店数2,600万店以上
  • 利用可能ATM100万台以上

ハワイはもちろん、日本やアメリカ、南米、ヨーロッパ、インドと世界各国で使用できます。またアメリカの大手クレジットカード会社「Discover」社と提携したことで、北米のDiscover加盟店でも使用できるようになり、使える店舗が増えています。

ANAマイルを効率よく貯めるなら「ANAダイナースカード」

ANAダイナースカード
ANAダイナースカードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ
おすすめポイント
  • あらゆるシーンのご利用でポイントが貯まる
  • 高額のご利用でポイントが大きく貯まる
  • ポイントの有効期限なし
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
29,700円(税込) 29,700円(税込) 0.4%~1.2%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

ANAダイナースカードは、ダイナースのサービスが利用でき、カード利用100円ごとに1マイル相当のポイントが貯まります。年会費29,700円(税込)ポイント還元率は0.4%~1.2%となっています。

最大の特徴はカードを使い続けるとANAマイルが貯まることです。入会時に2,000マイル、カードを更新するたびに2,000マイル、搭乗ごとに区間マイルにボーナスとして25%マイルが付与されます。

貯めたポイントは有効期限やANAマイルへの移行期限がありません。ANAマイルは獲得した月から数えて36ヵ月後に失効するため、一気に使いたいときまでポイントとして保有できるのは便利です。

また、最高1億円まで補償する海外・国内旅行保険や海外緊急アシスタントサービス、国内外1,000ヵ所以上の空港ラウンジが無料といった、旅行関係の優待サービスが充実しています。

ダイナースクラブの優待サービスとANAマイルの貯めやすさを重視する方にピッタリのクレジットカードです。

ハワイでダイナースクラブカードを使って得するまとめ

ダイナースクラブカードはハワイに旅行するときにお得になる優待サービスが充実しています。

ハワイの名物観光バス「ホノルル・Lea Lea(レアレア)トロリー」が無料で乗車でき、ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル) のラウンジの空港ラウンジが無料、ハワイの人気ホテルがお得に利用できるなど、ハワイで家族旅行を楽しむのにピッタリなサービスとなっています。

出発前への日本の空港でも優待サービスが充実しており、海外旅行での面倒な移動が快適になるのは魅力的です。

ANAダイナースクラブカードはANAマイルを効率よく貯められるクレジットカードとなっており、家族で海外旅行を多くする方は検討してみましょう。

大学卒業後、ライティング事務所に就職。2017年に独立し、フリーライターとして活動。ライティング業務に携わる中で、ジャンルを問わず多くの記事を執筆しましたが、最も得意なのは金融・経済系。特にアジア・欧州の経済や、新興スタートアップ企業に関する記事を投資webメディアにて連載中。猫が好きだけど、猫アレルギーのためモニター越しでしか眺められないのが悩み。ライティングを行う時には「分かりやすく・読みやすく・おもしろく」を心がけています。

野田 幹太の執筆記事・プロフィール一覧へ