更新日:

ダイナースなら無料でMastercardのプラチナカードが作れる! 2枚持ちのメリットを解説

ダイナースなら無料でMastercardのプラチナカードが作れる! 2枚持ちのメリットを解説

ダイナースクラブから新サービス「コンパニオンカード」が誕生しました。

このサービスは、ダイナースクラブのカード1枚につき、Mastercardが1枚無料で追加できるというものです。

「無料でMastercardが発行できる?」、「どういうこと?」と思われた方もいらっしゃるかと思います。

本記事では、「コンパニオンカード」という言葉を初めて聞いた方にもわかるように、ダイナースクラブから登場した新サービスについて解説していきます。

ダイナースクラブのカードを持っている方、三井住友トラストクラブのカードが気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ
おすすめポイント
  • 会員様を信頼しての利用限度額に一律の制限なし!
  • 国内外1,000ヵ所以上の空港ラウンジが無料!
  • 最高1億円の旅行保険が付いているから安心!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
22,000円(税抜) 22,000円(税抜) 1%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

ダイナースクラブカード保有者なら無料! コンパニオンカードって?

2019年7月23日、ダイナースクラブから「コンパニオンカード」というサービスが登場しました。

ダイナースクラブの「ダイナースクラブカード」もしくは「ダイナースクラブプレミアムカード」を持っている方に、Mastercardブランドのプラチナカード以上の高ランクカードが無料で付帯するというサービスです。

このときダイナースクラブのカードに無料で付帯するMastercardブランドのカードのことを、コンパニオンカードと呼びます。

コンパニオンカードは自分用の家族カードというイメージで、持っているダイナースのカードよりも高ランクで豪華サービスを受けられる2枚目のカードとして利用ができます。

まずは、ダイナースのカードに付帯するコンパニオンカードの概要を紹介していきます。

①TRUST CLUB プラチナマスターカード

カードデザイン
年会費 無料
家族会員の年会費 無料
ポイント還元率 0.5%
付帯保険 ・海外旅行保険
・国内旅行傷害保険
・ショッピング・リカバリー
Mastercard特典 Taste of Premium®の8特典
Wi-Fiサービス Boingo Wi-Fi

1つめのコンパニオンカードは、TRUST CLUB プラチナマスターカードです。

このカードは、ダイナースクラブカードに付帯します。

TRUST CLUB プラチナマスターカードは、Mastercardブランドのプラチナグレードのステータスを持った三井住友トラストクラブ発行のプラチナカードです。

ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ
おすすめポイント
  • 会員様を信頼しての利用限度額に一律の制限なし!
  • 国内外1,000ヵ所以上の空港ラウンジが無料!
  • 最高1億円の旅行保険が付いているから安心!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
22,000円(税抜) 22,000円(税抜) 1%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

②TRUST CLUB ワールドエリートカード

カードデザイン
年会費 無料
家族会員の年会費 無料
ポイント還元率 1%
付帯保険 ・海外旅行保険
・海外航空便遅延費用保険
・外貨盗難保険
・国内旅行傷害保険
・ショッピング・リカバリー
・キャンセル・プロテクション
・ゴルファー保険
・交通事故傷害保険
Mastercard優待 Taste of Premium®の18特典
Wi-Fiサービス Boingo Wi-Fi
空港ラウンジサービス LoungeKey

2つめのコンパニオンカードは、TRUST CLUB ワールドエリートカードです。

このカードは、ダイナースクラブプレミアムカードに付帯します。

TRUST CLUB ワールドエリートカードは、Mastercardの最上位のステータスを持った三井住友トラストクラブ発行のブラックカードです。

カード種類 ダイナースクラブプレミアムカード
年会費(税抜) 130,000円
家族会員の年会費 無料
ポイント還元率 2%
ETC年会費 無料
付帯サービス ・ETCカード
・家族カード
・ショッピング・リカバリー
・海外旅行保険
・国内旅行傷害保険
・リボ払い可能

ワールドエリートカードはブラックカード相当!

TRUST CLUB ワールドエリートカードは、Mastercardの最上位ランクであるワールドエリートカードのうちの1枚です。

日本で発行されているワールドエリートカードはそのほかにLUXURY CARDのみです。

Mastercardのワールドエリートカードは、クレジットカードの最上位ランクであるブラックカード相当のステータス性を持っています。

このような高ランクのカードを、ダイナースクラブプレミアムカードを持っている方はコンパニオンカードとして無料で手に入れることができるのです。

年会費: 100,000円(税抜)
次年度以降: 100,000円(税抜)
ポイント還元率: 1.25%
【PR】Sponsored by Black Card I株式会社
公式サイトを見る
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.5 調査結果:8件
年会費: 50,000円(税抜)
次年度以降: 50,000円(税抜)
ポイント還元率: 1%
【PR】Sponsored by Black Card I株式会社
公式サイトを見る

ダイナースのコンパニオンカードは年会費も発行手数料も無料

コンパニオンカードであるTRUST CLUB プラチナマスターカード、TRUST CLUB ワールドエリートカードはどちらも年会費や発行手数料が無料です。

プラチナカードやブラックカードが年会費無料だなんて信じられない…という方も多いのではないでしょうか?

またダイナースクラブカードもしくはダイナースクラブプレミアムカードの家族会員の方も、コンパニオンカードを無料で発行することができます。

このように、コンパニオンカードサービスを利用すればカード発行にかかる費用がゼロになります。

ダイナースのコンパニオンカードにはETCカードを追加できない

TRUST CLUB プラチナカード、TRUST CLUB ワールドエリートカードにはETCカードを追加発行することができません。

ただし、ETCカードはダイナースクラブカードもしくはダイナースクラブプレミアムカードで追加発行ができます。

ダイナースでのETCカード発行手数料・年会費は無料です。

持っているダイナースのカード1枚につき、本会員が持っている車両台数に応じて5枚まで発行できます。

ETCカードの発行はダイナースでおこないましょう。

ダイナースのコンパニオンカードのポイント還元率は最大1%

TRUST CLUB プラチナマスターカード、TRUST CLUB ワールドエリートカードはどちらも、支払いに利用することでポイントが貯まります。

その場合のポイント還元率は以下のようになっています。

TRUST CLUB プラチナマスターカード 0.5%
TRUST CLUB ワールドエリートカード 1%

これらのポイント還元率は、コンパニオンカードの付帯対象であるダイナースクラブカード、ダイナースクラブプレミアムカードのポイント還元率とは異なるので注意が必要です。

コンパニオンカードには保有しているダイナースカードの保険が適用

TRUST CLUB プラチナマスターカード、TRUST CLUB ワールドエリートカードにも保険が付帯しています。

TRUST CLUB プラチナマスターカードにはダイナースクラブカードの保険内容が、TRUST CLUB ワールドエリートカードにはダイナースクラブプレミアムカードの保険内容がそれぞれ適用されます。

なかには利用付帯の保険も含まれますが、コンパニオンカードで支払った場合でも、その付帯対象となるダイナースのカードで支払ったという扱いになるため利用付帯の保険もきちんと適用されるので安心です。

プラチナマスターカードに付帯される保険

TRUST CLUB プラチナマスターカードには、ダイナースクラブカードの保険が適用されます。

プラチナマスターカードの付帯保険

  • 海外旅行保険…1億円まで
  • 国内旅行傷害保険…1億円まで
  • ショッピング・リカバリー…500万円まで

国内・海外の両方の旅行保険で1億円までの補償が受けられるので、手厚さは文句なしですね。

ショッピング・リカバリーも国内・海外問わず500万円まで補償されるので、高額な買いものも安心です。

ただし、航空機・コンタクトレンズ・動植物・食料品など補償の対象にならないものもあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

ワールドエリートカードに付帯される保険

TRUST CLUB ワールドエリートカードには、ダイナースクラブプレミアムカードの保険が適用されます。

ワールドエリートカードの付帯保険

  • 海外旅行保険…1億円まで
  • 海外航空便遅延費用保険…4万円まで
  • 外貨盗難保険…10万円まで
  • 国内旅行傷害保険…1億円まで
  • ショッピング・リカバリー…500万円まで
  • キャンセル・プロテクション…20万円まで
  • ゴルファー保険…1億円まで
  • 交通事故傷害保険…1億円まで

ダイナースクラブプレミアムカードは、ダイナースクラブ最上級の招待制カードなので、さすがの保険の手厚さになっています。

旅行保険やショッピング・リカバリーだけでなく、さまざまなシーンに対応してくれる保険がたくさん付帯されています。

このように、TRUST CLUB プラチナマスターカード、TRUST CLUB ワールドエリートカードは年会費や発行手数料が無料なのにランク相応の保険がきちんと付帯しています。

ダイナースのコンパニオンカードを利用するメリット5つ

ここまでは、TRUST CLUB プラチナマスターカード、TRUST CLUB ワールドエリートカードそれぞれの基本情報について説明してきました。

コンパニオンカードが持つスペックがおわかり頂けたのではないでしょうか。

次に、TRUST CLUB プラチナマスターカード、TRUST CLUB ワールドエリートカードを持つことでどのようなメリットがあるのかを見ていきます。

Mastercardはダイナースと比べて加盟店が多い

TRUST CLUB プラチナマスターカード、TRUST CLUB ワールドエリートカードはどちらもMastercardブランドです。

Mastercardは加盟店数が非常に多く使い勝手のいい国際ブランドとしておなじみかと思います。

これまでダイナースクラブカードもしくはダイナースクラブプレミアムカードしか持っていなかった方は、ダイナースクラブの加盟店が少ないことに頭を悩ませたことがあるかもしれません。

Mastercardブランドであるコンパニオンカードを持つことで、そのようなダイナースの欠点を補うことができます。

Mastercardサービス「Taste of Premium®」を利用できる

Mastercardには「Taste of Premium®」という特別優待サービスが付帯しています。

TRUST CLUB プラチナマスターカード、TRUST CLUB ワールドエリートカードで利用できるTaste of Premium®の特典は以下のようになっています。

特典内容
カード名 プラチナマスターカード ワールドエリートカード
特典数 8特典 18特典
国際線手荷物宅配優待 ×
国際線手荷物無料宅配 ×
(往復各3個)
空港クローク優待
海外用携帯電話/Wi-Fiレンタル優待
国内ゴルフ予約
会員制ゴルフ予約 ×
海外有名ゴルフコース手配 ×
国内高級ホテル・高級旅館予約サービス
Trip.com特別優待
ふるさと納税特別優待
ヘリクルーズ手配 ×
歌舞伎・能手配 ×
ダイニングby招待日和
Tokyo Supercars 特別優待 ×
海外空港送迎 ×
国内空港送迎優待 ×
カーシェアリング優待 ×
スポニチゴルファーズ倶楽部特別入会 ×
ザ・カハラ・ホテル&リゾート特別宿泊 ×

全部で20特典あるなかでTRUST CLUB プラチナマスターカードでは8特典、TRUST CLUB ワールドエリートカードでは18特典を利用することができます。

旅行やレジャー、エンターテインメントなどさまざまなシーンを充実させることができそうなサービスが盛りだくさんとなっています。

世界100カ国100万カ所以上で使えるグローバルWi-Fiが無料

TRUST CLUB プラチナマスターカード、TRUST CLUB ワールドエリートカードを持っている方は、「Boingo Wi-Fi」という国内外で使えるグローバルWi-Fiが無料になります。

Boingo Wi-Fiとは、世界100カ国6大陸、およそ100万カ所での利用が可能なグローバルWi-Fiサービスです。

空港やホテル、航空機内でも利用できるので、旅行用にわざわざWi-Fiをレンタルする必要がなくなるかもしれませんね。

では、Boingo Wi-Fiはどうやって利用するのでしょうか?

Boingo Wi-Fiの利用手順

  1. MastercardのBoingo Wi-Fi専用サイトで、カード番号を認証する
  2. 認証後、ユーザー名とパスワードを設定しBoingoアカウントを作成
  3. Boingo Wi-Finder」というアプリをダウンロードする
  4. 先ほど作成したBoingoアカウントでログイン
  5. アプリの地図機能で近くのWi-Fiスポットを探す
  6. Wi-Fiスポットに付いたら端末のWi-Fi設定に表示されているBoingoネットワークを選択する
  7. アプリに戻って、「今すぐ接続」をタップして完了

Boingoアカウントを作成してアプリをダウンロード・ログインするところまで済ませておけば、あとはいつでもどこでも簡単にWi-Fiスポットを探すことができます。

また、うれしいことにTRUST CLUB プラチナマスターカードとTRUST CLUB ワールドエリートカードそれぞれで利用できるWi-Fiのサービス内容はまったく同じですのでご安心ください。

コンパニオンカードの利用金額やポイントはダイナースと合算される

「コンパニオンカードが付帯するとクレジットカードを2枚持つことになるから管理が大変じゃない?」と心配されている方もいるかとは思いますが、ご安心ください。

コンパニオンカードを利用したことで貯まるポイント、そして利用金額はすべてダイナース利用分と合算されます。

ポイントはダイナースクラブリワードプログラムに集約されて貯まるので効率的に貯めることができ、利用金額は合算されたうえで同時に請求、引き落とし口座も同じなので管理が非常に楽です。

利用明細にはカード別に利用金額が記載されているので、どちらのカードで何の支払いにどれぐらい使ったのかが一目でわかります。

カードが2枚持ちになりますが、ポイントや利用金額などまとめたいところは1つにまとまっているので不自由なく利用することが可能です。

ワールドエリートカードは空港ラウンジサービスが無料

TRUST CLUB ワールドエリートカードには、空港ラウンジサービスである「LoungeKey(ラウンジ・キー)」が無料付帯しています。

国内外の主要空港ラウンジ1,000カ所以上を無料かつ回数無制限で利用することができるというものです。

LoungeKeyの利用手順は以下のとおりです。

LoungeKeyの利用手順

  1. LoungeKey専用ウェブサイトでカード番号を認証
  2. お客様情報を入力しLoungeKeyアカウントを作成
  3. LoungeKey」というアプリをダウンロード
  4. 先ほど作成したLoungeKeyアカウントでログイン
  5. 利用したいラウンジを検索する(専用ウェブサイトからも可能)
  6. 利用する空港ラウンジでLoungeKey利用の旨を伝え、ワールドエリートカード・当日の搭乗券を提示する

家族会員の方も上記の方法でLoungeKeyアカウントを作成しておけば、無料で利用ができます。

また、同伴者の方も1名までは本会員のカードで利用が可能となります。

LoungeKeyは2019年9月1日(予定)から利用可能になるのでそれまでは利用ができません。ご注意ください。

ダイナースのコンパニオンカードを利用するときの注意点

コンパニオンカードを持つにあたって注意しておくべき点があります。

注意点を理解したうえで賢く利用しましょう。

コンパニオンカードはダイナースよりもポイント還元率が低い

TRUST CLUB プラチナマスターカードはダイナースクラブカードより、TRUST CLUB ワールドエリートカードはダイナースクラブプレミアムカードよりポイント還元率が低く設定されています。

TRUST CLUB プラチナマスターカード 0.5%
ダイナースクラブカード 1%
TRUST CLUB ワールドエリートカード 1%
ダイナースクラブプレミアムカード 2%

このように、コンパニオンカードは付帯対象のダイナースのカードよりもポイント還元率が0.5~1%低くなっていることがわかります。

コンパニオンカードはMastercardブランドなので加盟店が多く利用シーンが多いですが、ダイナースが利用できる加盟店を利用する場合は、ダイナースのカードを利用する方がお得でしょう。

コンパニオンカードを発行するとプライオリティ・パスが使えなくなる

プライオリティ・パス」は、世界140カ国1,200カ所以上の空港VIPラウンジを利用できるサービスです。

ダイナースクラブプレミアムカードに付帯しているサービスで、利用する際は申込みが必要です。

コンパニオンカードであるTRUST CLUB ワールドエリートカードを発行すると、10月以降に新規でプライオリティ・パスを申込むことができなくなるので注意が必要です。

ダイナースクラブプレミアムカードをお持ちの方ですでにプライオリティ・パスを発行している方は、有効期限内であれば利用ができます。

プライオリティ・パスは使えなくなってしまいますが、同様のサービスとして、先ほど紹介したLoungeKeyの提供が始まるのでそれほど困ることはないでしょう。

ただし、プライオリティ・パスで利用できてLoungeKeyでは利用できない空港のラウンジもあるので、普段利用している空港のラウンジによってはデメリットとなる可能性があります。

コンパニオンカードを発行できないダイナースのカードがある

ダイナースのカードのなかには、コンパニオンカードを発行できないカードがあるので注意が必要です。

コンパニオンカードを発行できないカード

  • 銀座ダイナースクラブカード
  • ダイナースクラブ ビジネスカード
  • ダイナースクラブ ビジネス・アカウントカード
  • ダイナースクラブ リボルビングカード
  • 企業との提携カード(ANA・JAL・デルタ・BMWなど)

TRUST CLUB プラチナマスターカードもしくはTRUST CLUB ワールドエリートカードに魅力を感じていた方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。

本記事で紹介したTRUST CLUB プラチナマスターカードとTRUST CLUB ワールドエリートカードは、コンパニオンカードとしてではなく単体で発行することが可能です。

TRUST CLUBカードは個別で申込みが可能!

カード名 TRUST CLUB プラチナマスターカード TRUST CLUB ワールドエリートカード
カードデザイン
年会費(税抜) 3,000円 130,000円
家族会員の年会費 無料
無料
ポイント還元率 2% 1%
付帯保険 ・海外旅行保険
・国内旅行傷害保険
・ショッピング・リカバリー
・海外旅行保険
・海外航空便遅延費用保険
・国内旅行傷害保険
・ショッピング・リカバリー
・キャンセル・プロテクション
・交通事故傷害保険
Mastercard特典 Taste of Premium®の8特典 Taste of Premium®の18特典
Wi-Fiサービス Boingo Wi-Fi Boingo Wi-Fi
空港ラウンジサービス TRUST CLUBのサービス TRUST CLUBのサービス

上記で紹介したとおり、TRUST CLUB プラチナマスターカードとTRUST CLUB ワールドエリートカードは、ダイナースクラブカードを持っていなくても個別に発行することが可能です。

どちらも、コンパニオンカードとしてではなく、個別で作成しても大きな魅力を発揮するカードとなっています。

個別に持つ場合のそれぞれのカードのスペックを紹介していきます。

プラチナマスターカードは年会費1万円を切る唯一のプラチナカード

TRUST CLUB プラチナマスターカード
TRUST CLUB プラチナマスターカード
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 上位マスターカードのサービス・Taste of Premiumが利用可能!
  • 有効期限のないポイントは様々なアイテムやサービスにご利用可能
  • トラベルデスクがお電話一本でご旅行のサポート!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
3,000円(税抜) 3,000円(税抜) 0.5 〜 1.2%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

TRUST CLUB プラチナマスターカードの年会費は3,000円(税抜)で、家族カードは無料です。

日本で発行しているプラチナカードのなかで年会費が1万円を切るのはこのTRUST CLUB プラチナマスターカードだけです。

また、ボーナスリワードプログラムによって年間50万円利用すると2,500ポイントプレゼントといったボーナスもあります。

付帯保険は、海外旅行保険(3,000万円まで)・国内旅行保険(3,000万円まで)・ショッピング・リカバリー(年間50万円まで)としっかり補償がついているので安心ですね。

Taste of Premium®・Boingo Wi-Fiについては上記で紹介したとおりで、コンパニオンカードと同様に利用できます。

TRUST CLUBには共通の海外特典として空港ラウンジサービスがあり、単体でTRUST CLUB プラチナマスターカードを持つ場合は国内主要空港のラウンジ、海外2カ所のラウンジが利用できます。

単体で持つと年会費がかかるのか…と残念に思った方もいるかもしれませんが、心配はいりません。

Taste of Premimu®の特典の1つである「ダイニングby招待日和」を利用すれば簡単に年会費の元が取れてしまいます。

ダイニングby招待日和とは、有名レストランのコースを2名以上で利用すると1名分のコース料金が利用になるという特典です。

このコース料金は1万円以上であることがほとんどなので、年に1回利用すれば年会費の3倍ほどのお金を浮かせることができます。

TRUST CLUB プラチナマスターカードは年会費が格安なだけではなく、コストパフォーマンスにも優れたカードです。

ワールドエリートカードは特典・サービスが最上級

カードデザイン
年会費(税抜) 130,000円
家族会員の年会費 無料
ポイント還元率 1%
付帯保険 ・海外旅行保険
・海外航空便遅延費用保険
・国内旅行傷害保険
・ショッピング・リカバリー
・キャンセル・プロテクション
・交通事故傷害保険
Mastercard特典 Taste of Premium®の18特典
Wi-Fiサービス Boingo Wi-Fi
空港ラウンジサービス TRUST CLUBのサービス

TRUST CLUB ワールドエリートカードの年会費は130,000円(税抜)で、家族カードは無料です。

ポイント還元率は1%で、ボーナスリワードプログラムによって年間50万円利用で2,500ポイント、年間100万円利用で6,000ポイント…と利用すればするほどボーナスが増えます。

付帯保険もとっても豊富で、旅行に関しては海外旅行保険(1億円まで)・海外航空便遅延費用保険(4万円まで)・国内旅行保険(1億円まで)と最上級な補償が整っています。

ほかにも、ショッピング・リカバリー(年間500万円まで)・キャンセル・プロテクション(20万円まで)・交通事故傷害保険(100万円まで)とイレギュラーなトラブルにも対応できる保険が付帯しているので安心です。

Taste of Premium®・Boingo Wi-Fi・空港ラウンジサービスについては上記のとおりです。

年会費が高く感じる方がいるかもしれませんが、年会費を超えるくらいの豪華特典が盛りだくさんなので、元を取るのは十分に可能です。

ダイナースのコンパニオンカードまとめ

本記事では、ダイナースクラブの新サービスであるコンパニオンカードについて紹介しました。

ダイナースクラブカードにはTRUST CLUB プラチナマスターカードが、ダイナースクラブプレミアムカードにはTRUST CLUB ワールドエリートカードがそれぞれ無料で付帯します。

コンパニオンカードとしてTRUST CLUBのカードを持つと年会費や発行手数料が無料なのに、プラチナカード・ブラックカードといったランク相応のサービスを受けることができます。

コンパニオンカードとして持つ場合ポイント還元率が少し低いですが、加盟店によって利用するカードを使い分ければ問題はありません。

このように、コンパニオンカードはクレジットカードを2枚持つことで生活が便利に、そしてゆとりが生まれる大変便利なサービスであることがわかりました。

ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

また、本記事で紹介した2枚のTRUST CLUBカードは個別でも持つことができます。

それぞれの魅力も紹介したので気になる方はぜひ参考にしてみてください。

関連記事