更新日:

ダイナースクラブの提携カード一覧&提携カードよりお得なコンパニオンカードを解説!

ダイナースクラブの提携カード一覧&提携カードよりお得なコンパニオンカードを解説!

世界初のクレジットカードである「ダイナースクラブカード」は高いステータス性や豊富な特典が魅力的です。

今回はそんなダイナースクラブカードの特典を利用できる提携カードを8つ紹介!また、実は提携カードよりもお得といわれる「コンパニオンカード」についても紹介していきます。

「ダイナースクラブカードが欲しいけれどどれを選ぶべき?」と悩んでいる方はぜひご参考ください。

ダイナースクラブカードとはどんなクレジットカード?

はじめにダイナースクラブカードの概要や特長をおさらいしていきましょう。

ダイナースクラブカードは最高1億円補償という手厚い付帯保険をはじめ、プラチナカードを年会費無料でデュアル発行できるなどといった特典が豊富なクレジットカードです。

その分、申込基準は27歳、審査基準は年収500万円程度とやや厳しいのが特徴。しかし、誰でも持てるようなものではないからこそ、ステータス性を誇れるクレジットカードでもあります。

ダイナースクラブカードやその優待についてさらに詳しく知りたい方は下記の記事もご覧ください。

ダイナースにはメリットがない?高い年会費を払ってでも持つべき8つの理由
ダイナースクラブカードは、世界トップクラスのプレミアム性とハイステータスを重視する方に好評のクレジットカード。上質な「食」のサービスをはじめ、海外旅行に行く方へのラウンジサービスや、多彩なエンターテイメント、ゴルフなど、優待サービスが充実しています。
プラチナカードレベルのサービスクオリティ~ダイナースクラブカード特集~
年会費22,000円(税抜)。それでも圧倒的な人気で指示されるダイナースカード。その魅力に迫ります!

ダイナースの代表的な提携カードを8つご紹介

ダイナースクラブカードの代表的な提携カードは、航空会社の提携カードが4種類、そのほかの提携カードが4種類。合わせて8種類です。

それぞれの概要やメリットは、つづいての項目でご確認ください。

航空会社の提携カード4つ

航空会社の提携カード4種類は下記のとおりです。

航空会社の提携カード4種類

  • ANAダイナースカード
  • JALダイナースカード
  • デルタ スカイマイルダイナースクラブカード
  • MileagePlus ダイナースクラブカード

それぞれ提携元のマイルを貯めやすいといった特長を持っています。詳しくはひとつずつチェックしていきましょう。

①ANAダイナースカード

ANAダイナースカード
おすすめポイント
  • カード利用で貯まったポイントは、ANAマイルに1ポイント=1マイルで交換可能!
  • ご入会・ご継続で2,000マイルをプレゼント!
  • 空港ラウンジも、国内外多数で無料で利用できちゃう!
年会費 27,000円(税抜)
次年度以降 27,000円(税抜)
ポイント還元率 0.4%~1.2%
マイレージ還元率 1.0%(マイル)
ETC年会費 無料
発行期間 申し込みから:最短7営業日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

ANAダイナースカードは「ANAマイル」を貯めやすい提携カードです。ANAや提携航空会社でのフライトにて貯まるだけでなく、普段のお買いもので貯めたポイントをANAマイルに交換できます。

また、貯めたポイントは有効期限なし、マイル移行上限もありません。少し貯めてはちょっとした割引として使うもよし、たくさん貯めて旅行一回分をすべてANAマイルでお支払いするのもよいでしょう。

2020年1月31日(金)までの新規入会限定で、最大71,000マイル相当のポイントプレゼントキャンペーンもおこなっています。

②JALダイナースカード

年会費(税別) 28,000円
家族カード(税別) 9,000円
ETCカード(税別) 無料
マイレージ還元率 1.0%~2.0%(マイル)

JALダイナースカードは「JALマイル」を貯めやすい提携カードです。こちらもJALを利用してのフライトのほか、普段のお買いものでもマイルが貯まります。

JALダイナースカード会員になると自動的に「JALカードショッピング・マイルプレミアム」に入会となり、マイレージ還元率が通常でも1%、特約店なら2%と高還元率です。

2020年1月15日までの申込み受付限定で、最大9,050マイルを獲得できるキャンペーンもおこなっています。

③デルタ スカイマイルダイナースクラブカード

デルタ スカイマイルダイナースクラブカード
おすすめポイント
  • 毎日のショッピングでも100円で1マイル貯まる。
  • 入会ボーナスマイルとして8,000マイルプレゼントがついてくる。
  • メダリオン会員資格「シルバーメダリオン」を手にできる。
年会費 28,000円(税抜)
次年度以降 28,000円(税抜)
ポイント還元率 1.5%(マイル)
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 申し込みから:最短7営業日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能

デルタ スカイマイルダイナースクラブカードは「スカイマイル」を貯めやすい提携カードです。デルタ航空、スカイチーム加盟航空会社、スカイマイル提携航空会社でのフライトのほか、普段のお買いものでもポイントが貯まります。

通常マイレージ還元率が1.5%と高く、有効期限もなし。とても使いやすいシステムになっています。

新規入会キャンペーンも期間の指定なしで実施していて、入会だけでも10,000マイル。初めての利用で最大25,000マイル(※)。トータルで最大35,000マイルを獲得可能です。

さらには、毎年のカード更新のたびに3,000マイルのプレゼントもあります。


(※)デルタ・ワン、ビジネスクラスを利用した場合に最大25,000マイル。ほかは10,000マイルとなる

④MileagePlus ダイナースクラブカード

年会費(税別) ・28,000円
・43,000円
家族カード(税別) 9,000円
ETCカード(税別) 無料
マイレージ還元率 ・1.0%(マイル)
・1.5%~2.0%(マイル)

MileagePlusによる提携カードには、「MileagePlus ダイナースクラブカード」のほか、「MileagePlusダイナースクラブファースト」があります。

通常カードの年会費が28,000円であるのに対し、ファーストカードは43,000円と高めの設定です。その代わりにファーストカードは、マイレージ還元率もアップ。国内での利用で1.5%、海外での利用で2.0%となります。

ユナイデット航空やスターアライアンス加盟航空会社のフライトをよく利用する方のほか、海外旅行や出張の多い方にはとくにおすすめでしょう。

また、入会時にはマイルプレゼントもありますが、通常カードは5,000マイルなのに対し、ファーストカードは10,000マイルがプレゼントされます。

そのほかの提携カード4つ

航空会社以外、百貨店などとの提携カードは下記のとおりです。

そのほかの提携カード4種類

  • ニューオータニクラブダイナースカード
  • 銀座ダイナースクラブカード
  • BMWダイナースカード
  • 三井住友信託ダイナースクラブカード

こちらもそれぞれ提携先ならではの特典をチェックしていきましょう。

①ニューオータニクラブダイナースカード

ニューオータニクラブダイナースカードは、通常ポイント還元率が1.0%。ニューオータニ直営店だとポイント還元率が2.0%と高くなる提携カードです。

また、ホテルニューオータニを利用する際に使える特典も豊富。記念日に使いたい高級料理店やホテルなどの食事券・宿泊券と交換できるニューオータニ独自のポイント交換サービスも利用可能です。

2019年12月31日までの入会限定で初年度の年会費無料キャンペーンもおこなっています。

②銀座ダイナースクラブカード

銀座ダイナースクラブカード
おすすめポイント
  • ご利用可能枠に一律の制限なし
  • 多彩な優待サービス
年会費 25,000円(税抜)
次年度以降 25,000円(税抜)
ポイント還元率 1%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 -
発行期間 7営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 非対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

銀座ダイナースクラブカードは通常のもののほか、銀座ダイナースクラブカード/和光。さらには現在、新規申込み停止となっていますが銀座ダイナースクラブカード/ヴィーナスクラブの3種類があります。

銀座にある多くの特約店ではさまざまな優待を利用できるほか、ポイント還元率も通常1.0%のところ2.0%にアップ。銀座を訪れることの多い方ほどお得になるクレジットカードです。

2019年12月1日までの申込み限定で、抽選で10万円をキャッシュバックキャンペーンもおこなっています。

銀座ダイナースクラブカードについて詳しく知りたい方は下記の記事もご覧ください。

銀座ダイナースは食事1名分無料特典だけじゃない!銀座と東京駅のラウンジが無料で使えるクレジットカード!
銀座ダイナースクラブカードは、銀座を利用する人にとってはマストで持っておきたいクレジットカードです。しかし、カードの特徴やメリットがよくわからないという人も多いと思います。この記事では、銀座ダイナースクラブカードの特徴やメリットを徹底紹介しています。また、通常のダイナースクラブカードとの違いについても触れているので、クレジットカードの作成を検討している人は、参考にしてください。

③BMWダイナースカード

年会費(税別) 25,000円
家族カード(税別) 7,000円
ETCカード(税別) 無料
ポイント還元率 0.4%~1.0%

BMWダイナースカードはBMWのオーナー向け提携カードです。

車両購入時に貯まった「ダイナースクラブ リワードプログラム」で貯めたポイントをキャッシュバックとして利用できるなど、BMWダイナースカードならではの特典が多くあります。

新規入会後6ヶ月以内に50万円以上の利用で、10,000円分のBMWクーポンがプレゼントされるキャンペーンを実施中。また、新規入会時ETCカードも申込むと1,000ポイントプレゼントといったキャンペーンもおこなっています。

④三井住友信託ダイナースクラブカード

年会費(税別) 22,000円
家族カード(税別) 無料
ETCカード(税別) 無料
ポイント還元率 0.4%~1.0%

三井住友信託ダイナースクラブカードは、銀行取引によってもポイントが貯まるという珍しい提携カードです。

入会後3ヶ月以内の利用額が20万円以上の場合、年会費が12,000円(税別)になる特典もあるため、人によってはかなりお得にダイナースクラブ提携カードを保有できるでしょう。

なお、次年度以降も年間利用額が50万円以上で上記の特典を受けられます。

断然おすすめなのは「TRUST CLUB プラチナマスターカード」

TRUST CLUB プラチナマスターカード
おすすめポイント
  • 上位マスターカードのサービス・Taste of Premiumが利用可能!
  • 有効期限のないポイントは様々なアイテムやサービスにご利用可能
  • トラベルデスクがお電話一本でご旅行のサポート!
年会費 3,000円(税抜)
次年度以降 3,000円(税抜)
ポイント還元率 0.5 〜 1.2%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 7営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

ここまで8つの提携カードを紹介してきましたが、どのクレジットカードも提携先を多く利用する方でないといまいち決め手に欠けるのではないでしょうか。

そこで「提携先に魅力は感じないもののダイナースクラブカードの特典を受けたい」のなら、提携カードよりもプロパーカード+コンパニオンカードの2種類持ちをおすすめします。

コンパニオンカードとは他社でいうところのデュアル発行であり、ダイナースクラブカードの場合は「TRUST CLUB プラチナマスターカード」を発行可能。

そうすることでダイナースクラブカードの特典とTRUST CLUB プラチナマスターカードの特典がすべて利用可能になり、とてもお得です。

また、TRUST CLUB プラチナマスターカードは国際ブランドがMastercard。使える店舗の少ないダイナースクラブカードのデメリットもカバーできます。

特典①通常3,000円の年会費が無料!

通常TRUST CLUB プラチナマスターカードを発行してもらおうと思うと、3,000円(税別)の年会費がかかってしまいます。

しかし、ダイナースクラブカードのコンパニオンカードとしての発行だと年会費が無料!プラチナカードで年会費無料は破格のため、とてもお得です。

特典②Taste of Premium®の8特典付き!

TRUST CLUB プラチナマスターカードを持っているとダイナースクラブカード会員の特典だけでなく、Mastercardの会員特典も利用できます。しかも、プラチナカードのため利用できる特典は高待遇なものばかり!

高級ホテルやレストランの優待や、国際線の手荷物宅配優待、カーシェアリング優待など、より快適な旅行や出張をサポートしてくれるでしょう。

特典③ダイナースクラブカードの保険が適用!

コンパニオンカードならではの特典として、22,000円(税別)の年会費では最高クラスとまでいわれるダイナースクラブカードの保険が適用されます。

ダイナースクブカードの海外・国内旅行傷害保険は最高1億円まで補償してくれるほか、多くの保険が自動付帯。カードを利用せずとも持っているだけで保険を受けられるのがポイントです。

そのほかにもショッピング・リカバリー保険もあり、こちらは利用付帯となりますが最大500万円までという多額な補償がついています。

特典④Boingo Wi-Fiが無料で利用可能!

TRUST CLUB プラチナマスターカード会員は、世界100万カ所以上に設置されているBoingo Wi-Fiを利用可能です。登録料や利用料は一切かかりません。

しかも接続可能な機種は4機種までOK。つまり、スマホだけでなくパソコンやタブレットも同時につないだり、自分だけでなく家族のスマホもつなぐといった利用が可能です。

Boingo Wi-Fiはお店はもちろん航空機に設置されていることもあるため、長旅でもデータ残量を気にせず快適に過ごせるでしょう。

TRUST CLUB プラチナマスターカードについてさらに詳しく知りたい方は下記の記事もご覧ください。

トラストクラブのプラチナマスターカードは年会費が3,000円!この格安プラチナカードの魅力に迫ります!
プラチナカードを手に入れるには一定以上の年収や高い年会費を支払わないといけないため、持てるチャンスは少ないです。しかし、トラストクラブ プラチナマスターカードは、入会の目安が22歳以上で年収は200万円以上となっており、年会費も3,000円(税別)で所有しやすいプラチナカードとなっています。 ほかにも、豊富な特典や優待サービス、付帯保険、ポイントサービスなど魅力的なサービスも充実しているのも特徴。本記事では、トラストクラブのプラチナマスターカードの魅力に迫ります。

TRUST CLUB プラチナマスターカード発行までの手順

ダイナースクラブカード
おすすめポイント
  • 会員様を信頼しての利用限度額に一律の制限なし!
  • 国内外850ヵ所以上の空港ラウンジが無料!
  • 最高1億円の旅行保険が付いているから安心!
年会費 22,000円(税抜)
次年度以降 22,000円(税抜)
ポイント還元率 1%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 カード到着まで2~3週間ほど
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

TRUST CLUB プラチナマスターカードを発行してもらうためには、まずダイナースクラブカードに申込みましょう。なお、提携カードだとコンパニオンカードを発行してもらえないため、必ずプロパーカードへ申込んでください。

その後、ダイナースクラブカードの審査にさえ受かれば、TRUST CLUB プラチナマスターカードは審査いらず。ほぼ確実に発行してもらえます。

今なら2020年3月31日までの申込みでもれなく「オリジナルラゲッジタグプレゼント」キャンペーンや、入会後3ヶ月位内の利用額に応じて「最大30,000ポイントプレゼント」キャンペーン。

さらには「サムソナイト ブラックレーベル スーツケースの抽選プレゼント」キャンペーンなどもおこなっています。

ダイナースクラブカードの審査についてさらに詳しく知りたい方は下記の記事もご覧ください。

ダイナースの審査は厳しい?審査基準と審査落ちの原因を徹底解説!
ダイナースの審査がやさしくなったって本当? 審査項目ごとの審査基準、口コミからの利用傾向、審査落ちの例、充実の優待特典や付帯保険などについて解説します。

ダイナースをお得かつ便利に利用したいなら提携カード以外の選択肢もあり

ダイナースクラブの提携カードはどれも提携先をよく利用する方でない限り、そこまで大きなメリットがありません。

提携先にそこまで惹かれないのであれば、ダイナースクラブカード(プロパーカード)とそのコンパニオンカードであるTRUST CLUB プラチナマスターカードの2枚持ちが一番お得かつ利便性に優れているでしょう。

上記のように個人個人の使い方に合わせて、提携カードを選ぶか、プロパーカード+コンパニオンカードを選ぶかを決めてみてください。