更新日:

dカードプリペイドはローソンユーザーにおすすめ! dカードと2枚持ちでお得です

dカードプリペイドはローソンユーザーにおすすめ! dカードと2枚持ちでお得です

みなさんはdカードプリペイドというプリペイドカードをご存知でしょうか?

実はこのカード、日常的にローソンを利用している方にとって非常におすすめのプリペイドカードなのです。

本記事では、そのようなdカードプリペイドの特徴やチャージ方法、さらにお得に利用するとっておきのコツをご紹介していきます。

dカードプリペイドと組み合わせられるクレジットカード

dカード

dカードの詳細
年会費 : 無料
ポイント還元率 : 1 〜 5%
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ

dカード GOLD

dカード GOLDの詳細
年会費 : 10,000円(税抜)
ポイント還元率 : 1%
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ

dカードプリペイドの特徴

まずはdカードプリペイドが一体どのようなカードか理解するために、カードの特徴をご紹介していきます。

魅力的な点がたくさんあるので、ぜひ読んでみてくださいね。

審査なしで発行でき、年会費や申込み手数料も無料

「プリペイドカードも、クレジットカードみたいに審査があるのかな…」と不安に思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

うれしいことにdカードプリペイドは、審査なしで入会することができるのです。

つまりクレジットカードの審査に落ちたことがあるという方でも、無関係に発行することが可能です。

また、年会費と申込み手数料(発送手数料・発行手数料)も無料となっています(※)。

ただし申込み条件が定められているので、以下をご確認ください。

dカードプリペイドの申込み条件

  • 12歳以上(中学生以上)の方
  • dアカウントをお持ちの方

dアカウントと聞くと「ドコモユーザーしか発行できないのかな?」と思ってしまいますが、dアカウントは他者ユーザーでも無料で発行し利用できる共通のIDです。

Webサイトやアプリからの発行が可能なので、非常にお手軽ですよ。

(※)2019年10月9日時点の情報です。

方法は3つ! 事前にチャージが必要

dカードプリペイドを利用するには、事前にチャージが必要です。

チャージの方法は3種類あるので、不自由なくチャージが可能になっています。

dカードプリペイドのチャージ方法

  • ローソンのレジでチャージ(1,000円~49,000円)
  • マイページでチャージ(500円~5万円)
  • セブン銀行のATMでチャージ(1,000円~)

マイページでチャージをする場合は、電話料金合算払い・dポイント・dカード・クレジットカード・ネットバンキングから選択することができます。

また1日のチャージ上限額とカード残高上限額はともに30万円となっていますので、ご注意ください。

Mastercard加盟店とiD加盟店で利用できる

dカードプリペイドは国際ブランドMastercardと提携して発行しており、クレジットカードと同じようにMastercard加盟店で利用できます。

そのため、国内の実店舗だけでなく海外やインターネット決済でも利用できるというのが魅力となっています。

また、プリペイドには珍しく電子マネーのiDの機能も付帯しているため、iD加盟店でも利用できます。

クレジットカード決済に対応していない店舗でも、電子マネーには対応しているという店舗もあるため、国際ブランドだけが付帯しているプリペイドカードに比べると、利用できる場所が多くなっているのがうれしいですよね。

ただし、MastercardもしくはiDの加盟店であっても、ガソリンスタンドなど一部の店舗では利用できないことがあるのでご注意ください。

また、iDは通常クレジットカードを紐付けて利用しますが、dカードプリペイドではチャージした分に限り利用できるようになっています。

つまりプリペイドカードの電子マネー版と思っていただければ分かりやすいです。

ポイント還元について

dカードプリペイドはポイント還元があり、カードを使って支払いをすると200円(税込)につきdポイントが1ポイントが付与されます。

これをポイント還元率に直すと0.5%です。

0.5%というとクレジットカードのなかではありふれた数字ですが、プリペイドカードのなかでは高いポイント還元率にあたります。

しかもdポイント加盟店で提示すると、100円~200円(税抜)につき1ポイントが付与されるため、決済と提示でポイントの2重取りも可能です。

つまり、dポイント加盟店であればまずこの時点で、ポイント還元率が1%~1.5%になります。

さらにdカードプリペイドの提示だけをして、決済はポイント還元率が0.5%以上のクレジットカードを使うという方法も選べるため、簡単に1.5%以上還元も狙うことができます。

dポイント加盟店の例は、以下のとおりです。

dポイント加盟店

  • ローソン
  • マクドナルド
  • マツモトキヨシ
  • ファミリーマート
  • Johshin
  • 高島屋
  • PLAZA
  • LAWSON STORE 100
  • AOKI
  • ライフ
  • 東急ハンズ
  • TOWER RECORDS など

あなたはどれを選ぶ? 3つのチャージ方法

上記でも少し触れましたが、dカードプリペイドへのチャージ方法についてさらに詳しく説明していきます。

非常に簡単ですので、気軽にチャージが可能ですよ。

ローソンのレジでチャージする

まずは、ローソンのレジでチャージをする方法です。

ローソンでは、1,000円~49,000円の間で1円単位のチャージが可能です。

チャージをするときはレジで店員さんにチャージをしたい金額を伝えてdカードプリペイドを渡し、チャージ分の現金を支払うだけで完了します。

ローソンでのチャージは現金のみとなっているので、ご注意ください。

チャージ手数料は無料なので、ローソンでのチャージはだれでも気軽におこなえますね。

マイページでチャージする

次に、マイページでチャージをする方法です。

マイページでは、500円~5万円の間で1円単位のチャージが可能です。

上記でも少し触れましたが、マイページでチャージをする場合は電話料金合算払い・dポイント・dカード・クレジットカード・ネットバンキングから選択することができます。

以下で1つずつ説明していきますね。

電話料金合算払いの場合

電話料金合算払いとは、ドコモの携帯電話料金の月々の支払いと合わせてチャージ金額を支払うという方法です。

利用には条件があり、携帯電話料金の支払いが口座振替またはdカードとなっており、spモードを契約している必要があります。

チャージをするときはマイページにログインして「チャージ」を選択し、支払い方法の「電話料金合算払い」を選択のうえ、チャージ金額を入力します。

入力内容を確認して「確定」をタップすると、チャージは完了です。

チャージ手数料は無料なので、ドコモユーザーの方であれば便利にお使いいただけます。

dポイント払いの場合

dカードプリペイドでは、dポイントを1ポイント=1円としてチャージすることが可能です。

ただしこの場合の1カ月のチャージ合計金額の上限は1万円となっていますので、ご注意ください。

チャージをするときは電話料金合算払いのときと同様に、マイページにログインして「チャージ」を選択し、支払い方法の「dポイント」を選択のうえ、チャージ金額を入力すればOKです。

チャージ手数料は無料なので、dポイントが貯まった方であればだれでも気軽に利用できます。

dカードの場合

dカード
dカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ローソンで最大5%おトクに!
  • いつものお買い物で1%dポイントがたまる!
  • 年会費 永年無料!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1 〜 5%
電子マネー
ID(アイディ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ

dカードプリペイドでは、dカードの利用代金とチャージ金額を合わせて支払うこともできます。

このdカードには、dカード・dカード GOLD・DCMXカード(旧dカード)の3券種が含まれます。

利用には条件があり、spモードを契約している必要があります。

チャージをするときはマイページにログインして「dカード」を選択し、支払い方法の「電話料金合算払い」を選択のうえ、チャージ金額を入力すればOKです。

こちらも手数料は無料なので、使いすぎないように数回に分けてチャージしても大丈夫です。

dカード GOLD
dカード GOLDの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」ご利用料金1,000円(税抜)ごとに税抜金額の10%ポイント還元
  • ケータイ補償3年間で最大10万円
  • 国内・ハワイの主要空港ラウンジ利用無料
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
10,000円(税抜) 10,000円(税抜) 1%
電子マネー
ID(アイディ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ

dカード以外のクレジットカードの場合

dカードプリペイドは、上記で紹介したドコモが発行しているdカード以外のクレジットカードからチャージをすることもできます。

利用できるのはVISAMastercardのみです。

チャージをするときはdカードと同様に、マイページにログインして「クレジットカード」を選択し、支払い方法の「電話料金合算払い」を選択のうえ、チャージ金額を入力すればOKです。

また、VJA・オムニカード協会加盟店各社発行のVISAカード、Mastercardを利用する場合はチャージ手数料が無料になりますが、それ以外のカードではチャージ1回につき手数料204円(税込)が発生します。

クレジットカードでチャージをしたい場合は、できるだけチャージ手数料がかからずポイント還元率が高いクレジットカードを利用したいですね。

ネットバンキングの場合

dカードプリペイドでは、利用している銀行の口座残高からチャージ金額を支払うこともできます。

利用するときは、銀行・金融機関でネットバンキングに登録する必要があります。

またチャージ手数料が1回につき204円(税込)と、便利ながら少しコストが発生してしまうのでご注意ください。

セブン銀行のATMでチャージする

最後に、セブン銀行のATMでチャージをする方法です。

セブン銀行のATMでは、1,000円から1,000円単位のチャージが可能です。

チャージをするときはセブン銀行のATMにdカードプリペイドを挿入し「ご入金」を選択のうえ、チャージしたい分の現金を投入します。

「確認」をタップするとカードと明細表が出てくるので、これでチャージが完了です。

チャージ手数料は無料なので、クレジットカードに紐づけることに抵抗がある方はセブンイレブンに行って現金でチャージすると安心でしょう。

お試し引換券も見逃せない

dカードプリペイドは、クレジットカードでチャージした場合にポイントが還元されるといったのメリットがありません。

ただし、持っているクレジットカードがdカードの場合は、話が変わります。

ちなみにdカードの年会費は永年無料で、dカード GOLDの年会費は10,000円(税別)です。

dカード GOLDの年会費が高く感じるという方もいるかもしれませんが、その分dポイントクラブ優待による10%還元やケータイ補償、旅行保険や空港ラウンジなど、豪華でお得なサービスが付帯しています。

還元率が1%と、dカードプリペイドの0.5%よりも優れているからです。

お試し引換券では、10ポイントで20円~40円分の値引き券が発行されたり、50ポイントで150円~200円の商品の引換券が発行されたりというのが普通にあるのです。

ローソンでお得なdカードプリペイドまとめ

本記事では、dカードプリペイドの特徴やチャージについて、また一緒に使うとお得なdカードについてもご紹介しました。

dカードプリペイドのポイント還元率は0.5%です。
 
またチャージ方法がたくさんあるので、手数料やクレカと現金どちらがいいかなどを考慮したうえで、ご自分に合った方法を探してみてくださいね。
 
上記の方法でdカードで効率よくポイントを貯めれば、次はdカードプリペイドへのチャージにあてることで、効率よく還元し続けることが可能なのでぜひ試してみてください。

関連記事