更新日:

dカードのデザインは選べる?人気キャラクター「ポインコ兄弟」のカードも登場!

dカードのデザインは選べる?人気キャラクター「ポインコ兄弟」のカードも登場!

ドコモが発行するdカード・dカード GOLDは、2種類のデザインからカードを選べます。

シンプルなデザインと人気キャラクター「ポインコ兄弟」のデザインから選べるので、自分が好きなデザインを選びましょう。

こちらの記事では、dカード・dカード GOLDのデザインについて解説します。dカード作成後にもデザイン変更は可能ですが、手数料が発生するので作成前にデザインを確認しておきましょう。

dカード・dカード GOLDのデザインは2種類から選べる

dカード GOLD

dカード GOLDの詳細
年会費 : 10,000円(税抜)
ポイント還元率 : 1%
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ

dカード

dカードの詳細
年会費 : 無料
ポイント還元率 : 1 〜 5%
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ

dカード・dカード GOLDは「シンプルデザイン」と「ポインコ兄弟デザイン」という2種類のデザインから選択できます。

それぞれのデザインごとに、特徴を確認していきましょう。

①シンプルなデザイン

dカードはシルバー、dカード GOLDはゴールドのクレジットカードです。キャラクターなどはないシンプルなデザインで、どんな場面でも使いやすいデザインですね。

券面にはカード左下から右上に曲線を描くようなラインと、うっすらとした単色のグラデーションが入ってます。シンプルでありながら色が綺麗に見えるデザインですね。

カード上部には「dカード」「dポイント」「iD」のロゴマークが記載されており、カードに付帯されているサービスが簡単にわかるようになっています。

中央から下にはカード番号・有効期限・氏名が記載。エンボス加工が施されているため出っ張っています。

またdカード・dカード GOLDの特徴として、氏名の上に黒文字で記載されている15桁の番号があります。これはdポイントカードの番号なので、dポイントを貯めたいときに利用しましょう。

②ポインコ兄弟デザイン

2017年3月8日から新たなデザインとして登場したのが「ポインコ兄弟デザイン」です。dポイントを普及するキャラクターとして登場し、CMで見たことがある方も多いのではないでしょうか。

曲線のラインとカラーリングはシンプルデザインと同一。しかしラインからポインコ兄弟がひょっこり顔をのぞかせたデザインになっています。

この「顔をのぞかせている」という点がデザインのポイント。ラインをうまく使うことで立体感とポインコ兄弟のお茶目さを演出しています。まるでポインコ兄弟がカードから飛び出してくるように感じますね。

キャラクターデザインのカードですが、既存のシンプルデザインを流用しているため、そこまで癖の強いカードではありません。ポイント兄弟好きはもちろんのこと、おしゃれなカードを好む方でも気に入っていただけるでしょう。

ポインコ兄弟ってどんなキャラクター?

ポインコ兄弟は2015年12月1日にdポイントを普及するためのキャラクターとして登場しました。

公式にはオウムという説もあると匂わせていますが、ポインコ兄弟の正体は「インコ」。名前はdポイントの「ポイント」と鳥の「インコ」をかけあわせてつけられています。

CMなどで登場するときの声優はお笑い芸人のロッチが担当。ポインコ兄を中岡創一、ポインコ弟をコカドケンタロウがつとめています。初期のCMでは中条あやみさんとの可愛らしいやり取りが話題になりました。

ポインコ兄弟の登場により、ドコモのCM好感度は大きく上昇したといわれています。実際に2017年4月18日にCM総合研究所が発表した「企業別CM好感度ランキング」では前年9位から4位にランクアップ。ポインコ兄弟の活躍がうかがえますね。

dカードやdポイントの普及に貢献したキャラクターであり、いまではポインコ兄弟デザインのクレジットカードを申込む方もいらっしゃるようです。

家族カード・ETCカードのデザインについて

dカード・dカード GOLDのデザインは2種類から選べますが、家族カードやETCカードといった追加カードのデザインはどうなるのでしょうか。家族カード・ETCカードのデザインを紹介します。

家族カードは本会員のカードと同じデザインになる

家族カードを発行する場合、デザインは本会員のカードと同じデザインになります。本会員がシンプルなデザインで、家族カードがポインコ兄弟デザインということはできまぜん。

そのため家族で異なるデザインのdカード・dカード GOLDを発行したい場合、家族カードではなくそれぞれ別名義のカードを発行しましょう。

ETCカードのデザインは1種類のみ

ETCカードのデザインは、ブルーをベースカラーにした1種類のみです。ロゴ・氏名・ETC番号などの配置は、基本的にdカードと同じです。

カードに入っている曲線のデザインや、グラデーションの加工もdカードと同一。群青色に近いブルーカラーのデザインは、dカード本体よりも目立つかもしれませんね。

ETCカードはdカードやdカード GOLDと同様、シンプルですっきりしたデザインです。清潔感があり、使いやすいデザインのカードですね。

dカード・dカード GOLDのデザイン変更方法

dカード・dカード GOLDのデザインは2種類から選べますが、カード発行後にデザインを変更する場合はどのような手続きをすればよいのでしょうか。

ここからはカード発行後にデザインを変更する方法と、注意点について解説します。

オフィシャルサイトから変更手続きが可能

dカード・dカード GOLDのデザイン変更は、オフィシャルサイトから手続きができます。会員ページの「デザイン切り替えのお申込み」という箇所をクリックすると、デザインの変更手続きが完了します。

デザインを変更した場合、後日新しいカードが郵送で届きます。デザイン変更前のカードは使えなくなりますので、新しいカードが届いたら古いカードは処分しましょう。

デザイン変更には手数料がかかる

dカード・dカード GOLDのデザイン変更には、1枚につき1,100円(税込)の手数料がかかかります。手数料は決済時に合わせて、dカード・dカード GOLDから引き落とされます。

家族カードのデザインも変更されるので注意

家族カードを持っている方が本カードのデザインを変更する場合、家族カードのデザインも変更されます。本カードと家族カードは同じデザインなので、デザイン変更時も同じルールが適用されます。

また家族カードのデザイン変更にも、1枚につき1,100円(税込)の手数料が発生。つまり家族カードを1枚持っている方が、本カードのデザイン変更をした場合、あわせて2,200円(税込)の手数料がかかることになります。

想定外の手数料が発生することになりますので、家族カードを発行している方は注意しましょう。

dカード GOLDへのアップグレード時はデザイン変更手数料無料

dカードをdカード GOLDにアップグレードするときには、デザイン変更手数料が無料になります。

dカード GOLD発行後にデザイン変更をする場合は手数料がかかるので、デザインの変更を考えている方はアップグレード時に手続きをおこないましょう。

dカード GOLD

dカード GOLDの詳細
年会費 : 10,000円(税抜)
ポイント還元率 : 1%
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ

まとめ

ここまでdカード・dカード GOLDのデザインについて紹介しました。内容をまとめると以下のようになります。

まとめると
  • dカード・dカード GOLDは、シンプルなデザインとポインコ兄弟デザインの2種類から選べる
  • 家族カードのデザインは本カードと同じデザインになる
  • dカード・dカード GOLDのデザイン変更は可能だが、変更には1枚につき1,100円(税込)の手数料がかかる
  • dカードからdカード GOLDにアップグレードするときには、変更手数料がかからない

dカード・dカード GOLDはデザインが選べるので、自分の好みのデザインを選択しましょう。デザイン変更には手数料がかかるので、申込み時にはあとで後悔しないようしっかりデザインを選択してくださいね。

投資に失敗して借金500万円以上を抱え、その後自己破産を経験しました。自分がお金で大失敗した経験から、お金の正しい知識を勉強。フリーライターとして、クレジットカード・カードローン・債務整理ジャンルの豊富な執筆経験を持っています。経験に基づいた確かな記事を執筆することが、1番の武器です。趣味は食べ歩き・人狼ゲーム・麻雀。名古屋の美味しいグルメを紹介する「リュウジの名古屋グルメブログ」も運営しています。

リュウジの執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事