更新日:

非接触クレジットカードサービス(NFC Pay)とは? 今知らないとマズイ世界の常識

非接触クレジットカードサービス(NFC Pay)とは? 今知らないとマズイ世界の常識

Visaタッチ決済をはじめとした「非接触クレジットカードサービス(NFC Pay)」とは、世界的に主流となっている電子決済システムのことです。しかし、日本ではいまだに知名度が低く、使ったことがないどころか知らない人も多くいます。

今回は、そんな非接触クレジットカードサービスを紹介。概要はもちろん、なぜ日本には普及していないのかといった豆知識や、非接触クレジットカードサービスに対応しているクレジットカードまで紹介していきます。

2020年以降は日本でも普及が進むと予想される非接触クレジットカードサービスを知り、グローバル化の波に乗りましょう。

非接触クレジットカードサービス(NFC Pay)は電子決済システムのこと

非接触クレジットカードサービスとは、近距離無線通信技術「NFC」による電子決済システムのこと。数あるキャッシュレス決済サービスのひとつになります。

国際ブランドが提供するサービスであり、クレジットカードやデビットカード、スマートフォンで利用可能。ときにコンタクトレス決済、NFC決済、EMV Contactless(※)と呼ばれることもあります。

(※)EMVは、Europay International(現在はMastercardと合併)、Mastercard、Visaの頭文字


数あるキャッシュレス決済のなかでも、とくに使いやすくスマート

非接触クレジットカードサービスは、決済端末にクレジットカードやデビットカード、もしくはスマートフォンを電子マネーのように「ピッ」とかざすだけで決済が完了します。

通常のカード決済のようにカードを店員に手渡す必要もありませんし、スマホ決済のようにQRコードを見せる必要もありません。限りなくスマートな決済方法です。

また、かざすだけでよいということは、カード情報を盗み見られることやスキミングされるリスクも減り、不正利用や偽造問題の対策にもつながります。

近距離無線通信技術「NFC」とは?

「NFC(Near Field Communication)」は、近距離無線の通信技術をひとまとめにした呼び名です。そのNFCのなかでもType-A/Bという規格が使われているものを、NFC Payといいます。

なお、日本で広く普及しているSuicaやWAONといった電子マネーもNFC技術を使用した決済サービスのひとつです。

しかし、これらの電子マネーは異なる日本独自のシステムが組み込まれているFelicaという独自規格を用いたサービス。NFC Payとは別ものとして扱われています。

ちなみに処理速度は、Type-A/BよりもFelicaが優秀です。ただ、日ごろの決済に使うだけなら、Felicaはオーバースペックで生産にかかる費用も高くつきます。そのため、安価に大量生産できるType-A/Bが世界的には普及しているのです。

日本は非接触クレジットカードサービスにおいてかなり遅れを取っている

日本では独自規格であるFelicaが先に普及したこともあり、NFC Payの普及は滞っています。

一方、海外のキャッシュレス先進国では、NFC Payは使えて当たり前の国も多いです。

このように日本と海外では普及率に大きな差があります。しかし、近い未来には日本においても海外においても、非接触型決済に対応したクレジットカードは必須となっていくでしょう。

今後は日本でも普及が進むと予想される

これまで他国に遅れを取っていた日本ですが、最近になって非接触クレジットカードサービスの導入を進める大手企業が続々と増加中。イオン、マクドナルド、セブン-イレブンといった人気店が導入を進めていると公表しています。

大手企業を筆頭に導入が進められている理由は、外国人観光客を意識してのものです。インバウンド消費は年々伸び続けていることもあり、多くの企業は外国人観光客からの需要を無視できないでしょう。

そのため、今後は日本でも、NFC Pay対応の非接触クレジットカードサービスを利用できる店舗が増えていくと予想されます。

キャッシュレス化の最先端を行くのであれば、海外旅行や出張の予定がなくても、非接触型決済のできるクレジットカードは持っておきたいところです。

海外によく行くのなら、非接触型決済できるクレジットカードは必須!

海外に行く予定があるのなら、非接触型決済に対応したクレジットカードは早めに手に入れておくに越したことはないでしょう。

とくに欧米圏ではNFC Payが広く普及しています。出張や旅行で欧米圏へ行くのであれば、非接触型決済に対応したクレジットカードを発行しておきましょう。

たとえ先進国であっても、日本よりは治安の悪い海外。クレジットカードの不正利用偽造問題対策のためにも、非接触クレジットカードサービスの積極的な利用をおすすめします。

各種クレジットカードにおける非接触決済サービスの名称と詳細

クレジットカードにおける非接触型決済サービスは下記のとおり、名称が国際ブランドごとに異なります。

サービス名称
  • VISA…Visaタッチ決済
  • Mastercard…Mastercardコンタクトレス
  • JCB…JCB Contactless
  • アメックス…American Express Contactless


それぞれの非接触型決済サービスに対応したクレジットカードと、現時点で使えるお店をチェックしていきましょう。

①Visaタッチ決済

国際ブランド「VISA」が提供する非接触クレジットカードサービスがVisaタッチ決済です。Visaタッチ決済が使用できるお店には、上記ロゴマークが掲示されています。

なお、以前はFelicaに対応した「Visa Touch」という日本国内向けのタッチ決済を展開していましたが、2013年にこちらはサービスを終了。現在は、Visaタッチ決済のみの展開となっています。

使えるお店
  • ローソン
  • マクドナルド
  • イオングループ(順次導入)
  • セブン-イレブン(2020年6月までに導入)
  • ドトールコーヒー(2020年3月までに導入) など


こちらの使えるお店はあくまで一例です。ほかにも使えるお店は多数ありますし、続々拡大されていますので、詳細は公式サイトにてご確認ください。

Visaタッチ決済に対応したクレジットカード

Visaタッチ決済に対応したクレジットカードの一例は、下記のとおりです。

対応クレジットカード
  • 三井住友カード
  • イオンカード(VISA)各種
  • dカード(VISA)
  • JALカード(VISA)
  • TOKYO 2020 OFFICIAL CARD
  • ジャックスカード(VISA)
  • アプティ ペイパス
  • Skywalker Card(VISA) など


このほかにも多くのVISAカードが、Visaタッチ決済に対応していますので、詳細は公式サイトをご確認ください。

また、Visaタッチ決済はデビットカードを紐付けたAndroidスマホでも利用可能です。iPhoneでは利用できませんので、ご注意ください。

Visaタッチ決済について、さらに詳しく知りたい方は下記の記事もご覧ください。

Visaタッチ決済とは? メリットや使えるお店と対応クレジットカードを紹介

②Mastercardコンタクトレス

国際ブランド「Mastercard」が提供する非接触クレジットカードサービスがMastercardコンタクトレスです。Mastercardコンタクトレスが使用できるお店には、上記ロゴマークが掲示されています。

以前は「MasterCard PayPass」という名称で提供されていました。

使えるお店
  • セブン-イレブン
  • マクドナルド
  • サブウェイ
  • タリーズコーヒー
  • バーガーキング など


こちらの使えるお店はあくまで一例です。ほかにも使えるお店は多数ありますし、続々拡大されていますので、詳細は公式サイトにてご確認ください。

Mastercardコンタクトレスに対応したクレジットカード

Mastercardコンタクトレスに対応したクレジットカードは、下記のとおりです。

対応クレジットカード
  • 三井住友カード(Mastercard)
  • コストコグローバルカード
  • Oricoの提携カード
  • ジャックスカード(Mastercard)
  • アプティ ペイパス
  • Skywalker Card(Mastercard)


Visaタッチ決済に比べると、Mastercardコンタクトレスに対応しているクレジットカードは少なめです。
しかし、今後は対応カードも増えていくと予想されますので公式サイトをご確認ください。

また、Mastercardコンタクトレスは、対応カードを紐付けたApple Pay(iPhone、もしくはApple Watch)でも利用可能です。Androidスマホでは利用できませんので、ご注意ください。

③JCB Contactless

国際ブランド「JCB」が提供する非接触クレジットカードサービスがJCB Contactlessです。JCB Contactlessが使用できる店舗には、上記ロゴマークが提示されています。

以前は「J/Speedy」という名称で提供されていました。

使えるお店
  • ローソン
  • マクドナルド
  • すき家
  • はま寿司
  • 大阪国際空港(物販店、飲食店)
  • 関西国際空港(免税店、物販店、飲食店)
  • 神戸空港(物販店、飲食店) など


こちらの使えるお店はあくまで一例です。ほかにも使えるお店は多数ありますし、続々拡大されていますので、詳細は公式サイトにてご確認ください。

JCB Contactlessに対応したクレジットカード

JCB Contactlessに対応したクレジットカードは、下記のとおりです。

対応クレジットカード
  • ANA JCB
  • ジャックスカード JCBコンタクトレス


2020年2月現在、JCB Contactlessが使えるクレジットカードは上記2枚のみ。使えるお店こそバラエティに富んでいますが、JCB Contactlessに対応したクレジットカードの普及はほかに比べて遅れているようです。

また、JCB Contactlessは、対応カードを紐付けたApple Pay(iPhone、もしくはApple Watch)でも利用可能です。Androidスマホでは利用できませんので、ご注意ください。

④American Express Contactless

国際ブランド「アメックス」が提供する非接触クレジットカードサービスがAmerican Express Contactlessです。American Express Contactlessが使用できるお店については、公式サイトに記載がありません。店頭にて上記ロゴマークが提示されているか、確認するようにしてください。

以前は「Express Pay」という名称で提供されていました。

American Express Contactlessに対応したクレジットカード

American Express Contactlessに対応したクレジットカードは、下記のとおりです。

対応クレジットカード
  • アメックスのプロパーカード
  • SPGアメックス
  • スカイ・トラベラー


国際ブランドがアメックスかつ、タッチ決済に対応したICカードであれば、American Express Contactlessを利用できます。

また、American Express Contactlessは、対応カードを紐付けたApple Pay(iPhone、もしくはApple Watch)でも利用可能です。Androidスマホでは利用できませんので、ご注意ください。

非接触クレジットカードサービスのまとめ

非接触クレジットカードサービスは、キャッシュレス決済のなかでも便利かつ安全なサービスです。今後はさらに世界的に広がっていくことが予想されます。

近年はモバイル決済に湧いている日本。しかし、さらに未来を見据えるのであれば、ぜひ非接触型決済に対応しているクレジットカードを手に入れておきましょう。

ライター歴8年、編集歴3年。クレジットカードやローンなど金融関係を筆頭に、エンタメや美容などさまざまなジャンルで活動中。クレジットカードは、メインカードとして楽天カードを保有。そのほかに普段の買い出し用にイオンゴールドカードや、家電量販店用に100満ボルトカードなどサブカードも複数保有。普段の買いものはほぼすべてクレジットカードにし、貯まったポイントを本やゲームなど趣味に使うのがルーティンとなっている。

たけなわアヤコの執筆記事・プロフィール一覧へ