更新日:

クレジットカードの締め日を徹底解説!カード別の締め日と支払日も紹介します

クレジットカードの締め日を徹底解説!カード別の締め日と支払日も紹介します

クレジットカードを利用する際、「締め日」や「支払日」という言葉をよく聞くと思います。

クレジットカードの締め日はカードの利用料金が確定する日」、「支払日は確定したカード利用金額を支払う日」を指すのですが、混同してしまっている人もいるようです。

また、クレジットカードの締め日と支払日は、一律ではなくカード会社やカードの種類によって異なることも注意が必要です。

今回は、クレジットカードの締め日を中心に解説し、主なクレジットカード別の締め日と支払日についても紹介していきます。

クレジットカードの締め日の基本

クレジットカードの締め日といわれても、よくわからないという人がいると思いますので、まずは、締め日の基本的な知識について紹介していきます。

また、締め日と支払日の違いについても解説していくので、それぞれの言葉の意味をしっかりと把握しておきましょう。

クレジットカードの締め日とは?

クレジットカードは、カード会社ごとに毎月の締め日が必ず決まっています。クレジットカードの締め日というのは、具体的にカード会社が利用者に対して請求金額を確定する日のことを指します。

たとえば、毎月15日が締め日のクレジットカードを利用した場合は、前月16日から翌月15日までに利用した分の金額を、締め日である15日に確定します。

実際の決済と請求日にはタイムラグが発生する可能性があることに注意

クレジットカードで決済をおこなった場合、カードを使ったお店からカード会社に請求がおこなわれることでカードの利用金額が確定します。

お店からカード会社への請求がおこなわれる日を請求日といって、利用するお店や購入する商品によっては、カード会社への請求日が遅い場合があることに注意が必要です。

たとえば、規模の小さいお店の場合は、お店からカード会社への請求処理が週に1度しかおこなわれないこともあり、タイミングによっては締め日をまたいでしまう場合があります。

また、海外店舗での利用や通信費などをカード決済している場合は、請求日が1,2ヶ月遅くなるというケースもあります。

このような場合は、実際にカード決済がおこなわれた日と請求日にタイムラグが発生してしまい、支払日がずれ込むことがあるので覚えておきましょう。

締め日と支払日の違い

クレジットカードの締め日は、カード会社がカード会員に対して請求金額を確定するための締切日になります。

一方、支払日はカードの利用代金が引き落とされる日、つまりはお金を返済する日になります。ですので、支払日までにカードの支払い金額を口座に入金しておくことようにしてください。

支払日にカード利用料金が引き落としされない場合、個人の信用情報に期日までに支払いがされなかったということが記録されることがありますし、頻繁に支払いの遅れがあると最悪クレジットカードの強制解約というケースもあるので注意しましょう。

クレジットカードの締め日、支払日の一覧

クレジットカードの締め日と支払日は、カード会社によって異なるので、一律ではないということを覚えておきましょう。

主なクレジットカードの締め日と支払日を下記にまとめましたので、参考にしてください。

主なクレジットカードの締め日と支払日
カード名 締め日 支払日
三井住友カード
毎月15日または毎月月末 翌月10日(15日締め)または翌月26日(月末締め)
JCBカード 毎月15日 翌月10日
アメリカン・エキスプレス 会員によって異なる(※1) 会員によって異なる(※1)
ダイナースクラブ 毎月15日 翌月10日
JALカード 毎月15日 翌月10日
ANAカード カードによって異なる(※2) カードによって異なる(※2)
楽天カード 毎月月末 翌月27日
イオンカード 毎月10日 翌月2日
ヤフーカード 毎月5日 当月27日
dカード 毎月15日 翌月10日
オリコカード 毎月月末(※3) 翌月27日(※3)
エポスカード 毎月4日または毎月27日 翌月4日(4日締め)または翌月27日(27日締め)
セゾンカード 毎月10日 翌月4日
ビューカード 毎月月末 翌々月4日
ライフカード 毎月5日 金融機関によって異なる(※4)
リクルートカード 毎月15日 翌月10日
ポケットカード カードの種類によって異なる(※5) カードの種類によって異なる(※5)
出光カード 毎月10日 翌月7日
セディナカード 毎月10日または毎月月末 翌月6日(10日締め)または翌月26日(月末締め)
東急カード 毎月15日 翌月10日
ニコスカード 毎月5日 当月27日
ACマスターカード 毎月20日(※6) 翌月6日(※6)
セブンカード 毎月15日 翌月10日
トラストカード 毎月15日 翌月10日(金融機関により8日)
ラグジュアリーカード 毎月5日 当月27日
(※1)締め日は支払日によって異なり、毎月3日前後(当月21日払い)、毎月6日前後(当月26日払い)、毎月20日前後(翌月10日払い)となります
(※2)提携先のカード会社によってことなります
(※3)携帯電話やプロバイダーなどの通信費、ガソリンスタンドや海外加盟店での利用分は一部翌々月以降の請求になることがあります
(※4)金融機関によって26日、27日、28日または翌月3日になります
(※5)Tカードプラスは毎月月末締め、翌々月1日払い、そのほかのカードは、毎月1日締め、当月10日払い
(※6)初回のみ20日締めですが、以降は支払日から35日以内が返済期日になります

表を見てもわかるようにクレジットカードによって締め日と支払日は異なっていますので、クレジットカードを持つときは、カードの締め日と支払日をしっかりと確認するようにしてください。

ちなみに、ACマスターカードについては、初回の支払いのみ締め日と支払日が決まっていますが、2回目以降は最初の支払日から35日以内という少し特殊な形をとっているので、覚えておきましょう。

クレジットカードの締め日についての豆知識

クレジットカードの基本的な知識について解説しましたが、ほかにも締め日について知っておきたい知識があります。

ということで、ここでは、クレジットカードの締め日についての豆知識やよくある質問について紹介していきます。

クレジットカードの締め日が土日だった場合はどうなる?

クレジットカードの締め日が土日や祝日と重なった場合、締め日がいつになるのか気になる人も多いと思います。

結論を先にいってしまうと、クレジットカードの締め日には土日や祝日は関係ありませんので、締め日が土日や祝日と重なってもカード会社が定める締め日に請求金額が確定します。

また、クレジットカードの支払日に関しては、引き落としとなる口座がある金融機関の営業が関係してくるので、土日や祝日と重なる場合は、一般的に金融機関の翌営業日におこなわれるケースが多くなります。

ただし、カード会社によっては、前倒しで金融機関の休日前に引き落としになるところもありますので、利用しているカード会社へ確認するようにしましょう。

締めの時間は何時になるの?

クレジットカードの締め時間は、基本的に当日中24時までと考えておきましょう。

たとえば、毎月15日が締め日のクレジットカードの場合だと、15日の23時59分までが締め日当日という考えになり、24時を過ぎると翌月15日の締め日になります。

ただし、利用日が15日中であっても、利用したお店からカード会社への請求処理がいつおこなわれるかによって支払日にずれが生じます。

締め日当日の支払いはどう処理されるの?

クレジットカード締め日当日の支払い処理はどうなるのでしょうか?クレジットカード会社が契約者に請求するのは、加盟店から届いている利用分のみになります。

たとえば、締め日が15日のクレジットカードを15日当日に利用しても、その加盟店がクレジットカードの締め日当日中までに請求処理をおこなわなければ、結果としてその月分の請求とはなりません。
 
そのため、クレジットカードを締め日当日に利用してもその月の請求にならないことがあります。

締め日を変更することは可能なの?

クレジットカードの締め日や支払日を変更したいという人もいると思いますが、基本的にクレジットカードの締め日や支払日は、カード会社によって決まっているので、変更することはできません。

ただし、カード会社によっては締め日や支払日を選択できる場所もあり、そのような場合は変更することができる可能性があるので、カード会社に確認してみましょう。

締め日と支払日を上手く活用しよう

クレジットカードは、締め日と支払日を上手く活用すれば、カード利用料金の分散ができることを覚えておきましょう。

たとえば、1万円の買い物を締め日の前に2回すると支払日に2万円支払う必要があります。

しかし、締め日前に1万円の買い物を1回して、締め日のあとに2回目の買い物をすれば、最初の支払日に1万円、次の支払日で1万円となります。

このように、締め日と支払日をしっかりと把握して上手く活用すれば、1度に支払う金額を軽減することも可能です。

クレジットカードの締め日まとめ

クレジットカードの締め日と支払日はまったく別の日なので、混同しないように注意してください。

また、締め日と支払日は、クレジットカードの種類やカード会社によって異なるので、最低限自分の保有するカードの締め日と支払日は把握しておきましょう。

締め日や支払日を把握しておかなければ、支払いの遅延などをしてしまい、クレヒスに傷がつくなどのリスクがあることを覚えておいてください。

この記事のまとめ
  • クレジットカードの締め日と支払日は同日ではない
  • 締め日と支払日はカード会社によって異なる
  • 利用した店舗からカード会社への請求処理がいつおわれるかによって支払日にずれが生じる

食品や雑貨商品などを扱うライター・編集を経て、マネ会を担当。クレジットカードのポイント還元や特典だけでなく、各カード会社の戦略やマーケティングにも興味あり。普段使っているクレジットカードはJALカードで、実家への帰省の際には、貯めたマイルを特典航空券に交換している。ヤフオクやヤフーショッピングで買い物をする際には、ヤフーカードも使用。体を動かすことが好きで、定期的にジムで筋トレ。機会あれば、山へハイキングに出かけ、帰りの温泉を楽しむ。

山本(信)の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事