更新日:

セディナカードのETCならポイントが1.5倍!作り方から解約方法まで疑問をまとめて解決!

セディナカードのETCならポイントが1.5倍!作り方から解約方法まで疑問をまとめて解決!

セディナカードETCカードは、セディナカードに付帯して発行されます。

ETCカードがあれば、料金所をスムーズに通過できることはみなさんもご存知だと思います。

しかし、ETC利用者が受けられる「アクアライン割引」や、セディナカードのETCカードならではのお得なポイント制度については、知らない人のほうが多いでしょう。

ここでは、セディナカードのETCカードの年会費・発行手数料、締め日・支払日、利用明細の確認方法といった基本情報から、セディナカードのETCカードのメリット・デメリットまで幅広く解説します。

さらに、まだセディナカードを持っていない人に向けて、親カードとなるセディナカードの魅力も紹介します。

最後にはQ&Aのコーナーも設けているので、セディナカードのETCカードの疑問はこの記事で解決していきましょう!

年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 0.5 〜 1.5%
公式サイトを見る

セディナカードのETCカードの基本情報

【セディナカードのETCカードの基本情報】
年会費 無料
新規発行手数料(税抜) 1,000円
発行可能枚数 セディナカード1枚につき、1枚まで
引き落とし口座 セディナカードと同じ
締め日 毎月末日
支払日 翌月27日
発行期間 最短即日発送

上記がセディナカードのETCカードの基本情報になります。

まず、ETCカードの機能を知る前に、理解しておいてほしいのが、こちらのETCカードを単独で発行することはできないという点です。

セディナカードがなければETCカードを発行することはできません。

セディナカードの取得をまずはご検討ください。

セディナカードとETCカードを同時に発行することもできますし、セディナカード発行後に追加でETCカードを申込むことも可能です。

それぞれの詳しい申込方法は以下で解説していますので、そちらをご覧になってくださいね。

それでは、この前提を踏まえたうえで、改めてセディナカードのETCカードの基本情報について重要な点を1つずつ確認していきましょう。

セディナカード
おすすめポイント
  • 年会費無料!
  • ご加入後、3ヵ月間はポイント3倍!
  • ETC・海外でのご利用でわくわくポイント1.5倍!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5 〜 1.5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 14営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能

セディナカードのETCカードの年会費・発行手数料

セディナカードのETCカードの年会費は無料です。条件なしで年会費無料が実現できる点も含めて、魅力的な特長と言えるでしょう。

クレジットカードに付帯するETCカードは多数ありますが、なかには有料のものや、三井住友VISAカードのETCカードのように前年度に1回以上の利用という条件付きで年会費が無料になるカードもあります。

こうしたETCカードと比較すると、セディナカードのETCカードは無条件で年会費無料ですから、やはりこれはうれしいですよね。

ただし、新規発行手数料については1,000円(税抜)が必要になります。最初だけ、お金がかかることをあらかじめ認識しておきましょう。

セディナカードのETCカードの締め日・支払日

ETCカードの利用料金は、セディナカードの利用料金とあわせて引き落とされることになります。

そのため、ETCカードの締め日・支払日は親カードであるセディナカードと同じ日です。

具体的には、「毎月末日締め・翌月27日払い」となっています。

また、金融機関が休業している場合は、翌営業日になりますので、その点も考慮しておきましょう。

セディナカードのETCカードの利用明細を確認する方法

ETCカードの利用明細を確認する方法は2つあります。

1つが「カードご利用代金明細書」に表示されたETCカードの利用明細を確認する方法。もう1つが、「ETC利用照会サービス」でETCの利用記録を確認する方法です。

それでは、まずカード会社が提供している「カードご利用代金明細書」について見ていきましょう。

すでに説明したように、セディナカードの利用分とETCカードの利用分は一緒に請求されます。

そして、そのどちらの利用分も毎月発行される「カードご利用代金明細書」にあわせて表示されます。

カード会社は、ETCカードの利用分のみを表示した明細書の発行には対応していないので、注意してくださいね。あくまでも、明細書の1項目としてETCカードの利用分が掲載されるものと認識しておきましょう。

次に、利用明細を確認するもう1つの方法である「ETC利用照会サービス」について見ていきましょう。こちらはカード会社ではなく高速道路6社が運営しているサービスとなります。

「ETC利用照会サービス」では、ETCカード利用分のみの利用明細の表示や発行、印刷が可能です。

利用する手順としては、まず「ETC利用照会サービス」のWEBサイトにて新規登録をおこないます。その後、ログインが完了したら「利用明細の表示」というメニューを選択。

すると、過去15ヶ月分の走行に関する利用明細を検索できるようになります。閲覧したい期間を設定後、利用証明書発行利用明細PDF出力利用明細CSV出力のなかから希望する形式を選択することができます。

ETCカードのみの利用明細がほしいときは、こちらの「ETC利用照会サービス」のほうが便利なので、ぜひ活用してみてくださいね。

ETC利用証明書は領収書の代わりに利用できる!発行方法や印刷方法を徹底解説
ETCの最大のメリットはノンストップで料金所を通過できることです。そのため、今まで料金所で受けとっていたレシートなどの発行がなくなりましたが、会社によっては経費精算などで領収書やレシートが必要な場合もありますよね。そんな時のために、利用履歴を参照することによって高速道路利用の詳細がわかるサービスが用意されています。この記事では、利用証明書の発行や利用履歴の確認方法などを紹介していきます。

セディナカードのETCカードの3つのメリット

セディナカードのETCカードには、主に3つのメリットがあります。

ETCカードの3つのメリット

  • 「アクアライン割引」をはじめとする各種の割引制度が使えておトク!
  • セディナETCハローキティカードが発行できる!
  • セディナカードのETCカードならポイントがいつもの1.5倍!

これら3点の特長について、以下に詳しく解説していきます。

「アクアライン割引」をはじめとする各種の割引制度が使えておトク!

ETCを利用することで得られるメリットは複数ありますが、なかでも一番おトク感を味わえるのが各種の割引制度です。

例えば、「平日朝夕割引」では、平日の朝6時~9時、夕方17時~20時の時間帯にETCを利用すると、最大50%の還元額(無料通行分)が付与されます。こちらの還元額は、翌月の通行料金の支払いに利用可能です。

休日割引」では、普通車・軽自動車(二輪車)限定で、土日・祝日にETCを利用すると、30%の割引が受けられます。

深夜割引」では、0時~4時の時間帯にETCを利用すると、30%の割引が適用されます。

意外と知られていませんが、ETCの利便性を享受しながら、上記のような割引を受けて、通常よりもおトクに高速道路を走行することができるのです。

こうしたさまざまな割引制度があるなかで、とくにおトクなサービスが「アクアライン割引」です。

アクアライン割引では、東京湾アクアラインでETCを利用することによって、以下のような割引が適用されます。

【アクアライン割引の料金表】
自動車の分類 通常の利用料金 割引料金
軽自動車 2,470円 640円
普通車 3,090円 800円
中型車 3,700円 960円
大型車 5,090円 1,320円
特大車 8,490円 2,200円

上記のとおり、アクアライン割引では、通常の半額以下の料金でアクアラインを走行することができます。

そのほかにも、ETCマイレージサービスに登録すれば、ETC利用での通行料金に応じてポイントを獲得することが可能です。ポイントは還元額に交換することで、通行料金として利用することができます。

セディナカードのETCカードを持っていれば、これらのサービスや割引制度はすべて利用できますので、高速道路を使うことが多いドライバーのみなさんは、すぐにでも申込むことをおすすめします。

かわいいデザインが欲しいならコレ!セディナETCハローキティカードが発行できる!

セディナカードのETCカードには、2種類のバリエーションが用意されています。

シンプルなデザインのETCカードと、ハローキティのイラストが描かれている可愛らしいデザインのセディナETCハローキティカードの2パターンのうちどちらかお好みのほうを選んでいただくことが可能です。

申込方法や発行スピードには違いがあるものの、基本的な機能に差はありません。

ETCカードは1種類しかないケースも多いですから、このように趣向に応じてデザインを選択できるのは特長の1つと言えるでしょう。

セディナカードのETCカードならポイントがいつもの1.5倍!

セディナカードのETCカードを取得し、実際にETCを利用した場合「ETCポイントアップ」という特典を受けることができます。

これは、ETCの利用なら通常の1.5倍のわくわくポイントを獲得することができる特典です。

わくわくポイントはセディナカードの利用でも貯まりますから、普段のショッピングと、ETCの利用の両方でポイントを効率よく稼いでいくことができます。

貯めたわくわくポイントは、各種のグッズ、Amazonギフト券やnanacoカードなどの商品券、他社のポイントやマイルをはじめとしたさまざまなものと交換可能です。

さらに、先ほど紹介したETCマイレージサービスに登録すれば、無料通行分に交換できるポイントを貯めることもできますから、ポイントの二重取りが可能です。

このように、ポイントで得したいみなさんにも、セディナカードのETCカードは適した1枚と言えます。

セディナカードのETCカードのデメリット

セディナカードのETCカードには、主に2つのデメリットがあります。

ETCカードのデメリット

  • 新規発行手数料が1,000円(税抜)かかる
  • セディナETCハローキティカードの場合、当日発送サービスが使えない

上記2点はカードを発行する前に知っておくべきデメリットですので、事前にしっかり把握しておきましょう。

新規発行手数料が1,000円(税抜)かかる

すでに紹介したとおり、セディナカードのETCカードの年会費は無料ですが、新規発行手数料は1,000円(税抜)かかってしまいます。

たったの1,000円(税抜)と言ってしまえばそれまでですが、年会費と発行手数料の両方が無料のETCカードが存在することを考えると、デメリットに感じるかもしれませんね。

その場合は、例えば、イオンカードのETCカードがおすすめです。年会費・発行手数料無料のETCカードなので、できる限りコストを抑えたいみなさんは、イオンカードのETCカードの申込を検討してみてくださいね。

イオンカードのETCカードは年会費・発行手数料無料。申し込みから解約までよくある疑問に答えます
イオンのETCカードはイオンカードに付帯して発行されます。ETCカードを使えば、有料道路を通行する際に料金を後払いにして、料金所をスムーズに通過することができます。マイカー派にはもはや必須のETCカードですが、年会費や維持費など、発行会社によってさまざまな違いがあります。この記事では、イオンのETCカードの基本情報や申し込みの方法、メリット、デメリットを解説。よくある疑問にもお答えしていきます。
イオンカード(WAON一体型)
おすすめポイント
  • 年会費無料でお得!
  • WAONでの支払いでWAONポイントが貯まる!
  • ときめきポインTOWNを利用すれば更にポイントがたまる!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 約2~3週間程
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能

セディナETCハローキティカードの場合、当日発送サービスが使えない

すでにセディナカードを持っている場合は、「当日発送サービス」を使ってETCカードを発行することができます。最短即日発送が可能になるわけです。

しかし、セディナETCハローキティカードの場合、「当日発送サービス」を利用することはできません。

電話かインターネットで申込書を請求し、申込書をカード会社に提出後、約2週間でセディナETCハローキティカードが発行されます。

そのため、スピード発行を求める場合は、通常タイプのETCカードを発行するか、そのほかの即日発行可能なETCカードを申込むようにしましょう。

なかでも、セゾンカードインターナショナルのETCカードは、年会費永久無料で最短即日発行にも対応しているので、早くカードがほしい人におすすめです。

セゾンカードのETCカードは即日発行可能! 申込み方法からメリット・デメリットまで解説!
クレディセゾンが発行するクレジットカード、セゾンカードのETCカード(セゾンETCカード)について、メリットやデメリット、申込みから解約まで、知っておきたい情報をわかりやすく解説します。

セディナカードのETCカードの申込方法

セディナカードのETCカードの申込方法は、主に2つに分けられます。

ETCカードの申込方法

  • セディナカードとETCカードを同時に申込む
  • 当日発送サービスを利用してETCカードを申込む

まだセディナカードを持っていないみなさんは、セディナカードとETCカードを同時に申込むようにしましょう。

一方、セディナカードはすでに持っていて、これから追加でETCカードを発行しようと考えている人は、「当日発送サービス」を利用するのがおすすめです。

それでは、実際にどのような手順で発行するのか、その詳細を1つずつ見ていきましょう。

セディナカードとETCカードを同時に申込む方法

セディナカードとETCカードを同時に申込む場合は、当日発送サービスよりも発行までに時間がかかりますので、まずその点は事前に認識しておきましょう。

そのうえで、以下の同時申込の手順をご覧ください。

【セディナカードとETCカードを申込む手順】

  1. セディナカードのホームページでカード一覧のなかからセディナカードを選択
  2. クレジットカードの申込画面に遷移後、「ETCカード同時申し込み」にチェックを入れる
  3. セディナカードとETCカードが自宅へ送付される

この3段階で、セディナカードとETCカードを取得することができます。申込のときは、とくに「ETCカード同時申し込み」のチェックを忘れないように注意してくださいね。

「当日発送サービス」を利用してETCカードを申込む方法

セディナカードをすでにお持ちであれば、「当日発送サービス」を利用してETCカードのスピード発行を実現させましょう。

14時までに申込が完了すれば、当日にETCカードを発送してもらえます。

14時以降の申込でも翌日にはETCカードを発送してもらうことができますので、急いでいる人にはうれしいサービスですよね。

この「当日発送サービス」を利用する方法は主に3つあります。

【「当日発送サービス」を利用する3つの方法】

  1. 会員専用サービスのセディナビから申込む
  2. アンサーセンター(東京:03-5638-3211・大阪:06-6339-4074)から申込む
  3. 24時間自動音声応答サービス(東日本:03-5638-3222・西日本:06-6339-9900)を使って申込む

上記いずれかの手段で、ETCカードの「当日発送サービス」を利用することができます。

申込む際は、セディナカードの番号と暗所番号が必要になりますので、手元で確認できるようにしておきましょう。

セディナカードには魅力が満載!ETC以外のセディナカードのメリットを確認しておこう!

セディナカード
おすすめポイント
  • 年会費無料!
  • ご加入後、3ヵ月間はポイント3倍!
  • ETC・海外でのご利用でわくわくポイント1.5倍!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5 〜 1.5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 14営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能

ETCカードを選ぶ際、その親カードにどのような機能があるかは、必ずチェックしておくべきポイントです。

いかにETCカードの機能が優れていたとしても、一緒に発行するクレジットカードの機能がいまいちだったり、年会費が高くコストがかかったりした場合、損する可能性もあります。

ここからは、今回紹介しているETCカードの親カードであるセディナカードの魅力をお伝えします。

セディナカードは年会費無料で、わくわくポイントが貯まりやすいという特長を持っています。「プレミアムクラブオフ」などの各種の優待サービスが用意されているのも魅力の1つです。

コストパフォーマンスの高いセディナカードのメリットを知り、セディナカードとETCカードの両方のメリットを享受できるようにしておきましょう。

入会後3ヶ月間はポイントが3倍!セブン-イレブンの利用ならいつでもポイントが3倍!

セディナカードは、ポイントを多く貯めたいみなさんにおすすめのカードです。というのも、セディナカードには、ポイントをザクザク稼ぐためのおトクなポイント優遇制度が複数設けられているのです。

例えば、入会後3ヶ月間は、わくわくポイントが通常の3倍も多く貯まります。また、全国のセブン-イレブンでカード決済すれば、この場合も通常の3倍のポイントを獲得することができます。

前述のとおり、セディナカードに付帯するETCカードなら、ETCの利用で通常の1.5倍のポイントが付与されます。さらに、海外でのショッピングでも、1.5倍のポイントが手に入ります。

年会費が発生するカードの場合、ポイントで元をとれるかどうかを考えるかもしれませんが、セディナカードなら年会費無料でポイントがどんどん貯まるので、間違いなくおトクです。

コストを抑えながらポイントを貯めたい場合、セディナカードはピッタリの1枚です。

「プレミアムクラブオフ」を使えば、あらゆるサービスが優待価格で利用できる!

セディナカードを持っていれば、「プレミアムクラブオフ」という優待サービスを利用することができます。

「プレミアムクラブオフ」には、トラベル、エンターテイメント、レジャー、スポーツ、グルメ、ライフサポートなど、さまざまなジャンルのサービスが掲載されています。

カーライフをサポートしてくれるサービスとしては、例えば、コスモ石油のガソリンを店頭価格から1~2円/引きしてもらうことができます。

レンタカーが基本料金の20%~55%オフになるといった、ドライバーのみなさんにうれしい割引サービスも利用可能です。

宿泊施設の割引や、1,800円の映画鑑賞チケットが1,300円まで割引になるサービスなど、カーライフ以外にも役立つ優待が数多く用意されています。

興味がありましたら、一度「プレミアムクラブオフ」のサービス内容を確認してみてください。そのサービスの多彩さに驚くでしょう。

セディナカード会員ならパッケージツアーの旅行代金が3~8%割引になる!

セディナカードは、おトクな価格で旅行を楽しみたい人にも適したクレジットカードです。

セディナカード会員になると、パッケージツアー割引サービスの「セディナトラベルデスク」を利用することができます。

こちらのサービスを使ってパッケージツアーを申込むと、国内旅行・海外旅行が最大8%割引になり、通常よりも旅行代金を安く抑えることが可能です。

海外パッケージツアーや国内パッケージツアーだけでなく、クルーズ旅の割引も用意されています。

多彩なパッケージツアーが割引価格で利用できるので、旅行好きのみなさんにも、セディナカードはぜひ使っていただきたい1枚です。

セディナカードのETCカードの解約方法

セディナカードのETCカードを解約する方法は主に2つあります。

ETCカードのみを解約する方法と、セディナカードと一緒に解約する方法の2つです。

ETCカードのみを解約したい場合は、アンサーセンター(東京:03-5638-3211・大阪:06-6339-4074)に連絡してください。そちらから、ETCカードの解約手続きを進めれば、解約が完了します。

また、親カードであるセディナカードを解約した場合も、ETCカードは同時に解約されることになります。

この場合もアンサーセンターに連絡して、所定の手続きを進めてください。

セディナカードのETCカードのQ&A

ここまでセディナカードのETCカードについて解説しましたが、まだ疑問が解決できていない人もいるかもしれませんね。

セディナカードのETCカードのよくある疑問をQ&Aの形式で以下にまとめています。家族でもETCカードを作れるのか?ETCカードの審査で落ちることはあるのか?といった疑問に回答しています。

こちらでも疑問が解決できないときは、お手数ですが公式サイトを確認してみましょう。

Q.家族でもETCカードを作ることはできるの?

A.可能です。

セディナカードの本会員以外の家族でもETCカードを発行することはできます。ただし、本会員がETCカードをすでにお持ちであること、そして家族カードを発行済みであることが条件となります。

また、家族会員のETCカードを申込む際は、書面での手続きが必要になります。

セディナビ、もしくは24時間自動音声応答サービスを使って、必要書類を請求してください。

Q.セディナカードのETCカードが紛失・盗難にあったときはどうすればいいの?

A.紛失・盗難受付係に連絡してください。

24時間・年中無休で対応してくれる専用のダイヤルがあります。セディナカードのETCカードの紛失・盗難時には、紛失・盗難ダイヤル(東京:03-5638-3511・大阪:06-6339-4082)に連絡しましょう。

早めの連絡と警察への届け出も忘れずにおこなってください。

Q.セディナカードのETCカードを2枚持つことはできるの?

A.クレジットカードを2枚お持ちであれば、ETCカードを2枚持つことは可能です。

原則として、セディナカードのETCカードは、クレジットカード1枚に対して1枚しか発行できません。

したがって、セディナカードを1枚しか持っていないのであれば、2枚のETCカードを持つことはできません。

1枚のクレジットカードにつき、複数枚のETCカードを発行したい場合は、セゾンカードのETCカードをおすすめします。セゾンカードのETCカードなら、最大5枚まで保有することができます。

セゾンカードのETCカードは即日発行可能! 申込み方法からメリット・デメリットまで解説!
クレディセゾンが発行するクレジットカード、セゾンカードのETCカード(セゾンETCカード)について、メリットやデメリット、申込みから解約まで、知っておきたい情報をわかりやすく解説します。

Q.セディナカードを持っていてもETCの審査に落ちることはあるの?ETCカードの審査基準を教えて!

A.審査に落ちることはあります。

ETCカードの審査に落ちる原因としては、セディナカードの支払いを延滞していたり、セディナカードを使用していない期間が長かったり、高額な借入をしていたりなどが考えられます。

とはいえ、セディナカードをすでにお持ちなら、特別な理由がない限り、ETCカードの審査に落ちる可能性はかなり低いと考えていいでしょう。

セディナカードのETCカードのまとめ

ここでは、セディナカードETCカードについて詳しく解説しました。

セディナカードのETCカードを持てば、各種の割引制度を利用して有料道路の通行料金を抑えたり、ETCの利用でわくわくポイントを通常の1.5倍多く貯めたりすることができます。

当日発送サービス」を利用して、すぐにETCカードを発行することも可能です。

また、親カードであるセディナカードも、年会費無料入会後3ヶ月間はポイントが3倍貯まりやすくなっています。これなら、ショッピングとドライブの両方でポイントをしっかり獲得することができます。

まだクレジットカードを持っていない人は、セディナカードとETCカードをあわせてお申込みください。

そうすることで、カードライフとカーライフの両方が充実したものとなるはずです。

セディナカード
おすすめポイント
  • 年会費無料!
  • ご加入後、3ヵ月間はポイント3倍!
  • ETC・海外でのご利用でわくわくポイント1.5倍!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5 〜 1.5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 14営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
執筆者のプロフィール
木島祥尭
木島 祥尭

大学卒業後、ライターとして活動。現在はマネ会にて、クレジットカードの記事を担当。休日は脚本や小説を執筆し、コンクールへの応募を続ける。『第33回シナリオS1グランプリ』で奨励賞を受賞。

木島 祥尭の記事一覧へ

関連記事