更新日:

クレジットカードのキャッシング枠とは?いまさら聞けないキャッシング枠の基本を徹底解説!

クレジットカードのキャッシング枠とは?いまさら聞けないキャッシング枠の基本を徹底解説!

クレジットカードキャッシング枠を設定していると、キャッシング機能を利用することができます。給料日前でお財布がピンチのときなど、キャッシングを利用している人も多いのではないでしょうか。

ただ、キャッシング枠の存在は知っていても、「ショッピング枠とどう違うんだろう?」と疑問を感じている人もいるかもしれません。また、「キャッシングの枠を増やしたいな」と思っている人もいるでしょう。

そこで、本記事では、あらためてキャッシング枠の基本について解説します。キャッシング枠の増額・減額方法や、キャッシング機能付きのおすすめクレジットカードもあわせて紹介します。

クレジットカードのキャッシング枠とはキャッシングできる上限額のこと

クレジットカードのキャッシングは便利な機能で、コンビニエンスストアのATMなどでクレジットカードを挿入し、暗証番号を入れるだけでお金を借りることができます。

しかし、キャッシングは際限なく利用できるわけではありません。

キャッシング枠とは

  • クレジットカードでキャッシング(=現金を借りる)できる上限額のこと

キャッシングに枠を設けることで、クレジットカード会社は貸倒れのリスクを回避し、クレジットカード利用者も安心してキャッシングを利用できるのです。

クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠

クレジットカードを申込むときに、「利用可能枠〇〇万円」という表記を見たことがないでしょうか。

たとえば、クレジットカードの利用可能枠が100万円の場合、クレジットカードの利用可能枠はショッピング枠と同じです。ショッピングの枠で100万円、キャッシングの枠で30万円というように分配されています。

なお、キャッシング枠を30万円を利用した場合、その時点ではショッピング枠は70万円となりますので、覚えておきましょう。

キャッシング枠はショッピング枠とは違う

キャッシングの枠とショッピングの枠が区別されているのは、「現金を借りる(=キャッシング)」と「カードで支払う(=ショッピング)」という目的が違うためだけではありません。

クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠では、適用される法律も異なっています。

適用される法律
枠の種類 適用される法律
キャッシング枠 貸金業法
ショッピング枠 割賦販売法

クレジットカードのキャッシング枠では、貸金業法が適用されます。クレジットカードのキャッシング枠では、消費者金融会社のカードローンと同じ法律の適用範囲です。

一方、クレジットカードのショッピング枠では、割賦販売法が適用されます。これはスマートフォンの割賦契約や自動車・バイクなどのローンと適用範囲が同じです。

この違いにより、クレジットカードのキャッシング枠は、ショッピング枠とは異なる注意すべき点があります。

キャッシング枠では総量規制に注意

クレジットカードのキャッシング枠では、「総量規制」と呼ばれる規制があります。

総量規制

  • 貸金業者からの借入れは、年収の3分の1を超えてはならない

たとえば、年収300万円の人であれば、100万円を超えてお金を貸金業者から借りることはできません。

この「貸金業者」がポイントで、総量規制には消費者金融のカードローンも含まれます。そのため、年収300万円で、消費者金融から既に100万円借りている場合には、新規でクレジットカードのキャッシング枠は設定できなくなるのです。

一方、銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング枠は総量規制の対象外です。年収300万円で、銀行カードローンで100万円借りていたとしても、新規でクレジットカードのキャッシング枠を設定することができます。

カードローンとの違い

キャッシングとカードローンは、「お金を借りる」ことで共通しているため、混同してしまう人も多いかもしれません。

まず、金利に違いがあり、一般的にクレジットカードのキャッシング、消費者金融カードローン、銀行カードローンの順に低くなるといわれています。その分、銀行カードローンは審査が厳しい傾向にあります。

また、返済方法では、キャッシングが1回払いとリボ払いを選択できることが多いのと比べ、カードローンはほとんどリボ払いが適用されます。

クレジットカードにキャッシング枠があることのメリットとデメリット

ここまで、クレジットカードのキャッシング枠について基本的なことを紹介してきましたが、クレジットカードにキャッシングの枠があると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

メリット
  • 現金を、必要な時に、必要な場所で借りることができる
  • 海外で現地通貨をキャッシングできる

クレジットカードにキャッシングの枠がある最大のメリットは、現金を必要なときに手に入れることができるところでしょう。ATMとキャッシング枠の残高さえあれば、事故などで急に現金が必要なときにも、すぐに対応することができます。

また、クレジットカードの国際ブランドは世界共通です。国内に限定されがちな銀行と違い、海外旅行のときにも、それぞれの国際ブランドに対応しているATMからキャッシングすることができます。

一方、キャッシングの枠があることで、デメリットも存在します。

デメリット
  • 「お金を借りる」ため、金利がかかる
  • クレジットカードの入会審査のときに、通過しにくくなる

クレジットカードでキャッシングしたお金は、もちろん「借りたお金」であるため、金利がかかります。キャッシングの枠があるからといってむやみに借りてしまうと、金利が負担となってしまいます。

さらに、クレジットカードの入会審査では、キャッシングの枠を希望すると審査に通過しにくくなることもデメリットです。

審査に不安があるときはキャッシング枠を0円にしてみよう

もし、クレジットカードを申込むときに審査通過に不安があるなら、キャッシングの枠を「0円」にして申込んでください。キャッシングの枠を設定する場合と比べて、通過しやすくなります。

入会審査時にキャッシングの枠を設定しなくても、カードを発行したあとから設定可能ですので、心配する必要はありません。キャッシング枠の追加設定は、「キャッシング枠の増額」と同じ手続きのため、次項であわせて解説します。

キャッシング枠を増額・減額する方法

クレジットカードのキャッシング枠をあとから追加したいとき、またはキャッシングの枠を広げたいときには、キャッシング枠の増額をすることが可能です。

キャッシング枠の増額方法は、電話クレジットカード会員サイトからの2つの方法があります。2~30万円ほどのキャッシング枠増額ならば、クレジットカード会員サイトから手続きができます。

ただし、キャッシング枠の新規追加、または高額増額の場合には、クレジットカード会員サイトで申込めないこともあります。その場合は、電話で手続きしましょう。

電話での、一般的なキャッシング枠の増額方法は、下記のとおりです。

電話でのキャッシング枠の増額方法

  1. クレジットカードのコールセンターに電話する
  2. ガイダンスに従い、該当する番号をプッシュする
  3. オペレーターに増額したい内容を伝える
  4. 増額内容により、審査担当から確認の電話が入る
  5. メールなどで結果通知を受取る

増額申請時には、クレジットカード番号が求められるため、手元にクレジットカードを用意しておくとスムーズに手続きを進められます。増額申請には審査があり、申請が認められないこともあります。

また、同様の手続きでクレジットカードのキャッシング枠を減額することも可能です。総量規制の枠が気になるときや、キャッシング枠の不正利用リスクを減らしたいときは、キャッシング枠の減額を検討してみましょう。

キャッシングの利用方法を確認する

ここからは、クレジットカードでキャッシングを利用するための方法について紹介します。

すでにクレジットカードのキャッシングを利用している人も多いとは思いますが、注意点なども盛り込んでありますので、確認する意味も含めてご覧ください。

キャッシングが利用できるところ

クレジットカードのキャッシングは、コンビニエンスストアや銀行、郵便局のATMでの利用が一般的です。そのほか、電話でオペレーターに依頼することにより、自分の銀行口座へとお金を振り込むこともできます。

さらに、インターネットのクレジットカード会員サイトで申込むことで、銀行口座へと振り込むことも可能です。お子さんの大学授業料など高額な引き落としがあるときに、非常に役に立つサービスです。

ATMでキャッシングを利用するときの具体的な流れ

それでは、メインの利用場所となる、ATMでキャッシングするときの具体的な流れを紹介しましょう。

ATMでのキャッシング手順の一例

  1. ATM画面上から「お引き出し」を選択
  2. クレジットカードの差込
  3. 暗証番号の入力
  4. 「お借入れ」を選択
  5. 返済方法を1回払いかリボ払いから選択
  6. 借入金額を入力
  7. クレジットカード、利用明細、現金を受取

なお、ATMよりキャッシングをするときには、手数料がかかります。クレジットカード会社により異なりますが、1万円以下で110円(税込)、1万円超で220円(税込)が一般的です。

キャッシングはいくらまで借りられる?利用可能額の注意点

キャッシングでは、キャッシング枠までお金を借りられることはさきほどお伝えしたとおりです。ただし、実際にキャッシングを利用しているなかでは、下記の点に注意してください。

それは、実際にキャッシングできるのは、これまで利用した金額を差し引いた金額だということです。この利用可能額は、返済することで回復しますが、返済から利用可能額に反映されるまでにズレが生じることがあります。

海外でキャッシングすれば現地の通貨を引き出せる

海外でクレジットカードのキャッシングを利用すると、現地通貨を引き出せます。たとえば、国際ブランドがVISAならVISAの提携ATM、MastercardならMastercardの提携ATMで利用可能です。

クレジットカードのキャッシングは、現地で両替するよりも為替レートが有利な傾向があります。ただし、治安が悪い国もあるため、キャッシングする際には場所や時間帯に配慮しておきましょう。

キャッシングの返済方法を確認する

次に、クレジットカードでキャッシングしたときの返済方法についてみていきましょう。

1回払いとリボルビング払い

多くのクレジットカードでは、キャッシングの返済方法として「1回払い」と「リボルビング払い」を設定しています。

キャッシングの返済方法

  • 1回払い:キャッシングで借りたお金を、翌月に一括で支払う方法
  • リボルビング払い:毎月一定の金額を返済する方法

1回払いには利息の負担を軽減できるメリットがあり、リボルビング払いには、月々の返済負担を軽くする利点があります。

口座からの引き落としと振込での返済

クレジットカードのキャッシング利用分を支払う方法には、口座引落とATMなどからの振込の方法があります。

銀行口座からの引き落としの場合、ショッピング利用分とあわせて引き落とされます。ATMなどからの振込は、キャッシングと同様の手続きで、ATMから返済をおこないます。ただし、返済方法を1回払いに設定している場合、振込での返済ができないクレジットカードもあるため、注意してください。

手数料負担を軽減する方法

クレジットカードのキャッシングをリボルビング払いに設定した場合には、手数料・金利が負担となってしまいます。手数料・金利を軽減するためには、主に2つの方法があります。

手数料・金利負担を軽減する方法

  • できるだけ1回払いを設定する
  • 金銭的に余裕ができたら、繰り上げ返済をおこなう

もし、金銭的に余裕がある状態なら、返済方法は1回払いを設定しましょう。一括で返済することで、キャッシングにかかる手数料や金利を少なくすることができます。

ただし、高額なキャッシング利用の場合は、1回払いでは支払えないこともあるかもしれません。その場合は、金銭的に余裕ができるまで待って、繰り上げ返済をおこないましょう。

繰り上げ返済は、ATMやクレジットカード会員サイトから簡単に手続き可能です。こまめな返済が、結果的に大きな手数料・金利の違いとなってあらわれます。

キャッシング機能付きのクレジットカードおすすめ3選

最後に、キャッシング機能付きのおすすめクレジットカードを紹介していきます。

それぞれ魅力満載のクレジットカードですので、キャッシング利用に使いたいクレジットカードを探している人は、ぜひ参考にしてください。

JCB CARD W

JCB CARD W
JCB CARD Wの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • WEB入会限定カード
  • 年会費永年無料!
  • ポイント還元率は常に2倍以上
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.1 〜 2%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCB CARD Wは、18~39歳向けで、Web入会限定のクレジットカードです。

キャッシング枠はそれぞれの条件によって異なります。年会費無料の一般カードクラスのクレジットカードのなかでは、十分な金額を保有しています。

そのほか、高いポイント還元率や多彩なキャンペーンを誇ります。キャッシング付きのクレジットカードを探している人は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

エポスカード

エポスカード
エポスカードの詳細
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 全国10,000店舗の優待つき!
  • 入会金・年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険は最高500万円
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~5.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

エポスカードは、入会金・年会費永年無料のクレジットカードです。年会費無料のクレジットカードでは珍しく、海外旅行保険も付帯します。

キャッシング枠は0~50万円の範囲で選択が可能です。申込みフォームでは50、30、20万円の3つが表示されていますが、「上記以外」を押すことにより、0円や10万円を選択することができます。

エポスカードは、マルイで年に4回10%オフの期間があるなどファッション関係に強く、クレジットカード利用者に女性層が多数存在します。そのため、公式アプリは直感的に操作できるように工夫されています。

(10代 / 女性 / 会社員 / 年収200万円未満)

海外旅行の際は、本当に助かりました。

アプリへの反映がとても速く、現地で確認することができ、レート表示など分かりやすかったので、次回の海外旅行の際にも必ずエポスカードを使いたいと思いました。

このように、マネ会に口コミを寄せてくれたエポスカード利用者の人からも、海外でも便利でとても使いやすいと評判となっています。

楽天カード

楽天カード
楽天カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永年無料の業界大人気クレカ!
  • ポイントは電子マネー「楽天Edy」にも交換可能!
  • SPUポイント倍率:楽天カードで楽天市場の支払いをするとポイント最大3倍。
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~20.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天カードは、年会費無料のクレジットカードです。同じグループに銀行(楽天銀行)、電子マネー(楽天Edy)、QRコード決済(楽天Pay)が揃っているため、利便性が非常に高いクレジットカードとなっています。

キャッシング枠に設定できる金額は0~90万円といわれています。もちろん、キャッシング枠の設定には審査があるため、希望額とならない場合はありますが、緊急時には頼りとなるサービスです。

また、楽天カードのネットキャッシングは、楽天銀行であれば最短数分で振り込まれます。楽天銀行以外でも、銀行営業日の9:00~14:59は最短数分で振り込まれるため、多くの人に利用されています。

(30代 / 女性 / 会社員 / 年収200〜400万円)

楽天カードにはキャッシング機能もついているので、ごくたまにの利用にはなりますが今月どうしてもお金がピンチ…!という時に利用しています。

以前車検などで出費が重なった際キャッシング機能でお金を借りてなんとかその時はやりくりできました。

返済は済ませましたが最高で20万まで借りれたので非常に助かると思います。

上記のように、実際に楽天カードを利用している人からは、カードにキャッシングの枠があると、急なトラブルに対応できて頼りになる存在として受けとめられています。

(20代 / 女性 / 会社員 / 年収200〜400万円)

キャッシングを利用したい時は、平日の14時までであれば当日中に口座に入金されるので、急な出費にも助かります。

また、当日に入金されるこの早さは、利用者にとって非常に安心できる部分だと評価されています。

まとめ

キャッシング枠は、クレジットカードでキャッシングできる上限額のことです。クレジットカードにキャッシング枠を設定しておくと、非常時には国内だけでなく海外でもお金を借りることができます。

ただし、キャッシング枠は貸金業法の適用を受けるため、総量規制には注意が必要です。消費者金融でのカードローンを利用していると、キャッシング枠を設定できないケースもあります。

各クレジットカード会社では、さまざまなキャッシングのサービスを提供しているため、ご自身に合ったクレジットカードを選択してください。

本記事のまとめ
  • キャッシング枠は、クレジットカードからキャッシング(=お金を借りる)できる上限額
  • キャッシング枠では、総量規制に注意する
  • キャッシング枠は、電話や会員サイトから増額・減額できる

食品や雑貨商品などを扱うライター・編集を経て、マネ会を担当。クレジットカードのポイント還元や特典だけでなく、各カード会社の戦略やマーケティングにも興味あり。普段使っているクレジットカードはJALカードで、実家への帰省の際には、貯めたマイルを特典航空券に交換している。ヤフオクやヤフーショッピングで買い物をする際には、ヤフーカードも使用。体を動かすことが好きで、定期的にジムで筋トレ。機会あれば、山へハイキングに出かけ、帰りの温泉を楽しむ。

山本の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事