更新日: / 公開日:

プライオリティ・パスで選ぶビジネスカード3選

プライオリティ・パスで選ぶビジネスカード3選

ビジネス/法人カードの選び方は色々ありますが、海外出張が多いお仕事をしている方だと、空港での過ごし方が大事になりますよね。プライオリティ・パスの付帯したカードを選ぶと空港での過ごし方が変わります。今回は、ハイステータスクレジットカードの代表的な特典の1つ、プライオリティ・パスについて紹介していきます。

プライオリティ・パスとは

プライオリティ・パスとは空港ラウンジサービスを展開している企業、また同社のサービスの事を指します。このプライオリティ・パスに登録すると、世界各国の空港ラウンジが利用できるようになります。最大の特徴は利用できる空港ラウンジ数で、なんと世界500都市の1,000以上空港ラウンジが利用できます

ゴールドカードにも、空港ラウンジが無料で利用できる特典が付帯していますが、多くの場合利用できるラウンジ数は国内の20~30程度に加え、海外のラウンジが数か所だけというのがほとんどです。それらと比べると、プライオリティ・パスの1,000ラウンジという数字が如何に凄いかが分かると思います。

また、ゴールドカードのラウンジ特典に変更があったと言う話はめったに聞きませんが、プライオリティ・パスは順次サービスを向上されており、利用できるラウンジ数は年々増えています。

空港ラウンジではどんなことができるの?

空港ラウンジは、以下のサービスを無料もしくは格安なお値段でサービスを提供しています。空港によってサービスは異なりますが、一般的に利用者数が多く、規模の大きい空港になるほどサービスも充実している傾向にあります。

空港ラウンジサービスの一例
軽食サービス
ドリンクサービス
電話・FAX
Wi-Fiサービス
仮眠室
シャワー
新聞・雑誌
電子機器の充電
多言語スタッフが24時間・年中無休でサポート

プライオリティ・パスは有料

プライオリティ・パスは通常だと有料です。サービスの種類によってランクが分かれており、1番安いスタンダードだと年会費99ドルで、1回の利用につき27ドルかかります。

さらに最もランクの高いプレステージになると年会費が399ドルもかかります。記事作成時点は1ドル=113円なので、日本円に直すと年会費だけで約11,200円~45,000円かかる計算になります。

国内の場合、ゴールドカード以上のカードを持っていない方が、ラウンジを利用するには1回につき1,000円~2,000円近くかかります。これだとよっぽど空港ラウンジの利用回数が多くないと、元を取ることができないでしょう。

ランク スタンダード スタンダード・プラス プレステージ
年会費 US$99 US$299 US$429
会員利用料金 US$32 無料利用10 回 その後のご利用料金US$32 全て無料
同伴者利用料金 US$32 US$32 US$32

一部のクレジットカードにはプライオリティ・パスが付帯

一部のクレジットカードには、プライオリティ・パスのサービスが無料で付帯しています。しかも、ほとんどの場合、カードの年会費をプライオリティ・パスの年会費よりも安い金額に設定しているため、プライオリティ・パスを直接登録するよりも安い値段で利用できます。

ただ、プライオリティ・パスを中心にカードを選ぶ場合は、カードの種類によってサービスのランクが変わってくるため、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカードは、個人向けのカードである「楽天プレミアムカード」を持っている方だけが発行できる法人カードです。プライオリティ・パスの中でも最もランクの高い、プレステージ会員のサービスが利用できます。

年会費は2枚分かかる

年会費は楽天プレミアムカードと合わせて12,000円(税別)です。ビジネスカード単独では契約できないため、必ず2枚分の年会費がかかります。しかし、プレステージ会員の年会費が399ドルのため、付帯特典だけで年会費以上の価値を提供しています

楽天プレミアムカード:10,000円(税別)
楽天ビジネスカード:2,000円(税別)

法人カードの中でもトップクラスのポイント還元

ポイントプログラムは、楽天スーパーポイントが採用されており、100円につき1ポイントが貯まります。貯まったポイントは1ポイント=1円として利用できるため、ポイント還元率は1%です。このポイント還元率は法人カードの中ではトップクラスの値です。
さらに誕生月は、楽天市場・楽天ブックスの利用分がポイント3倍になります

ETCカードは複数発行可

複数のETCカードを追加発行できます。年会費は1枚目は無料、2枚目以降から500円(税別)かかります。

旅行傷害保険は自動付帯

楽天プレミアムカードの方に旅行傷害保険が自動付帯しているため、国内外の旅行で病気やケガを負った際に補償を受けられます。

海外旅行傷害保険 (自動付帯) 国内旅行傷害保険 (自動付帯)
死亡・後遺障害 自動付帯4,000万円 利用付帯1,000万円 5,000万円
傷害治療費用 300万円 -
疾病治療費用 300万円 -
賠償責任 3,000万円 -
携行品損害 自動付帯30万円 利用付帯20万円 -
救援者費用 200万円 -
傷害入院保険金 - 日額5,000円
傷害通院保険金 - 日額3,000円
楽天プレミアムカード
おすすめポイント
  • 誕生日月は最大3倍のポイント還元!!ポイントがとにかく貯まる!
  • 国内・海外旅行保険は最大5000万円!
  • VIP空港ラウンジプライオリティパスへの無料登録可能
年会費 10,800円
次年度以降 10,800円
ポイント還元率 1%~5%
マイレージ還元率 0.5%
ETC年会費 無料
発行期間 約一週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

法人プラチナカードの中でも、コストパフォーマンスの高さで人気のカードです。プライオリティ・パスが付帯しており、プレステージ会員のサービスが利用できます。

プラチナカードとしては安い年会費

年会費は20,000円(税別)で、プラチナカードとしては格安です。また年間200万円以上ショッピングの利用があれば、次年度の年会費はは10,000円(税別)になります。また、年会費3,000円(税別)の追加カードを4枚まで発行できます。

ポイントはマイルに交換すればお得に

ポイントプログラムは「永久不滅ポイント」が採用されており、1,000円のショッピングにつき1ポイントが貯まります。貯まったポイントは1ポイント=5円として利用できるため、基本的なポイント還元率は0.5%です。

また、海外利用分はポイントが2倍貯まり、さらに「SAISON MILE CLUB」に登録すると1,000ポイントにつき10マイルが貯まり、マイル還元率1%という高い値で利用できます

海外旅行保険は大台の1億円に

最高1億円まで補償する海外旅行傷害保険が付帯しています。さらに手荷物遅延保険や航空機遅延保険などビジネスマンには嬉しい補償もついています。

海外旅行傷害保険 (自動付帯) 国内旅行傷害保険 (自動付帯)
死亡・後遺障害 1億円 5,000万円
傷害治療費用 300万円 -
疾病治療費用 300万円 -
賠償責任 5,000万円 -
携行品損害 50万円 -
救援者費用 300万円 -
航空機寄託手荷物遅延費用 10万円 -
航空機遅延費用等 3万円 -
傷害入院保険金 - 日額5,000円
傷害通院保険金 - 日額3,000円

他にもある付帯サービス

海外用Wi-Fiレンタルサービスご優待

海外専用のWi-Fiを会員価格でレンタルできます。

ハイヤー送迎サービスご優待

会員価格で成田空港・羽田空港と東京23区間のハイヤー送迎サービスを利用できます。

海外アシスタンスデスク

各種予約から、トラブル時の対応までをサポートする日本語対応の海外デスクを利用できます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
おすすめポイント
  • 海外ラウンジが無料で利用できる、プライオリティ・パスが利用可能!
  • 海外・国内旅行保険も最高1億円まで付帯されていて安心!
  • 選べる引き落とし口座や、利用明細のダウンロードなど限定サービスも豊富!
年会費 20,000円
次年度以降 20,000円
ポイント還元率 0.5%
マイレージ還元率 0.90%
ETC年会費 無料
発行期間 最短3営業日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能

JCBプラチナ法人カード


JCBが発行する最高級の法人カードです。JCBと言えばカードスペック以上に、かゆいところに手が届くようなサービスが評判です。法人カードになってもその精神は受け継がれています。

プライオリティ・パスが付帯しており、プレステージ会員のサービスが利用できます。

年会費

年会費は30,000円(税別)です。追加カードは1枚につき6,000円(税別)かかります。

Oki Dokiポイントを採用

ポイントプログラムは「Oki Dokiポイント」が採用されており、1,000円のショッピングにつき1ポイントが貯まります。貯まったポイントは1ポイント=5円として利用できるため、ポイント還元率は0.5%です。

海外や加盟店で使うとポイント還元率がアップ

海外利用分はポイントが2倍になります。その他にも、JCB ORIGINAL SERIESパートナー店舗でお買物をした場合も、ポイントが2倍~3倍に上がります。

コンシェルジュサービス

ホテルの手配から各種ご相談まで受け給うコンシェルジュサービスを、24時間365日利用できるます。

グルメベネフィット

JCBが厳選したレストランで所定のコースを2名以上で予約すると1名分の料金が無料になります。接待の席などで役に立ちます。

旅行傷害保険は海外・国内共に最高1億円まで補償

国内外ともに最高1億円まで補償する旅行傷害保険が付帯しています。しかも保険の種類は自動付帯で持っているだけで補償を受けられます。

海外旅行傷害保険 (自動付帯) 国内旅行傷害保険 (自動付帯)
死亡・後遺障害 最高1億円 最高1億円
傷害治療費用 1回の事故につき1,000万円限度 -
疾病治療費用 1回の病気につき1,000万円限度 -
賠償責任 1回の事故につき1億円限度 -
携行品損害 1旅行中100万円限度 -
救援者費用 1回の事故につき1,000万円限度 -
乗継遅延費用保険金 (客室料・食事代) 2万円限度 2万円限度
出航遅延費用等保険金 (食事代) 2万円限度 2万円限度
寄託手荷物遅延費用保険金 (衣料購入費等) 2万円限度 2万円限度
寄託手荷物紛失費用保険金 (衣料購入費等) 4万円限度 4万円限度
入院日額 - 日額5,000円
手術 - 入院日額×倍率 
(10倍、20倍または40倍) 1事故につき1回限度
通院日額 - 日額2,000円

カーアクシデントケア

毎年1回、自動車事故の際に5万円の見舞金が支払われます。
・交通事故入院見舞金
・車内・トランク内景品損額見舞金
・ETC車載器窃盗見舞金
・ETCゲート通過時の事故見舞金
・高速道路走行中の車両事故見舞金

JCBプラチナ法人カード
おすすめポイント
  • 最高1億円の旅行傷害保険が付帯
  • 国内・海外航空機遅延保険で旅をサポート
  • QUICPayが利用可能
年会費 30,000円
次年度以降 30,000円
ポイント還元率 0.5 〜 2.5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 -
発行期間 1週間程度
付帯サービス
ETCカード対応 非対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能

まとめ

プライオリティ・パスとは世界の約1,000の空港ラウンジが利用できるサービス

対応ラウンジ数は順次増加中
一部のクレジットカードにはプライオリティ・パスが付帯

関連記事

2019年01月31日
2019年01月31日
2019年02月04日
2019年02月26日
2019年01月31日
2019年01月31日
2019年01月31日
2019年01月30日
2019年02月24日
2019年01月30日
2019年01月31日
2019年01月30日
2019年01月30日
2019年03月04日