更新日:

ポイント還元率で選ぶ法人カードはこれだ! おすすめカード5選

ポイント還元率で選ぶ法人カードはこれだ! おすすめカード5選

法人カードを選ぶ際の大きな基準の1つに、ポイント還元率があります。

法人カードは仕事に関わるさまざまな費用を経費として落とせるため、個人向けカードと比べて利用金額が大きくなりがちです。

そうするとポイント還元率が少し違うだけでも、獲得できるポイント数に大きな差がでるため、少しでも多くポイントが貯まるカードを選びたいものですよね。

今回は、ポイント還元率でカードを選ぶ際の基準と、ポイントが貯まりやすいおすすめの法人カードを紹介します。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

年会費 : 20,000円(税抜)
ポイント還元率 : 0.5%
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
年会費 : 20,000円(税抜)
ポイント還元率 : 0.1%
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社

オリコ EX Gold for Biz

オリコ EX Gold for Bizの詳細
初年度 : 無料 / 次年度 : 2,200円(税込)
ポイント還元率 : 0.5%
【PR】Sponsored by 株式会社オリエントコーポレーション

ポイント還元率でカードを選ぶ際の3つの基準

まずは、ポイント還元率でクレジットカードを選ぶときのチェックして頂きたい3つの基準をご紹介します。

ポイント還元率と一概にいっても、さまざまな特徴を持っていたりシチュエーションによって異なることがあるので違いを考慮する必要があるのです。

基準1:基本となるポイント還元率で選ぶ

基本となるポイント還元率の高さで選ぶのは、シンプルですが最もポイントに影響します。

法人カードは個人向けカードに比べるとポイント還元率が低い傾向にあり、とくに0.5%程度のカードが多いです。

ただし、そのなかでもポイント還元率が1%を超えるようなカードも存在します。

ポイント還元率が0.5%と1%のカードなら、どちらの方が多くのポイントを貯めることができるかは明らかですよね。

基準2:利用金額に応じた特典を確認する

法人カードのなかには、年間の利用金額が高くなるとそれに比例してポイント還元率がアップしたり、ボーナスポイントが発生するカードがあります。

法人カードは、個人が利用するのではなく法人が利用することから、個人向けカードよりも利用金額が高くなる傾向がありますよね。

なので、上記のようなポイント還元率がアップする特典があるカードを選べば、基本のポイント還元率が高いカードよりも結果的に高い還元率になる場合もあります。

年間数百万円以上の利用を見込んでいる場合には、このような特典があるカードを選んだ方がいいでしょう。

基準3:ポイントの使いみちを確認

貯まったポイントにどのような使いみちがあるのかを確認しておくことも大切です。

多くの場合、貯まったポイントはマイルや共通ポイントや商品券などに交換できます。

しかし、ポイント交換先に自分が「ほしい・使いたい」と思えるものがないと、ポイントを貯める意味が薄くなってしまいます。

カードに申込む前に、貯まったポイントがどのように活用できるかも確認しておきましょう。

法人カードでポイントを貯めるメリット

では、法人カードでポイントを貯めるとどのようなメリットがあるのでしょうか?

メリットをひとことでまとめると、それは「経費削減」です。

個人向けクレジットカードを発行する個人の方がお得なカードを探して節約志向にあるように、法人も出費(経費)を節約する必要があります。

上記で紹介したように法人カードで貯めたポイントにもたくさんの使いみちがあるので、とくにオフィス用品やカード利用料金の支払いなどに交換・充当すれば法人にとって非常にお得なのです。

法人カードでポイントを効率よく貯めるための注意点

法人カードでポイントを貯めると、法人にとって大きなメリットがあることがお分かりいただけたかと思います。

それが分かれば、できるだけ効率的にポイントを貯めたいものですよね。

実は、法人カードでポイントを効率よく貯めるために注意するべきポイントがあります。

ポイント還元率が高い法人カードを利用することはもちろんですが、ほかにもできることがあるのです。

それは、発生した支払いを1枚の法人カードに集約するということです。

法人は、事業における取引以外にも出張や接待などいろいろな場所・場面で支払いが発生しますよね。

その支払いを何枚もの法人カードに散りばめたり口座引き落としなどにすると、ポイントが効率的に貯まらずもったいないのです。

本記事ではこのあと、ポイント還元率が高いおすすめの法人カードをご紹介していきます。

そのなかからお気に入りの1枚を見つけて、その1枚に支払いを集約して効率的にポイントを貯めましょう。

ポイントを貯めやすい法人カード5選

では、さっそくポイントを貯めやすい高還元の法人カードを紹介していきます。

それぞれポイント還元率が高いだけではなく、カード特有の特徴やサービスを持っているのでチェックしてみてください。

海外利用が多い方はセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスがおすすめ

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 海外ラウンジが無料で利用できる、プライオリティ・パスが利用可能!
  • 海外・国内旅行保険も最高1億円まで付帯されていて安心!
  • 会員専用のコンシェルジュサービスが利用できる!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
20,000円(税抜) 20,000円(税抜) 0.5%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
nanaco
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

セゾンカードアメリカン・エキスプレスが提携して発行している法人カードです。

ビジネスシーンだけではなく、プラチナカード会員ならではの日々の生活でも利用できるような特別サービスが盛りだくさんとなっています。

海外でのショッピング利用で永久不滅ポイントが2倍

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下:セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス)では、永久不滅ポイント1,000円(税別)につき1ポイント貯まります。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスでは優遇サービスとして、海外でショッピング利用をすると永久不滅ポイントが通常の2倍(1,000円(税別)につき2ポイント)貯まるという特長があるのです。

つまり、海外利用の場合ポイント還元率は2%とかなり高めになります。

海外での取引や出張が多い場合にはお得にポイントを貯めることができるので、おすすめです。

永久不滅ポイントは有効期限が無期限

なんと、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスで貯められる永久不滅ポイントは有効期限がありません。

なのでポイントの交換期限に焦らされたり、大切に貯めてきたポイントが失効したりすることがないのです。

交換したいアイテムが決まっている方や自分のペースでポイントを貯めたい方など、じっくりとポイントを貯めることができるので非常におすすめですよ。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの注意点

上記で紹介した永久不滅ポイントの優遇サービスは、JALマイルをお得貯められるプランである「SAISON MILE CLUB」に登録されたセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスでは対象外になってしまいます。

海外利用が多い方でJALマイルをたくさん貯めたいという方であれば登録して問題はありませんが、そうでない方は注意が必要です。

ポイント優遇多数のMUFG・プラチナ・ビジネス・アメックス

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード
MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 海外旅行保険は最高1億円!
  • プライオリティ・パスで国内外1200ヶ所以上の空港ラウンジの利用が可能
  • 入会初年度は国内の利用でポイントが1.5倍、海外では2倍!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
20,000円(税抜) 20,000円(税抜) 0.1%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下:MUFG・プラチナ・ビジネス・アメックス)は、三菱UFJニコスがアメックスと提携して発行している法人カードです。

なんといっても年会費は20,000円(税別)と、プラチナカードとは思えない安さなのが大きな特長です。

また、MUFG・プラチナ・ビジネス・アメックスではMUFGカードのポイントプログラムによるグローバルポイントが貯まります。

お得なポイント優遇サービスが3つ付帯しているので、1つずつ紹介していきましょう。

1.入会初年度は国内ショッピング利用でポイントが1.5倍

入会初年度のみ、国内ショッピング利用1,000円(税別)につき基本ポイントが1ポイント貯まるところを、+0.5ポイントがボーナスポイントとして加算されます。

法人カードも、このような入会初年度の利用がお得になるキャンペーンが用意されていることがあるので、入会するときは要チェックです。

2.海外でのショッピング利用でポイントが2倍

海外ショッピング利用1,000円(税別)につき基本ポイントが1ポイント貯まるところを、+1ポイントがボーナスポイントとして加算されます。

海外出張などの頻度が高い方におすすめの特典です。

3.ポイント名人.com経由でポイント最大25倍

MUFGカード会員限定のネットショッピングサイトであるポイント名人.comを経由して対象のWebショップでお買いものをすると、最大25倍のポイントが加算されます。

加算されるポイントの倍率や対象のショップは、時期によって変動するのでご注意ください。

たとえば、以下のようなショップがお得に利用できます。

ポイント名人.comの利用例

  • 楽天市場…2倍
  • Amazon.co.jp…2倍
  • 一休.com…3倍
  • ビックカメラ…4倍
  • 日本HPのオンラインストア…7倍
  • サンスターオンラインショップ…20倍

年間利用額に応じて基本ポイントの50%が加算

MUFG・プラチナ・ビジネス・アメックスは、入会2年目以降カードを利用するほどポイント還元率が高くなる「グローバルPLUS」が適用されています。

というのも、前年度に100万円以上ショッピング利用をすると、翌1年間は基本ポイントの50%がその都度加算されるのです。

このようにMUFG・プラチナ・ビジネス・アメックスは使えば使うほどお得なので、利用金額が大きくなりやすい法人にはもってこいですね。

年間200万円以上使うならオリコEX Gold for Bizがおすすめ

オリコ EX Gold for Biz
オリコ EX Gold for Bizの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 初年度年会費無料
  • 空港ラウンジでさまざまなサービスをご利用いただけます。
  • 国内・海外旅行傷害保険
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 2,200円(税込) 0.5%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
ID(アイディ)
nanaco
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社オリエントコーポレーション

オリコEX Gold for Bizオリコが発行する法人カードです。

ポイント還元率がアップする特典があるため、特典を利用すれば法人カードの中でもトップクラスのポイント還元率を狙えます。

基本ポイント還元率は0.6%と平均的

基本となるポイント還元率は0.6%です。

オリコの法人カードはポイント還元率0.5%というカードが多いのですが、EX Gold for Biz会員の方はポイントを20%加算してもらえるという特典があるため、0.6%になります。

この時点で、ややほかのオリコカードよりも優れたスペックとなっていることがわかります。

たくさん使えばよりお得に

さらに、オリコのポイントサービスである暮らスマイルは、年間の利用金額に応じて翌年のポイント還元率がアップするしくみが採用されています。

ポイント還元率を最大1.1%まで上げることができます。

そのしくみは以下のとおりです。

前年の利用金額 翌年のポイント還元率
50万円未満 0.6%
50万円から100万円 0.85%
100万円から200万円 0.95%
200万円以上 1.1%

貯まった暮らスマイルはオリコポイントへの交換がおすすめ

カードを利用して貯まる暮らスマイルは、一度オリコポイントに交換するのがおすすめです。

オリコポイントに交換すると移行できるポイントの種類が増えるので、ポイントの利用用途が広がります。

オリコポイント交換先の例

  • WAONポイント
  • Tポイント
  • 楽天ポイント
  • ANAマイル
  • Amazonギフト券

基本ポイント還元率の高さで選ぶなら楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカード
楽天ビジネスカード
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 楽天ETCカードが複数枚発行可能
  • 楽天市場の商品がポイント最大5倍
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
2,200円(税込) 2,200円(税込) 1 〜 5%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

楽天ビジネスカードは、楽天の個人向けカードである「楽天プレミアムカード」をお持ちの会社経営者や個人事業主が追加発行できる法人カードです。

カードの利用金額100円(税別)につき楽天ポイントが1ポイントが貯まり、1ポイント=1円として利用できるため、ポイント還元率は1%です。 

ポイント還元率1%というと法人カードのなかではトップクラスの還元率であり、かなりポイントを貯めやすいカードといえます。

常に1%の還元を受けられるため、あまりたくさんの支払いをしない会社や個人事業主にもおすすめです。

楽天市場でお買いものをするとポイント最大5倍

楽天ビジネスカードを使って楽天市場でお買いものをすると、通常100円(税別)につき1ポイントのところ楽天市場の全商品がポイント最大5倍になります。

ポイントの内訳は以下のとおりです。

楽天市場でお買いもの時のポイント内訳

  • 楽天市場でのお買いもので1倍
  • 楽天ビジネスカード利用通常ポイントで+1倍
  • 楽天ビジネスカード利用特典ポイントで+最大3倍

楽天市場は48,000店以上(※)の店舗が出店しており、ビジネスに関係のある商品を扱っている店舗も多数あります。

つまり、楽天ビジネスカードを利用して仕事着や備品、ビジネス書だったりをまとめて買えばお得度がアップするのでおすすめです。

(※)2019年9月4日現在

楽天ビジネスカードの注意点

楽天ビジネスカードでは追加カードの発行ができません。

つまり利用できるのは、契約した法人代表者もしくは個人事業主だけです。

従業員がたくさんおり、従業員それぞれにカードを持たせたいようなケースにはあまり向かないのでご注意ください。

貯まった楽天ポイントの使いみち

貯まったポイントは個人向けの楽天カードと同じように使えます。

たとえば、ANAマイルへの交換や楽天Edyのチャージ、楽天市場での支払いにあてることが可能です。

また、楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードと2枚持ちになるため、法人ではなく個人で利用した楽天プレミアムカード利用分のポイントと合算することもできるのでお得です。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードの詳細
年会費 : 11,000円(税込)
ポイント還元率 : 1%~5%
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

ポイントを交換するのが面倒な方はJCB法人カードがおすすめ

JCB法人カード
JCB法人カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 中小企業・個人事業主向けのスタンダードな法人カード
  • 従業員カードの付帯やETCカードの複数枚発行など、ビジネス拡大時に役立つサービスが充実
  • 法人会員向けサービスの付帯で業務効率化、経費削減を実現
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 1,375円(税込) 0.1 〜 2%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

JCB法人カードは、日本発祥の国際ブランドであるJCBが発行する法人カードです。

このカードには、ポイント型とキャッシュバック型の2種類があり、年間の利用金額によってどちらがお得か変わってきます。

まずは、ポイント型について説明していきます。

ポイント型は利用額1,000円(税込)につきOki Dokiポイントが1ポイント貯まり、1ポイント=1円として利用できます。

つまり、ポイント還元率は0.5%です。

海外や加盟店で使うとポイント還元率がアップ

ポイント型は海外で使うとポイントが2倍になります。

そのほかにも、JCB ORIGINAL SERIESパートナー店舗でお買いものをすると、ポイントが2倍~3倍に上がるのでパートナー店舗の利用がたいへんお得です。

年間利用額に応じてポイント還元率がアップ

ポイント型は、年間の利用金額に応じて最大0.75%までポイント還元率を上げることができます。

そのしくみは以下のとおりです。

カードの年間利用額 翌年のポイント還元率
30万円以上 0.55%
50万円以上 0.6%
100万円以上 0.75%

次に、キャッシュバック型について説明していきます。

キャッシュバック型は、毎月の利用金額に応じてキャッシュバックが受けられるしくみになっています。

忙しくてポイントを交換するのが面倒という方におすすめのプランです。

ただ、キャッシュバック型は少しわかりにくいシステムになっているので、3段階に分けて説明していきますね。

1.月の利用金額に応じてキャッシュバック率が変わる

まず、キャッシュバックを受けるには最低でも月に5万円以上カードを利用しなくてはいけません。

このカードは、月の利用金額に応じてキャッシュバック率が変わるしくみになっており、月額5万円未満の利用ではキャッシュバック率が0%のため、1円も還元を受けられないので注意が必要です。

キャッシュバック型のしくみは以下のとおりです。

カードの月額利用額 キャッシュバック率
5万円未満 0%
5万円~20万円 0.5%
20万円~40万円 1%
40万円~60万円 1.5%
60万円~80万円 2.5%
80万円~100万円 2.5%
100万円以上 3%

2.キャッシュバック率は、交通費に対して適用される

キャッシュバック率は、全体の利用金額に適用されるのではなく交通費にのみ適用されます。

たとえば、月に100万円カードを使ったとするとキャッシュバック率は3%になります。

ただしこの3%が適用されるのは、JR・高速道路・ガソリンスタンド・タクシー・レンタカー・航空券・宿泊・旅行代理店などで利用した金額に対してだけなのです。

つまり、交通費×キャッシュバック率で求まった額が最終的なキャッシュバック金額ということになります。

3.キャッシュバックの上限は最大15,000円まで

キャッシュバックの上限金額は15,000円と定められています。

もし「交通費だけ」で100万円を使うとキャッシュバック率は3%となります。

そうすると交通費×キャッシュバック率の式から、3万円のキャッシュバックを受けられるはずですよね。

ただし、キャッシュバック上限が15,000円と定められているため、実際には3%の還元を受けられるわけではないのです。

「思っているよりキャッシュバックが少なかった…」とがっかりすることのないように、この点については押さえておきましょう。

交通費だけで月に20万円以上使うならキャッシュバック型がおすすめ

ポイント型とキャッシュバック型を選ぶ基準は、交通費だけで月にどれだけ使うかという点です。

交通費だけで月に20万円以上使うとポイント還元率が1%となるため、キャッシュバック型を選んだ方がお得になります。

逆に、交通費が月20万円に達しないようだと、年間の利用金額に応じてポイント還元率がアップするポイント型を選んだほうがお得です。

JCB法人カードの申込みを検討されている方は、ぜひこちらの基準を参考にしてみてくださいね。

ポイント還元率が高い法人カードまとめ

本記事ではポイント還元率が高い法人カードを選ぶ基準やポイントを貯めるメリット、おすすめの高還元法人カードについてご紹介してきました。

ポイント還元率が高い法人カードを利用することは、経費削減という観点から非常に有益です。

本記事ではおすすめの高還元法人カード5種類について紹介したので、各法人に合ったカードを見つけてみてください。

ポイントアップ特典で選ぶならEX Gold for Biz、海外利用が多いならセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス、たくさんのポイント優遇を受けたいならMUFG・プラチナ・ビジネス・アメックスがおすすめです。

そして、基本の還元率で選ぶなら楽天ビジネスカード、交通費だけで月額20万円以上使うならJCB法人カードをおすすめします。

ぴったりの法人カードを探して、事業をお得かつ効率化させていきましょう。

経済学部卒業。学生時代にライター業を開始し、大学卒業後はフリーライターとして活動。当メディア「マネ会」でのクレジットカードに関する記事はもちろん、株式投資・節約・電子マネーなどのお金に関する記事を、女性ならではの目線で多数執筆中。クレジットカードは楽天カード・イオンカードセレクト・エポスゴールドカードを保有している。キャッシュレス決済はQUICPayとPayPayを愛用しており、ポイントを貯めることとクーポンを使うことが大好き。

タナカ チアキの執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事