更新日:

法人カードでマイルを貯める方法とおすすめカードをご紹介!

法人カードでマイルを貯める方法とおすすめカードをご紹介!

日常のショッピングや、旅行の際のフライトなどにクレジットカードを利用することで獲得することができるマイル。

ある一定量貯めることで、お得な特典航空券と交換できることで有名ですが、中小企業や個人事業主向けに発行されている法人カードでも同じようにマイルを貯めることができるのをご存じでしょうか?

会社の経費の支払いや出張などで利用できる法人カードは、賢くカードを選び、利用することで効率よくマイルを貯めることができます。

そこで今回は、法人カードを使ったマイル獲得術や、貯めたマイルの使い道についてご紹介します。

法人カード/ビジネスカードとは?

初めに法人カードについて簡単にご説明します。法人カードとは、主に会社の経費の支払いなどに利用する法人向けのクレジットカードです。

一般カードとの違いとして「ビジネス用途での利用ができる」「法人の銀行口座を引落先に指定できる」などが挙げられます。

一般カードとの違い
  • ビジネス用途での利用ができる
  • 法人の銀行口座を引落先口座として登録できる
  • 社員に法人カードを追加発行できる
  • 企業・個人事業主向けのサービスが利用できる

法人カードを使ってマイルを貯める2つの方法

ビジネスカードを利用してマイルを貯める方法は、主に2通りあります。

方法1:ショッピングで貯めたポイントをマイルへ移行する

ショッピングや会社の必要経費の支払いなどに利用して貯めたポイントを、マイルへ移行する方法です。

マイル移行の手間はかかりますが、カードの種類や移行ルートを賢く選ぶことで効率よくマイルを貯めることができます。

また、マイル移行手数料を支払うことで、高レートでの移行が可能になるものもあるので、より効率よくマイルを貯めたい方はそういったサービスを活用するのも良いかもしれません。

中には、利用金額に応じて直接マイルが貯まるビジネスカードもあるようですが、極わずかの種類に限られているようなので、基本的にはポイントからのマイル移行が一般的と言えます。

とにかく法人カードは、会社の経費支払いが一番の用途になります。

一般カードに比べると、利用頻度や利用金額が比較的大きくなるので、どんどんポイントを貯めてマイルへ移行しましょう。

方法2:フライトでマイルを貯める

残りのもう一つの方法として、マイレージサービスを実施している航空会社の飛行機に搭乗し、フライトマイルを獲得するという方法があります。

主に、出張などで飛行を頻繁に利用する方は、フライトマイルを獲得して効率よくマイルを貯めることができます。

飛行機利用で貯まるフライトマイル参考例(JALマイレージバンク)

フライト区間 獲得できるフライトマイル
東京(羽田)~大阪 280マイル
東京(羽田)~福岡 567マイル
東京(羽田)~沖縄 984マイル

ポイントからマイルへの移行レートが重要

法人カードは、会社の経費の支払いに利用できるので、比較的ポイントを貯めやすいです。

ですので、法人カードでマイルを貯めるのであれば、会社の経費の支払いでポイントを貯めてそこからマイルへ移行する方法がもっともおすすめです。

ビジネスカードを選ぶ際にはマイルへの移行レートがもっとも重要だといえますね。

マイルが貯まるおすすめ法人カードはコレ!

上でご説明した内容をふまえた上でマイルを貯めるのにおすすめなクレジットカードをご紹介します。

まさに最強の法人カード!セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 海外ラウンジが無料で利用できる、プライオリティ・パスが利用可能!
  • 海外・国内旅行保険も最高1億円まで付帯されていて安心!
  • 会員専用のコンシェルジュサービスが利用できる!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
20,000円(税抜) 20,000円(税抜) 0.5%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
nanaco
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

マイルが貯まるビジネスカードとして有名なセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード。

プラチナカードですが、年会費は20,000円(税別)と比較的安くなっています。

比較的安価ではありますが、お得なポイント優待や、付帯保険、空港ラウンジサービス、コンシェルジュサービスなど、一般カードよりはるかに優れた特典が利用できます。

また、プラチナカードはクレジットカード会社からのインビテーション(招待)を受けないと手に入らないカードも多いですが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは直接お申込みすることができます。

貯めたポイントはANAマイルとJALマイルの双方へ移行できる

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、ショッピングや会社の経費支払いに利用することで、1,000円につき1.5ポイントの永久不滅ポイントを獲得できます。

貯めた永久不滅ポイントは、大手航空会社ANA、JALの実施しているマイレージサービスと交換できるのでとてもお得です。

マイル移行レート

マイル名 移行レート/永久不滅ポイント→マイル 移行可能最少単位
ANAマイレージクラブ 1P→3マイル 200P以上200P単位
JALマイレージバンク 1P→2.5マイル 200P以上200P単位

また海外で利用すると、通常の2倍のポイントが付与されるので、海外出張時はお得にポイントを獲得することが可能です。

オリコ発行のベーシックな1枚「EX Gold for Biz」

オリコ EX Gold for Biz
オリコ EX Gold for Bizの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 初年度年会費無料
  • 空港ラウンジでさまざまなサービスをご利用いただけます。
  • 国内・海外旅行傷害保険
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 2,200円(税込) 0.5%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
ID(アイディ)
nanaco
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社オリエントコーポレーション

オリコ発行の個人事業主向けカード「EX Gold for Biz」もおすすめです。

年会費は初年度無料、次年度からは¥2,000(税抜)で、法人カードとしては比較的お手頃にも関わらず、様々なビジネスサポートサービスが利用できる便利なクレジットカードです。

また、ショッピング利用時に付与される暮らスマイルポイントは、オリコポイントを経由してANAマイルやJALマイルに移行することもできるのでとてもお得です。

マイル移行レート

マイル名 移行レート/暮らスマイル→オリコポイント→マイル 移行可能最少単位
ANAマイレージクラブ 200P→1,000P→600マイル 1,000P以上1,000P単位
JALマイレージバンク 200P→1,000P→500マイル 1,000P以上1,000P単位

さらに、暮らスマイルポイントは利用金額に応じたステージ制となっており、使えば使うほどお得になります。

会社の経費の支払いなどで定期的に利用するだけで、お得なボーナスポイントがもらえるかもしれないのでぜひ活用しましょう。

クラステージ制度

ステージ名 1年間の利用金額 ポイント加算倍率
ノーマルステージ 50万円未満 1.0倍
ステージ50 50万円以上、100万円未満 1.5倍
ステージ100 100万円以上、200万円未満 1.7倍
ステージ200 200万円以上 2.0倍

ビジネスカードで貯めたマイルを個人利用することに関して

法人カードカードで貯めたマイルを私的利用すること自体は特に問題はありません。

獲得したマイルは、会社にストックされていくわけではなく、ビジネスカードの個人名義の方にストックされています。

つまり、移行した瞬間から名義人個人のポイントという扱いになるので、個人的に利用する分には何の問題もありません

ただし、ほとんどの方は法人カードを会社の経費として計上するので、カード自体の私的利用はもちろん避けましょう。

法人カードでマイルを貯める方法まとめ

まとめ
  • ビジネスカードでもマイルを貯めることは可能
  • 一度ポイントを貯めてからマイルへ移行する方法がおすすめ

ビジネスカードでマイルを貯めるのであれば、基本的には、ポイントを貯めてからマイルへ移行するという方法がおすすめです。

より効率よくポイントが貯められるセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードや、維持費を抑えながらポイントが稼げるEX Gold for Bizを活用しましょう。

2008年青山学院大学国際政治経済学部卒。在学時にファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得。 2012年に株式会社サイバーエージェントに入社し、Ameba事業部にて編集に従事。 2018年8月にCyberOwlへ異動し、マネ会の編集長就任。FPの知識を活かして、クレジットカード、カードローン、キャッシュレスの記事作成に携わる。難しいことをわかりやすく伝えるがモットー。 ラグジュアリーカード<Titanium Card>とセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードをメインに、アメックスゴールドやJCBゴールド、楽天カードなど10枚以上のクレジットカードを保有。

元吉 裕俊の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事