更新日:

クレジットカードの口座は給与口座と同じがよい?引き落とし日に困らないようにする方法を解説

クレジットカードの口座は給与口座と同じがよい?引き落とし日に困らないようにする方法を解説

クレジットカードを申込むときは、カードで利用した代金を支払うため、引き落とし口座を登録します。

クレジットカードを初めてつくる人のなかには、「引き落とし口座と給与口座は分けるべきなの?」、「どこの銀行でも引き落とし口座に登録できるの?」など、疑問に感じることがあると思います。

そこで、本記事ではクレジットカードの引き落とし口座について解説します。また、金融機関別の登録状況や、よくある疑問についてもあわせてご紹介します。

クレジットカードの引き落とし口座は給与口座と一緒がおすすめ

基本的にクレジットカードの引き落とし口座は、給与が振り込まれる口座と同じにしておくことをおすすめします。

というのも、クレジットカードの引き落とし口座として給与口座を登録する場合は、支払いに対する管理リスクを軽減できるためです。

メリット
  • 残高不足による支払い遅延のリスクが少ない
  • カード支払い日を必要以上に気にしなくてよい
  • クレジットカードの引き落とし口座にお金を振り替える必要がない

ここでは、クレジットカードの引き落とし口座と給与口座を一緒にするメリットについて詳しく解説していきます。

残高不足による支払い遅延のリスクが少ない

クレジットカードの支払いは、申込み時に登録した口座から支払い日に自動で引き落としになります。

残高不足によって口座から引き落としにならない場合は、支払い遅延となってしまい、遅延損害金の発生や信用情報に傷がついてしまう可能性があるので注意が必要です。

クレジットカードの引き落とし口座と給与口座を一緒にする場合は、給与を全額引き出さない限り、ある程度のお金が口座に入っている状態を保つことができるので、残高不足による支払い遅延のリスクを軽減できます。

カード支払い日を必要以上に気にしなくてよい

クレジットカードの支払い日はカード会社によって異なるので、自分が使っているクレジットカードの支払い日を把握しておかなければ、「支払い遅延の原因」になってしまいます。

しかし、クレジットカードの引き落とし口座と給与口座を一緒にしておけば、万が一、クレジットカードの支払い日を忘れてしまっても支払い遅延になってしまうリスクを軽減することが可能です。

とくに、複数枚のクレジットカードを保有している人は、すべてのカードの引き落とし口座を給与口座に統一しておけば、支払い日のことで神経質になる必要がなくなるためおすすめです。

ただし、基本的にクレジットカードの支払い日は、把握しておくことが当たり前ですので、引き落とし口座を給与口座にしたからといって、支払い日を確認しないことがないようにしてください。

クレジットカードの引き落とし口座にお金を振替える必要がない

クレジットカードの引き落とし口座と給与口座を一緒する場合は、クレジットカードの支払いのたびに窓口やATM、ネットバンキングなどでお金を振替える必要がないというメリットもあります。

お金を振替える場合は、少なからず手間と時間がかかってしまいますし、窓口やATMで振替えをおこなうときは時間も気にしなくてはいけません。

また、口座からお金を出し入れする場合は、お金の管理も大変になりますが、クレジットカードの引き落とし口座と給料口座を一緒にしておけば、ひとつの口座で完結するためお金の管理も楽になります。

クレジットカードに登録できる口座を金融機関の種類別に解説

クレジットカードの引き落とし口座は、給与口座と一緒にしておくほうがよいですが、自分の給与口座を引き落とし口座として登録できるのか不安な人もいると思います。

ということで、ここでは金融機関について、種類別にクレジットカードへの登録状況を解説します。

1.メガバンク

メガバンクとは、三井住友銀行三菱UFJ銀行みずほ銀行の3行のことを指します。メガバンクを引き落とし口座にするメリットは、下記のとおりです。

メリット
  • ほとんどのクレジットカードで登録できる
  • 全国に支店や提携ATMがあり、使いやすい
  • 財政基盤がしっかりとしているため、破たんの心配が少ない

最大のメリットは、メガバンクの口座ならほとんどのクレジットカードで登録できることです。いざクレジットカードを申込もうと思っても、登録できない金融機関であれば、元も子もありません。

また、メガバンクは全国規模で支店やATMを展開しています。転勤が多い人でも、転勤先で手続きなく利用できる利便性は捨てがたいところです。

さらに、メガバンクは規模が大きく、財政基盤が整えられているため、破たんする心配も少ないです。海外の主要都市に支店を構えており、海外旅行時に利用できることもメリットです。

2.ゆうちょ銀行やそのほかの大手銀行

ゆうちょ銀行やりそな銀行、埼玉りそな銀行は、基本的にほとんどのクレジットカードで引き落とし口座に登録可能です。

とくにゆうちょ銀行は、全国約24,000店舗(2019年3月現在)という圧倒的な店舗数を持っているため、どんな地域でも手軽に利用できることが魅力的です。ATM手数料が無料なところもメリットですよね。

また、新生銀行あおぞら銀行の口座は登録できないクレジットカードが存在します。イオンカードやアメックスは登録可能ですが、クレジットカードによっては登録できないこともあるため、注意してください。

3.ネット銀行

「銀行」といえば預金通帳があることが普通でしたが、近年、預金通帳を発行しないネット銀行も利用者数を増やしています。どのようなネット銀行があるか、いくつかピックアップしてみましょう。

主なネット銀行

  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ソニー銀行
  • イオン銀行
  • じぶん銀行
  • セブン銀行

ざっくりとあげただけでも、上記のようなネット銀行があります。各クレジットカード会社では、ネット銀行利用者の増加にともない、引き落とし口座にネット銀行を選択できるように対応しています。

たとえば、楽天カードでは上記のすべてのネット銀行が登録可能です。オリコカードも同様に上記すべてに対応しています。このように、大手クレジットカードではネット銀行も問題なく登録できる状況です。

ただし、ネット銀行への対応があまり進んでいないカード会社もあるので、すべてのクレジットカードが引き落とし口座としてネット銀行の口座を登録できるわけではないことを覚えておきましょう。

4.地方銀行

地方銀行は、クレジットカードにより登録状況がかなり分かれる金融機関です。

たとえば、オリコカードセゾンカードといった、クレジットカードとしての歴史の長いクレジットカードは、ほぼすべての地方銀行を引き落とし口座として利用できます。

また、銀行系クレジットカードの代表的な三井住友カードであれば、全国約90行もの地方銀行を、インターネットから登録することが可能です。

このように、大手クレジットカードでは多くの地方銀行を登録することができます。

一方で、クレジットカードによっては、登録できる地方銀行が少ないカードもあります。とくに、新しくできたクレジットカードや、地方発のクレジットカードにその傾向が強くみられるため、申込むときには注意しましょう。

5.信用金庫、信用組合、JAバンク、ろうきん

信用金庫や信用組合、JAバンク、ろうきんとなると、クレジットカードに登録できないと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、上記の金融機関でも、登録できるクレジットカードは意外と多く存在します。

たとえば、イオンカードです。全国で小売業を展開するイオングループのクレジットカードらしく、全国のJAバンク、ろうきんを登録でき、信用金庫や信用組合もかなりの機関と提携しています。

また、アメックスオリコカードなどでは、一部を除いた多くの信用金庫や信用組合、JAバンク、ろうきんからの引き落としが可能です。

このように、大手クレジットカードでは、マイナーととらえられがちな信用金庫なども登録可能です。信用金庫などを引き落とし口座として利用したいときは、大手のクレジットカードを選択するとよいでしょう。

クレジットカードの口座に関する疑問をQ&Aで解決!

ここからは、クレジットカードの引き落とし口座についてのよくある疑問を、Q&A方式で解説します。

Q1:給与口座にしている銀行が登録できないときはどうしたらいい?

給与口座を引き落とし口座として登録できない場合は、既に持っているほかの金融機関を登録するか、クレジットカード会社のグループ金融機関の口座を新しく開設しましょう。

カード会社によっては、グループ金融機関の口座を利用すると手数料金利に特典が付くケースがあるので、可能であれば新しく口座を開設することをおすすめします。

たとえば、楽天カードの場合は、楽天銀行の口座を引き落とし口座に設定すると、口座の金利が優遇されます。また、カードを利用して楽天市場で買い物をするときには、獲得できるポイントが「+1倍」されます。

そのほかのカードでも多彩な特典が用意されていますので、口座と連結した特典などを確認して、新しい口座の開設を検討してみてください。

Q2:登録した口座はあとで変更できる?

クレジットカードに登録した口座は、あとから変更可能です。

クレジットカードの口座を変更する場合、各カードの会員専用サイトから変更する方法と、郵送で変更する方法があります。

注意したいポイントは、インターネットから登録できるかどうかが、金融機関により異なることです。ネット対応可能な金融機関であれば、会員専用サイトからすぐに変更が可能です。

一方、ネット対応不可の金融機関であれば、振替依頼書を郵送することとなります。変更が完了するまで数週間かかってしまうため、注意してください。

Q3:1つのクレジットカードに複数の引き落とし口座を登録できる?

1つのクレジットカードに複数の引き落とし口座を登録することは、基本的にできません。

複数の金融機関を登録しておけば、ひとつが残高不足でも、もうひとつの口座から引き落としできるため、便利だと思う人もいるかもしれません。

しかし、引き落としのシステムの問題や、管理上の問題があります。そのため、複数の金融機関を登録できないクレジットカードがほとんどです。

Q4:クレジットカードの名義と口座の名義は一緒じゃないといけない?

クレジットカードの名義人と、引き落とし口座の名義人は、基本的に同じである必要があります。

専業主婦や学生の人で、自分に収入がない場合、夫や両親の口座から引き落としてもらえると便利ですよね。しかし、ほとんどのクレジットカードでは、異なる名義を登録することはできません。

ただし、一部、異なる名義を登録できるクレジットカードがあります。

異なる名義を登録できるクレジットカード

  • セゾンカード:同性の配偶者、同性の親子に限る
  • セディナカード:同性同居の家族で、同意が得られる場合に限る

上記のように、セゾンカードセディナカードでは、条件付きながら、異なる名義を登録することができます。どうしても名義の異なる口座を利用したいときには、これらのカードを検討してみましょう。

クレジットカードの口座についてのまとめ

クレジットカードを申込むときには、カード利用分を支払うための口座を登録する必要があります。本記事では、クレジットカードに登録する引き落とし口座について解説してきました。

選択の基準となるポイントは、多くのクレジットカードへ登録できるのか、自分にとって使いやすい口座かどうか、という点です。

その点、メガバンクはほとんどのクレジットカードに登録できます。また、給与口座などを登録しておくと、管理が楽になります。

利便性の高い金融機関を選択して、ストレスのないカードライフを送ってください。

本記事のまとめ
  • 引き落とし口座は給与口座と一緒にするようがよい
  • メガバンクの口座はほとんどのクレジットカードで登録できる
  • ゆうちょ銀行やネット銀行も、大手クレジットカードを中心に対応している

食品や雑貨商品などを扱うライター・編集を経て、マネ会を担当。クレジットカードのポイント還元や特典だけでなく、各カード会社の戦略やマーケティングにも興味あり。普段使っているクレジットカードはJALカードで、実家への帰省の際には、貯めたマイルを特典航空券に交換している。ヤフオクやヤフーショッピングで買い物をする際には、ヤフーカードも使用。体を動かすことが好きで、定期的にジムで筋トレ。機会あれば、山へハイキングに出かけ、帰りの温泉を楽しむ。

山本(信)の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事