更新日:

空港無料宅配サービス付きクレジットカードおすすめ7選!3つの注意点も解説!

空港無料宅配サービス付きクレジットカードおすすめ7選!3つの注意点も解説!

海外旅行をする際に非常に便利なクレジットカードの空港宅配サービスをご存知でしょうか?

荷物が多くなりやすい海外旅行では持ち運びが大変なので、少しでも楽をしたい人が多いかと思います。

クレジットカードの空港宅配サービスは旅行における荷物の持ち運びの負担を軽減し、さらに無料で利用することができます。

今回の記事では空港宅配サービスが無料で受けられるクレジットカードをご紹介します。

また、空港宅配サービスを利用するうえで知っておきたい3つの注意点についても解説していきます。

空港宅配サービスが付くおすすめの7つのクレジットカード

空港宅配サービスとは、飛行機を使って旅行をしたときに、行きは家から空港に帰りは空港から家に荷物を配達してくれるサービスのことです

旅行時に便利なサービスである空港宅配が付帯したおすすめのクレジットカードを7つ紹介していきます。

また、ここで紹介するカードは空港宅配サービスが無料でつくものになります。

しかし、カードによって空港宅配サービスが無料になる条件が異なります。

それぞれのカードを詳しく紹介する前に、空港宅配サービスが無料になる条件を比較しました。

クレジットカードの種類 サイズ・重量 回数制限
アメックスグリーン スーツケースまたはゴルフバックを1つ 無制限
アメックスゴールド スーツケースまたはゴルフバックを1つ 無制限
楽天プレミアム 160cmかつ30kg以内の荷物1つ 年間2回
セゾンブルーアメックス スーツケースまたはゴルフバックを1つ 無制限
ダイナースクラブ 160cmかつ30kg以内の荷物1つ 無制限
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
スーツケース1つ 無制限
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
スーツケースまたはゴルフバックを1つ 無制限

空港宅配1回の利用で無料になる荷物の数は1つですが、楽天プレミアム以外は飛行機に搭乗するたびに1回無料になるので年間で無制限に利用できます。

それでは、空港宅配が付帯する7つのカードを詳しく解説していきます。

①アメックスグリーン

アメリカン・エキスプレス®・カード
アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • アメリカン・エキスプレスならではのご優待
  • 日々のお支払いや特別なお買い物で、ポイントがムダなく貯まる
  • 無料で使える空港ラウンジや、海外旅行先での24時間日本語サポート
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
13,200円(税込) 13,200円(税込) 0.333%~0.4%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

アメックスグリーンは年会費が13,200円(税込)かかりますが、それに見合ったサービスや優待を提供してくれるクレジットカードです。

空港宅配サービス以外にも空港ラウンジが使用できたり、国内200以上のレストランの優待特典や、旅行の際にも安心の国内・海外の旅行保険が充実しています。

年会費13,200円(税込)はそれでも高いと思うかもしれませんが、空港宅配サービスの利用が1回5,000円なので3回利用すれば元が取れる計算になります。

その上に、5,000万円まで保証してくれる旅行傷害保険や様々なサービスへの優待がついていることを考えると、年に2回以上海外旅行に行く人であれば非常にお得といえるでしょう。

(50代 / 女性 / 会社員 / 年収:200〜400万円未満)

旅行にいくときはラウンジが使えたり、荷物を家に送れたりで、とても便利です。アメリカンエキスプレスカード持ってる人だけのイベントなどもあって良かったです。

②アメックスゴールド

アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ゴールド・カードならではの多彩なサービス
  • 家族カードの年会費が1枚無料
  • 無料で使える空港ラウンジや、海外旅行先での24時間日本語サポート
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
31,900円(税込) 31,900円(税込) 0.333%~0.4%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

アメックスゴールドは年会費31,900円(税込)と非常に高いですが、万全のサポートと優待が充実した非常にブランド力が高いクレジットカードです。

ゴールドカードはステータス性が高いので、このカードを持つだけで信頼を得やすくなります。

もちろん、ステータスやブランドだけのカードではなく、最高1億円を保証する旅行傷害保険に、アメックスゴールド会員だけの特別な優待サービスが用意されています。

空港宅配サービスに、国内外問わず700以上の空港ラウンジの利用が可能になるため、海外旅行をするならこの1枚を持っておけば安心です。

(20代 / 女性 / 会社員 / 年収:600〜800万円未満)

海外旅行に年に二回以上行く方で、その度に海外旅行保険に加入しているのであれば、断然アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを発行した方がお得です。まず、海外旅行保険の費用を節約することができますし、荷物の配送サービスや空港ラウンジの利用など海外旅行でぜひ利用したり、ありとあらゆるサービスを大変お得に利用することができます。

③楽天プレミアム

楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 誕生日月は最大3倍のポイント還元!!ポイントがとにかく貯まる!
  • 国内・海外旅行保険は最大5000万円!
  • VIP空港ラウンジプライオリティパスへの無料登録可能
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
11,000円(税込) 11,000円(税込) 1%~5%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

海外旅行でお得に楽天スーパーポイントを貯めていきたい人には楽天プレミアムがおすすめです。

楽天プレミアムは通常の年会費無料の楽天カードと異なり、11,000円(税込)の年会費がかかります。

しかし、VIPの空港ラウンジが利用できるようになるプライオリティパスへの無料登録が可能になり、国内・海外旅行保険もつくので、通常のカードよりも安心して旅行に行けるようになります。

空港宅配サービスに関しては年2回と利用回数に制限がありますが、年内に3回以上海外旅行をしないのであれば問題はないでしょう。

(20代 / 女性 / 会社員 / 年収:400〜600万円未満)

他のサービス₍楽天でんわや銀行など₎や会員ランクと合わせると楽天プレミアムカードはもっともポイント付与が高いカードです。海外へよく旅行される方は空港ラウンジはもちろん海外保険もサービスでついています。

④セゾンブルーアメックス

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 最高3,000万円の旅行傷害保険!
  • 手荷物無料宅配等の海外でのサポートも充実!
  • 有効期限のない永久不滅ポイントに対応!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 3,300円(税込) 0.7%
電子マネー
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

セゾンブルーアメックスは年会費3,300円(税込)で海外旅行において必要なサービスを受けられるクレジットカードです。

最高3,000万円までの旅行傷害保険が付帯し、空港宅配サービスは無制限で利用することができます。

空港宅配サービスの利用するために5,000円かかることを考えると、海外旅行保険が付帯したうえで、無料で宅配サービスが利用できるのは非常にお得であるといえるでしょう。

またカードを利用することで、期限を気にする必要がないセゾンの永久不滅ポイントが貯まっていくのも魅力の一つです。

(50代 / 女性 / その他 / 年収:200〜400万円未満)

海外旅行の帰国時に、手荷物無料宅配サービスを利用し、スーツケース1個を無料で宅配してもらっている。普通に宅配すると、一個2000円位かかるので、年2回利用すれば、これだけで年会費の元ををとれる。また、傷害保険も普通に掛けるより少額ですみ、節約できている。 加えて、ポイントの還元率もよく、セゾン永久不滅ポイントである為、期限を気にすることなくいつでも使えるという気楽さがある。 総合的にとてもお得感を感じるカードである。

⑤ダイナースクラブ

ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ
おすすめポイント
  • 会員様を信頼しての利用限度額に一律の制限なし!
  • 国内外1,000ヵ所以上の空港ラウンジが無料!
  • 最高1億円の旅行保険が付いているから安心!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
24,200円(税込) 24,200円(税込) 0.5 〜 1%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

ダイナースクラブカードは、年会費は22,000円(税抜)ですが、利用限度額に一切の制限がないことが特徴のクレジットカードです。

会員を信頼しているからこそできることであり、世界中の富裕層からの信頼が厚いカードとなっています。

ダイナースクラブカードは、国内外1,000箇所以上の空港ラウンジを無料で利用できます。

そのうえで、最高1億円の旅行保険と無制限に使用できる空港宅配サービスが付帯しています。

他にもレストランや料亭で利用できる「食」に関する優待やサービスも充実しており、総合的に見て評価が高いクレジットカードといえます。

(30代 / 女性 / 公務員 / 年収:600〜800万円未満)

飛行機に乗る際にマイルを貯めるために利用します。空港のラウンジでお得感を得るために、またプチ贅沢を味わうために活用しています。空港ラウンジはソフトドリンク類もあり、ソファがゆったり座れて待ち時間も気分良く過ごせます。海外から帰国した時に空港から自宅まで荷物を無料で配送してくれるサービスも最近知りました。まだ使ったことはないですが、次回使う際は利用したいです。

⑥MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • プライオリティパス、24時間365日専任のスタッフ対応、MUFGカードのステータスカードの最高峰!
  • 初年度1.5倍、海外2倍のポイントプログラム!
  • プライオリティパスでより充実した空港ラウンジを体験
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
20,000円(税抜) 20,000円(税抜) 0.5 〜 1%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
nanaco
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費20,000円(税抜)のプラチナカードで、プラチナカードの中でもコスパが良いのが特徴です。

空港ラウンジが利用できるプライオリティパスに、海外旅行保険が最大1億円、国内旅行保険が最大5,000万円の保証に加えて、国内での渡航便遅延保険がついており最大2万円の保証を受けることができます。

また、空港宅配サービスを無料で利用できるのはスーツケース1つ分となっています。

もし2つ以上利用するのであれば別途お金を支払う必要がありますが、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードでは、2つ以上の宅配のとき割引優待を受けることが可能です。

プラチナカードで空港宅配サービスを利用するならおすすめの1枚です。

(50代 / 女性 / 主婦 / 年収:200万円未満)

空港ラウンジ利用だけでは元は取れませんが、スーツケースを空港で受け取るために空港宅配を無料で利用できることと合わせれば、旅行好きにはメリットの多いカードです。搭乗した航空便の遅延で発生したホテル代や食事代相当の補償も受けられる点も覚えておいて損はないと思います。

⑦ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス®・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ご入会でもれなく1,000マイル、毎年のカードご継続毎に1,000マイルをプレゼント
  • ANA航空券や旅行商品など、ANAグループでのカードご利用はポイント1.5倍
  • 1,000ポイント単位でANAのマイルへ移行可能
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
7,700円(税込) 7,700円(税込) 0.33%~0.6%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

ANAアメリカン・エキスプレス®・カードは、年会費7,700円(税込)で飛行機を利用する人に嬉しいANAマイルをお得に貯められるクレジットカードになります。

カードの入会で1,000マイル、ANAカードマイルプラスを利用するだけでANAマイルが1.5倍貯まるので、ANAマイルを効率よく貯めることができます。

その上に最大3,000万円の海外旅行傷害保険と、空港宅配サービスがつくので、ANAマイルも含めて海外旅行をお得に満喫したい人におすすめです。

(30代 / 女性 / 会社員 / 年収:400〜600万円未満)

メインカードと決めた一枚以外は極力使わず、一極集中で何もかも一枚のカードを使うようにして、ANAのマイルを貯めることが陸マイラーとしての活用法の基本である。あとは当然ANAやスターアライアンス系の航空会社を使って旅行することが多いので、空港ラウンジサービスを満喫すること。特に羽田空港のANAラウンジはよかった。また、おまけ程度ではあるが、海外旅行保険もつけていた。それから、なにげに使える!と思ったのが、空港での無料の手荷物宅配サービス。スーツケースひとつではおさまらなかったときに何度か利用した。有料なら躊躇するが年会費に含まれていると思うと使わない手はない。

クレジットカードの空港宅配サービスがおすすめな人

空港宅配サービスは、下記のような人におすすめのサービスとなっています。

空港宅配サービスがおすすめな人

  • 空港まで歩く距離が長い
  • 交通機関の乗り換えが多い
  • 子供と一緒に旅行している

空港までの道のりが長い中で大きな荷物を持ち運ぶとなると旅行をする前に疲れてしまうでしょう。

また、子供と一緒に旅行をする場合は荷物はより多くなりますし、大きな荷物を抱えて移動すると子供に注意が向きにくくなってしまいます。

このような問題を解決してくれるのがクレジットカードで無料で利用できる空港宅配サービスということになります。

空港宅配サービスを通常料金で利用するのであれば、荷物のサイズにもよりますが、往復で5,000円ほどのお金がかかってしまいます。

5,000円払うのであれば空港宅配サービスを受けなくてもいいと考える人も多いでしょう。

しかし、このサービスが無料で利用できるのであれば、非常に便利なので利用したいと考えるのではないかと思います。

ここからは空港宅配サービスを利用する手順について解説していきます。

空港宅配サービスを利用する際の手順

次に、実際に空港宅配サービスを利用する手順について解説していきます。

利用手順

  1. 予め申込みをしておく
  2. 配達員に荷物を預ける
  3. 空港で荷物を受け取る
  4. 空港に荷物を預ける
  5. 配達員から荷物を受け取る

空港宅配サービスを利用するためには事前の申込みが必要です。

申込みはメール、Webサイト、電話から予約可能となっています。

その後、自宅に配達員が伺うので荷物を預け、空港で荷物を受け取ります。

帰りは、空港に荷物を預け、自宅で荷物を受け取るのが空港宅配サービスの利用の流れになります。

利用の流れは非常に分かりやすいので、簡単に利用することができそうですね。

ただし、空港宅配サービスを利用するうえで注意点もありますので、利用上の注意点について解説していきたいと思います。

空港宅配サービスを利用する際の3つの注意点

空港宅配サービスを利用する際の注意点は3つあります。

3つの注意点
  • 利用できる空港が決まっている
  • 空港宅配できる荷物に制限がある
  • 荷物の空港宅配には予約が必要

①利用できる空港が決まっている

空港宅配サービスはすべての空港で利用することができるわけではありません。

サービスが利用できる空港とできない空港があります。

国内で空港宅配サービスが受けられる空港と利用可能時間について下記にまとめました。

空港 利用可能時間
羽田空港 ‎5:00-24:00
成田国際空港 ‎6:00-24:00
関西国際空港 24時間
中部国際空港 4:40-21:30

国内では上記の空港以外で宅配サービスを受けることはできないので気をつけましょう。

②空港宅配できる荷物に制限がある

空港宅配サービスで宅配する荷物にはサイズ・重量などに制限があります。

具体的にサイズであれば、荷物の縦幅と横幅と高さの合計が160cm以内であること、重量は30kgまでが対象となっています。

この条件に合わない荷物は宅配できないので気をつけましょう。

ただし、ゴルフバッグやスキーセットなどの一部の荷物に関しては重量制限のみとなるケースもあるようです

また、160cm以内であるか、140cm以内であるかによって料金が異なります。

次に、空港宅配サービスの料金一覧表を見ていきましょう。

空港宅配サービスの料金一覧表

JALエービーシーの空港宅配サービスを利用した際の4つの空港の往復分の料金を下記の表にまとめました。

地域 北海道 北東北 南東北 関東甲信越 東海北陸 関西 中国 四国 九州 沖縄
羽田空港(140サイズ)
5,630 4,950 4,730 4,730 4,730 4,950 5,180 5,180 5,630 8,340
羽田空港(160サイズ) 5,920 5,270 5,040 5,040 5,040 5,270 5,480 5,480 5,920 9,220
成田国際空港(140サイズ) 5,630 4,950 4,730 4,730 4,730 4,950 5,180 5,180 5,630 8,340
成田国際空港(160サイズ) 5,920 5,270 5,040 5,040 5,040 5,270 5,480 5,480 5,920 9,220
関西国際空港(140サイズ) 6,530 5,630 5,400 5,170 4,960 4,960 4,960 4,960 5,170 8,560
関西国際空港(160サイズ) 6,810 5,930 5,710 5,490 5,260 5,260 5,260 5,260 5,490 9,440
中部国際空港(140サイズ) 6,080 5,400 5,170 4,960 4,960 4,960 5,170 5,170 5,400 8,560
中部国際空港(160サイズ) 6,360 5,710 5,490 5,260 5,260 5,260 5,490 5,490 5,710 9,440
(単位:円/個 税込)

このように空港の種類だけではなく、地域や荷物のサイズによって料金が異なります。

③荷物の空港宅配には予約が必要

荷物の空港宅配には事前の予約が必要です。

旅行の当日に空港宅配サービスを利用したいと考えても間に合わないので、必ず事前に申込みを済ませるようにしましょう。

ただし、空港宅配サービスの申込みの期限はカード会社によって異なります。

そのためできる限り余裕をもって申込みをしておくほうがよいかと思います。

遅くとも1週間前までには予約を完了させておきましょう。

クレジットカードの空港宅配サービスまとめ

クレジットカードの空港宅配サービスについて理解していただけたでしょうか?

空港宅配サービスは重い荷物を運ぶことに自信がなく、子供と一緒に旅行をするのに大きな荷物を持つのが大変な女性の方におすすめのサービスです。

また、海外旅行に対する保証が厚い年会費のかかるカードに付帯していることが多いのも特徴になります。

しかし、高い年会費がかかるとしても空港宅配サービスを無料で利用できることを考えると、空港宅配サービスだけで元を取ることも可能なので総合的にお得なカードが多いです。

海外旅行がしたいと考えている人は、ぜひクレジットカードに付帯した空港宅配サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

2016年から活動を開始したフリーライター。マネ会では「クレジットカード」「キャッシュレス」を担当。株式投資、投資信託、不動産投資、住宅ローン、カードローンなどの金融全般の記事を幅広く執筆している。ガジェット、ゲームの紹介記事の執筆経験もあり。常日頃からクレジットカードとキャッシュレスの利用を勧めている。趣味はテレビゲームとアクアリウムと投資、最近は楽天スーパーポイントを使った元手0の投資信託への投資を実践中。

7%の甘味料の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事