更新日: / 公開日:

ステータスクレカの最高峰Amex!その真価を発揮するのはどんなとき?

ステータスクレカの最高峰Amex!その真価を発揮するのはどんなとき?

世界的に見てもステータス最高峰といわれるアメックス(American Express)のクレジットカード。
アメリカの高級ホテルなどでは身分証明書の代わりとしても通用するほど信頼されているカードです。
ステータスの高さはピカイチですが、実際どのようなときに使うと便利なカードなのでしょうか。

・持っていると自慢できるカードのひとつではあるけれど、審査はどれくらい大変なのか?
・カードのメリットを享受できるのはどんなときなのか?

そんなアメックスの気になる情報をまとめてみました。

アメックスって、ざっくり言うとどんなカード?

アメリカ合衆国に本社があるAmerican Express(アメリカンエクスプレス)社が発行しているクレジットカードです。
全世界での信頼度やステイタスが高いカードで、アメリカの高級ホテルなどでは身分証明書代わりにも使えるほどです。

年会費は1万円から3万円代程度必要になります。

しかし付帯しているサービスが多彩で便利なため、優待を受ける機会が多い生活をしている人にとっては、メリットが大変多くあるクレジットカードです。

カードのラインナップはシンプルで、基本的にはグリーンとゴールドの2種類。
グリーンの方が年会費が安いですが、それでも受けられる特典は多くあります。

ちなみに、アメックス社が公表していないプラチナとブラック(アメックスセンチュリオンとも呼ばれます)のカードを保有するには、アメックス社からのインビテーション(招待)が必要です。

アメックス社が「この人なら発行しても大丈夫でしょう」と認めた人に招待状を送って初めて手にすることができるというシステムなので、カードを持っている人はまさに「選ばれし人」というわけですね。

意外にも審査はそれほど難しくない

「そんなにステータスが高いクレジットカードなら、さぞかし審査は厳しいのだろう」と思われるかもしれませんが、意外と審査基準は甘めです。
グリーンカードであれば年収200万円程度あって安定した収入と、支払い事故などがなければ容易に審査をパスできるとの情報もあります。

またゴールドであっても30代以上、年収300万円、正社員という条件でも審査に通る可能性が高いとのこと。
一昔前は年収800万以上、持ち家などのお金持ちでなければ持てないイメージだったゴールドも、プラチナやブラックなどのカードの出現で相対的に審査基準が下がっているようです。

海外旅行や海外出張によく行く人にはメリットが多い

アメックスのクレジットカードは、トラベル関連の優待が大変充実しているカードです。
海外での観光案内に加え、病気や怪我の補償や病院の手配、代金の立替、弁護士費用の立替、日本語での通訳など海外でのトラブルにも高いレベルで対応してくれます。
また、空港ラウンジの利用料金が無料になったり、手荷物の配送サービスがあったりとさまざまな優待が提供されています。

次に代表的なサービスを紹介していきます。
国内国外30ヶ所以上の空港ラウンジの利用料金が無料。
また同伴者1名分の利用料も無料
自宅から空港までスーツケースなど手荷物1つを無料で宅配してくれる
自宅から成田や羽田など対象の空港までの間を無料送迎してくれる(片道を1回として年4回まで)
海外から日本語で観光案内、トラブル対応などをしてくれるサービス(グローバル・ホットラインなど)
提携先のレストランで1名分のコース料金が無料に
ANAやクリスフライヤーなど提携先航空会社のマイルがたまりやすい
海外障害保険が自動付帯最高5000万円、利用付帯で1億円海外渡航をたくさんする人、高級レストランで食事を頻繁にする人にはメリットが多いカードとなっています。
ポイントの還元率が低く、さらにポイントの交換先も高級百貨店や高級家電などが多く、富裕層に向けたサービスが多いです。

ポイントを多く貯めて生活費を節約するタイプのクレジットカードではないことは確か。
旅行費用や遊興費用を多く出費できるような人が持つとお得なカードといえます。

カードの利用枠はなく、あるのは「目安額」

アメックスカードに利用限度枠は設定されていません。
しかし「目安額」というのはあり、これぐらいまでなら使えますという設定はあります。

ただし一括での支払いが基本のカードで、目安額を大きく超えるような支払いをしたい場合は事前にデスクに高額な金額で引き落としをする承諾を得られれば、支払い可能になることも。

その場合は事前に口座に入金をしておくことを求められることもあります。このような手続きをせずに高額な買い物をすると、突然カードが止められてしまうことがあるようなので注意が必要です。
高額な買い物をする場合には確認を取ると安心ですよ。

またホームページがわかりにくいことから、電話で問い合わせをする機会が多いカードです。
電話での問い合わせをしたい場合、土日祝日は対応してくれないので、平日昼間に電話できるような人の方がトラブルなどがあったときに対応しやすいかもしれません。

高額な遊興費や渡航費を使わない人はメリットがうすい

このカードを所持することでメリットをたくさん享受できる人は、年に何回も飛行機に乗って海外に出かけ、頻繁に高級レストランで食事をするような人達です。
そうでない場合はステータスシンボルとしてちょっと自慢できる程度のカードなので、実際あまりお得になることはないと考えた方がいいでしょう。

「生活費をなるべく節約したい」「ポイントを多く取得したい」といった場合にはまったく威力を発揮しないカードなので、そのようなカードが欲しい人にはおすすめできません。
「海外も行かないし、レストランでも食事しないけど、ステータスのあるカードが欲しい」という人には、年会費を払ってでも取得する意義はあるかもしれません。

しかし、利用しないカードに年数万円の高額な会費を払ってまで保持するメリットがあるかどうかは、その人次第でしょう。

ヨーロッパや中近東では利用できる店舗が限られる

アメックスやダイナースといった富裕層向けでステータスがあるクレジットカードは、アメリカ国内においては大変使い勝手の良いカードです。
一方ヨーロッパや中近東の飲食店などでは、カード決済できる店舗がそれほど多くないようです。
ヨーロッパや中近東で活躍する国際ブランドはVisa、Mastercardで、これら2枚を持っていけばだいたいのお店で決済が可能とのこと。

アメリカ系列の高級ホテルなどではデポジット代わりに使用するカードとしてアメックスのカードが威力を発揮しますが、場所によってはVisaやMastercardといった一般的な国際ブランドの方が使いやすいようです。

まとめ

アメックスカードはグリーンとゴールドの2種類
年会費が高いかわりに、豊富なサービスが受けられる
空港サービスやマイル還元率の高さなど、海外によく行く人にメリットが大きい
海外旅行や高級レストランでの食事など、遊興費を多く出費する人に向けたサービスが多い
海外で観光案内やトラブル対応を日本語で対応してくれる
カードの限度額はなく、目安額があり事前に確認して承諾を得れば高額決済も可能
ポイントをためたり、生活費節約目的には向かないカード
アメリカでは使いやすいが、ヨーロッパなどではまだ使えない場所も多い。

アメックスを徹底解説!気になるゴールド、プラチナの特典から審査基準まで紹介!
アメリカン・エキスプレス(以下アメックス)は、世界で初めてプラチナ・カードやセンチュリオン・カード(ブラックカード)のプレミアムカードを誕生させたクレジットカード会社です。 ステータス性の高さだけではなく、サービス内容や特典が充実しているのが魅力です。特に旅行好きにとっては、トラベル&エンターテイメント面でのサービスや特典が豊富なのも嬉しいでしょう。 アメックスのクレジットカードには、国際ブランドのアメックスが発行している「プロパーカード」とANAなどの他社と提携しているアメックスが発行している「提携カード」と、提携会社が発行している「提携カード」があります。 ここではアメックス発行のカードの特典から審査基準までを紹介していきます!

関連記事

2019年03月14日
2018年12月14日
2019年03月14日
2019年03月13日
2019年01月31日
2019年01月30日
2019年01月31日
2019年01月30日
2019年01月31日
2019年01月30日
2018年12月25日
2019年01月30日
2019年01月30日
2019年02月26日
2018年12月11日
2018年12月28日
2019年01月30日
2018年12月26日
2018年12月11日
2019年01月30日
2019年03月12日
2019年01月29日
2019年01月30日
2019年01月31日
2019年02月26日
2019年02月01日
2018年12月12日
2019年01月31日
2019年01月29日
2018年12月12日