更新日:

アメックスポイントのお得な交換方法から交換できるマイルや商品、ポイント還元率まで解説!

アメックスポイントのお得な交換方法から交換できるマイルや商品、ポイント還元率まで解説!

アメリカン・エキスプレス(以下、アメックス)発行のプロパーカードとアメックス発行の一部の提携カードでアメックスポイントが貯まります。アメックスのポイントプログラムを「メンバーシップリワード」といいます。

アメックスポイントは、メルセデス・ベンツに交換できたり、航空会社のマイルに交換できたりと、ポイントを約500以上のアイテムに交換できます。

ポイントを航空会社15社のマイルに交換できます。どの航空会社のマイルに交換するのがお得なのか?

ポイントを何に交換するのがお得なのかを徹底解説いたします。

総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.1 調査結果:15件
年会費: 12,000円(税抜)
次年度以降: 12,000円(税抜)
ポイント還元率: 0.333%~0.4%
年会費 初年度 : 12,000円(税抜) / 次年度 : 12,000円(税抜)
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
公式サイトを見る
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4 調査結果:16件
年会費: 29,000円(税抜)
次年度以降: 29,000円(税抜)
ポイント還元率: 0.333%~0.4%
年会費 初年度 : 29,000円(税抜) / 次年度 : 29,000円(税抜)
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
公式サイトを見る
年会費: 31,000円(税抜)
次年度以降: 31,000円(税抜)
ポイント還元率: 0.16%~1.0%
年会費 初年度 : 31,000円(税抜) / 次年度 : 31,000円(税抜)
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
公式サイトを見る
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.2 調査結果:6件
年会費: 10,000円(税抜)
次年度以降: 10,000円(税抜)
ポイント還元率: 0.4%
年会費 初年度 : 10,000円(税抜) / 次年度 : 10,000円(税抜)
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
公式サイトを見る

アメックスポイントとは?

アメックスが発行するクレジットカードには、プロパーカードと他会社との提携カードの2種類があります。

アメックスのポイントが貯まるクレジットカードは、プロパーカード7種類と提携カードの6種類で、合計11種類です。

アメックスのポイントプログラムを「メンバーシップリワード」といいます。プログラムには、「貯める」、「マイルや提携ポイントに交換」、「ポイントで支払う」、「アイテムや商品に交換」があります。

さらに、ポイントアップグレードプログラムの「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録すると、ポイントを貯める、使う時にお得になります。

アメックスポイントが貯まるクレジットカード一覧
カード名 年会費(税抜) ポイントプログラム(税抜)
アメリカン・エキスプレス・カード 12,000円 ・メンバーシップ・リワード
・「メンバーシップ・リワード・プラス」(年間参加費:3,000円)
・「メンバーシップ・リワード ANAコース」(年間参加費:5,000円)
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 29,000円 ・メンバーシップ・リワード
・「メンバーシップ・リワード・プラス」(年間参加費:3,000円)
・「メンバーシップ・リワード ANAコース」(年間参加費:5,000円)
プラチナカード 130,000円 ・メンバーシップ・リワード
・「メンバーシップ・リワード・プラス」(年会費無料)
・「メンバーシップ・リワード ANAコース」(年間参加費無料)
センチュリオンカード 350,000円 ・メンバーシップ・リワード(※)
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード 12,000円 ・メンバーシップ・リワード
・「メンバーシップ・リワード・プラス」(年間参加費:3,000円)
・「メンバーシップ・リワード ANAコース」(年間参加費:5,000円)
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード 31,000円 ・メンバーシップ・リワード
・「メンバーシップ・リワード・プラス」(年間参加費:3,000円)
・「メンバーシップ・リワード ANAコース」(年間参加費:5,000円)
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード 非公開 ・メンバーシップ・リワード
・「メンバーシップ・リワード ANAコース」(年間参加費無料)
ザ・ペニンシュラ東京との提携によるアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

29,000円 ・メンバーシップ・リワード
・「メンバーシップ・リワード・プラス」(年間参加費:3,000円)
・「メンバーシップ・リワード ANAコース」(年間参加費:5,000円)
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 10,000円 ・アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのメンバーシップ・リワード
・「メンバーシップ・リワード・プラス」(年会費無料)
・「メンバーシップ・リワード ANAコース」(年間参加費:5,000円)
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード 35,000円 ・アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードのメンバーシップ・リワード
・「メンバーシップ・リワード・プラス」(年会費無料)
・「メンバーシップ・リワード ANAコース」(年間参加費:5,000円)
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 7,000円 ・ANAアメリカン・エキスプレス提携カード のメンバーシップ・リワード
・「ポイント移行コース」(年間参加費:6,000円)
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 31,000円 ・ANAアメリカン・エキスプレス提携カード のメンバーシップ・リワード
・「ポイント移行コース」(年間参加費無料)
ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード 150,000円 ・ANAアメリカン・エキスプレス提携カード のメンバーシップ・リワード
・「ポイント移行コース」(年間参加費無料)
(※)センチュリオンカードの情報は非公開です

アメックスポイントプログラムを解説!

アメックスポイントを貯める、交換するなどのポイントプログラムを「メンバーシップ・リワード」といいます。アメックス発行のプロパーカードはこのポイントプログラムが適用されます。

ザ・ペニンシュラ東京との提携によるアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下ペニンシュラアメックス)も、アメックスのポイントが貯まります。

その他のアメックス発行の提携カードはそれぞれ独自のメンバーシップ・リワードが適用されるため、提携先によってルールが異なりますので確認しましょう。

アメックス独自のポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」を紹介します。

アメックスのポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」

メンバーシップ・リワードの対象カードは、アメリカン・エキスプレス・カード(以下アメックスグリーン)、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下アメックスゴールド)、プラチナ・カード、センチュリオン・カードと、ビジネスカードです。

アメックス発行の提携カードは、ポイントプログラムが提携先独自のメンバーシップ・リワードと、ポイントが直接提携先のポイントプログラムに貯まるカードと2種類あります。

メンバーシップ・リワードには、ポイントを貯める、交換する、支払う、マイルや提携会社のポイントへの移行があります。

ポイントは、旅行、食事などでカード払いをするごとに、100円につき1ポイントが貯まります。電気代などの公共料金をアメックスで支払った場合は、200円で1ポイントになります。

ポイント加算のタイミングは、月間で利用した合計金額に応じた加算ではなく、カードホルダーが加盟店でカード払いをしたデータをアメックスが受取った時点でポイントが加算されますので、ポイントはすぐに使えます。

ポイントの有効期限は、最大3年間です。ただし、ポイントを一度でも交換すると、有効期限が無期限になります。

また、ポイントアップグレードプログラム「メンバーシップ・リワード・プラス」に加入することで、ポイントの有効期限が無期限になるだけでなく、貯める、使うをよりお得にできます。

メンバーシップ・リワード・プラスに加入するとマイル交換レートがアップ!

「メンバーシップ・リワード・プラス」は、年間3,000円(税抜)で加入することで、ポイントがお得に貯まり、ポイントがお得に使えるプログラムです。一部のカードのみが登録できるサービスになります。

プラチナ・カード会員とビジネス・プラチナ・カード会員は、年会費無料で登録できます。

尚、ペニンシュラアメックスは提携カードではありますが、メンバーシップ・リワードにポイントが貯まりますので、メンバーシップ・リワード・プラスに有料で登録可能です。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード(以下アメックストラベラー)、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード(以下アメックストラベラープレミア)は、メンバーシップ・リワード・プラスに年会費無料で登録できます。

上記以外の提携カードは、メンバーシップ・リワード・プラスには登録できませんので注意しましょう。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録することで、さらにポイントを貯めやすくなる「ボーナスポイントプログラム」に登録することもできます。

「ボーナスポイントプログラム」は無料ですが、別途登録が必要です。

ポイントがお得に貯まる

ポイントの有効期限が無期限
「ボーナスポイントプログラム」が適用(要登録/無料)

ポイントがお得に使える

提携航空会社へのマイルに交換するレートがアップ
ポイントを支払いに利用する際の交換レートがアップ

メンバーシップ・リワード・プラスは年会費がかかりますが、加入することをおすすめします。

一度登録すると2年目以降は自動更新になります。

ポイントをマイルへ交換すると還元率が高い?

アメックスのポイント還元率はカードによっても異なります。また、メンバーシップ・リワード・プラスに登録しているかどうかや、ポイントを何と交換するかで、1ポイントの価値が変わります。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録済でANAマイルには、1ポイントを1マイルで交換できますので、ポイント還元率は1%になり、お得だといえます。ポイント還元率は最大1%になります。

ポイントをANAのマイルに交換した場合

メンバーシップ・リワードプラスに未登録:2,000ポイントが1,000マイル
メンバーシップ・リワードプラスに登録済:1,000ポイントが1,000マイル

ポイントをANA以外の航空会社のマイルに交換した場合

メンバーシップ・リワードプラスに未登録:2,000ポイントが1,000マイル
メンバーシップ・リワードプラスに登録済:1,250ポイントが1,000マイル

ポイントを楽天スーパーポイントに交換する場合

メンバーシップ・リワードプラスに未登録:3,000ポイントから1,000楽天スーパーポイン
メンバーシップ・リワードプラスに登録済:3,000ポイントから1,500楽天スーパーポイント

楽天スーパーポイントへの交換レートと比較すると、マイルに交換するレートのほうがお得だといえます。飛行機に全く乗らない人には、ANAマイルを提携会社のポイントや高級レストランのクーポン券に交換することをおすすめします。

例えば、ANAマイルを楽天スーパーポイントに交換する場合、10,000マイルで楽天スーパーポイントを10,000ポイントに交換できますので、メンバーシップ・リワード・プラスよりもレートがよくなります。

アメックスポイントを貯める方法

ポイントが沢山貯まるイメージ画像

アメックスのポイントは、ショッピングでのカード払いで貯めるだけでなく、定期的な支払いである、公共料金などの支払いや、さまざまなシーンでの利用で貯めることができます。

例えば、日常でスーパーやコンビニ、ドラッグストア、カフェ、ファミレスなどの支払いでも使えます。

鉄道やタクシー代、ガソリンスタンド、駐車場代、チケット購入や映画鑑賞券、学習塾や通信教育、検定料などでもカード払いができます。

その他、特典のある加盟店「ボーナスポイントパートナーズ」で買い物をすると、店舗によって特典は異なりますが、100円につき1ポイント~最大9ポイントまでボーナスポイントがもらえます。

日常でポイントを貯める

日常生活に欠かせない電気代などの公共料金をカード払いにするだけで、ポイントが貯まりますが、ポイント加算対象外もありますので確認しましょう。

ポイント加算対象外!

・NHK受信料
・電子マネー(楽天Edy,モバイルsuica,SMART ICOCA)
・UNICEF

200円で1ポイント貯まる!(※)

電力会社
北海道電力、東北電力、東京電力エナジーパートナー、中部電力、関西電力、中国電力、九州電力、沖縄電力、北陸電力、四国電力

ガス会社

北海道ガス、京葉ガス、東京ガス、東邦ガス、広島ガス、西部ガス、長野都市ガス、大阪ガス、他

水道局

札幌市水道局、東京都水道局、武蔵野市水道局、横浜市水道局、長崎市上下水道局、大阪市水道局

税金

国税、国民年金保険料

(※)スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードは、200円につき3ポイント


200円で1ポイントが貯まるカードと、200円で3ポイントが貯まるカードがあります。

公共料金をスターウッドプリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードで払うと、200円につき3ポイント貯まりますが、メンバーシップ・リワードではなく、ポイントプログラム「Marriott Bonvoy」に貯まります。

ボーナスポイントプログラムに加入するとJAL航空券購入でポイント3倍!

ボーナスポイントプログラム(年会費無料)に加入すると、対象加盟店でのカード払いで、100円につき3ポイントが付与されます。

対象加盟店 ボーナスポイント対象商品
Yahoo!JAPAN ・ヤフーショッピング
・ヤフオク︕(Yahoo!かんたん決済)
・ヤフー官公庁オークション
iTunes Store/App Store
・iTunes Store
・App Store
・iBooks
・Apple Music
JAL公式ウェブサイト ・JAL国内線・国際線航空券
・JALPAK国内・海外ツアー商品
H.I.S.の公式ウェブサイト
・海外航空券
・事前決済となる海外ホテル
・海外航空&ホテル(セット販売)
・海外パッケージツアー
・海外オプショナル・レンタカー
アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン
・国内航空券(会員専用サイトで販売している航空券)
Amazon ・Amazon.co.jp
・Amazonマーケットプレイス
・Kindle本
・Amazon Business

ボーナスポイントパートナーズ提携店でポイントを貯める

ボーナスポイントパートナーズの提携店で買い物やホテル予約をすると、通常の100円で1ポイントに加えて、ボーナスポイントを1~9ポイントもらえます。通常ポイントとボーナスポイントを合計すると最大10ポイントがもらえます。

期間限定ボーナスポイントなどもあるため、ポイントを一気に貯めることもできます。登録は必要なく、メンバーシップ・リワード内のボーナスポイントパートナーズのサイトで購入できます。

メンバーシップリワードパートナーズでのボーナスポイント4種類

・100円=1ポイント+1ボーナスポイント
・100円=1ポイント+2ボーナスポイント
・100円=1ポイント+4ボーナスポイント
・100円=1ポイント+9ボーナスポイント

本特典の対象外カード:デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード(ゴールドを含む)、スターウッド プリファード ゲストアメリカン・エキスプレス・カード、ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード

Apple Payでポイントが貯まる!

アメックスカードはApple Payに対応していますので、Apple社製のデバイスにカード情報を入れることでカードを利用できます。さらに、アメックスのポイントも貯まります。

Apple Payは、American Expressコンタクトレスのマークがある国内外の店舗と、日本国内の「QUICPay」加盟店で利用できます。

その他、アプリケーション内やウェブ上でも使え、対応店舗での支払いでポイントも貯まります。

モバイルSuicaへのチャージはポイント付与の対象外です。

入会キャンペーンで貯める

現在、アメックスカードに入会し、3ヶ月以内にカードを一定額以上利用するとポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。

アメックスグリーンですと、最大17,500ポイント、ゴールドですと最大30,000ポイント獲得できます。

アメックスグリーンですと、ボーナスとして入会から3か月以内に1万円のカード利用で500ポイント、25万円の利用で2,000ポイント、50万円の利用で10,000ポイントもらえます。また通常ポイントとして50万円の利用で5,000ポイントがもらえ、合計17,500ポイント獲得可能です。

アメックスゴールドですと、ボーナスとして入会から3か月以内に1万円のカード利用で1,000ポイント、25万円の利用で4,000ポイント、50万円の利用で20,000ポイントもらえます。また通常ポイントとして50万円の利用で5,000ポイントがもらえ、合計30,000ポイント獲得可能です。

ぐるなびのネット予約で貯める

ぐるなびの対象店舗にネットで予約して来店すると、ポイントがもらえます。ぐるなびのプレミアム会員になるとポイントが2倍貯まります。プレミアム会員になるには月額300円(税抜)がかかります。

「ぐるなびネット予約」、「ぐるなびスーパーらくらく幹事さん」、「こちら秘書室」のサイトから店舗ページに「ポイントが貯まるOK」ボタンがある店舗を選び予約・来店することで、ポイントが付与されます。

アメックス保有者からの紹介プログラムで貯める

知り合いでアメックス保有者がいたら、その人からの紹介プログラムで入会すると特典がもらえます。どのカードを作成するかで、特典内容も変わりますが、ボーナスポイントや、マイルをもらえます。

紹介者にもポイントや特典がプレゼントされます。

家族カード、追加カードでポイント合算して貯める

家族カードやビジネスカードの社員用カードなどの利用分は、基本カードのメンバーシップ・リワードに集約されます。

1名で複数枚のアメックスカードを保有している場合は、カード裏面の電話番号まで連絡するとポイントを合算できます。

家族カードや追加カードで効率的にポイントを貯められます。

アメックスポイントはマイルに交換するのがお得!

ポイントをよりお得なアイテムと交換したいのであれば、ポイント還元率が高いアイテムである、マイルに交換するのがおすすめです。

アメックスのポイントを交換できる航空会社は15社あります。それぞれのマイレージプログラムに交換することができますが、航空会社によって交換レートが異なりますので、どれに交換してもお得という訳ではありません。

どの航空会社のマイルに交換できる?

ポイントをどの航空会社のマイルに交換できるかを一覧にしました。

航空会社 メンバーシップ・リワード・プラス未登録 メンバーシップ・リワード・プラスに登録済
ANA(※) 2,000ポイントで1,000マイル 1,000ポイントで1,000マイル
ブリティッシュ・エアウェイズ 2,000ポイントで1,000マイル 1,250ポイントで1,000マイル
デルタ航空 2,000ポイントで1,000マイル 1,250ポイントで1,000マイル
チャイナエアライン 2,000ポイントで1,000マイル 1,250ポイントで1,000マイル
ヴァージンアトランティック航空 2,000ポイントで1,000マイル 1,250ポイントで1,000マイル
タイ国際航空 2,000ポイントで1,000マイル 1,250ポイントで1,000マイル
キャセイパシフィック航空 2,000ポイントで1,000マイル 1,250ポイントで1,000マイル
シンガポール航空 2,000ポイントで1,000マイル 1,250ポイントで1,000マイル
スカンジナビア航空 2,000ポイントで1,000マイル 1,250ポイントで1,000マイル
アリタリア‐イタリア航空 2,000ポイントで1,000マイル 1,250ポイントで1,000マイル
フィンランド航空 2,000ポイントで1,000マイル 1,250ポイントで1,000マイル
エティハド航空 2,000ポイントで1,000マイル 1,250ポイントで1,000マイル
エミレーツ航空 2,000ポイントで1,000マイル 1,250ポイントで1,000マイル
カタール航空 2,000ポイントで1,000マイル 1,250ポイントで1,000マイル
エールフランス/KLM航空 2,000ポイントで1,000マイル 1,250ポイントで1,000マイル
(※)メンバーシップ・リワード ANAコースへの登録も必要。年間参加費は5,000円(税抜)


ポイントをマイルに交換できる提携航空会社は15社あります。メンバーシップ・リワード・プラスに加入することで、交換レートは大幅にアップします。

そのほか、ANAマイルに交換希望の場合は別途登録費用が必要になります。ANA以外の航空会社は交換レートは同じです。

また、ANAアメックスを保有した場合は、ANAマイル以外には交換できません。カード作成前に、アメックスのポイントを何と交換したいのかを考えておきましょう。

どのマイルプログラムに交換するのがお得?

ANAマイルの交換レートが一番よいですが、メンバーシップ・リワード・プラスの登録料+メンバーシップ・リワード ANAコースの登録料が必要になります。登録料の合計は8,000円(税抜)です。

カード利用でポイントをマイルに交換しながら、航空会社のフライトに乗ることでマイルを貯めるほうが、海外の航空券、あるいは国内航空券の特典航空券に交換できるマイル数に近づけます。

そう考えると、エールフランスのように直行便は日本からヨーロッパ行きの長距離フライトしかない航空会社よりも、ANAのように国内線や、中距離のフライトなどがある航空会社のほうが、フライトでのマイルも気軽に貯められます。

さらに、ブリティッシュエアウェイズなどは、交換マイルがお得な時期があります。

ANAマイルに交換するのがお得!

ANAマイルに交換するのには、メンバーシップ・リワード・プラスに登録して、メンバーシップ・リワード ANAコースに登録する必要があります。

アメックスが発行してANAと提携しているANAアメリカン・エキスプレス・カードでは、メンバーシップ・リワード ANAコースに登録するのではなく、ポイント移行コースに登録する必要があります。登録費は年間6,000円(税抜)です。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード、プレミアム・カードは、ポイント移行コースの登録費用は無料です。

ANAマイルに交換したい人は、アメックス発行のカードの中では、ANAアメックスを選ぶことをおすすめします。入会キャンペーンでボーナスマイルなどが付与されてマイルが貯まりやすいからです。

ANAだと国内線は片道5,000マイルから特典航空券に交換できますし、グアムや台湾などマイル数が少ない特典航空券にも交換できます。

ANAはフライトでマイルを貯めやすく、また、貯まったマイルの使い勝手もよいといえます。

ANAマイルに交換するには登録が必要です。

アメックスのポイントをANAマイルに交換するには、「メンバーシップ・リワード ANAコース」5,000円(税抜)に申込む必要があります。プラチナ・カードと、ビジネスプラチナ・カードは、登録料無料です。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、「ポイント移行コース」6,000円(税抜)に登録する必要があります。ANAアメックスゴールドとANAアメックスプレミアムは登録料は無料です。

ブリティッシュエアウェイズのマイルに交換するのもおすすめ

ブリティッシュエアウェイズのマイルに交換するのがおすすめの理由は、オフピーク時の必要マイル数がANAよりもマイル数が少なく交換できるからです。

例えば、ANAの場合、成田からロンドンまでの往復特典航空券は、オフピーク時は45,000マイルが必要ですが、ブリティッシュエアウェイズのオフピーク時だと、39,000マイルで特典航空券と交換できます。

ゴールデンウィーク期間や9月の中旬以降もオフピーク時期に設定されています。今年のゴールデンウィークはフライト予約が一杯で特典航空券は無理ですが、9月に夏休みが取れるならお得にロンドンまでの特典航空券に交換するチャンスです。

ブリティッシュエアウェイズのマイルをJALマイルに交換できる!

ブリティッシュエアウェイズに交換したマイルを、JALの国内線特典航空券に交換することができます。しかも、JALマイルで交換するよりも片道100マイルお得になります。

通常は大阪や小松など片道5,000マイルでの交換ですが、ブリティッシュエアウェイズのマイルからの交換で、片道4,900マイルで特典航空券と交換できます。

ブリティッシュエアウェイズのマイルに交換することで、ロンドンまでお得なマイル数で行けるだけでなく、JALの国内線特典航空券にも交換できるとあり、おすすめです。

アメックスポイントのマイル以外の交換先

マイル以外の交換先は、楽天スーパーポイントなどの提携会社のポイントプログラム、支払額からの値引き、メルセデス・ベンツなどのアイテム、プレミアムな体験と多岐に渡っています。

アメックスポイントで支払いから値引きする

貯まったポイントは請求額の支払いから値引きとして使うことができます。それだけではなく、旅行代金の支払い、ショップ店頭、オンラインショッピングなどでも値引きができます。

どの値引きをするかで、ポイントを現金にする交換レートも変更します。

ポイント利用 メンバーシップ・リワード・プラス未登録 メンバーシップ・リワード・プラス登録済
カード利用後の請求額から値引き
1ポイント→0.3円 1ポイント→0.5~1円
旅行代金の支払い金額からの値引き
1ポイント→0.4円 1ポイント→0.8~1円
店頭での支払いから値引き
3,000ポイント→1,000円 2,000ポイント→1,000円
オンライン・ショッピングでの支払いからの値引き
1ポイント→0.3円 1ポイント→0.5~1円

カード利用後の請求額からの値引きの場合、カードで支払ったものに対して、ポイントから現金への交換レートが異なります。

航空会社のエアー代の場合は、1ポイントを1円として利用できますが、ホテル、旅行代理店で利用した場合は、1ポイントが0.8円になります。旅行関連以外だと、1ポイントを0.5円として利用できます。

旅行代金からの値引きも、どこで申込みをしたかで交換レートが異なります。

アメリカン・エキスプレス・トラベル オンラインを利用した旅行代金からの値引きは、1ポイントにつき1円で利用できますが、それ以外は、1ポイント0.8円になります。

このように、どこで何を購入したかで、ポイントの交換レートが細かく異なるため、確認してからポイントで値引きを選ぶことをおすすめします。

尚、上記はメンバーシップ・リワード・プラスの登録済みでの交換レートになります。

アメックスポイントを家電などの商品アイテムに交換する

季節限定アイテムや、体験などのアイテムなど、500以上のアイテムがあります。中でも、家電や百貨店の商品券が人気アイテムになっています。

人気の家電商品、全国百貨店共通商品券、Eクーポンなどがあります。Eクーポンは、Amazonギフト券などと交換できます。

アメックスポイントでメルセデス・ベンツと交換できる?

交換できるアイテムにメルセデス・ベンツがあります。B‐Class、SLC、CLAなど、さまざまなクラスの車種が掲載されています。限定1台のものが多く、限定1台のB‐Class、SLCは交換期間は2019年9月30日までです。

CLA 180 Shooting Brake AMG Styleもアイテムにあり、メーカー希望小売価格は4,280,000円(税込)です。アメックスポイント4,200,000と交換できます。こちらは、2019年10月31日までの期間限定です。

アメックスポイントを楽天スーパーポイントに交換できる!

楽天スーパーポイントやTポイントと交換することができます。楽天スーパーポイントに交換する前に、楽天会員の登録、Tポイントへ交換するなら、Yahoo!JAPAN IDの登録が必要になります。

楽天スーパーポイントとTポイントの交換レートは、メンバーシップ・リワード・プラスに登録済みなら、3,000ポイントを1,500ポイントです。

アメックスポイントをプレミアムな体験に交換できる!

アメックスカード保有者限定のプレミアムなイベントを開催しています。例えば、COTTON CLUBで会員限定で開催するライブイベント、ゴルフの青木功プロとのラウンドプレーなど、ここならではのイベントが年に数回あります。

ポイントを使ってイベントに参加することができます。

アメックスポイントが貯まるプロパーカード5選

アメックスのポイントプログラム、メンバーシップ・リワードにポイントが貯まるカードを紹介します。プロパーカードはビジネスカードを含む7枚でポイントが貯まります。

情報が非公開のセンチュリオンとビジネスプラチナ以外の5枚を紹介します。

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン)

カード券面
年会費(税抜) 12,000円
家族カード(税抜) 6,000円
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード

ポイント付与レート 100円で1ポイント(ポイント加算対象外あり)

ポイント有効期間 最大3年間
備考 Amazon経由でカードを作成すると初年度年会費無料

メンバーシップ・リワードにポイントが貯まります。メンバーシップ・リワード・プラスに3,000円(税抜)で登録すると、ポイントの有効期間が無期限になります。

Amazon経由でカードを作成すると、初年度年会費無料です。既にアメックス発行の別カードを保有している場合は初年度年会費無料は適用されません。

アメリカン・エキスプレス®・カード
アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 国内200以上のレストランの優待特典や多様なエンターテイメントの優待特典あり!
  • 最高5,000万円の旅行傷害保険の保証も充実!
  • 貯めたポイントを一度アイテムと交換するとポイント有効期限が無期限に!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
12,000円(税抜) 12,000円(税抜) 0.333%~0.4%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)

カード券面
年会費(税抜) 29,000円
家族カード(税抜) ・1枚目無料
・2枚目以降12,000円
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
ポイント付与レート 100円で1ポイント(ポイント加算対象外あり)
ポイント有効期間 最大3年間
備考 Amazon経由でカードを作成すると初年度年会費無料

家族カードが1枚無料で作成できます。家族カードとポイント合算することができるので、家族でカード作成するとポイントが貯まりやすくなります。

ポイントは、メンバーシップ・リワードに100円につき1ポイントが貯まります。メンバーシップ・リワード・プラスに3,000円(税抜)で登録することで、ポイントの有効期限が無期限になります。

アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 世界が認めるゴールドカードとしてのブランド力!
  • 最高1億円まで補償される海外旅行保険!
  • 旅行予約サイトでの特典が多数!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
29,000円(税抜) 29,000円(税抜) 0.333%~0.4%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

プラチナ・カード

年会費(税抜) 130,000円
家族カード(税抜) 4枚まで無料
ポイントプログラム ・メンバーシップ・リワード
・メンバーシップ・リワード・プラス登録料無料
ポイント付与レート ・100円で1ポイント
・100円で3ポイント(対象加盟店と海外での利用時)
ポイント有効期間 無期限

メンバーシップ・リワード・プラス3,000円(税抜)に無料で登録できるので、ポイント有効期限は無期限になります。100円で1ポイントの他、海外や対象加盟店でのカード払いで、100円につき3ポイントがもらえます。

インビテーション制のカードではありますが、条件をクリアすればカード作成できる可能性が高いので、作成を希望する人は電話で確認してみましょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(アメックスビジネスゴールド)

カード券面
年会費(税抜) 31,000円
追加カード(税抜) 12,000円
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
ポイント付与レート 100円で1ポイント(ポイント加算対象外あり)
ポイント有効期間 最大3年間
備考 ・Amazon経由でカード作成すると初年度年会費無料
・30,000ボーナスポイント(利用条件あり)

個人事業主や法人格のある法人代表者のみが申込めるのがビジネスカードです。ビジネスカードには、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードとアメックスビジネスゴールド、ビジネスプラチナの3種類があります。

Amazon経由で申込むと、初年度年会費無料です。Amazon経由もしくはアメックス公式サイトからカード作成すると、入会後1年以内に200万円(税込)以上のカード利用で30,000ポイントが付与されます。

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 経営者や個人事業主の方におすすめ!ビジネスの強い味方になってくれるカード!
  • 海外旅行保険最高1億円や豊富な空港サービスで出張などの際も安心!
  • レストランやホテルなど幅広いビジネスシーンで活かせる特典がいっぱい!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
31,000円(税抜) 31,000円(税抜) 0.16%~1.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

アメックスポイントが貯まる提携カード3選

アメックスのポイントプログラム、メンバーシップ・リワードにポイントが貯まるアメックス発行の提携カードを3枚紹介します。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード(アメックストラベラー)

カード券面
年会費(税抜) 10,000円
家族カード(税抜) 5,000円
ポイントプログラム ・アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのメンバーシップ・リワード
・メンバーシップ・リワード・プラス登録料無料
ポイント付与レート 100円→1ポイント→1マイル
ポイント有効期間 無期限
備考 入会時に3,000ボーナスポイント(3,000マイル)プレゼント

アメックストラベラーを作成すると、「アメックストラベラーのメンバーシップ・リワード」にポイントが貯まります。さらに、メンバーシップ・リワード・プラスに無料で登録できます。

Amazon経由から、あるいはアメックス公式サイトからのカード作成で、3,000ポイントがもらえます。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 入会で3,000ポイントプレゼント!
  • 有効期限を気にせずにポイントが貯められる!
  • 空港ラウンジの使用や安心の補償内容で旅をサポート
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
10,000円(税抜) 10,000円(税抜) 0.4%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード(アメックストラベラープレミア)

年会費(税抜) 35,000円
家族カード(税抜) 17,500円
ポイントプログラム ・アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーのメンバーシップ・リワード
・メンバーシップ・リワード・プラス登録料無料
ポイント付与レート 100円→1ポイント→1マイル
ポイント有効期間 無期限
備考 入会時に5,000ボーナスポイント(5,000マイル)

アメックストラベラープレミアは、アメックストラベラーのワンランク上のクレジットカードです。メンバーシップ・リワード・プラスには無料で加入できます。

入会時に5,000ポイントが付与されるだけでなく、対象航空会社27社のフライト代などをカード払いにすることで、ポイントが5倍貯まります。旅行好きにはおすすめのカードです。

ザ・ペニンシュラ東京との提携によるアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

年会費(税抜) 29,000円
家族カード(税抜) ・1枚目無料
・2枚目以降12,000円
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
ポイント付与レート 100円で1ポイント(ポイント加算対象外あり)
ポイント有効期間 最大3年間

ザ・ペニンシュラ東京と提携しているアメックス発行のゴールドカードです。ザ・ペニンシュラ東京内の特典とアメックスゴールドの特典とサービスを受けられるクレジットカードです。

ポイントはメンバーシップ・リワードに貯まります。

入会キャンペーンで、3,500ボーナスポイントが付与されます。さらに、ザ・ペニンシュラ東京内のレストラン「Peter」のペアディナー券(37,000円相当)がもらえます。

ザ・ペニンシュラ東京をよく利用する人で、アメックスゴールドのサービスや特典も欲しい人にはおすすめのカードです。

アメックスのポイント有効期限とアメックスポイントの失効について

アメックスのポイントプログラム、メンバーシップ・リワードに貯めたポイントの有効期限は3年過ぎると失効します。

例えば、2018年4月1日に入会した場合、2018年4月1日~2019年3月31日に獲得したポイントは、2021年3月31日に失効します。会員資格を喪失した場合は、有効期限に関係なくポイントは無効になります。

アメックス発行の提携カードによって有効期限が異なりますので確認しておきましょう。

有効期限のあるポイントを、無期限にする方法がありますので紹介します。

アメックスポイントの有効期限を無期限にする2つの方法

  1. アメックスのポイントを一度でも何かに交換する
    アメックスのポイントの有効期限は最大3年間です。有効期限より前にポイントを一度でも何かと交換することで、ポイント有効期限が無くなります。
  2. 有料プログラムに登録する
    メンバーシップ・リワード・プラスに登録することで、有効期限を無期限にすることができます。登録料は3,000円(税抜)です。

アメックスグリーンとアメックスゴールド、ビジネスグリーンとビジネスゴールド保有の場合は、期限内にポイントを交換するか、メンバーシップ・リワード・プラスに登録するかでポイントの有効期限を無期限にできます。

ANAアメックスは、ポイント移行コースに6,000円(税抜)で登録することで、ポイントは無期限になります。ANAアメックスゴールドとANAアメックスプレミアムは登録料は無料でポイント無期限になります。

尚、プラチナ・カードとビジネスプラチナの場合は、メンバーシップ・リワード・プラスに自動的に登録されるので、ポイントの有効期限は最初から無期限です。

アメックストラベラーとアメックストラベラープレミアも、入会と同時にメンバーシップ・リワード・プラスに無料で登録しているので、ポイントの有効期限は無期限です。

アメックスポイントの確認方法

メンバーシップ・リワードで貯めたアメックスのポイントを確認する方法は3通りあります。

  1. ウェブサイトから確認
    ログインでログイン後ポイント数を確認できます。

  2. アプリで確認
    スマートフォンにアメックスのアプリをApp Store、Google Playからダウンロードすれば、外出先でもポイント数を確認できます。

  3. 明細書で確認する
    郵送で届くカード利用明細書で確認できます。メンバーシップ・リワードのポイント累計数が記載されています。

アメックスのポイントまとめ

アメックスのポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」は、アメックス発行のプロパーカード(ビジネスカード含む)と、アメックス発行の提携カードの一部で適用されています。

さらに、メンバーシップ・リワード・プラスに登録することで、お得にポイントを貯めたり、使うことができます。

カードの種類によっては、カードに入会するだけでメンバーシップ・リワード・プラスに登録されているものもありますので、登録する手間がかからず、登録料も無料です。

アメックスのポイントは、マイルに交換するのが交換レートがもっともよく、人気があります。特にANAのマイルに交換するのがレートがよいのでおすすめです。

アメックスは旅行好きの人にとっては魅力的なクレジットカードです。ポイントを貯めて好きな航空会社のマイルに交換して、旅先を決めて特典航空券にすることで、旅行することが日常へと変わります。

(※)「アメリカン ・エキスプレス®・カード」「プラチナ・カード」「メンバーシップ・リワード」はアメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(日本)の登録商標です

執筆者のプロフィール
yukiko
YUKIKO

マスコミ業界25年。メディアで富裕層向けに携わることが多い。直近では富裕層向け雑誌の編集&執筆。クレジットカード、グルメ、海外旅行関連、たまに美容など執筆。

YUKIKOの記事一覧へ

関連記事