更新日:

ANAアメックスゴールドの7つのメリットや注意点、入会キャンペーンについて徹底解説!

ANAアメックスゴールドの7つのメリットや注意点、入会キャンペーンについて徹底解説!

「ANAアメックスゴールド」は、航空会社ANAと国際ブランドのアメックスが提携・発行している「ANAカード」のひとつです。

そのメリットとしては、まずゴールドカードらしい豊富な特典が挙げられますが、なかでもANAグループに関連する特典がさまざま用意されています。

この記事ではANAアメックスゴールドの概要はもちろん、メリットやデメリットを解説。さらには「ANAアメックス」との比較もまとめました。ANAグループ便を利用しての旅行が多い方は要チェックです。

ANAアメックスゴールドの特徴・概要

ANAアメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
ANAアメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ご入会でもれなく2,000マイル、毎年のカードご継続毎に2,000マイルをプレゼント
  • ANA航空券や旅行商品など、ANAグループでのカードご利用はポイント2倍
  • ポイントの有効期間は無期限。1,000ポイント単位でANAのマイルへ移行可能
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
34,100円(税込) 34,100円(税込) 1 〜 2%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

ANAアメックスゴールドは、年会費が34,100円(税込)とゴールドカードのなかではやや高級帯のクレジットカードです。

その代わりにポイント還元率は通常でも1.0%と高く、最高1億円の海外旅行障害保険をはじめとした特典も充実しています。

ANAマイルも貯めやすいため、ANAの航空便をひんぱんに利用する方ほど、大きなメリットを得られるでしょう。

ANAアメックスゴールドのメリット・特典

ANAアメックスゴールドのメリット・特典は主に以下の7点です。

メリット
  • ANAマイルが貯まる
  • ポイントの有効期限が無期限
  • 手厚い海外旅行障害保険が付帯
  • 手荷物無料宅配サービスが付帯
  • 充実のプロテクションサービス
  • 国内外29空港のラウンジが無料で利用可能
  • ANAグループの利用料割引

ひとつずつ詳細を確認していきましょう。

①ANAマイルが貯まる

ANAアメックスゴールドは、アメックスポイントANAマイルの2種類を貯められるクレジットカードです。

通常はカード利用代金100円ごとにアメックスポイントが1ポイント(還元率1.0%)もらえますが、ANAカードマイルプラス加盟店では100円ごとに1ポイント+1マイルの二重取りが可能。

さらには以下のとおりボーナスマイルも発生します。

ボーナスマイル特典
  • ANAグループ便利用時にもらえるボーナスマイルが25%アップ
  • 1年ごとのカード契約更新時に2,000マイル付与

とくにANAグループ便の利用時にもらえるボーナスマイルが25%アップするのは、かなり大きな魅力です。たとえば、東京(日本)からホノルル(ハワイ)の利用ですと、ボーナスマイルだけで958マイルが付与されます。

ANAグループ便をよく利用する方であれば、驚くほどマイルが貯まりやすいため、おすすめです。

②ポイントの有効期限が無期限

通常のアメックスゴールドカードですと、アメックスポイントの有効期限は最長で3年。有効期限を無期限にするためには、ポイント交換を一度以上おこなう必要があります。

しかし、ANAアメックスゴールドだと、無条件でアメックスポイントの有効期限が無期限です。

貯めたポイントはANAマイルに移行可能

貯めたアメックスポイントは、いつでもANAマイルに「1,000ポイント=1,000マイル単位」で移行できます。年間移行可能ポイント数の制限もありません。

なお、ANAマイルには3年間の有効期限があります。そのため、アメックスポイントのままでポイントを貯め続け、航空券の交換に必要なポイント数が貯まってからANAマイルに交換することをおすすめします。

③手厚い海外旅行障害保険が付帯

ANAアメックスゴールドには、最高1億円の海外旅行障害保険が付帯されています。ただし、1億円までが補償されるのは、利用付帯時のみ。航空券やツアーチケットなどをANAアメックスゴールドで支払う必要があります。

しかし、ANAアメックスゴールドには自動付帯分として最高5,000万円の海外旅行障害保険も付帯されています。

家族特約も利用付帯、自動付帯ともに最高1,000万円が補償されますので、とても手厚い海外旅行保険といえるでしょう。

また、国内旅行障害保険についても、最高5,000万円(利用付帯)が付帯されています。海外・国内問わずに旅行時の万が一に備えられるのが、ANAアメックスゴールドです。

④手荷物無料宅配サービスが付帯

ANAアメックスゴールドには、海外旅行からの帰国時における手荷物無料宅配サービスが付帯しています。通常であれば2,000円以上はかかるサービスですので、無料で利用できるのはかなりお得といえるでしょう。
  
サービス対象となる空港は、「成田国際空港」「中部国際空港」「関西国際空港」の3空港。無料配送対象は、カード会員1名ごとにスーツケース(またはゴルフバック)1コまでです。

帰国時にサービスを申込むことで手荷物を自宅まで宅配してもらえるため、場合によってはほぼ手ぶらでの帰宅が可能。帰宅前に空港や近場で食事、観光を済ませたいときにも便利です。

⑤充実のプロテクションサービス

ANAアメックスゴールドには、3つのプロテクションサービスが付帯されています。

3つのプロテクションサービス
サービス名 概要 補償内容
キャンセル・プロテクション 事前に支払い済みの航空券やチケットをキャンセルした際の補償 年間最高10万円まで
ショッピング・プロテクション カードで購入した商品が破損・損害した際の補償 ・購入日から90日間
・カード会員1名ごとに年間最高500万円まで
・自己負担額:1事故につき1万円
オンライン・プロテクション オンライン上の不正利用に対する補償 全額補償

どれも万が一のときに使えるサービスですが、ゴールドカードらしい手厚い内容が特長です。

⑥国内外29空港のラウンジが無料で利用可能

ANAアメックスゴールド会員は、国内28の主要空港と、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のカードラウンジが無料で利用できます。同伴者も1名まで無料で利用できますので、出張はもちろん、旅行時の利用もおすすめします。

ラウンジではフリードリンクやフリーWi-Fiが提供されていますので、本来なら慌ただしいフライトまでの時間もゆったりと過ごすことができるでしょう。

⑦ANAグループの利用料割引

ANAアメックスゴールドで支払いをすると、以下の利用料金割引サービスが受けられます。

利用料金割引サービス
  • 機内でのお買いものが10%OFF
  • 空港内の「ANA FESTA」にて5%OFF
  • ANAオンラインショップ「A style」で5%OFF

どこも5%か10%と割引額が大きいため、とてもお得です。

ANAアメックスゴールドのデメリット・注意点

ANAアメックスゴールドには、以下2点のデメリット・注意点があります。

デメリット
  • 年会費が高い
  • 海外の空港ラウンジはほぼ使えない

デメリットもひとつずつ詳細を確認していきましょう。

①年会費が高い

ANAアメックスゴールドの年会費は34,100円(税込)です。比較的安いゴールドカードの相場は約2,000円、一般的なゴールドカードの相場は約10,000円ですので、ANAアメックスゴールドは高級帯ゴールドカードといえるでしょう。

しかしその分特典は豪華です。ただし、特典を使いこなせなければ宝の持ち腐れとなってしまうため、注意が必要です。

また、ANAアメックスゴールドは入会キャンペーンをおこなっています。

詳しくは後述しますが、入会キャンペーンを最大限利用できれば、初年度分の年会費は簡単にペイできるでしょう。

そのため、使いこなせるか自信がない方でも、まずは1年試すことも可能です。

②海外の空港ラウンジはほぼ使えない

ANAアメックスゴールドには「プライオリティ・パス」が付帯していません。そのため、会員が利用できる空港ラウンジは国内の主要空港がほとんど。海外に関しては、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のみです。

海外旅行や出張が多く、海外空港ラウンジを積極的に利用したいのであれば、プライオリティ・パスが付帯したクレジットカードを選ぶのがよいでしょう。

ANAアメックスゴールドとANAアメックスの比較

ANAアメックスゴールドとANAアメックスのどちらがあなたに合っているのか。比較表をまとめましたので、検討をつけるための参考にしてください。

カード名 ANAアメックスゴールド ANAアメックス
年会費 34,100円(税込) 7,700円(税込)
マイル移行コース年会費 無料 6,600円(税込)
還元率 1.0%~2.0% 1.0%~1.5%
ボーナスマイル ・ANAグループ便の搭乗時:25%アップ
・継続時:2,000マイル
・ANAグループ便の搭乗時:10%アップ
・継続時:1,000マイル
ポイント有効期限 無条件で無期限 ポイント移行コースの登録により無期限
海外旅行保険 ・最高1億円(利用付帯)
・最高5,000万円(自動付帯)
最高3,000万円(利用付帯)
手荷物無料宅配サービス
プロテクションサービス ・キャンセル・プロテクション
・ショッピング・プロテクション
・オンライン・プロテクション
・ショッピング・プロテクション
・オンライン・プロテクション
空港ラウンジ ・国内外29空港
・同伴者1名まで無料
・国内外29空港
・同伴者1名まで無料
ANAグループの利用料割引 ・機内でのお買いものが10%OFF
・空港内の「ANA FESTA」にて5%OFF
・ANAオンラインショップ「A style」で5%OFF
・機内でのお買いものが10%OFF
・空港内の「ANA FESTA」にて5%OFF
・ANAオンラインショップ「A style」で5%OFF

ANAアメックスゴールドとANAアメックスの一番の違いは、ANAマイルの貯めやすさでしょう。

ANAアメックスゴールドはANAアメックスに比べてボーナスマイルが多くもらえるため、ANAグループ便の利用が多ければ多いほど、ANAアメックスゴールドがお得になります。

また、そもそもANAアメックスに関しては、ANAマイルをしっかり貯めようと思うと別途年会費の発生する「マイル移行コース」への登録が必須。ANAアメックスゴールドだと、登録不要なのも大きな違いです。

ANAアメックスゴールドがおすすめな方は?

ANAアメックスよりもANAアメックスゴールドがおすすめなのは、以下に当てはまる方です。

おすすめな方
  • ANAグループ便をよく利用する
  • ANAマイルを積極的に貯めていきたい
  • 海外旅行障害保険の充実したクレジットカードがほしい

ANAアメックスゴールドの真価は、ANAグループ便を利用したときこそ発揮されます。逆にいえば、陸マイラーにとっては旨味が薄いといえるでしょう。

そのため、ANAアメックスゴールドはANAグループ便を利用して、ANAマイルを積極的に貯めたい方におすすめのクレジットカードです。

また、海外旅行障害保険の内容が充実しているため、海外旅行や出張によく出かける方にもおすすめします。

ANAアメックスゴールドの審査基準と申込み方法

ANAアメックスゴールドの申込みを決めたなら、審査基準と申込み方法についても確認していきましょう。

審査基準

ANAアメックスゴールドの申込み基準は、「20歳以上の定職のある方」です。定職の条件がありますので、パートやアルバイトでは申込むことができません。なお、専業主婦は配偶者の情報をもとに申込み可能です。

審査基準については明かされていませんが、一般的にアメックスグリーンは年収300万以上、勤続年数3年以上が必要だといわれています。

そのため、アメックスグリーンよりも上位ランクカードとなるANAアメックスゴールドでは、より高い条件が求められると考えられるでしょう。

申込み方法

ANAアメックスゴールドの申込みは、ANAカード公式サイトか、アメックス公式サイトからオンライン上で申込みできます。

また、ANAアメックスをすでに保有している場合には、利用状況によってインビテーション(招待)が届くこともあります。

インビテーションが届けば、ANAアメックスゴールドの契約条件に近いと判断されたことは間違いありません。ただし、インビテーション後に申込みしたとしても、審査は一律しっかりとおこなわれますのでご注意ください。

実施中の入会キャンペーン

ANAアメックスゴールドで現在おこなわれている入会キャンペーンは2つです(2020年6月現在)。

入会キャンペーン
  • 最大55,000マイルプレゼントキャンペーン(アメックス入会特典)
  • 最大35,000マイルプレゼントキャンペーン(ANAカード入会特典)

以上のとおり、アメックスの入会キャンペーンとANAカードの入会キャンペーンが別におこなわれています。見落としのないように詳細を確認していきましょう。

①最大55,000マイルプレゼントキャンペーン(アメックス初回入会特典)

最大55,000マイルを受け取るための条件は以下のとおりです。

もらえるポイントorマイル 付与条件
2,000マイル ANAアメックスゴールドに入会
4,000ポイント 入会後3ヵ月以内に10万円のカード利用
8,000ポイント 入会後3ヵ月以内に30万円のカード利用
34,000ポイント 入会後3ヵ月以内に70万円のカード利用

メインカードとして利用するのであれば、3つめの8,000ポイントまでは手に入れやすいでしょう。

②最大35,000マイルプレゼントキャンペーン(ANAカード初回入会特典)

最大35,000マイルを受け取るための条件は以下のとおりです。

もらえるポイントorマイル 付与条件
5,000マイル 2020年8月31日までにANAグループ便に1回以上搭乗
3,000マイルor10,000マイルor27,000マイル カード利用金額に応じてマイルを付与(20万円以上50万円未満、50万円以上100万円未満、100万円以上)
1,000マイル 2020年8月31日までに「ANAカードファミリーマイル」に参加

こちらのキャンペーンは対象期間が2020年8月31日(月)までと決まっているため、狙うのであればなるべく早めの申込みをおすすめします。

まとめ

ANAアメックスゴールドは、ANAグループ便の利用頻度が高ければ高いほど、年会費以上のメリットが得られるクレジットカードです。ANAグループ便を利用することでANAマイルをしっかりと貯めたい方におすすめします。

また、今なら入会キャンペーンを利用することで初年度の年会費を簡単にペイできるのがポイントです。興味のある方は、なるべく早めに申込みましょう。

ライター歴8年、編集歴3年。クレジットカードやローンなど金融関係を筆頭に、エンタメや美容などさまざまなジャンルで活動中。クレジットカードは、メインカードとして楽天カードを保有。そのほかに普段の買い出し用にイオンゴールドカードや、家電量販店用に100満ボルトカードなどサブカードも複数保有。普段の買いものはほぼすべてクレジットカードにし、貯まったポイントを本やゲームなど趣味に使うのがルーティンとなっている。

たけなわアヤコの執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事