更新日:

アメックスの提携カードの種類や特徴は?プロパーカードとの違いも解説

アメックスの提携カードの種類や特徴は?プロパーカードとの違いも解説

アメリカン・エキスプレス(以下アメックス)は、日本で初めてゴールドカードの発行を開始したカード会社としても知られ、ステータス性の高い人気のクレジットカードを多数発行しています。

アメックスのクレジットカードには提携カードプロパーカードがありますが、提携カードは、お得な年会費でカードを所有することも可能なので申込みを検討する人もいるのではないでしょうか。

しかし、実際にアメックスの提携カードを申込む場合、「提携カードとプロパーカードは何が違うの?」、「提携カードの種類は?」という疑問を持つ人もいると思います。

ということで、今回は、アメックスの提携カードの種類やプロパーカードとの違いを中心に紹介していきます。クレジットカード選びに迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
初年度 : 無料 / 次年度 : 1,000円(税抜)
ポイント還元率 : 0.5%
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
初年度 : 無料 / 次年度 : 1,250円(税抜)
ポイント還元率 : 0.4%~0.5%
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社

ANAアメリカン・エキスプレス®・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの詳細
年会費 : 7,700円(税込)
ポイント還元率 : 0.33%~0.6%
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの詳細
年会費 : 11,000円(税込)
ポイント還元率 : 0.4%
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

スターウッド・プリファード・ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード

スターウッド・プリファード・ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
年会費 : 34,100円(税込)
ポイント還元率 : 1 〜 6%
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

そもそもアメックスの提携カードって何?

アメックスのクレジットカードを大きく分けると、自社が発行するプロパーカードと他社との提携によって発行する提携カードがあります。

アメックスのプロパーカードと提携カードには、主に下記のようなカードがあるので、参考までに覚えておくとよいでしょう。

主なプロパーカードと提携カード
プロパーカード 提携カード
アメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カード

また、アメックスのクレジットカードに限らず、提携カードは、基本的に下記のような特徴を持っています。

提携カードの特徴

  • 提携会社独自のサービスを利用することができる
  • プロパーカードよりお得な年会費でクレジットカードを所有できる

提携カードは、提携先の企業が独自でおこなっている特典サービスを受けられることが多いので、用途によってはプロパーカードよりメリットが得られる可能性があります。

年会費に関しては、基本的にプロパーカードより低い設定となっている場合が多く、アメックスの提携カードに関しても同様のことがいえます。

アメックスの提携カードとプロパーカードの違いは?

アメックスのクレジットカードには、提携カードとプロパーカードの2種類があることを紹介しましたが、申込みを検討している人は、提携カードとプロパーカードの違いが気になるところですよね。

アメックスの提携カードとプロパーカードの違いは、主に年会費ステータス性特典やサービスの内容付帯保険や補償の内容が挙げられます。

ここでは、提携カードとプロパーカードの違いについて、詳しく説明していきます。

提携カードとプロパーカードの年会費の違い

先に少し触れましたが、アメックスの提携カードとプロパーカードの違いのひとつには、年会費があります。

アメックスのプロパーカードは、一般カードであるアメリカン・エキスプレス・カードでも13,200円(税込)の年会費となって、ゴールドカードやプラチナカードになると、さらに高額の年会費になります。

一方、提携カードは、カードの種類にもよりますが、年会費が無料のものあるのでプロパーカードよりお得な年会費でアメックスのクレジットカードを持つことが可能です。

ただ、提携カードには、提携先が発行するものとアメックスが発行するものがあり、アメックスが発行するカードに関しては年会費が高めに設定されていることを覚えておきましょう。

提携カードとプロパーカードのステータス性の違い

アメックスのプロパーカードは、年会費が高めに設定されているクレジットカードなので、審査に通過するためには、ある程度の年収信用が必要になります。

つまり、アメックスのプロパーカードを所有しているということは、厳選な審査に通過した人ということになるので、一定の社会的ステータスがあることの証明になります。

また、プロパーカードの券面は、兵士の顔が施されているシンプルなデザインになっているので、一目でアメックスのクレジットカードということを認識することができます。

一方、提携カードは、プロパーカードほどのステータス性の高さを求めることが難しくなります。

というのも、提携カードは、プロパーカードに比べると年会費がお得となっているため、比較的所有しやすく、希少性が低くなってしまうからです。

券面に関しても、カードを発行する会社によって異なるため、プロパーカードのように一目でアメックスということがわからないカードもあります。

提携カードとプロパーカードの特典やサービスの違い

アメックスの提携カードとプロパーカードは、特典サービスの内容にも違いがあります。

アメックスは、旅行関係のサービスが充実しているので、プロパーカードを所有していれば、空港ラウンジ無料利用や海外旅行先で24時間サポートを受けられるグローバル・ホットラインなどのサービスを利用できます。

一方、提携カードは、カードにもよりますが、空港ラウンジの無料利用が付帯していないケースが多く、旅行関係以外の特典やサービスも弱くなってしまいます。

ただ、その代わりということではありませんが、提携カードは、提携先独自のサービスを利用できるというメリットがあります。

たとえば、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、西友で特定の日に買い物をすると5%割引になるサービスを利用できますが、プロパーカードではこのサービスを受けることができません。

提携カードとプロパーカードの付帯保険や補償の違い

アメックスの提携カードとプロパーカードは、付帯保険補償の内容に違いがあります。

付帯保険や補償の内容は、カードによっても異なるので明確に違いを説明することは難しいですが、たとえば、提携カードとプロパーカードのゴールドカードでは下記のような違いがあります。

比較対象は、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)とセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンアメックスゴールド)です。

提携カードとプロパーカードの付帯保険や補償の違い
付帯保険、補償 アメックスゴールド セゾンアメックスゴールド
国内旅行傷害保険 最高5,000万円 最高5,000万円
海外旅行傷害保険 最高1億円 最高5,000万円
ショッピング補償 最高500万円 最高300万円

上記のように、同じゴールドカードでも付帯保険や補償の内容は、プロパーカードのほうが充実していることがわかります。

提携先が発行するアメックスのおすすめ提携カード

アメックスの提携カードは、プロパーカードと比べるとサービス面や付帯保険などで若干見劣りしてしまうものの、年会費がお得というメリットがあるので、申込みを検討する人もいるのではないでしょうか。

しかし、いざアメックスの提携カードに申込みを考えたとき、どの提携カードを選ぶべきか迷ってしまいますよね。

ということで、ここでは、マネ会がおすすめする提携カード紹介していきます。

永久不滅ポイントが魅力!「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード 」

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 初年度年会費無料、次年度以降も年一回の利用で年会費無料!
  • 有効期限のない永久不滅ポイントに対応!
  • 海外のショッピング利用でポイント2倍!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 1,000円(税抜) 0.5%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
nanaco
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、アメックスとクレディセゾンが提携して発行しているクレジットカードです。

年会費は、初年度が無料となりますが、2年目以降は、基本的に1,000円(税別)かかってしまいます。

ただ、追加カードとして発行ができる家族カードETCカードは、年会費発行手数料がともに無料となっているので、用途に応じて利用を検討してみるのもよいでしょう。

(40代 / 女性 / 主婦 / 年収なし)

アメリカンエキスプレスカードは年会費がかかるイメージがありますが、セゾンパール・アメリカンエキスプレスカードは、年に1回使用すれば年会費が無料になるという特典があり、カードのデザインも素敵だと思い、選びました。

また、2年目以降の年会費については、口コミにもあるように、年1回以上のカード利用で無料にすることが可能です。

アメックスのクレジットカードは、年会費がかかるイメージがありますが、年会費を実質無料にできるのは、提携カードの強みといえます。

カードの特徴

(男性 / 40代 / 会社員 / 年収600~800万円未満)

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードのポイント制度は、永久不滅ポイントになります。このポイント制度の最大の魅力は、やはり永久不滅ドットコムでのポイント合算が可能であることに尽きると思います。

一つのクレジットカードでは、ポイントが中途半端になるところを、合算でポイントが利用できるため、非常にメリットを感じました。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの魅力は、カードの利用で貯まったポイントを無期限で利用できる点です。

マネ会に寄せられた口コミでも、ポイントの有効期限無期限なのは、大きなメリットであるというコメントが多くありました。

また、クレディセゾンが発行するセゾンカードは、毎月第1・第3土曜日に西友リヴィンサニーでの買い物が5%OFFになる優待サービスを利用できるので、西友などをよく利用する人にもおすすめのクレジットカードです。

そのほか、ポイントプログラムには、下記のような特徴もあるので、覚えておくとよいでしょう。

お得なポイントプログラム

  • セブンイレブンの利用はnanacoポイントとカードのポイントで還元率が1.5%
  • ネットショッピングはセゾンポイントモールの経由で最大30倍
セゾンパールアメックスなら年会費無料でアメックスホルダーに!口コミからメリット、申込方法まで解説!

入会3ヶ月間はポイント3倍!「MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カード」

MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 入会後3か月間ポイント3倍!!
  • POINT名人.comで最大25倍のポイント付与!
  • 最短3営業日で発行!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 1,250円(税抜) 0.4%~0.5%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
nanaco
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社

MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カードは、アメックスと三菱UFJニコスが提携して発行している「18歳以上29歳以下」が申込み可能なクレジットカードです。

年会費は、初年度が無料、2年目以降は基本的に1,250円(税別)かかってしまいますが、カード利用者が学生の場合は、無料で利用することができます。

また、2年目以降の年会費については、前年度の年間ショッピング利用金額が20万円以上かつWEB明細チェックの登録で無料となるので、申込みを検討している人は、覚えておきましょう。

ちなみに、追加カードとして発行できる家族カードは、年会費が400円(税別)必要で、ETCカードに関しては、年会費が無料となっていますが、発行手数料として1,000円(税別)必要になります。

カードの特徴

MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カードは、原則、5年後に「MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」へ自動切り替えがおこなわれます。

ですので、後々、ゴールドカードを保有したい人にとっては、大きなメリットになっています。

また、入会後3ヶ月間のポイントが3倍やネットショッピングの際に「POINT名人.com」の利用で最大25倍など、ポイントを重視する人にもおすすめのクレジットカードです。

ちなみに、MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カードは、最高2,000万円海外旅行傷害保険最高100万円ショッピング補償が付帯しています。

海外旅行中の病気やケガ、買い物の際の盗難や破損など、万が一のときも安心できる充実した補償内容になっています。

アメリカン・エキスキスプレス社が発行するおすすめの提携カード

アメックスの提携カードには、提携先が発行しているカードのほかに、アメックスが発行をおこなっているカードがあります。

提携カードというより、プロパーカード寄りの特徴を持っているため、基本的に年会費がかかってしまいますが、ワンランク上のサービスや補償を受けたい人におすすめとなっています。

ここでは、アメックスが発行をおこなっているおすすめの提携カードを紹介していきます。

ANAマイルを貯めるなら「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」

ANAアメリカン・エキスプレス®・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • カード入会時・継続時に1,000マイルのボーナスマイルがもらえる!
  • ANAカードマイルプラスの利用でマイルが1.5倍貯まる!
  • 入会後1ヵ月以内にカードを3回利用するだけで1,000ボーナスポイントもらえる!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
7,700円(税込) 7,700円(税込) 0.33%~0.6%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、アメックスがANAと提携をおこない発行しているクレジットカードです。

年会費は、7,700円(税込)となっていますが、アメックスのプロパーカードと比較するとお得な年会費になります。

ただ、クレジットカードのポイントをマイルに移行するためには、「ポイント移行コース」の登録をしなければいけないことに注意が必要です。

ポイント移行コースの登録は、年会費6,600円(税込)が別途必要になるので、マイルに移行を考えている人は、実質年会費が14,300円(税込)になることを覚えておきましょう。

ちなみに、家族カードは、年会費、発行手数料ともに2,750円(税込)で発行することが可能です。ETCカードについては、年会費が無料となっていますが、発行手数料として935(税込)が必要です。

カードの特徴

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収600~800万円未満)

学生の頃からANAカードを所有していて、いつも旅行や出張に行くときはJALではなくANAを利用していて、通常のANAカードよりもさらにマイルがたまりやすいカードで、なおかつポイント無期限になるので、これから家族で海外旅行に行くときもうまく利用すれば非常にお得だと思ったため。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収600~800万円未満)

成田空港で勧誘された際、ラウンジ利用が本人だけでなく同伴者1名も無料というのに惹かれました。また、海外旅行から帰ってきたときに、成田空港から自宅まで手荷物無料で送ってくれるというサービスに魅力を感じました。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、通常だと100円で1ポイントが付与されますが、ANAカードマイルプラス加盟店で利用することで、追加で1マイル付与されます。

さらに、ANAグループ便を利用すると、通常のフライトマイルに加えて、ボーナスマイルを獲得することが可能なので、マイルがどんどん貯まっていきます。

また、「ポイント移行コース」は、登録に年会費がかかってしまいますが、ポイントの有効期限無期限になるというメリットがあるので、ポイントを大量に貯めてからマイルに交換することも可能です。

口コミにあるように、利用方法を工夫することでマイルをお得に貯めることができる、おすすめのクレジットカードになっています。

ちなみに、ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、アメックスのプロパーカード同様、空港ラウンジ無料で利用することが可能なので、搭乗までの待ち時間を有意義に過ごすことができる点も魅力になっています。

ANAアメックスカードを徹底解説! 特典や評判、メリットなど紹介

ゴールドメダリオンを無料で利用可能!「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • デルタ航空のマイル上級会員「ゴールドメダリオン」を手にできる。
  • デルタ航空空港ラウンジ「デルタスカイクラブ」が利用できます。
  • 入会ボーナスマイルとして8,000マイルプレゼントがついてくる。
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
28,600円(税抜) 28,600円(税抜) 1 〜 3%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、アメックスがデルタ航空と提携をおこない発行しているクレジットカードです。

年会費は、28,600円(税込)となっているので高めの設定になっているものの、アメックスのラウンジやスカイチームラウンジを無料で利用できるなど、年会費以上の特典を受けることができます。

ちなみに、追加カードとして発行ができる家族カードは、1名のみ年会費が無料となっていますが、2名以上からは、13,200円(税込)必要になります。

また、ETCカードに関しては、年会費が無料となっていますが、発行手数料として935(税込)かかってしまうので、覚えておきましょう。

カードの特徴

(30代 / 女性 / 会社員 / 年収400~600万円未満)

入会するだけでデルタ航空のスカイマイル上級会員であるゴールドメダリオンの資格をもらえるからです。ゴールドメダリオンがあれば提携航空会社の利用の際も優待サービスが受けられ、私はちょうど提携のベトナム航空に乗る予定があったのでこのカードに入会しました。

(20代 / 男性 / 会社員 / 200~400万円未満)

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは490カ国以上スカイチームラウンジに搭乗のクラス関係なく利用できるというのは素晴らしい特典だと感じました。

口コミにもありますが、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの最大の魅力は、入会後1年間、デルタ航空スカイマイル上級会員資格「ゴールドメダリオン」を無料で利用できる点です。

ゴールドメダリオンの特典

  • スカイチームラウンジの無料利用
  • 優先空席待ち
  • 優先チェックイン
  • 優先搭乗
  • 直接発券手数料が無料
  • 優先荷物取扱い
  • デルタ・コンフォートプラス

ゴールドメダリオンは、通常だと年間で50,000マイル貯めるなどの条件をクリアしなければ会員資格を獲得することができませんが、カードを保持しているだけで、1年間無料で利用できるのはうれしい特典です。

ゴールドメダリオンの最大の魅力は、空港VIPラウンジと呼ばれているスカイチームラウンジの利用が無料になる点です。

スカイチームラウンジは、カード所有者に加えて同伴者も1名まで無料になるので、同伴者と一緒に搭乗までの待ち時間を有意義に過ごすことが可能です。

また、出発の72時間前に空席があれば、デルタ航空の一部国際線路線で利用できるワンランク上の「デルタ・コンフォートプラス」に無料でアップグレードをすることも可能です。

デルタ・コンフォートプラスは、足下が通常より約8cm広く、座席の上部に専用の収納棚が用意されているため、ゆったりとした空間で空の旅を楽しむことができます。

アメニティーなどのサービスも充実していますし、映画やテレビ番組、ゲームなどを楽しむことができる「デルタスタジオ」の利用もできるので、機会があれば、ぜひ利用してみてください。

ちなみに、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、入会特典として8,000マイルがプレゼントされます。

さらに、入会6ヶ月以内に新規購入のデルタ航空航空券でビジネスクラスを利用すれば、追加で25,000マイルを獲得することも可能なので、お得にマイルを貯めることも可能です。

デルタスカイマイルアメックスはファーストクラスへの無料アップグレードのチャンスあり!ゴールドカードとの違いも解説

入会で3,000ポイント獲得可能!「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 入会で3,000ポイントプレゼント!
  • 有効期限を気にせずにポイントが貯められる!
  • 空港ラウンジの使用や安心の補償内容で旅をサポート
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
11,000円(税込) 11,000円(税込) 0.4%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは、アメックスと航空会社15社が提携をおこない発行しているクレジットカードです。

本カードの年会費は、11,000円(税込)となっていて、家族カードは、5,500円(税込)の年会費が必要になります。

ただ、家族カードに関しては、1名の入会につき1,000ポイントのボーナスポイントが付与されるので、実質年会費は、4,500円と考えてよいでしょう。

また、ETCカードは、年会費が無料で、発行手数料が935(税込)となっているので、覚えておいてください。

カードの特徴

(20代 / 女性 / 会社員 / 200~400万円未満)

最高3000万円の保障の海外旅行損害保険が自動で付帯していて安心できる。世界各地の空港ラウンジの利用や、帰国の際にスーツケースを空港から自宅へ無料で配送してもらえるサービスがあるのも嬉しい。入会時すぐに3000ポイント受け取れるのもお得に感じた。

(20代 / 女性 / 会社員 / 年収400~600万円未満)

旅行によくこちらのアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードを利用するのですが、ポイント3倍貯まるようになっているのでかなり効率的に貯めることが出来ています。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは、最高3,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しているほか、空港ラウンジの利用も可能なので、海外旅行が好きな人におすすめのクレジットカードです。

また、ポイントに関しては、条件があるものの、対象となる航空会社27社の航空券を直接カードで購入すれば通常の3倍のポイントが付与されるので、旅行に行くほどポイントを貯めることが可能です。

そのほか、入会するだけで3,000ポイントのボーナスポイントを獲得することができるうれしい入会特典もあります。

ちなみに、ポイントの有効期限無期限となっているので、有効期限を気にせずにどんどんポイントを貯めてみてください。

アメックスのスカイトラベラーは複数の航空会社のマイルを貯めたい人なら要注目のクレジットカード!

ホテルの利用がグレードアップ!「スターウッド・プリファード・ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード」

スターウッド・プリファード・ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード
スターウッド・プリファード・ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 継続利用する限りSPGゴールド会員資格
  • カードを継続いただく度に毎年無料宿泊特典進呈
  • 入会後3か月以内10万円利用で30,000Marriott Bonvoyポイント進呈
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
34,100円(税込) 34,100円(税込) 1 〜 6%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

スターウッド・プリファード・ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カードは、「SPG アメックス」とも呼ばれており、アメックスとシェラトンウエスタンホテルなどが加盟するSPGが提携をおこない発行しているクレジットカードです。

年会費は、34,100円(税込)とプロパーカードのゴールドカードより高い設定になっていますが、一流ホテルの上級会員資格を無料で獲得できるので、年会費以上の価値があります。

家族カードは、17,050円(税込)の年会費がかかってしまうものの、ETCカードに関しては、年会費無料で、発行手数料が935円(税込)で発行することが可能です。

カードの特徴

(30代 / 女性 / 会社員 / 年収400~600万円未満)

SPGのスターポイントが貯まることが一番の理由です。スターポイントはマイルにも移行できることと、スターポイントでウェスティンやシェラトンなどの高級ホテルに泊まれること、このカードを所有していると年に1回SPG系列ホテルに1泊無料で泊まることができます。

(40代 / 男性 / 会社員 / 年収1,000万円以上)

家族を連れて海外旅行をする機会が増え、それなりの設備が整ったホテルを選ぶ必要が発生してきました。 そんな中、所有するだけで有名ホテル宿泊時のお部屋グレードアップやラウンジ利用が可能となるクレジットカードがあることを知りました。

スターウッド・プリファード・ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カードの最大の魅力は、一流ホテルの「Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)ゴールドエリート会員資格」を獲得できる点です。

Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格は、通常だと年間25泊以上を達成した場合に付与される特別な資格で、主な特典には下記のようなものがあります。。

ゴールドエリート会員資格の主な特典

  • エンハンスドルーム(上位クラスの部屋)へのアップグレード
  • チェックアウト時間の延長
  • 特典参加レストランやバーの利用で15%OFF
  • Marriott Bonvoy参加ホテルの無料宿泊券のプレゼント

口コミにもありますが、ゴールドエリート会員資格では、SPG系列のホテルで利用できる無料宿泊券のプレゼントや部屋のアップグレードなど、SPG系列ホテルを利用する人にとってうれしい特典がそろっています。

また、アメックスのプロパーカード同様に空港ラウンジ無料利用も可能なので、旅行が好きな人におすすめのクレジットカードになっています。

SPGアメックスはマイル高還元率!5つの特典や注意点、審査難易度を徹底解説

アメックスのおすすめプロパーカード

アメックスの提携カードを紹介しましたが、プロパーカードのサービス、補償、ステータス性などが欲しい人もいると思います。

ということで、ここでは、アメックスのおすすめプロパーカードを紹介していきます。

充実したサービスが魅力!「アメリカン・エキスプレス・カード」

アメリカン・エキスプレス®・カード
アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 国内200以上のレストランの優待特典や多様なエンターテイメントの優待特典あり!
  • 最高5,000万円の旅行傷害保険の保証も充実!
  • 貯めたポイントを一度アイテムと交換するとポイント有効期限が無期限に!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
13,200円(税込) 13,200円(税込) 0.333%~0.4%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
(30代 / 女性 / 会社員 / 年収400~600万円未満)

当時は、ダイナースクラブカードを持っていたのですが、同じくらいステータスのありそうなアメックスを持ってみたいと思うようになりました。 ステータスに加えて、知名度も高く、ダイナースよりも華があり、一目でアメックスと分かるデザインにも惹かれました。

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン)は、アメックスのプロパーカードとして人気の高いクレジットカードです。

年会費は、13,200円(税込)でかかってしまいますが、口コミにあるように知名度があり、高いステータス性を保有しているので、ワンランク上のクレジットカードを持ちたい人におすすめです。

ちなみに、追加カードとして発行ができる家族カードは、年会費が6,600円(税込)必要になります。

ETCカードについても、年会費は無料ですが、発行手数料として935円(税込)必要になるので、覚えておきましょう。

カードの特徴

(20代 / 男性 / 会社員 / 年収200~400万円未満)

飛行機を利用する人にとっては、圧倒的に年会費以上の価値があると感じます。逆に飛行機を利用しない人はあまり利用する価値はないと感じます。空港ラウンジを同伴者と一緒に利用することができるので、12000円の年会費は安いです。

アメックスグリーンは、カード所有者はもちろん、同伴者も1名まで国内外29空港の空港ラウンジを無料で利用することができます。

また、国内外1,200カ所以上の空港VIPラウンジを1回32ドル(1ドル110円換算で3,520円)で利用できるプライオリティ・パス・メンバーシップ年会費無料で登録が可能なので、さらに快適な時間を過ごすことも可能です。

最高5,000万円国内、海外旅行傷害保険最高500万円ショッピング補償が付帯しているので、サービス、補償ともに充実しているクレジットカードになっています。

アメックスグリーンのステータス性は抜群!特典やメリットとは?ゴールドカードとも比較してみた

プラチナカード並のサービスを受けられる「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」

アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 世界が認めるゴールドカードとしてのブランド力!
  • 最高1億円まで補償される海外旅行保険!
  • 旅行予約サイトでの特典が多数!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
31,900円(税込) 31,900円(税込) 0.333%~0.4%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
(30代 / 男性 / 会社員 / 600~800万円未満)

年会費は30,000円程度と高いものの、ポイントプログラムや海外旅行をした際の付帯保険、海外旅行中に飛行機が欠航となった際の振替手配やその費用負担、更には成田空港や関西空港に行く際に家から荷物無料で送付することができると知り、私にもメリットが大きいと感じた。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)は、一般的なプラチナカード並のサービスを受けることができるクレジットカードです。

年会費は、31,900円(税込)と高額になってしまいますが、口コミにあるように、最高1億円の海外旅行傷害保険や振替手配の費用の負担など、充実したサービスと補償を受けることができます。

また、家族カードは、1名まで年会費無料で発行することが可能です。ただ、2名以降については、13,200円(税込)の年会費がかかるので、覚えておきましょう。

ちなみに、ETCカードについては、アメックスグリーンと同様に年会費が無料で、発行手数料が935円(税込)となっています。

カードの特徴

(20代 / 男性 / 会社員 / 年収400~600万円未満)

まずは、国内外約200店のレストランで、所定のコースメニューを2名以上で予約すると1名分が無料になるという特典です。これは、絶対にお得です。入会の決め手もこの特典があるからでした。

次にプライオリティ・パスという特典です。国内外1,200ヶ所以上の空港VIPラウンジを利用できる「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に、基本カード会員と家族カード会員は、年会費無料(通常99ドル)で登録できます。

アメックスゴールドは、アメックスグリーンのサービスに加えて、ゴールド会員専用ウェブサイト「ールド・ダイニング by 招待日和」の利用が可能になります。

ゴールド・ダイニング by 招待日和は、国内外の200以上の提携レストランでの食事が、2名以上の利用1名分無料になるサービスです。

また、航空便遅延補償が付帯しているので、振替手配の費用以外にも、飛行機の遅延により生じたホテル代や食事代も補償してくれるので、予期せぬトラブルが起きた場合も安心できる強みがあります。

アメックスゴールドの豪華な特典やメリット、提携ホテルのおすすめカードまで徹底解説!

出張や経費管理が楽になる法人・個人事業者向けのプロパーカードも

アメックスのプロパーカードは、個人向けだけでなく、企業や個人事業者向けのビジネス専用カードもあります。

ビジネス専用カードは、経費の管理出張に関する特典やサービスを利用できるので、企業や個人事業者の人におすすめのクレジットカードになっています。

ここでは、アメックスのビジネス専用カードについて紹介していきます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ビジネスシーンでのサポート体制が充実!
  • レストラン特典やゴルフ・エンタメ特典など豊富な特典が魅力!
  • 経費削減から、福利厚生まで多彩なサービスあり!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
12,000円(税抜) 12,000円(税抜) 1%
電子マネー
Suica(スイカ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、企業や個人事業者向けのビジネス専用カードです。

本カードの年会費は、13,200円(税込) となっていて、従業員などが利用する追加カードを発行する場合は、1枚につき6,600円(税込)の年会費が別途かかります。

また、ETCカードに関しては、年会費が550円(税込)かかってしまいますが、発行手数料は無料となっています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの主な特徴は、下記のようなものがあります。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの特徴

  • 出張費や接待費、通信費、広告費のカードご利用でポイントが貯まる
  • 空港ラウンジや手荷物宅配サービスなどの利用が可能なので、出張に便利
  • カードの情報を「クラウド会計ソフト freee」に自動取り込み

上記のように、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、経費の管理や出張など、ビジネスをサポートしてくれる特典やサービスが中心のクレジットカードです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 経営者や個人事業主の方におすすめ!ビジネスの強い味方になってくれるカード!
  • 海外旅行保険最高1億円や豊富な空港サービスで出張などの際も安心!
  • レストランやホテルなど幅広いビジネスシーンで活かせる特典がいっぱい!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
34,100円(税抜) 34,100円(税抜) 0.16%~1.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、年会費34,100円(税別)で申込むことができるビジネス専用カードです。

基本的なサービスは、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードと同じですが、最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯することやエアポート送迎サービスなど、追加のサービスを受けることができます。

ちなみに、従業員などが利用する場合の追加カードの発行は、年会費が13,200円(税込)となっているので、覚えておくとよいでしょう。

アメックスビジネスカードの役立つ特典・メリットからゴールドとの比較まで徹底解説!

アメックスの提携カードの審査はプロパーカードより厳しい?

アメックスの提携カードに申込みを検討している人は、審査について気になる人も多いと思います。ということで、ここでは、審査について簡単に触れておきます。

まず、提携カードとプロパーカードの審査難易度ですが、同じランクのカードであれば、一般的に提携カードのほうが審査難易度は低くなります。

ただ、アメックスが発行する提携カードに関しては、カードの種類によってプロパーカードより審査が厳しくなるケースもあることを覚えておきましょう。

ちなみに、プロパーカードの審査についてですが、アメックスは独自の審査基準を持っていて、審査基準は公表されていないので明確に答えることは難しいです。

しかし、一般的に目安となる年収は400万円といわれているので、参考までに覚えておいてもよいと思います。

アメックスの特徴を簡単におさらい

アメックスの提携カードを中心に紹介してきましたが、最後にアメックスの特徴を簡単におさらいしておきたいと思います。

アメックスの主な強みと弱点は、下記のようになります。

アメックスの強みと弱点
強み 弱点
海外保険の内容が充実 基本的に年会費がかかる
旅行に関するサービスの充実 日本国内ではJCBと連携しているが、VISAMastercardより利用できる店舗が少ない
独自の審査基準 審査が厳しいともいわれている
シンプルでかっこいい券面デザイン

提携カードには一部当てはまらない特徴があるものの、アメックスが発行する提携カードに関してはほとんどが当てはまるので、しっかりと把握しておきましょう。

とくに、アメックスは、日本国内の利用できる店舗数がVISAやMastercardに比べると劣ってしまうというデメリットについては、覚えておくほうがよいでしょう。

アメックスは今話題のキャッシュレス還元にも対応

アメックスのクレジットカードは、VISAやMastercardと比較すると利用できる店舗数が少ないですが、2019年10月1日の消費税増税にともなうキャッシュレス・消費者還元事業に対応しています。

ただ、クレジットカードは、国際ブランドが対応している店舗でしか利用できないので、アメックスが対応しているのかを利用前に確認するようにしましょう。

ちなみに、アメックスのクレジットカードをキャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗で利用した場合、最大5%の還元が受けられるので、ぜひこの機会に利用してみてください。

アメックスの提携カードのまとめ

アメックスの提携カードは、プロパーカードよりお得な年会費でアメックスのクレジットカードを持つことができるほか、提携会社独自のサービスを受けられるというメリットがあります。

しかし、サービス面付帯保険ステータス性に関しては、プロパーカードより劣ってしまうというデメリットもあることを覚えておきましょう。

また、今回紹介したクレジットカードは、アメックスのカード一部です。とくに提携カードは、まだまだ多数の種類があるので、リサーチをおこない、自分に合ったカードを選択してみてください。

気になるけど、なかなか話しづらい。けどとても大事な「お金」のこと。 日々の生活の中の身近な節約術から、ちょっと難しい金融知識まで、知ってて得する、為になるお金の情報を更新していきます。

関連記事