更新日:

Amazonギフト券をお得に手に入れる方法と、買取をおすすめしない理由

Amazonギフト券をお得に手に入れる方法と、買取をおすすめしない理由

Amazonはご存知の通りオンラインで本やCD・ゲーム、その他雑貨などを幅広く購入できる便利なサイト。

しかし、Amazonギフト券については聞いたことはあるけど、どんなものかはあまりわかっていない、という方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなAmazonギフト券について説明をします。Amazonをよく利用する方なら絶対に知っておきたい情報が盛りだくさんなので、この記事を読んでAmazonギフト券について理解しておきましょう。

Amazonギフト券とは

Amazonで支払いをする方法のひとつに、Amazonギフト券というものがあります。ふだんクレジットカードを利用していると、もしかしたらあまり馴染みのない単語かもしれません。

Amazonギフト券は、Amazon公式サイトやコンビニなどで購入することができます。例えるなら、Amazon公式の商品券のようなものです。

「ふつうの商品券と同じなら、わざわざAmazonギフト券を使わずに、市販の商品券でいい」と感じるかもしれません。実は、Amazonギフト券は便利な使い方があります。

Amazonギフト券の特徴

Amazonギフト券の特徴として、「手軽にやり取りができる」ことが挙げられます。Eメールタイプと呼ばれるAmazonギフト券は、字通りAmazonギフト券をEメールでやり取りすることができます。

受け取った側も、メール受信後すぐに利用できます。これなら遠方に住んでいたり、直接顔を合わせたことのない人にも送りやすいですし、時間がない人は利用しやすいですよね。

Amazonギフト券ならではのメリットはほかにもあります。Amazonギフト券は、Amazon内部のショッピングに利用できますが、「Amazonで取り扱いしている商品が幅広い」ことがあります。

商品券はふつう、百貨店やコンビニで利用できます。けれど、商品券の額が大きいと使い切れなかったり、少額だと足りなかったりしますよね。商品券の額にちょうどいい欲しいものを見つけるのに骨が折れます。

一方で、Amazonギフト券はAmazon内で使用できるので、本やCD、DVDだけではなく食品やファッション、べビー用品にDIY、カー用品まで買うことができます。

そのため「ふだん欲しいと思っていたけど、少し値がはるもの」をここぞと購入できます。

また、Amazonギフト券は人に送っても喜ばれます。「何かプレゼントしたいけど、相手が何を喜ぶかわからない」ときには、贈るのが便利ですよね。

ほかにも、たとえば、ネットでお世話になった相手のお礼や誕生日など、住所をお互いにやりとりする必要がないので安全です。

Amazonギフト券の種類

Amazonギフト券は、先ほど紹介したやりとりが便利な「Eメールタイプ」のほかにも、さまざまな種類があります。それぞれの種類における特徴をご説明します。

Amazonギフト券の種類

  • カードタイプ
  • Eメールタイプ
  • 印刷タイプ
  • ボックスタイプ

カードタイプは、一番メジャーなAmazonギフト券の種類です。コンビニエンスストアで販売されている「Amazonギフト券」と表示されているタイプのものです。

コンビニの店頭で購入できるため、お手軽です。また、支払いも現金ですので学生にも使いやすいタイプとなっています。

Eメールタイプは、さきほどご紹介した通り、Amazonで購入でき、メールに添付することができるカードとなります。メールに添付する方法は簡単で、Amazonのサイト上でAmazonギフト券を購入後、相手のメールアドレスを入力します。

このように相手のメールアドレスさえ分かれば、Amazonギフト券を贈ることができます。相手の住所を知らない場合、お互いの住所を教えたくない場合、たとえばネット上の知人に送りたい方には助かりますよね。

その他に、Amazonギフト券は受け取ってすぐに利用できますので、カードタイプのように「カードを購入→家に帰ってコードを入力」の手間をはぶけるので、忙しい人にもおすすめです。

印刷タイプは、送られてきたPDFを自分で印刷してから利用するタイプとなっています。「誰かに送付する(自分じゃなくても可能)」という意味では、Eメールタイプと似ていますが、印刷面に自分の任意のメッセージを入れることができます。


最後にご紹介するのが、ギフトタイプとなります。実は「ギフトタイプ」という名前ではなく、「ボックスタイプ」や「グリーティングカードタイプ」のAmazonギフト券を総称しています。

それぞれ、お祝い事などに贈られることを意図したタイプになっています。

たとえばボックスタイプのAmazonギフト券では、ギフト券を包む箱の模様を選ぶことができます。相手の好みや、誕生日やクリスマスなどのシチュエーションに合わせて、よりふさわしいボックスを選べます。

次いでグリーティングカードタイプでも、カードのデザインを選ぶことができます。こちらも、時期にあったふさわしいグリーティングカードを選択できます。

Amazonギフト券を思い出に残る形にしたり、より感謝やお祝いの気持ちを伝えたいときには、ボックスタイプやグリーティングカードタイプを選ぶとよいでしょう。

以上が、Amazonギフト券の種類とその違いでした。

Amazonギフト券の注意点

最後に注意点があります。Amazonギフト券には有効期限があります。有効期限は購入したAmazonギフト券の種類によります。有効期限があるのはAmazonギフト券に限らず、商品券には共通ですが、忘れないように注意しましょう。

Amazonギフト券のおすすめ使い道

ここまでは、Amazonギフト券の種類や特徴などについてご説明してきました。ここからは、Amazonギフト券のおすすめの使い道についてご説明していきます。

まず、一番わかりやすいのがご自身のAmazonでの買い物に使用することです。本やCDを買うのに使うのはどうでしょうか。また、他にもAmazonでは日常品や雑貨なども多くあります。ふだんコンビニで買うようなペットボトルの飲料水などをまとめて買うのもいいかもしれません。

その次に、人に贈るという方法があります。百貨店などのギフト券は、特定の店ではないと使えなかったり、期限が短かかったり、移動に時間がかかるなどのコストがあります。

Amazonギフト券は使いやすいため、プレゼントすると喜ばれます。配達の手間を省くことができ、相手の都合に合わせやすいのでAmazonギフト券はおすすめです。

意外な使い道として、「Amazonギフト券を寄付する」という使い道もあります。

寄付額は15円単位から可能となっているため、「Amazonギフト券の使いきれずにあまった金額」を寄付するのもいいかもしれませんね。もし誰かからAmazonギフト券をもらい、端数があまった場合、寄付をしてみましょう。

最後に、Amazon Primeの年会費を支払う、という使い方があります。

Amazon Primeの会費は月で500円(税込)、年間だと4,900円(税込)になります(2020年10月時点)。

Amazonを利用するときに、Amazon Primeの会員になっておくと送料が安くなったり、当日荷物を受け取れたり、ビデオを視聴できるなどメリットがあります。Amazonをよく利用するのであれば、プライム会員になって損はありません。

これまで会員になるきっかけがなかった、という人も、Amazonギフト券をもらったら、そのお金で年会費を払い、Amazonをより便利に利用してみましょう。

Amazonギフト券の入手方法

それでは、Amazonギフト券はどのように購入するのでしょうか?

まず一番わかりやすいのが、コンビニの店頭で買う方法です。Amazonとロゴの入ったカードがコンビニの店頭に並んでいます。現金で支払うことが可能なので、学生は利用しやすいでしょう。

そのほか、コンビニの店頭ではなく、コンビニ端末から購入する方法があります。カードタイプは買いやすいですが、欲しい額のカードが売り切れていることがあります。そんな場合は、端末操作により購入するのがよいでしょう。一般にこのタイプのAmazonギフト券は「シートタイプ」と呼ばれます。

シートタイプは売り切れることはないため、安心して購入できます。

最後に、Amazonから直接購入する方法があります。Amazonのホームページ上から申込むことができます。クレジットカードを利用して支払えば、家にいながら購入できます。何より手間がないため、多くの人がこの方法を選ぶのではないでしょうか。

Amazonギフト券をお得に入手する方法

このように、Amazonギフト券を購入するにはさまざまな方法があります。それぞれに特徴があり、購入者の目的や状況(学生か、社会人か)などによって買いやすいタイプも異なります。

ところで、Amazonギフト券はどこで購入しても同じなのでしょうか? 実は、Amazonギフト券は買う方法によって、違いがあります。Amazonギフト券をお得に入手する方法をご紹介します。ただし注意点として、「Amazonギフト券を安く買う」よりも「ポイントを貯める」ことを意識しましょう。

それでは引き続き、Amazonギフト券購入時のポイントに関してお得な入手方法をご紹介していきます。

nanacoチャージを利用する

Amazonギフト券を入手するおすすめの方法の1つに、nanaco支払いでの購入があります。nanacoはセブンイレブンをはじめ、セブン&アイグループで使用できる電子マネーです。

nanacoをチャージするときにクレジットカードを利用するのがおすすめです。セブンイレブンの店頭で、Amazonギフト券を買い、その支払いにnanacoを利用します。そうするとクレジットカードのポイントも貯まり、二度おいしい購入の仕方となります。また、nanacoは利用できる店舗が多いのもメリットです。

nanacoの使い方、ポイントの貯め方を徹底紹介!アプリの使い方やチャージ方法も

キャンペーンを利用する

その次に、Amazonの公式のキャンペーンを利用する方法があります。Amazonは定期的にAmazonギフト券に関するキャンペーンをおこなっています。ただし、百貨店などにあるような決算セールではないので、開催時期を予測することは難しいです。

そのため、定期的にAmazonのページで確認する必要があります、キャンペーンが開催されているときは、Amazon公式サイトに告知されます。

公式のキャンペーンを利用する一番のメリットは、還元率が高いことです。クレジットカードの還元率が0.5%~2.0%程度ですが、2018年のキャンペーンでは、10~20%の還元がありました。具体的には、5,000ポイントに500~1,000ポイント還元されました。

また、公式サイトを利用する特徴として、相手にプレゼントした場合にも適用されます。上手にキャンペーンを見つけ、利用しましょう。

クレジットカード利用でポイントをためる

Amazon公式のキャンペーンやふるさと納税の特徴として、やはり高還元率があげられます。しかし、デメリットとして一年のうち限られた機会しかないことがあります。買いたいときに買っても、手元に届くまでに時間がかかります。

そこで、いつでも利用できるお得な方法として、クレジットカード決済をご紹介します。クレジットカードを決済に利用することで、支払金額に応じたポイントがたまります。

これは支払いにクレジットカードを利用すればよいだけなので、nanacoのように店舗を制限する必要もありませんし、Amazon上で購入するときでも、クレジットカード支払いを選択すればポイントがつきます。

クレジットカードで支払った金額のうち、どのくらいの割合がポイントになるのか。その数値を示したのが、還元率となります。還元率は高くても1~2.5%程度となっていますが、利用するクレジットカード会社や、もっているクレジットカードの種類などにより異なります。

それでは、高還元率のお得なカードはどこなのでしょうか? 今回は還元率の高い3種類のカードの特徴とともにご紹介します。また、クレジットカードを選ぶ際に重要なのは、還元率のほかにカードを持つ年会費です。

いくら還元率がよくても、年会費が貯まるポイントよりも高くなってしまったら意味がないですよね。そのため、クレジットカードを利用する場合には年会費にも気をつけましょう。

楽天カード

楽天カード
楽天カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永年無料
  • 新規入会&利用でポイントがもらえる
  • 海外旅行でも安心・便利に使える
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~20.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天カードは年会費が無料です。そのため、一枚は持っておきたいカードとなっています。もしあなたがそんなにAmazonを利用しなくても、年会費はかからないため、ポイントは貯まっていきます。

楽天カードの還元率は1%となっており楽天ポイントとして貯まっていきます。貯まった楽天ポイントは、楽天市場などだけではなく、楽天Edyなどでも利用できます。

還元率のほか、使用できる範囲が広いというのが楽天カードのメリットです。Amazonにはない商品などを楽天市場で購入したり、Amazonのほかに楽天をよく利用する方にはおすすめのクレジットカードとなっています。

楽天カードのメリットはポイント還元率だけじゃない!5つの特長とお得な使い方を解説

オリコカード THE POINT

オリコカード THE POINT
オリコカード THE POINTの詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費が永年無料で、ポイント還元率は常に1%以上
  • 入会後6ヶ月間は、ポイント還元率が2倍の2%!
  • たまったオリコポイントは500ポイントからリアルタイムに交換可能ですぐに使えます!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~2.0%
電子マネー
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社オリエントコーポレーション

オリコカード THE POINTも、年会費が無料のクレジットカードとなっています。楽天カードにないポイントとして、入会後6カ月間は、ポイント還元率が2%の高還元のカードです。

もし今あなたがカードを持っていないのであれば、カードを作り、早めにAmazonギフト券を購入するのがよいでしょう。

オリコポイントは1ポイントが1円として換算されます。500ポイントごとに、交換が可能になり、Amazonギフト券、iTunesカード、waonカードやTポイントカードとして利用できます。楽天カードなどとは違い、ネットショッピング以外にも応用できるのがオリコカードのメリットとなります。

ふだんあなたが、それほどネットショッピングを利用しない場合、オリコカードを持つのがおすすめです。貯まったポイントをいろいろなところで利用しましょう。

オリコカードは年会費無料&ポイント高還元率のおすすめカード!お得な利用方法も紹介

Amazon Mastercard

Amazon Mastercardクラシック
Amazon MasterCardクラシックの詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • Amazon以外のご利用でも1%ポイント還元!マイ・ペイすリボのご登録なら1.5%ポイント還元
  • アカウントにポイント自動加算で交換忘れがなく便利で安心
  • すぐにAmazonでお買物できる!即時審査サービス
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 1,375円(税込) 1.0%~1.5%
電子マネー
ID(アイディ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社
Amazon Mastercardゴールド
Amazon MasterCardゴールド
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • Amazon以外のご利用でも1%ポイント還元!マイ・ペイすリボのご登録なら1.5%ポイント還元
  • アカウントにポイント自動加算で交換忘れがなく便利で安心
  • すぐにAmazonでお買物できる!即時審査サービス
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
11,000円(税込) 11,000円(税込) 1%~2.5%
電子マネー
ID(アイディ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

最後にご紹介するのが、Amazon Mastercardです。いわゆる一般カードのクラシックタイプと、ランクの高いゴールドタイプの2種類あります。

その違いとして一番大きいのが、Amazon内で買い物をするときの還元率です。Amazon内の買い物に使用した場合、クラシックであれば1.5%、ゴールドでは2.5%ほど還元されます。

またゴールドであればAmazonのプライム会員権が付帯します。

クラシックタイプでは、年に一度でもAmazonで買い物をすれば会員費は無料となります。また、プライム会員になることで還元率が1.5%から2.5%にアップします。買い物をしない場合は年会費がかかってしまうため、注意が必要です。

ゴールドタイプは、年会費は11,000円(税込)かかりますがAmazonプライムの年会費が4,900円(税込)ということを考えるとお得です。

このように、Amazonカードは、Amazon内で買い物をするのに便利かつメリットの多いクレジットカードです。あなたがAmazonを頻繁に利用するのであれば、迷わずAmazonカードを作り、Amazonギフト券だけでなくAmazonの支払いに利用したほうがよいでしょう。

Amazonギフト券は買取業者で売ることができる

Amazonギフト券はAmazon内で使用するのが便利です。しかしたとえば、給料日前でお金がなかったり、車をぶつけて修理が必要など、もしあなたが突然まとまったお金が必要となったとき、Amazonギフト券は現金化をするのがおすすめです。Amazonギフト券はほかの商品券と同じように現金化できます。

ふつう商品券の現金化というと、金券ショップが思い浮かびますが、Amazonギフト券の買取をおこなう業者は、実店舗よりも、ネット上に多く存在します。

また、理由は後述しますが大手の金券ショップなどではAmazonギフト券の取引が少ないため、注意してください。

ネット上での取引には、メリットもあります。たとえば、ネット上で申し込みから振り込みをおこなうため、現金化までの時間が短いということが特徴です。

業者の営業時間などがあるため、深夜などの営業時間外に現金化することは難しいですが、スピーディーなのは間違いありません。

しかしなぜ、実店舗ではAmazonギフト券の買取をしないのでしょうか。理由として、Amazonギフト券が使用済みであるかどうかを判別できないためです。

実際にコードを入力してみるまで、使用可能かどうかわかりません。これらの理由があり、確実性がないため大手業者ではAmazonギフト券の買取を嫌がる傾向にあります。

Amazonギフト券を取引できる業者とは

それでは、Amazonギフト券を取引できる業者とはどこなのでしょうか? Amazonギフト券を現金化する場合、その目的ごとに業者を選ぶのがおすすめです。

例えば急いで現金が欲しいので振り込みが早い業者がいいという場合や、時間はあるので対応の早さよりも換金率を高くしてほしい、ということがあります。

商品券やクオカードなどは金券ショップ等で買取をしていますが、Amazonギフト券は実店舗で扱う業者は少ないです。そのため、取引する業者はインターネットから探すのが定石となります。ここでは、2つの会社を紹介します。

もしあなたが、素早い現金化を希望しているのであれば、「アマプライム」がおすすめです。申し込みから現金化まですべてネット上で対応してくれます。深夜に申し込むことも可能で、仕事で店舗に赴く時間がない場合などに利用するとよいでしょう。

一方で、確実性や安心感が欲しい場合は、実店舗で買取をおこなう「ロータリーグループ」で取引するとよいでしょう。店舗におもむく時間など、コストはかかりますが、やはり目の前で確認をしてくれ、対人で取引ができる安心感があります。

自分の目的にあった業者を選び、しっかりとした取引をしましょう。

Amazonギフト券の買取はおすすめしません

このように、Amazonギフト券は現金化もできます。しかし、Amazonギフト券を換金することはおすすめできません。理由として、換金率の低さがあげられます。換金率というのは、額面のうちどのくらいの値段で買取をしてくれるかという割合のことです。買取業者も、儲けを得るためには、額面より多少低い価格で買取をする必要があるためです。

一般的にみて、Amazonギフト券の換金率は80~90%程度となっています。実店舗を持たない業者のほうが換金率は高めに設定されていますが、高くても98%程度です。

もしあなたが、本当に急いで現金が必要でないのなら、現金化するべきではないでしょう。換金する場合は、どうしても差額がうまれます。Amazon内で、ギフトを使い切った方がお得です。

Amazonギフト券のまとめ

以上がAmazonギフト券の買い方や特徴などの情報となります。Amazonをよく利用される方は多いかもしれませんが、Amazonギフト券を買ったり、それを上手に利用できている方は少ないのではないでしょうか。

Amazonギフト券のメリットをおさらいすると、Eメールで送付できることや、Amazonでいろいろな商品を購入できることが挙げられます。百貨店などよりも、ふだん自分が使っているのに近い商品を選ぶことができます。一方デメリットとして、現金化がおすすめできないという点が挙げられます。

Amazonギフト券をもしもらったら、全額をAmazonで使い切るのがおススメです。Amazonは幅広く商品があるため、金額が残らないように、日用品などを購入しましょう。

また、Amazonギフト券を購入する方法は1つではありません。キャンペーンを利用するなどお得に入手する方法はありますが、タイミングを合わせないと購入できない、手元に届くのが遅いなどのデメリットがあります。

年間を通して利用できて、なおかつお得な購入方法としてクレジットカードがあります。クレジットカードを利用すれば、一定の割合でポイントを貯めることができます。

Amazonギフト券は自分で使っても便利だし、誰にあげても喜ばれるギフトですよね。Eメールで送付できるなど、汎用性の高いギフトとなっています。そんなAmazonギフト券をよりお得に購入し、便利に活用していきましょう。

2008年青山学院大学国際政治経済学部卒。在学時にファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得。 2012年に株式会社サイバーエージェントに入社し、Ameba事業部にて編集に従事。 2018年8月にCyberOwlへ異動し、マネ会の編集長就任。FPの知識を活かして、クレジットカード、カードローン、キャッシュレスの記事作成に携わる。難しいことをわかりやすく伝えるがモットー。 ラグジュアリーカード<Titanium Card>とセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードをメインに、アメックスゴールドやJCBゴールド、楽天カードなど10枚以上のクレジットカードを保有。

元吉 裕俊の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事