更新日:

イオンゴールドカードの入手方法を紹介!インビテーションの条件や審査、豊富な特典を解説

イオンゴールドカードの入手方法を紹介!インビテーションの条件や審査、豊富な特典を解説

イオンゴールドカードは招待限定のクレジットカードです。年会費無料で一般的なゴールドカードと同じように充実した優待特典を受けることができます。

現在、イオンカードをご利用中の方には、イオンゴールドカードのインビテーションが届くチャンスがあります。

もしインビテーションが届けば、アップグレードしない理由がないというほど、イオンゴールドカードにはメリットがたくさんあります。

「どうすればインビテーションが届くの?」、「アップグレードしようか迷っているけど、イオンゴールドカードのメリットって何?」とイオンゴールドカードについての疑問をお持ちの方も多いでしょう。

本記事では、そのような疑問を解消できるよう、イオンゴールドカードについて詳しく解説させていただきます。

イオンゴールドカードの招待を受けられるイオンカード

総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.2 調査結果:32件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 0.5%
年会費 初年度 : 無料 / 次年度 : 無料
公式サイトを見る
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.5 調査結果:21件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 0.5%~2.0%
年会費 初年度 : 無料 / 次年度 : 無料
公式サイトを見る

ゴールドカードなのに年会費無料!イオンゴールドカードの概要

イオンゴールドカードは、イオンカードをお持ちの方で、直近1年間のカードショッピングが年間100万円以上の方に発行されているカードです。

利用金額以外にも所定の条件があり、その条件を満たした方にはインビテーションの手紙が届きます。

イオンゴールドカードはイオングループ傘下のイオン銀行が発行しています。国際ブランドVISAMastercardJCBで、年会費無料、家族カードの年会費も無料で3枚まで発行可能、さらにETCカードの年会費や発行手数料まで無料です。

家族3人まで本会員と同じサービスが無料で受けられるため、家族みんなで持つと非常にお得ですね。

イオンゴールドカードはネット通販でポイント還元率がアップ!

イオンゴールドカードのポイント還元率は0.5%で、通常の買い物では200円(税込)ごとに「ときめきポイント」が1ポイント貯まります。

他社のゴールドカードでは通常の買い物でのポイント還元率が1%と高還元率であることも多いため、イオンゴールドカードの還元率は低めだと感じられるかもしれません。

しかし、使い方次第では大幅にポイントを貯めやすくすることができます。ネットで商品を購入する際、「ときめきポイントTOWN」を経由することでポイントを2倍~21倍も獲得することができるのです。

ときめきポイントTOWNには約500ショップが参加していて、Amazon.co.jp、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの人気店もポイントが2倍貯まります。ショップごとにポイントアップキャンペーンもおこなわれているので、見逃さないようにチェックしておきましょう。

ときめきポイントTOWNに参加しているショップの一部をご紹介します。

(※)2019年4月時点


ときめきポイント2倍(ポイント還元率1%) Amazon.co.jp、楽天市場、Yahoo!ショッピング、じゃらん、ユニクロ、ビックカメラ.com、H.I.S.、GUなど
ときめきポイント3倍(ポイント還元率1.5%) LOHACO、cecile、ベルーナ、mouse、ドクターシーラボなど
ときめきポイント4倍(ポイント還元率2%) えきねっと びゅう国内ツアー、GAP、CLINIQUE、@cosme shopping、ケンコーコムなど

イオンゴールドカードでカード決済できるのは、普段のお買い物やネットショッピングだけではありません。次のような支払いの決済方法としても利用でき、ポイントが付与されます。ポイントを貯めたい方は、常にカード決済するよう習慣化するといいですね。

公共料金 電気、水道、ガス
通信・放送 携帯電話、固定電話、NHK受信料、BS・CS、プロバイダ、新聞
税金 都市・地方公共団体の税金、ふるさと納税、自動車税
保険料 国民年金保険

イオンゴールドカードの利用限度額は200万円

イオンカードの利用限度額は最低10万円から最高50万円の範囲内で設定されます。それに対して、イオンゴールドカードは最低50万円から最高200万円の範囲内に設定され、より大きな額を利用できます。

ただし、利用限度額は本人の年収や他社でのカード利用状況、これまでの利用実績によって決定するため、誰もが必ずしも200万円まで利用できるわけではありませんのでご注意ください。

ご自分の利用限度額は、「暮らしのマネーサイト」のMypage、テレホンアンサー(自動音声応答サービス)、イオン公式アプリ「イオンウォレット」で確認できます。

イオンゴールドカード
おすすめポイント
  • 年会費無料のゴールドカード!
  • 海外・国内保険、ショッピング保険が無料で付帯!
  • 全国のイオンラウンジがご利用可能
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5 〜 10.5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 約2~3週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能

イオンゴールドカードのインビテーションが来る条件って?

インビテーションをもらうためには、第一にイオンカードかイオンカードセレクトをお持ちであることが必須です。

イオンカードセレクトは、イオンカードとイオン銀行のキャッシュカード機能が一体化したカードのことで、それ以外に大きな機能の違いはありません。申し込めばどちらか一方から切り替えることも可能です。

イオンカードセレクトはイオンカードと同様に所定の条件を満たすことでインビテーションが届き、イオンカードセレクトゴールドにアップグレードできます。

イオンファイナンシャルサービスが発行しているカードには豊富な種類があるので、カードごとの違いを知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

イオンカード53種類の中からおすすめカードを厳選紹介!一番お得なイオンカードはこれだ
イオンクレジットが発行するカードは、クレジットカードとデビットカードを合わせると53種類もあります。そのため、カード選びで迷う事も多いでしょう。今回は、イオンクレジットが発行するクレジットカードの中から、目的に合わせたクレジットカードが選択出来るよう、タイプ別でおすすめのカードを紹介します。あなたに合った一枚が見つかります。どのイオンカードを作ろうか迷っている人は、ぜひこの記事を参考にしてください

インビテーションの条件①イオンカードを100万円以上利用する

インビテーションの条件について、公式HPでは「直近年間カードショッピング100万円以上の方に発行しております」と説明されています。

ただし、イオンゴールドカードの公式HPに「他の一定の基準を満たしたお客さまにも発行しております」と記載されていることから判断すると、利用額が100万円以下でもインビテーションが届く可能性もあります。

しかし、一番確実なインビテーションの条件は1年間に100万円以上を利用することです。100万円というと大きい金額に感じますが、1カ月間の利用額に換算すると、ひと月あたり約8.3万円と意外に低い金額となります。

普段の買い物や支払いの場面でイオンカードを使うように意識すれば、年間100万円以上利用することも難しくないのでしょう。

まずはイオンカード、イオンカードセレクトのどちらかを手に入れて、インビテーションがくるように利用実績を積みましょう。

イオンカード(WAON一体型)
おすすめポイント
  • 年会費無料でお得!
  • WAONでの支払いでWAONポイントが貯まる!
  • ときめきポインTOWNを利用すれば更にポイントがたまる!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 約2~3週間程
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
イオンカードセレクト
おすすめポイント
  • 入会金・年会費無料はもちろん、ETCカードや家族カードも全て無料!
  • WAONでのお買い物やオートチャージでWAONポイント2重取り!
  • イオン銀行ATM利用手数料が0円で使える!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5%~2.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 約2週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
イオンカードのお得な使い方や申込方法、知らないと損する7つのポイントまで徹底解説
イオンカードはイオンユーザーなら持っていて損はない特典満載のクレジットカード。この記事ではイオングループの5%オフデー、イオンシネマの割引、ショッピング保険などイオンカードの特長をご紹介します。さらに電子マネーWAONの得する使い方、キャッシュカード一体型のイオンカードセレクトのおすすめポイント、イオンゴールドカードに招待される条件まで徹底解説します。

今なら20%キャッシュバック!イオンカードセレクトならイオンゴールドカードに近づける!

イオンカードでは2019年7月1日(月)〜9月30日(月)まで、新規入会キャンペーンをおこなっています。

キャンペーン期間中に対象となるイオンカードセレクトを申し込むと、カードの利用代金から最大で20%のキャッシュバックが受けられます。

キャッシュバックの上限は10万円までなので、利用額が50万円までなら、最大限のキャッシュバック率で効率的にキャンペーンを利用することができます。

20%が戻ってくるので、この機会にイオンカードセレクトを作成して、大きな買い物をすれば、イオンゴールドカードのインビテーション条件にも近づけるだけでなく、お得に買物ができるのでぜひ活用しましょう。

インビテーションの条件②クレヒスが優良であることが大切

インビテーションをもらうためには、イオンカードの「クレヒス(クレジットヒストリー)」が優良であることが前提です。

クレヒス
とはクレジットカードの利用履歴のことで、金融サービスを新規契約する際には、延滞や強制解約、代位弁済、債務整理などの金融事故を一度も起こしていないことが重要となります。

イオンカードの支払いで上記のようなトラブルを起こしたことがある方は、インビテーションをもらえる可能性は低いでしょう。

普段から口座振替日にきちんと支払っている方にとっては、金融事故のようなトラブルは無縁だと思っていらっしゃるかもしれません。

しかし、1日~2日程度の支払い遅延を数回起こしただけでも、インビテーションが届かなくなる可能性があるためご注意ください。

各種保険が無料で付帯!イオンゴールドカードのメリット

イオンゴールドカードのメリットは、年会費が有料のゴールドカードと同じような付帯保険や空港ラウンジサービスなどの特典を年会費無料で受けられることです。

特典の充実度は、年会費1万円程度のステータスカードには劣るものの、年会費3,000円程度の格安ゴールドカードやヤングゴールドカード以上の充実度となっています。

すでにイオンゴールドカードのインビテーションをもらった方の中には、他社のゴールドカードと迷っている方もいらっしゃるかもしれません。

ゴールドカードは一般カードよりも審査が厳しく審査落ちの可能性も高いですが、イオンカードからアップグレードする場合、カードの利用実績があることにより審査が通りやすくなる傾向があります

これもまた、イオンゴールドカードのメリットです。もし他社のゴールドカードで審査に不安があるのでしたら、イオンゴールドカードにアップグレードすることをおすすめします。

次に、イオンゴールドカードの特典について詳しくご説明させていただきます。

イオンゴールドカードは付帯保険が充実!

イオンゴールドカードの付帯保険には、ショッピングセーフティ保険、海外・国内旅行傷害保険があります。どのような保険なのか一つずつご説明します。

イオンゴールドカードの付帯保険①ショッピングセーフティ保険

ショッピングセーフティ保険では、イオンゴールドカードで決済した商品(1品5,000円~300万円)が破損・盗難など偶然の事故により損害を被った場合、購入日から180日間、年間300万円まで補償されます。商品を購入した場所については、国内・海外を問いません。

イオンカードにも50万円まで補償されるショッピングセーフティ保険が付帯されていますが、イオンゴールドカードは300万円まで補償されるため、高価なブランド品や家電などを購入する際にも安心できます。

他社のゴールドカードに付帯されているショッピング保険の場合、補償期間は90日で自己負担額が3,000円~10,000円かかるのが一般的です。しかし、イオンゴールドカードのショッピングセーフティ保険は、補償期間が他社の2倍、さらに自己負担額が0円ということから、より実用的だと言えます。

イオンゴールドカードの付帯保険②国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険では、国内旅行中のケガに対して最高3,000万円までの保険金が受け取れます。ただし、イオンゴールドカードで、その旅行や宿泊施設の代金を支払うことが前提となります。

補償内容と支払い限度額は次のとおりです。

補償内容・支払い限度額
傷害による死亡・後遺障害
3,000万円
傷害による入院(最高180日分) 日額5,000円
傷害による通院(最高90日分) 日額3,000円

国内の旅行は安心・安全だと思っていらっしゃる方が多いかもしれませんが、海や山、スキーやスノーボードなどのレジャー関係では事故が絶えません。国内旅行でもトラブルや事故が起きないという保証はないので、保険に入っておくと安心です。

イオンゴールドカードの付帯保険③海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険では、海外旅行中のケガや病気に対して、1回の旅行につき最長30日まで、最高5,000万円の保険金が受け取れます。ただし、日本出国前に海外旅行代金等をイオンゴールドカードで支払うことが前提となります。

補償内容と支払い限度額は次のとおりです。

補償内容・支払い限度額
傷害による死亡・後遺障害 5,000万円
傷害による治療費用 300万円
疾病による治療費用 300万円
携行品損害 30万円
個人賠償責任 3,000万円
救援者費用など 200万円

海外旅行時はトラブルや事故など何が起こるかわかりません。海外では病気やケガの治療費が日本よりも高い傾向にあるため、最高5,000万円と高額の保険金が受け取れると安心できます。

海外旅行傷害保険や海外旅行時のクレジットカードの使い方について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

海外旅行でクレジットカードが必要な理由と海外旅行保険付きのおすすめのクレカを厳選!
海外旅行にはクレジットカードが必須。現地通貨に両替がしたい時、海外旅行中に病気になった時。クレジットカードが隠れた力を発揮します。海外旅行でのクレジットカードの使い方は?海外旅行傷害保険の自動付帯、利用付帯とは?学生向けのクレジットカードは?よくある疑問を徹底解説。海外旅行のためのクレジットカード選びに悩んでいる方のために、おすすめクレジットカードも紹介します。

イオンゴールドカードは全国各地のラウンジが無料で利用可能!

イオンゴールドカードの特典として、主要都市6か所の空港ラウンジと全国各地のイオンラウンジが利用できます。

一般的なゴールドカードでは空港ラウンジのみの利用が可能ですが、めったに旅行に行かない方にとっては利用頻度が低く、もったいないと感じることがあるかもしれません。

しかし、イオンラウンジは普段の買い物の際に利用できるため、イオンでよくお買い物される方にとっては便利なサービスだと感じられるのではないでしょうか。

イオンラウンジサービス

イオンラウンジは、北海道から沖縄まで全国に展開しているイオンの店舗内にあり、イオンゴールドカードの会員をはじめ、イオンの株主など特別な会員だけが利用できます。

買い物の合間に一息つきたいとき、イオンラウンジでイオンゴールドカードを提示すれば、1回30分、同伴3名まで無料でサービスを受けられます。利用時間は午前10時から午後7時までです。

コーヒーやジュースなどのドリンクやイオンのプライベートブランド「トップバリュ」のお菓子などを口にしながら、新聞や雑誌を自由に読むことができ、ゆっくりとくつろげます。

日常的に利用できとても便利ですが、イオン全店舗にイオンラウンジがあるわけではありません。イオンラウンジ店舗一覧は「暮らしのマネーサイト」で確認できます。

羽田空港エアポートラウンジサービス

羽田空港の第1旅客ターミナルと第2旅客ターミナルにはラウンジが6か所あり、通常は料金が1名につき1080円(税込)かかるところ、イオンゴールドカードをお持ちの方は無料で利用できます。

広々としていて洗練された雰囲気が魅力のラウンジでは、フリードリンクサービスの利用や新聞・雑誌の閲覧が可能です。

全席禁煙で完全分煙化された喫煙ルームが設備されていて、化粧室や無線LANなどが利用でき、飛行機に搭乗するまでの時間を快適に過ごすことができます。

国内エアポートラウンジサービス

羽田空港のほかに、成田空港、新千歳空港、伊丹空港(大阪国際空港)、福岡空港、那覇空港のラウンジが無料で利用可能です。

サービスとして、フリードリンク、TV・新聞・雑誌の閲覧、喫煙スペース、インターネット端末利用(有料)、コピー・FAX(有料)、無線LANなどが用意されていて、搭乗するまで一息つくことができます。

よく出張や国内旅行をする方にとっては、とても便利なサービスではないでしょうか。どのラウンジもラグジュアリーな空間となっているので、特別な気分を味わえることでしょう。

総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.5 調査結果:21件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 0.5%~2.0%
年会費 初年度 : 無料 / 次年度 : 無料
公式サイトを見る

イオンゴールドカードの申込方法は?

イオンゴールドカードの申込手順をご説明します。インビテーションが手紙で届くと、ネットからイオンゴールドカードに申し込むことができます。

「暮らしのマネーサイト」のマイページにログイン後、「各種カード切替・追加申込み」を選択すると、次に表示される画面で、「イオンゴールドカードの申込み」(イオンカードセレクトの場合は「イオンゴールドカードセレクトのお申込み」)ボタンが表示されます。

このボタンを押して、氏名、年齢、住所、勤め先、年収など基本属性を入力し送信すると、手続きが完了します。

手続き完了後、すぐにイオンゴールドカードが発行されるわけではありません。

インビテーションでも審査があるので、審査時間を要します。審査の長さについては公表されていませんが、ネットの体験談によると3日程度で審査が完了することが多いようです。


審査に合格すると、「暮らしのマネーサイト」のマイページで確認できる登録カードが「イオンカード」から「イオンゴールドカード」に変更されます。

イオンゴールドカードの家族カードを申し込む方法

家族カードは、イオンゴールドカード会員の家族(18歳以上の本会員と生計をともにしている家族)に3枚まで発行可能です。年会費無料で本会員と同じ付帯サービスが受けられ、ポイントも貯まります。

家族カードの申し込みは、「暮らしのマネーサイト」のマイページにログイン後、右側のメニューにある「各種カード・追加申込み」から手続きできます。事前に、家族カードを申し込む方の「イオンスクエアナンバーID」と「パスワード」の取得が必要です。

イオンゴールドカードはインビテーションでも審査落ちの可能性あり!

基本的に、インビテーションの場合でも一般的なゴールドカードと同じように審査がおこなわれます。

公式HPに「審査によりお申込みの意にそえない場合がございます」と記載されていることから、審査通過の基準を満たさなければ審査落ちすることもあります。

審査落ちの原因として考えられるのは、信用情報に傷があるということです。

さきほど、インビテーションをもらうためにはイオンカードのクレヒスを積むことが重要だとご説明しました。

しかし、審査の際には、個人情報機関に登録されている他社のクレジットカードやカードローンの利用履歴がさらに調べられます。

そのため、イオンカードでは延滞などのトラブルを一度も起こしたことがなくても、他社のカードで金融事故を起こしていれば審査に落ちる可能性が高いです。

「インビテーションをもらったのに、なんでイオンゴールドカードが利用できないの?」と驚いてしまうことがないよう、審査があるということを覚えておいてください。

イオンゴールドカードまとめ

イオンゴールドカードについて解説させていただきました。

本来なら数千円の年会費を支払って受けられる付帯サービスが、イオンゴールドカードなら無料で受けられるという違いはやはり大きいです。

インビテーションには有効期限があるので、届いた方は早めのお申込みをおすすめします!

関連記事