更新日: / 公開日:

クレジットカードが無い!紛失した時の対処方法をご紹介

クレジットカードが無い!紛失した時の対処方法をご紹介

外出の際は、財布と携帯と身分証明書を持って行きますよね?財布の中には、現金やキャッシュカード、そしてクレジットカードが入っていませんか?外出先でクレジットカードを無くすと、動揺しますよね。

また、財布に入るような薄く小さな物ですから、無くなったこと自体、気付くのが遅くなってしまうかもしれません。そこで今回は、クレジットカードを紛失した時、どのように行動すれば良いのかについて詳しくご紹介していきます。また、「紛失保険」についてもご紹介します。是非ご参考にしてください。

クレジットカードを紛失したらまずは連絡を!

クレジットカードを紛失した際の手続きの流れは、以下のようなものとなっています。
・クレジットカード発行会社に連絡をする。
・警察へ届け出をする。
・再発行手続きをする。
・再発行したクレジットカードが届く。

クレジットカード発行会社に連絡をする。

手元からクレジットカードが無くなった時に、まず始めにすることは、「連絡」です。クレジットカード発行会社に電話をして無くなったことを伝えましょう。クレジットカードの裏面に記載されている会社が連絡先となっています。また、クレジットカードの表面に表示されている「国際ブランド」へ電話をすることもあります。

例えば国際ブランドの1つである「JCB」は、国際ブランド、クレジットカード発行会社、加盟店管理会社が一体化しているクレジットカード会社です。JCBのクレジットカードを無くした場合は、JCBへ直接連絡をする必要があります。

どのクレジットカード発行会社も、紛失または盗難に備えて、電話受付は24時間365日となっています。したがって、クレジットカードを無くしたと気が付いた時、すぐに電話することをオススメします。

警察へ届け出をする。

次に、最寄りの警察へ行き、「紛失届」の提出をしましょう。これは、必要ないと感じるかもしれませんが、もし第三者によって盗難の被害に遭ってしまった場合、その補償をクレジットカード発行会社にしてもらう為です。紛失届を提出すると、「受理番号」が発行されます。受取った書類は大切に保管し、受理番号はメモしておくことをオススメします。

再発行手続きをする。

そして、再度クレジットカード発行会社へ連絡をします。契約自体を解約することもできますが、ここでは再発行についてご紹介していきます。

再発行をしたい旨を伝えたら、クレジットカード発行会社から登録した住所へ、再発行依頼書などの書類が届きます。その書類を不備なく記入し返送しましょう。クレジットカードの暗証番号は、元々使用していた番号でもOKです。また、クレジットカードの再発行手数料として、約1,000円程度が必要となります。

再発行したクレジットカードが届く。

書類を返送してから1~2週間後に、新しいクレジットカードが届きます。ここで注意して頂きたいのが、手続きは全て終了していないということです。クレジットカードの表面に記載されているクレジットカード番号は、新しくなっていますので、公共料金などの支払方法として、クレジットカード番号を登録してある場合は、再登録をする必要があります。

紛失に備えて、日頃心がけておくことは?

クレジットカードは紛失の電話連絡をし、利用停止手続きをすることで、利用をすることができなくなります。しかし、利用停止をしていない場合や、無くしたこと自体気が付いていない場合は、第三者によって不正利用される可能性があります。紛失に早めに気が付くためにも、クレジットカードが必要のない外出の際は、無駄に持ち歩かないことがオススメです。

クレジットカードは、1人あたり複数枚持つことができます。しかし、所持しているクレジットカードが多いと、1枚無くなっただけでは気が付きにくくなってしまいます。クレジットカードの契約は、管理できる分だけに留めておくことをオススメします。例えば財布ごと無くした場合、電話をする会社が多くなるため大変になりますし、再発行手続きや再発行手数料が多くかかってしまいます。

クレジットカードは、いつどこで紛失するか分かりません。そこでオススメなのは、紛失の連絡をする先の電話番号を、携帯のアドレス帳に登録したり、メモとして残す事です。

電話番号と一緒に、会社名とクレジットカード番号を控えておくと、紛失後の手続きをスムーズに行うことができます。クレジットカードとメモを一緒に保管しておくのではなく、クレジットカードとメモは別々に保管する事をおすすめします。

クレジットカードが見つかったらどうする?

利用停止の手続きをしたクレジットカードが、発見された場合の対処方法についてご紹介します。

クレジットカードが見つかったら、上部にある磁気の部分(機械に通す部分)と、ICチップにハサミを入れて捨てましょう。シュレッダーにかけて細かく刻むのもOKです。これは、利用停止をかけた後、またはクレジットカードの再発行後でも同じことが言えます。

クレジットカードの再発行には、手数料が掛かります。では、「発見したクレジットカードをそのまま使うことはできないのか」という疑問は出てきませんか?答えは「できない」です。その理由をご紹介します。

紛失の連絡をすると、クレジットカード会社にてクレジットカードの事故登録がされ、利用停止をかけられます。 その際に、利用停止をかけたクレジットカードの「クレジットカード番号は再利用出来ない」ようになっています。

クレジットカード番号を再利用出来ない理由としては、第三者がクレジットカードを拾って、クレジットカード名義人を装って、うその報告をしてくる可能性があるので、セキュリティ上の観点から一度利用停止をしたクレジットカード番号は再利用出来ないようになっています。

そのため、クレジットカードの場合は、「必ず再発行」となってしまいます。クレジットカード発行会社へ再発行依頼を行った後、現物は1~2週間後に、登録された住所・契約者へ郵送されます。

クレジットカードには様々な種類があります。クレジット機能だけがついたクレジットカードの他に、「キャッシュカード」が一体化しているクレジットカードがあります。この場合はむやみに裁断するのではなく、一度クレジットカード発行会社へ連絡をする事をおすすめします。

クレジットカード紛失により、悪用される可能性があります

クレジットカードの「不正利用」について、ご紹介していきます。クレジットカードを紛失し、第三者に渡ってしまった場合、悪用される危険があるということを知っておきましょう。不正利用には、主に以下のようなものがあります。
・スキミング
・フィッシング

スキミングとは

スキミングとは、クレジットカードの磁気記録情報を、他人が「スキマー」という特殊な装置を使って、不正に読み取り、偽造クレジットカードを作るという犯罪行為です。財布の中から一旦盗み出し、スキマーにクレジットカードを通して、元に戻す。という手口があります。

また、お店のお会計時に、クレジットカードを手にした店員が、レジへ通すと同時にスキマーへ通すこともあります。犯人と店員が協力し合っていたり、犯人がこっそりレジへスキマーを取り付けたりする場合もあります。

このようなスキマーは設置型となっていますが、携帯型も存在します。つまり、お店のレジや金融機関のATMなどで使用できるだけでなく、持ち歩いて使用することもできるということです。例えば、温泉へ行った時、犯人は財布の中からクレジットカードを抜き取り、携帯しているスキマーでクレジットカードの情報を読み取ることが可能になります。

フィッシングとは

フィッシングとは、犯人によって作られた偽のサイトから、利用者のクレジットカード情報を不正に収集するという犯罪行為です。手口としてはまず、クレジットカード発行会社や金融機関を装い、偽のメールを利用者へ送信します。そして「クレジットカード情報が無効となっています。」などという文章を使い、利用者が偽のサイトへアクセスすることを促します。

サイト上では、名前や住所、銀行口座番号やクレジットカード番号などを入力するように促されます。そして入力されたクレジットカード情報などを、悪用するのです。

クレジットカードの紛失には、2パターンあります。ただ単に持ち主が無くした場合と、悪用しようとしている人が盗んだ場合です。お買い物をして財布に戻さず、商品と一緒に袋に入れたり、家の中で他のカードに紛れてしまいどこにあるか分からなくなったりするのは、持ち主の「過失」になります。

同じ持ち主の過失でも、悪いことを考える人が、財布から抜き取ったり空き巣に入ったりするのは、犯罪行為となります。落として無くした場合も、誰かに盗まれた場合も、クレジットカードの情報は上記のようなスキミングやフィッシングを使って、簡単に知られてしまうということを覚えておきましょう。

クレジットカードの情報が知られることによって、契約者以外の人は、クレジットカードを不正に利用することができます。つまり、犯人がクレジットカード決済で、何かしらの買い物をするということです。会員からの何の報告もない限り、クレジットカード会社は当然、会員の利用と考え、通常通りに利用金額の請求、利用金額の回収は会員に対して行われます。

すると会員は、利用明細書を見た時に覚えのない購入履歴があったり、高額な支払いを求められたりすることになります。

この被害に遭った分の金額は、実は以下にてご紹介する、「紛失保険」によって補償されることがあります。

「紛失保険」で安心

紛失保険とは、クレジットカードを紛失した際、第三者によって不正に利用された被害額について、全額補償を行ってくれる保険です。盗難保険とも言います。この保険は、「保険料」が必要なく、クレジットカードの発行と同時に自動的に付帯しているものとなっています。

クレジットカードには、一般カードやゴールドカード、ブラックカードなどのランクがあります。紛失保険は、年会費が無料の一般カードから、年会費が数万円~数十万円程かかるブラックカードまで、全てのクレジットカードに付帯しています。

ただし、紛失保険を適用するには「条件」があります。それは、以下のようなものとなっています。
・被害に遭ってから届け出が60日以内であること
・警察に届け出をし、受理番号が発行されていること
・契約者の重大な過失がないこと
・クレジットカード再発行の書類に不備がないことポイントは、被害に遭ったという届け出に、60日以内という期限が設けられていることです。つまり、不正利用など被害に遭ってから気が付くのが遅くなってしまった時は、被害額の補償がされないということになります。

重大な過失は、クレジットカードを他人へ渡し、暗証番号を第三者が知り得る番号にしていた。クレジットカードの裏面に署名が無かった。などがあります。

被害額を自己負担しない為にも、クレジットカードを無くした時は、すぐに連絡することをオススメします。また、保険の条件にある紛失届の受理番号も忘れずに、警察で発行してもらいましょう。そして、クレジットカードは貴重品として慎重に取り扱い、不用意に持ち出したり、他人へ渡したりすることのないように、心がけてください。

まとめ

・紛失に気が付いたら、クレジットカード発行会社に電話をして、クレジットカードの利用停止手続きをする。
・紛失保険を適用するために警察へ連絡をする。
・不正利用されていないか利用明細書をチェックする。
・クレジットカード再発行後は、支払い登録先のクレジットカード番号を変更する。

関連記事

2019年01月31日
2019年01月30日
2019年01月31日
2019年01月30日
2019年01月31日
2019年01月30日
2018年12月25日
2019年01月30日
2019年01月30日
2019年02月26日
2018年12月11日
2018年12月28日
2019年01月30日
2018年12月26日
2018年12月11日
2019年01月30日
2019年03月12日
2019年01月30日
2019年01月31日
2019年02月26日
2019年02月01日
2018年12月12日
2019年01月31日
2019年01月29日
2019年01月31日
2018年12月12日