更新日: / 公開日:

クレジットカードの利用明細管理にオススメ!「MoneyLink」

クレジットカードの利用明細管理にオススメ!「MoneyLink」

「銀行口座」や「クレジットカード」「電子マネー」など、様々な金融機関、支払いツールに対応した利用明細管理ソフト「MoneyLink」。

特にクレジットカードや電子マネーは、日常のショッピングからお仕事まであらゆる場面で利用できるため、利用明細の管理はより複雑になることが多いです。

そこで今回は、様々な金融機関の利用明細の自動取り込み、一元管理を可能にしたソフト「MoneyLink」についてご紹介します。

複数枚のカード管理に悩んでいる方は必見ですよ。

利用明細の自動取込&一元管理を可能に!「MoneyLink」

まず初めに、あらゆる金融機関の利用明細の自動取込と一元管理を可能にしたソフト「MoneyLink」がどういったものなのか簡単に解説します。

「MoneyLink」とは?

MoneyLinkとは、ソリマチ株式会社の提供している無料の利用明細管理ソフトです。

銀行口座やクレジットカード、電子マネーなどの情報を事前に登録しておくことで、毎月の利用明細を自動で取り込み、一元管理することが可能です。

また、ソリマチの提供している「会計王18」「青色申告18」「販売王18」などの業務ソフトと連携させることで、手間と時間のかかる作業を簡略化することもできます。

※「会計王18」「青色申告18」「販売王18」については後述します。
※「販売王18」の連携については、2017年4月以降の対応を予定しています。

なぜMoneyLinkは便利なのか?その5つの特長を紹介

ここからは、なぜMoneyLinkが使われるのか、その便利な機能、5つの特長についてご紹介します。

特長1:無料で利用できる!

MoneyLinkは、ソフトのダウンロードから利用まですべて無料です。
また、ソフト自体は開発元サイトから無料でダウンロードすることが可能です。

※ID、PWの登録は必須となります。

特長2:全国の約99%の金融機関に対応!

MoneyLinkの利用明細管理機能は、都市銀行や地方銀行をはじめとする全国の約99%もの金融機関に対応しています。
また、個人の口座だけではなく、法人口座にも対応しているので、個人事業主や法人経営者の方にもオススメです。

対応銀行の参考例

・みずほ銀行
・三菱東京UFJ銀行
・三井住友銀行
・りそな銀行
・埼玉りそな銀行
・ジャパンネット銀行(法人:BA-PLUS)
・セブン銀行
・楽天銀行
・じぶん銀行
・イオン銀行
・各地方銀行、信用金庫など

特長3:JCBやVISAなど様々なクレジットカードに対応!

MoneyLinkは、様々なクレジットカードの利用明細にも対応しています。
複数枚のカードの使い分けが非常に簡単になるので、より徹底したカード管理ができるようになります。

対応クレジットカード参考例

・JCBカード
・ダイナースカード
・SuMi TRUST CLUBカード
・三井住友VISAカード
・UCカード
・アメリカン・エキスプレス・カード
・dカード
・DCカード
・MUFGカード(AMEXブランドも含む)
・NICOSカード
・Yahoo! JAPAN JCBカード
・Yahoo! JAPANカード(新ワイジェイカード)
・イオンカード
・エポスカード
・オリコカード
・セゾンカード
・ファミマTカード
・ライフカード
・ローソンPontaカード
・楽天カード など

特長4:電子マネーにも対応可能!

MoneyLinkは、銀行口座やクレジットカードだけではなく、電子マネーにも対応しています。
全部で13種類の主要電子マネーに対応しており、利用明細をクレジットカードと分けることができるのでより細かな管理が可能です。

対応電子マネー参考例

・楽天Edy
・nanacoカード
・nanacoモバイル
・WAON
・WAON(イオンカードのWAON一体型)
・ウェブマネー
・スターバックスカード
・my Starbucks
・モバイルSuica
・ちょコム
・SMART ICOCA(J-WEST)
・PiTaPa
・au WALLET

特長5:ソリマチ業務ソフトとの連携!

MoneyLinkは、利用明細の取り込みや一元管理以外にも、同提供元の業務ソフト「会計王18」「青色申告18」「販売王18」などと連携させることで真価を発揮します。

ソフト名 通常機能 MoneyLink連携で出来ること
会計王18 自動仕訳・自動集計、パソコンや簿記の初心者でも安心して利用できる会計ソフト 取り込んだ利用明細データを自動で仕訳データへ移行可能
青色申告18 パソコンや簿記の初心者でも安心して利用できる個人事業主専用会計ソフト 取り込んだ利用明細データを自動で仕訳データへ移行可能
販売王18※ 請求書の発行から売掛管理や売上分析ができる販売管理ソフト 取り込んだ利用明細データを自動で入金伝票へ移行可能

※販売王18は、2017年4月以降に無償で対応プログラムを提供予定です。

MoneyLinkで利用できるオススメクレジットカード

ここからは、MoneyLinkで対応している様々なクレジットカードの中から、オススメの3つをご紹介します。

国内唯一の国際ブランドJCBのプロパーカード「JCB一般カード」

日本国内唯一の国際ブランドJCBの発行しているクレジットカードです。

1,250円(税別)の年会費が発生しますが、一般カードとしてはとても充実した付帯保険が利用できます
またポイント優待店も数多く用意されているので、日本国内であればどこでもお得に利用できる1枚です。

ポイント特化クレジットカードの代表!「オリコカード THE POINT」

年会費無料のポイント特化型クレジットカードです。

オリコカード THE POINTは、基本のポイント還元率が1.0%と設定されており一般的なカードと比べて非常に高いです。
また、入会後6か月間は、獲得ポイントが2倍になるのでさらにお得です。

ポイント優待サイト「オリコモール」を活用すると最大15.0%のポイントをゲットできるのでまさにポイント獲得に特化した1枚です。

富裕層向けステータスカード「ダイナースクラブカード」

世界的にも有名なハイステータスカード「ダイナースクラブカード」です。

年会費は22,000円(税別)と他の一般カードよりは比較的高めですが、空港ラウンジサービスやレストラン、宿泊施設の優待など様々なサービスが利用できます

また、クレジットカードとしては珍しく、おしゃれなマイサインキットプレゼント等のキャンペーンも実施しています。

利用限度額には一律の制限を設けていないため、高額商品の利用にもオススメの1枚です。

まとめ

・MoneyLinkは、無料で利用できるお手軽利用明細管理ソフト
・全国の約99%の金融機関や、様々なクレジットカード、電子マネーに対応している
・同提供元(ソリマチ)の業務ソフトと連携させることでさらに便利に利用することができる

MoneyLinkは、無料ながら様々な金融機関、クレジットカード、電子マネーの利用明細を自動で取り込み、一元管理できる非常に便利なソフトです。

同提供元(ソリマチ)の業務ソフトと連携して利用することができるので、是非ご活用ください。

関連記事

2019年01月31日
2019年01月30日
2019年01月31日
2019年01月30日
2019年01月31日
2019年01月30日
2018年12月25日
2019年01月30日
2019年01月30日
2019年02月26日
2018年12月11日
2018年12月28日
2019年01月30日
2018年12月26日
2019年01月30日
2019年03月12日
2019年01月29日
2019年01月30日
2019年01月31日
2019年02月26日
2019年02月01日
2018年12月12日
2019年01月31日
2019年01月29日
2019年01月31日
2018年12月12日