更新日: / 公開日:

現金よりも断然お得!6大コンビニ別オススメのクレジットカード

現金よりも断然お得!6大コンビニ別オススメのクレジットカード

JCBが2015年に行った調査※によると、20代から60代の84%の方がクレジットカードを所有しているそうです。しかし、その割合に比べると現金払いをしている人の方が多く見かけます。

この調査によると、特にコンビニでクレジットカードを使う方の割合は低く、スーパーマーケットと比べるとおよそ半分程度の方しかクレジットカードを利用しないそうです。

コンビニで使う額は比較的少額な傾向がありますが、毎日使う方であれば1年でかなりのポイントが貯まります。また、クレジットカードにはコンビニならではの特典やメリットも多数用意されているため、現金で支払うより断然お得です。

コンビニでクレジットカードを使うメリット・デメリット

【メリット1】支払いがスピーディー

クレジットカードを利用する際に、意外に面倒なのがサインや暗証番号の入力です。特に暗証番号を入力している時は、周りのお客さんに見られないかと少し不安になる方や、レジで時間がかかり周りの方に迷惑になるのを気にする方もいるのではないでしょうが?

しかし、ほとんどのコンビニでは1万円以下の支払いなら、サインも暗証番号の入力も無しで買物ができます。そのため、支払いは現金よりもスピーディーに行え、出勤ラッシュや休憩時間などの混み合った時間帯に使っても、周りの人の迷惑になることもありません。

また、最近はApple Payに代表されるモバイル決済がコンビニでも採用されているので、よりスピーディーにクレジットカードでの決済ができます。

【メリット2】ポイント2重取り・3重取りが可能

ローソンやファミリーマートは、支払いをする際にポイントカードを提示すると、お買物金額に応じて共通ポイントが貯まります。このポイントは、支払い方法に関係なく貯まるので、現金払いだけでなく、電子マネーやクレジットカードで支払いをしてもポイントを獲得できます。

さらに、一部のクレジットカードは、電子マネーにチャージ(入金)が可能で、チャージ金額に応じてクレジットカードのポイントが貯まります。クレジットチャージした電子マネーで支払いをすると、電子マネーの利用ポイントが発生するため、1回の支払いで3回もポイントを獲得できるチャンスがあるのです

ポイント3重取りの例
1回目:ポイントカードを提示でポイントゲット
2回目:クレジットカードで電子マネーをチャージでポイントゲット
3回目:クレジットチャージした電子マネーを使った支払いでポイントゲット

【メリット3】ボーナスポイントが貰える

一部のコンビニは、クレジットカード会社と提携したカードを発行しており、自社で使った際の特典が用意されています

例えば、商品によってはボーナスポイントが設定されており、自社のカードで支払う事でポイントが貯まります。中には、100円~200円分のポイントが貰える場合もあり、現金だけで支払いをするより圧倒的にお得です。

クレジットカードで支払えない商品もある

コンビニによっては、クレジットカードで支払いができず、現金払いしか受け付けていない商品・取引があります。クレジットカード払いが出来ない代表的な商品・取引は下記にまとめていますが、コンビニごとに多少違いがあるため、支払いの前に確認を行うのがオススメです。

また、各コンビニがクレジットカード会社と提携発行しているカードなら、現金払いしか受け付けていない取引でも、クレジットカード払いができるケースもあります。

クレジットカード払いができない代表的な商品・取引※例外あり

公共料金・税金・インターネットショッピング代金収納、切手、印紙、ハガキ、年賀状印刷代金、チケット代金の支払い、テレホンカード類、バスカード・各種乗車券・回数券、各種消費券、QUOカード、ゴミ処理券等、電子マネーのチャージ、コピー、FAX

セブン-イレブンでお得に使えるクレジットカード

セブン-イレブンで利用できる国際ブランドは、JCB・Visa・MasterCard・American Express・Diners Clubです。また、10,000円以下であればサインレスでお買物ができます。

セブンカード・プラス

セブンカード・プラスは、セブン-イレブンのグループ企業である、株式会社セブン・カードサービスが発行するクレジットカードです。

通常のポイントの貯まり方は、200円(税込)につき1ポイントですが、セブン-イレブンではポイント3倍、その他のセブン&アイグループの対象店でも、2倍~3倍も多くポイントが貯まり、最大で1.5%の還元を受けられます。

また、nanacoボーナスポイント対象商品を購入や、nanacoへのチャージでもポイントが貯まります。nanacoへのチャージでは、200円につき1ポイントが貯まるため、利用時と合わせると最大1.5%の還元を受けられます。

年会費は初年度無料で、2年目以降も前年度に5万円以上ショッピンの利用があれば無料になります。(5万円以下だと500円+税)職場の近くにセブン-イレブンがあれば、週に5回500円程度のお弁当を購入していけば、5ヶ月程度で年会費が実質無料になります。

JCB一般カード

JCB一般カードは、年会費1,250円(税別)のクレジットカードです。
通常は、1,000円(税込)につき1ポイントが貯まり、ポイント還元率は0.5%ですが、「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」と言うポイント優待店が用意されており、ここでお買物をするとポイント還元率がアップします。

JCB ORIGINAL SERIESパートナーには、セブン-イレブンとイトーヨーカドーも含まれており、どちらでお買物をしてもポイントが3倍となり、最大で1.5%の還元を受けられます

JCB一般カード
おすすめポイント
  • オンライン入会で初年度年会費無料!
  • 国内・海外旅行保険は最大3000万円!
  • 海外の利用ではポイントが2倍に!
年会費 無料
次年度以降 1,250円
ポイント還元率 0.5%~2.5%
マイレージ還元率 0.3%~0.78%
ETC年会費 -
発行期間 1営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 非対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー
JCBカードは「育成」で優待、ポイントが進化する!日本唯一の国際ブランドの実力をまとめてみた
世界で唯一メイド・イン・ジャパンの国際カードブランドJCB。国際ブランドであると同時にカード発行会社でもあり自社のプロパーカード(JCB ORIGINAL SERIES)を発行しています。 カードランクもポイント還元率も育成を重ねることによってランクアップしていくのが魅力。国産ブランドならではの「おもてなし」に満ちた特典や優待が豊富です。

楽天カード

楽天カードは、どこで利用しても1%の還元を受けられる、年会費無料のクレジットカードです。
カード単体で利用しても、ポイント還元率の良いカードですが、nanacoと合わせて使うことで、セブン-イレブンでのお買物が一層お得になります。

楽天カードは、国際ブランドがJCBのカードに限り、nanacoへのチャージで1%分のポイントが貯まります。nanacoは、支払い時にも0.5%~1%の還元を受けられるため、合計で最大で2%の還元を受けられます

楽天カード
おすすめポイント
  • 年会費永年無料の業界大人気クレカ!
  • 楽天カード100円利用で1ポイント。楽天市場では2倍!
  • ポイントは電子マネー「楽天Edy」にも交換可能!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1.0%~4.0%
マイレージ還元率 0.5%
ETC年会費 無料
発行期間 7営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社
自分にあった楽天カードはどれ?楽天カードを比較してみた
楽天カードは、2016年も顧客満足度1位を達成し、これで8年連続の1位となりました。そんな人気の楽天カードですが、今年はもう1つニュースがあります。それは新たに楽天ゴールドカードの発行が始まったと言うことです。 楽天には、これまでも楽天プレミアムカードというゴールドカードが存在しましたが、新たに出た楽天ゴールドカードは、これまでの楽天プレミアムカードと楽天カードの中間に位置するカードとなっています。今回は、この3種類の楽天カードを比較して、どんな方にオススメなのか紹介していきます。 ※この記事の情報は2016年12月27日時点のものです。

セディナカードクラシック

セディナカードクラシックは、三井住友フィナンシャルグループが発行する年会費1,000円(税別)のクレジットカードです。
ポイントプログラムは「わくわくポイント」が採用されており、200円(税込)につき1ポイントが貯まります。

ショッピング関係の優待が豊富に用意されており、セブン-イレブン・イトーヨーカドー・ダイエー・イオンで利用すると、ポイントが3倍貯まり、最大で1.5%の還元を受けられます

ファミリーマートでお得に使えるクレジットカード

ファミリーマートで利用できる国際ブランドは、JCB・Visa・MasterCard・American Express・Diners Club・銀聯・新韓カード・DISCOVERです。また、4,000円未満であればサインレスでお買い物できます。

ファミマTカード

ファミマTカードは、ファミリーマートとポケットカード株式会社が提携発行する年会費無料のクレジットカードです。

通常は、200円につき1ポイントが貯まり、ポイント還元率は0.5%ですが、Tポイントカードとしての機能も備えており、Tポイント加盟店で提示すると200円につき1ポイントが貯まります。

また、ファミリーマートもTポイント加盟店のため、カードの提示でも200円につき1ポイントが貯まり、合計1%の還元を受けられます。

その他にもファミリーマートでの利用特典も豊富に用意されています。これらの特典は合算できるため、ポイント還元率は数倍にアップします

ファミマTカード
おすすめポイント
  • ファミマでのお買い物時の提示で200円につき1ポイント
  • クレジット機能で決済するとさらに200円につき1ポイント
  • ファミマで毎週、火曜&土曜にクレジット利用するとポイント最大5倍
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5〜1.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 14営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by ポケットカード株式会社

ファミランク

ファミランクとは、ファミリーマートでの1ヶ月間のお買物金額に応じて、翌月のカード提示によるポイント還元率がアップするステージ制プログラムです。

ランク 当月1日~月末のお買物金額 提示で得られるポイント
ブロンズ ~4,999円まで 200円につき1ポイント
シルバー 5,000円~14,999円まで 200円につき2ポイント
ゴールド 15,000円以上~ 200円につき3ポイント

カードの日

毎週火曜・土曜はカードの日といって、ファミリーマートでのお買物でカードの提示ポイントが3倍、さらにクレジットカード払いで決済ポイントが2倍となり、合計で5倍のポイントを獲得できます。

レディースデー

毎週水曜日は女性限定で、ファミマTカードの提示ポイントが2倍になります。支払いは現金や電子マネーでも大丈夫です。

若者応援ポイント

25歳以下の方が、ファミマTカードを使うと、決済ポイントが2倍貯まります。

ファミマTカード
おすすめポイント
  • ファミマでのお買い物時の提示で200円につき1ポイント
  • クレジット機能で決済するとさらに200円につき1ポイント
  • ファミマで毎週、火曜&土曜にクレジット利用するとポイント最大5倍
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5〜1.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 14営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by ポケットカード株式会社

ローソンでお得に使えるクレジットカード

ローソンで利用できる国際ブランドは、Visa・MasterCard・JCB・American Express・Diners Club・銀聯・DISCOVERです。また、10,000円未満までサインレスでお買い物できます。

JMBローソンPontaカードVISA

JMBローソンPontaカードVISAは、ローソンと株式会社クレディセゾンが提携発行する年会費無料のクレジットカードです。

通常のポイント還元率は0.5%で、月間利用額1,000円につき5Pontaポイントが貯まりますが、ローソン・ローソンストア100では、100円(税別)に2ポイントが貯まります

また、ローソンフレッシュ(ローソン会員制ネット宅配サービス)を利用すると、200円(税別)につき1ポイントに加え、月額利用1,000円ごとに5ポイントが貯まります。

さらに、JALのマイルがダブルで貯まるキャンペーンにエントリーすると、Pontaポイントと同時にJALマイルが貯まります。エントリーから2018年2月28日までの間、ローソン・ナチュラルローソン・ローソンストア100でカードを利用すると、Pontaポイントが100円につき2ポイントに加え、JALマイルも200円ごとに1マイルが貯まります。(2016年3月1日以降に入会の方は自動エントリー)

Pontaポイントはお試し引換券に使うとよりお得に

貯まったPontaポイントは、「お試し引換券」に交換するとよりお得になります。お試し引換券とは、ローソン店頭にあるLoppiで、Pontaポイントとdポイントを使って商品の値引券・引換券を発行できるサービスです。

Pontaポイントとdポイントは、どちらも1ポイント=1円の価値ですが、お試し引換券に交換すると、1ポイントあたり2~4円として利用できるため、貯まったポイントを最大限に活用できます。

記事作成時点でのお試し引換券の一例
10ポイント→食パンの30円値引券
40ポイント→132円のカップ味噌汁の引換券
50ポイント→129円のドリンク引換券

ローソンユーザー必見!Pontaポイントの2重取り方法を徹底解説
ローソン利用者であればほとんどの方が耳にしたことがあるポイントプログラム「Pontaポイント」。 Pontaポイントは、ある一定量貯めることで、ローソンでのお買い物のお支払いに充当したり、様々な他社ポイントやマイルと交換もできるのでとてもお得ですよね。また、Pontaポイントは、簡単な方法でポイント2重取りもできる貯めやすいポイントでもあります。 そこで今回は、お得なPontaポイントの貯め方や、ポイント2重取りの方法についてご紹介します。

dカード

dカードは、株式会社NTTドコモが発行するクレジットカードです。年会費は初年度無料、2年目以降も前年に1度でもショッピングの利用があれば無料となるため、実質無料のカードです。(利用がない場合は1,250+税)

通常は、100円につき1dポイントが貯まり、1ポイント=1円として利用できるため、ポイント還元率は1%です。ローソンは、dポイント加盟店でもあるため、dカードの提示でも100円につき1ポイントが貯まり、合計2%の還元を受けられます。

さらにdカードには、ローソン利用時の特典が用意されており、カード代金請求時に利用分の3%が割引になります。

これで、カードの決済ポイントが1%、カードの提示で1%、代金請求時に3%割引となり、合計5%の割引を受けられます

今ならキャンペーンで最大9%の割引

2017年3月31日までキャンペーンを行っており、エントリー後dカードを登録したiD、もしくはApple Payを使ってローソンの支払いをすると、決済ポイントが加算されます。

iDなら決済ポイントが2倍となるため、請求時の割引とカードの提示による加算を合わせると最大6%割引になります。

さらに、Apple Payなら驚異の決済ポイント5倍となり、最大で9%の割引を受けられます

dポイントもお試し引換券に交換できる
JMBローソンPontaカードVISAで紹介したお試し引換券は、dポイントでも利用できます。これを使えば、貯まったdポイントの価値を2倍~4倍に活かせます。

dカード
おすすめポイント
  • 初年度年会費無料!
  • 年1度のカード利用で2年目以降の年会費が無料!
  • dポイント加盟店は還元率1%!
年会費 無料
次年度以降 1,250円
ポイント還元率 1 〜 5%
マイレージ還元率
ETC年会費 -
発行期間 5営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 非対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ
dカードユーザー必見!dカードポイントUPモールを徹底解説
普段のお買い物で使うだけで、簡単にdポイントを貯める事ができるドコモのdカード。実は、このdカードは、ポイント優待サイト「dカードポイントUPモール」を活用する事でお得にポイントが貯められるのをご存じでしょうか?dカードポイントUPモールには、様々ポイント優待特典が用意されており、dカードユーザーには欠かせないポイント優待サイトです。そこで今回は、そんなお得なポイント優待サイト「dカードポイントUPモール」について紹介します。

ミニストップでお得に使えるクレジットカード

ミニストップで利用できる国際ブランドは、Visa・MasterCard・JCB・American Express・Diners Club・DISCOVER・銀聯です。また、10,000万円未満であればサインレスでお買い物できます。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトは、電子マネー「WAON」・イオン銀行キャッシュカード・クレジットカードの機能が1つになった年会費無料のカードです。

ポイント還元率は0.5%で、200円につき1ときめきポイントが貯まります。イオングループで使うと、ポイントが2倍になる特典があり、ミニストップでも1%の還元を受けられます

イオンカードセレクト
おすすめポイント
  • 入会金・年会費無料はもちろん、ETCカードや家族カードも全て無料!
  • WAONでのお買い物やオートチャージでWAONポイント2重取り!
  • イオン銀行ATM利用手数料が0円で使える!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5%~2.0%
マイレージ還元率 0.25%~0.5%
ETC年会費 無料
発行期間 14営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社イオン銀行

ミニストップではWAONでの支払いがオススメ

イオングループでポイントが2倍になる特典は、全52種類あるほとんどのイオンカードに用意されています。その中でイオンカードセレクトがオススメな理由は、WAONへのオートチャージでポイントが貯まるからです。

まず、イオンカードセレクトでWAONへのオートチャージをすると、ときめきポイントが200円につき1ポイントが貯まります。(ポイント還元率に直すと0.5%)

そして、チャージしたWAONで支払いをすると、ここでも200円につきWAONポイントが1ポイントが貯まるため、合計1%の還元を受けられます。

これだけだと、カード単独で支払いをした場合と同じ還元率ですが、前述したようにイオンカードセレクトには、イオン銀行のキャッシュカードとしての機能があります。

イオン銀行には、「イオン銀行ポイントクラブ」というステージ制プログラムがあり、イオンカードセレクトを持っていると自動で適用されます。このサービスでは、6ヶ月間のイオンカードとWAONの利用額によってステージが決まり、それに応じて複数の特典を受けられます。

複数特典の1つに、毎月5日・15日・25日の「お客様わくわくデー」に、WAONにオートチャージした金額分のポイント還元率が上がる特典があり、ステージ3になるとチャージだけで1.5%の還元を受けられます。

適用なし ステージ1 ステージ2 ステージ3
6ヶ月間のイオンカードとWAONの利用額 10万円未満 10万円以上 30万円以上 50万円以上
5のつく日のオートチャージ還元率 200円につき1P 200円につき1.5P 200円につき2P 200円につき3P

さらに、毎月5日・15日・25日の「お客様わくわくデー」は、WAONの支払いポイントも2倍アップするため、合計したポイント還元率は最高で2.5%にも達します

イオンカードセレクト
おすすめポイント
  • 入会金・年会費無料はもちろん、ETCカードや家族カードも全て無料!
  • WAONでのお買い物やオートチャージでWAONポイント2重取り!
  • イオン銀行ATM利用手数料が0円で使える!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5%~2.0%
マイレージ還元率 0.25%~0.5%
ETC年会費 無料
発行期間 14営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社イオン銀行
イオンカード52種類の中からおすすめカードを厳選紹介!
イオンクレジットが発行するカードは、クレジットカードとデビットカードを合わせると52種類もあります。そのため、カード選びで迷う事も多いでしょう。 今回は、イオンクレジットが発行するクレジットカードの中から、目的に合わせたクレジットカードが選択出来るよう、タイプ別でおすすめのカードを紹介します。あなたに合った一枚が見つかります。

スリーエフでお得に使えるクレジットカード

スリーエフで利用できる国際ブランドは、Visa・MasterCard・JCB・American Express・Diners Club・Diners Clubです。また、1万円以下までサインレスお買い物できます。

ビュー・スイカ・カード

ビュー・スイカ・カードは、Suicaとクレジットカードの機能が1枚にまとまった、年会費477円(税別)のカードです。

ビュー・スイカ・カードをスリーエフでお得に使いこなすには、Suicaへのオートチャージ機能と、Suicaポイントクラブへの登録がおすすめです。

「ビュー・スイカ」カード
おすすめポイント
  • オートチャージがご利用可能!
  • きっぷや定期券の購入でポイント3倍!
  • 公共料金やお買い物などの支払いでポイントが貯まる!
年会費 477円
次年度以降 477円
ポイント還元率 0.5 〜 1.9%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 477円
発行期間 7営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社ビューカード

オートチャージでポイント3倍

ビュー・スイカ・カードは1,000円につきビューサンクスポイントが2ポイント貯まり、1ポイント=2.5円として使えるため、ポイント還元率は0.5%です。しかし、Suicaにオートチャージした分は、ポイント3倍となるため最大で1.5%の還元を受けられます。

スリーエフは、Suicaでの支払いに対応しているため、オートチャージしたSuicaで支払うと1.5%の分のビューサンクスポイントが貯まります

Suicaポイントクラブに入会すれば、支払い時にもポイントが貯まる

Suicaはそのまま使っても支払い時のポイントはありませんが、「Suicaポイントクラブ」に登録してからSuicaポイント加盟店で使うと、支払い時にSuicaポイントが貯まるようになる特徴があります。

そして、スリーエフはSuicaポイント加盟店でもあるため、登録済みのSuicaでお支払すると200円につき1ポイントが貯まります。(ポイント還元率に直すと0.5%)

つまり、Suicaポイントクラブに登録済のSuicaをビュー・スイカ・カードでオートチャージを行ってスリーエフで支払いをすれば、合計で2%のポイントを獲得できるのです

「ビュー・スイカ」カード
おすすめポイント
  • オートチャージがご利用可能!
  • きっぷや定期券の購入でポイント3倍!
  • 公共料金やお買い物などの支払いでポイントが貯まる!
年会費 477円
次年度以降 477円
ポイント還元率 0.5 〜 1.9%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 477円
発行期間 7営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 非対応 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 株式会社ビューカード
最大2.5%還元!Suicaでポイント2重取りできるクレカまとめ
電子マネーを利用する上で、是非とも抑えておきたいのは、ポイントを2重取する方法です。2重取りできると、普通に使った場合よりも2倍程度のポイントを獲得できる事もあり、お得度が一気にアップします。今回はSuicaでポイントを2重取りできるクレジットカードをまとめてみました。これを読んでお得にSuicaを使いこなしましょう。

セイコーマートでお得に使えるクレジットカード

セイコーマートで利用できる国際ブランドは、VISA・Master・JCBです。また一部の店舗では銀聯カードも利用できます。

セイコーマートクラブカードプラス

セイコーマートクラブカードプラスは、JCBとセイコーマートが提携発行する年会費無料のクレジットカードです。

通常は、200円につき1ポイントが貯まり、ポイント還元率0.5%のカードですが、セイコーマートで使うと、100円につき2ポイント貯まり2%の還元を受けられます

カードを取得するには、クラブカード(ポイントカード)の裏面に記載されてる会員番号を、入会申込書に記入する必要があるため、単独での発行はできません。

複数のコンビニを利用するならファミマTカードとLINE Payカードの組み合わせがオススメ

移動が多いお仕事をしていると、利用するコンビニを1つに絞るのが難しくなってしまいます。そんな方にオススメなのが、LINE PayカードとファミマTカードの組み合わせです。

LINE Payカードとは、SNSアプリのLINEが発行しているプリペイドカードで、コンビニなどで販売しています。利用時は100円につき2ポイントが貯まり、1ポイント=1円として利用できるためポイント還元率は2%です

今回紹介したクレジットカードの多くは、特定のコンビニで使った場合にポイント還元率がアップするカードでしたが、LINE Payカードはどこのコンビニで使っても、これらに匹敵する還元を受けられます。

ファミマTカードならクレジットチャージが可能

LINE Payカードは、プリペイドカードなので利用の前にはチャージ(入金)が必要です。チャージ方法は複数用意されており、中でもファミリーマートでファミマTカードを使った場合に限り、クレジットチャージが可能です。

ファミマTカードでチャージをすると、そこでもチャージ額に応じてクレジットカードのポイントが貯まるため、合計で2.5%の還元を受けられます。しかもファミリーマートでは、複数のファミマTカードの利用特典が用意されてまいます。

例えば毎週火曜・土曜のカードにチャージをすれば、クレジットポイントが2倍貯まるため、簡単に3%以上の還元を受けられます

ファミマTカードのクレジットカードはポイント高還元率!審査からお得な使い方までご紹介!
普段からファミリーマートでよく買い物をしている方!Tポイントをもっとゲットしたいなら、ファミマTカードのクレジットカードを発行するのが一番おすすめです。 ファミマTカードのクレジットタイプは、ファミリーマートで受けられる特典が多彩で、どんどんTポイントが貯まる特長があります。現金やほかのクレジットカードで支払うのはもったいないですよ。 今回は、ファミマTカードのたくさんのメリットや、あまり知られていないお得な使い方、気になる審査などについて解説します。この記事を参考に、お得なファミマTカードライフを送ってください。

まとめ

・クレジットカードなら多くのコンビニで1万円までサインレスでお買物ができる
・ポイントカードと電子マネーを利用すると、ポイントの2重取り・3重取りができる
・各コンビニが提携発行しているクレジットカードは、自社で受けられる優待がある
・クレジットカードでは支払えない取引・商品もある

関連記事

2019年01月31日
2019年01月30日
2019年01月31日
2019年01月30日
2019年01月31日
2019年01月30日
2018年12月25日
2019年01月30日
2019年01月30日
2018年12月11日
2018年12月28日
2019年01月30日
2018年12月26日
2018年12月11日
2019年01月30日
2019年03月12日
2019年01月29日
2019年01月30日
2019年01月31日
2019年02月26日
2019年02月01日
2018年12月12日
2019年01月31日
2019年01月29日
2019年01月31日
2018年12月12日