更新日:

コストコで使えるクレジットカードは? ポイント高還元のMastercardが最適

コストコで使えるクレジットカードは? ポイント高還元のMastercardが最適

全国的に成長を続けている「コストコ」。会員証を持っている人やその家族などしか入店できないと有名なお店ですが、あなたは行ったことがありますか?

取扱商品は海外からの輸入品がメインですが、普段使用しているものを大量にまとめ買いすることもできます。倉庫のような広い店舗で1日つぶせるような楽しいお店です。

コストコでまとめ買いをすると1回の支払いが高くなりますよね。そこで活躍するのが「クレジットカード」です。

クレジットカードにはさまざまな種類がありますが、コストコで利用できるクレジットカードの種類には制限があります。

本記事では、コストコで利用できるクレジットカードと、コストコでお得にお買い物ができるおすすめのクレジットカードについてご紹介しています。ぜひご覧ください。

総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.5 調査結果:108件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 1.0%~4.0%
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社
公式サイトを見る
入会特典で最大10,000円相当のポイントプレゼント!
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 3.9 調査結果:7件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 0.5%~10.0%
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社
公式サイトを見る
入会&エントリー&ご利用で最大8,000円相当プレゼント!
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.4 調査結果:16件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 1 〜 5%
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ
公式サイトを見る
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.1 調査結果:9件
年会費: 無料
次年度以降: 1,350円(税込)
ポイント還元率: 1.0%~1.5%
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社
公式サイトを見る

コストコとはどんな会員制倉庫型店?

コストコとは、世界各国に店舗展開している大型の会員制倉庫型店です。

2019年8月時点でアメリカとプエルトリコに539店舗、次いでカナダに100店舗など、世界中で776店舗も営業をしています。

日本ではコストコホールセールジャパン株式会社が運営しており、本社は神奈川県にあります。1999年福岡県に日本初のコストコが開店して以来、2019年8月時点で26店舗あります。

コストコの特徴は、安い・大きい・高品質!

コストコの店舗内は倉庫のように広く、入荷したものがそのまま商品として陳列されています。日本の業務スーパーと比べても、コストコのスケールの大きさは圧倒的です。

国内外の有名メーカー商品や、自社ブランド「カークランドシグネチャー」の商品など、低価格でありながらも高品質な商品が購入できます。

日本では売られていないような海外製の珍しい商品が揃っていて、商品を見るだけでも海外旅行に来ているような感覚で楽しめることも人気の理由となっています。

コストコの会員制度とは

コストコは「会員制」です。個人の年会費は4,752円(税込)となっています。会員はゴールドスターメンバーと呼ばれます。

入会はインターネットや店舗で手続きができ、無料で家族カードを発行することも可能です。

会員の年会費が4,752円(税込)と聞くと、高いと感じる方がいらっしゃると思います。年会費を支払う分、なるべくお得にコストコを利用する方法はないか、ということはとても気になるポイントです。

コストコでお得に買い物をする方法としておすすめしたいのが、支払いにクレジットカードを使うことです。

コストコでは高額の買い物をすることが多いという方がたくさんいらっしゃると思いますが、クレジットカード支払いなら買い物額に応じてポイントが付与されるぶん、お得になりますよ。

コストコでクレジットカード払いをするメリットとは

コストコでクレジットカードを使うメリットは、ポイントが付与されることだけではありません。

コストコでは、あれもこれもとショッピングカードに入れるうちに支払い額が予想していた金額を上回ってしまい、お金が足りなくなってしまう可能性があります。

ATMでお金をおろしに行くとしても、手数料がかかるうえに手間や時間がかかってしまうため面倒ではないでしょうか。

支払いにクレジットカードを使えば、現金が足りなくなる心配をしたりATM手数料のように余計な出費をしたりすることなく、簡単に支払えるというメリットがあります。

コストコでお買い物をする方は、クレジットカードを1枚持っておきましょう。

コストコで使えるクレジットカードとは

コストコでは、使えるクレジットカードの種類が限られています。「普段使用しているカードが使えない!」なんてことにならないためにも、事前にチェックが必要です。

以前は「コストコオリコマスターカード」と国際ブランドが「アメリカン・エキスプレス(アメックス)」のクレジットカードしか使用できませんでした。

しかし、2018年2月1日以降、使用できるクレジットカードの種類が変更され、以前まで使えていたクレジットカードが一部使えなくなったかわりに、使用できるクレジットカードが多くなりました。

コストコでの支払いに使用可能なクレジットカードについて詳しく解説します。

コストコで使える国際ブランドはMastercardのみ!

2019年8月現在、Mastercardブランドのクレジットカードがコストコで使用できます。国際ブランドがJCBVISAのクレジットカードは残念ながら使えません。

保有しているクレジットカードがMastercardであるかどうかわからない方もいらっしゃると思いますが、確認方法は簡単です。Mastercardのクレジットカードであれば、カードの表面にMasterCardのマークが入っているはずですのでご確認ください。

Mastercardの提携カードは種類が豊富ですので、まだ持っていない方はぜひお好みのカードを選んでください。

「そもそも、Mastercardとは何?」という方は、こちらの記事でMastercardについて詳しく解説しているのでご覧ください。

マスターカードのおすすめクレカをステータス別に紹介!VISAよりお得なポイントも解説!
本記事ではMastercard(マスターカード)のおすすめクレジットカードを中心に紹介します。年会費無料で還元率の高いカードから、ステータス性の高いカードまで、様々なニーズに合わせて選べるのがMastercard(マスターカード)の特長です。

コストコの支払いに向いているクレジットカードとは

コストコでの支払い用にクレジットカードの発行を考えている方のなかには、「Mastercardのクレジットカードは種類が多くてどのように選んだらいいのかわからない」という方も少なくないでしょう。

コストコで使うクレジットカードを選ぶ際、注目していただきたいのがポイント還元率です。コストコでは買い物が高額になりやすいため、ポイント高還元率のクレジットカードで支払えば大量のポイントを獲得できます。

一般カードではポイント還元率0.5%のケースが多く、ポイント還元率が1%だと高還元率だといわれているため、ポイント還元率1%以上のクレジットカードを狙いましょう。

また、コストコでの支払い以外に、日常生活で活用できるかどうかもクレジットカードを選ぶうえで重要なことです。クレジットカードの付帯特典や優待、付帯保険などが自分に合っているかを確認しましょう。

コストコの支払いにおすすめのクレジットカードをご紹介!

マネ会が厳選した、コストコの支払いにおすすめしたいMastercardのクレジットカードを4つご紹介します。

いずれも年会費無料で発行できる人気の高いクレジットカードですので、現在クレジットカードをお持ちの方でも、コストコの支払い用に発行されてみてはいかがでしょうか。

おすすめのクレジットカード①楽天カード

楽天カード
おすすめポイント
  • 年会費永年無料の業界大人気クレカ!
  • ポイントは電子マネー「楽天Edy」にも交換可能!
  • 楽天Payの決済を楽天カードにすると最大で還元率1.5%にアップ!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1.0%~4.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 550円
発行期間 7営業日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり 非対応 お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 非対応 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天カードは株式会社楽天カードが発行する人気のクレジットカードです。

こちらもポイント還元率が常時1%以上と高いうえに、アプリやWebサイトのユーザビリティも高いことが好評で、会員数は1,700万人を突破しています。

楽天カードの大きなメリットは、楽天市場での買い物がポイント3倍になることです。コストコでのお買い物でも1%のポイントが還元されるためお得ですが、普段からよく楽天市場も利用する方がとくに向いています。

楽天カードについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

楽天カードのメリットはポイント還元率だけじゃない!5つの特長とお得な使い方を解説
楽天カードのメリットを中心に、マネ会で集めた口コミ評判もご紹介!利用やの生の声から実際の評判がわかります。そのほか、「賢く楽天ポイントを貯める方法」や「得する楽天ポイントの使い道」についても、詳しくご紹介します!

おすすめのクレジットカード②三菱UFJニコス VIASOカード

三菱UFJニコス VIASOカード
おすすめポイント
  • 年会費永年無料!
  • ポイントは自動で現金還元!手続き不要で、用途の制限や無駄がなし!
  • ETC、携帯電話、インターネット利用料金がポイント2倍!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 0.5%~10.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 最短翌営業日
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
入会特典で最大10,000円相当のポイントプレゼント!
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社

VIASOカードは本会員・家族会員とも年会費無料で持てるカードです。一般のプロパーカードに比べて、ポイントがより貯まりやすいのが特長。

どんどんポイントを貯めて特典に交換したい方に向いています。

VIASOカードの基本還元率は0.5%と高くはありませんが、VIASO eショップを経由してショッピングをすることでボーナスポイントが貯まり、最大10%の還元率になります。

VIASO eショップ経由で買い物できるショップは、楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピングなど、定番のネットショップも含まれているため使いやすいです。

またVIASOカードは様々なデザインの券面・サービスを選べることも魅力的!通常のカード以外にも以下の中から選べます。

VIASOカードの選べるデザイン例

  • くまモン
  • ぐでたま
  • マイメロディ
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 0.5%~10%
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社
公式サイトを見る
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 0.5%~10%
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社
公式サイトを見る
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 0.5%~1.0%
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社
公式サイトを見る
ニコスカード総まとめ!年会費無料のおすすめカードやポイント還元率、審査基準まで解説!
ニコスカードは長年の実績があり、日本ではよく知られているクレジットカードです。本記事ではニコスカードのポイント制度や年会費、メリットなどを徹底解説!おすすめのニコスカードもご紹介します!

おすすめクレジットカード③Amazon Mastercardクラシック

Amazon Mastercardクラシック
おすすめポイント
  • Amazonでの買い物でポイント最大2.5%還元!
  • 初年度年会費無料
  • 1年に1回以上の利用で翌年の年会費も無料!
年会費 無料
次年度以降 1,350円(税込)
ポイント還元率 1.0%~1.5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 ネットで最短3日発行
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

Amazonクラシックカードとは、三井住友カード株式会社がAmazon.co.jpと提携して発行しているクレジットカードです。名前を見ればわかるとおり、Amazonで利用するときに便利な機能を備えているクレジットカードです。

Amazonクラシックカードのうれしい点は、Amazon以外のお買物でもポイントが1.0%もらえるというところです。そのため、Amazonと普段のお買物の両方でポイントを貯めていけば、効率よくポイントを稼ぐことができるでしょう。

ちなみに、マイ・ペイすリボに登録しておけば、Amazon以外のお買物でもポイント還元率を1.5%まで引き上げることができます。

マイ・ペイすリボとは、三井住友カードが提供しているリボ払いサービスのこと。あらかじめ毎月の支払額を設定し、その設定金額を超えた部分にリボ払い手数料が発生するというものです。

総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.1 調査結果:9件
年会費: 無料
次年度以降: 1,350円(税込)
ポイント還元率: 1.0%~1.5%
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社
公式サイトを見る
年会費: 10,800円(税込)
次年度以降: 10,800円(税込)
ポイント還元率: 1%~2.5%
公式サイトを見る
Amazonクラシックカードのポイント還元率から審査、ゴールドの特長まで徹底解説!
Amazonポイントを効率よく貯めたい皆さんに、Amazonクラシックカードはおすすめです。ここでは、まずAmazonクラシックカードの年会費や審査基準、利用限度額などの基本情報を紹介します。その後、Amazonクラシックカードのポイント還元率やショッピング補償などのメリットを紹介。最後には、ゴールドの特長についても簡単に解説します。

おすすめのクレジットカード④dカード

dカード
おすすめポイント
  • ドコモユーザーでなくてもお得!通常還元率1%!
  • 年会費が永年無料!
  • ローソンで最大5%お得!マツモトキヨシで最大4%ポイントが貯まる!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1 〜 5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 2週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
入会&エントリー&ご利用で最大8,000円相当プレゼント!
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ

dカードは株式会社NTTドコモが発行している年会費永年無料のクレジットカードです。

dカードには、通常のdカードとゴールドカードであるdカードゴールドがありますが、両方ともポイントを貯めやすい仕組みがある上に、ポイント還元率が高い点も魅力的です。

dカードゴールドでは、更に嬉しい魅力があります。

それは、毎月のドコモの利用料金の10%がポイント還元されることです。

dカードゴールドの年会費は10,000円(税抜)なので、月額で900円ほどかかります。

そのため、月に9,000円以上ドコモの通信費にお金をかけていれば、それだけで年会費分のポイントが回収できる計算になります。

dカードゴールドは還元率10%以上の最強クレカ!年会費もドコモユーザーなら実質無料?
dカードゴールドは還元率が最大で10%以上となる高還元率クレジットカードです。ドコモユーザなら年会費を実質無料でもつことも可能になります。本記事では、dカード/dカードゴールドの特長をはじめ、年会費が無料となるからくりまで解説します。

コストコの顧客向けに発行されるコストコグローバルカードとは

コストコグローバルカードは、コストコを利用する方にとっての大きなメリットがある一方で、複数のデメリットを合わせ持つクレジットカードです。

コストコグローバルカードは、通常時のポイント還元率が1%のところ、コストコでのお買い物は還元率1.5%という高還元率のポイントが付与されます。コストコで常時1.5%もポイントが付与される一般カードはめったにないでしょう。

しかし、貯まったポイントはコストコでしか使えないため、コストコを退会すると貯めたポイントが無駄になってしまいます。

また、ポイント付与のタイミングは1年に1回で毎年2月にまとめて付与されたり、毎年コストコ会員の年会費が自動引き落としされるよう勝手に設定されたりするなど、使い勝手が悪いと感じるようなデメリットが少なくありません。

そのため、コストコグローバルカードは、ポイント還元率については申し分ないものの、コストコを数年以内に退会する可能性がある方にはあまりおすすめできません。

Mastercardのクレジットカードのなかには、メリットの多いクレジットカードが豊富にあるため、よく吟味して決めましょう。

コストコでアメックスカードが使えなくなったことに注意!

2018年2月1日以降、Mastercardのクレジットカードがコストコで使用可能となった一方で、アメックスカードが使用できなくなりました。

コストコで使用するためだけにアメックスカードを発行した方にとっては、とても残念なニュースだったことでしょう。

また、現在、コストコオリコマスターカードは以前と同じようにコストコで使えるものの、会員の新規募集は終了しています。

コストコオリコマスターカードが気になっていたという方には、こちらも残念なニュースですね。

ただし、コストコオリコマスターカードが会員の新規募集を終了した2018年2月1日から、オリコは新たに「コストコグローバルカード」というクレジットカードの発行を開始しています。

コストコグローバルカードは、コストコオリコマスターと同様にコストコでのお買い物がお得になるという特長を持っています。そのため、コストコを頻繁に利用する方は選択肢のひとつに入れてみてもいいかもしれません。

コストコグローバルカードは、どのようなクレジットカードであるかご紹介します。

コストコでおすすめのクレジットカードまとめ

現在、コストコで現金払いをしているという方は、非常にもったいないです。コストコでの買い物をクレジットカードで支払えば、ザクザクポイントが貯まり、貯めたポイントを買い物に使ったり景品に交換したりすることで大きな節約につながります。

コストコの支払い用にMastercardのクレジットカードを選ぶ際には、ポイント還元率を重視しましょう。おすすめは、dカードや楽天カード、イオンカードセレクトです。

ポイント高還元率のクレジットカードで、コストコでのお買い物をよりお得に、より楽しくなるよう活用していきましょう!

関連記事