更新日:

Square(スクエア)は即日導入可能の決済サービス!機能やメリット・デメリット、導入方法などを解説

Square(スクエア)は即日導入可能の決済サービス!機能やメリット・デメリット、導入方法などを解説

クレジットカードでの決済サービスに対応しているのが、Square(スクエア)です。Squareは広告を積極的に展開していることもあり、気になっている方は多いのではないでしょうか。

しかしカード決済に対応するサービスが増える中、Squareには具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。

この記事では、Squareの特徴や利用のメリット・デメリット、実施中のキャンペーンについて解説していきます。

他社のキャッシュレス決済サービスとの比較もしているので、事業者の方はぜひ参考にしてください。

Square(スクエア)とは?利用前に押さえたいポイント

話題のキャッシュレス決済に対応しているサービスが、Square(スクエア)です。

Squareを導入すれば現金のやり取りが減りレジ処理が速くなるのはもちろん、クレジットカードを利用するお客さんを新しく取り込むことができます。

「Squareについて簡単に知っておきたい」という方に向け、Squareの基本事項をまとめたものが以下となります。

Squareの特徴

  • スマホまたはタブレットがあれば導入可能
  • 請求書払いに対応している
  • 即日導入できる
  • クレジットカード決済に対応
  • キャッシュレス・消費者還元事業の対象

Squareの審査は最短即日で終了するので、急いでキャッシュレス決済を導入したい方におすすめです。

またSquareなら、会計処理データを残せるPOSレジアプリが無料で使えるので、ぜひ使ってみてください。

そしてここからは決済サービスを検討する時、特に重要な「入金のタイミング」、「振込手数料」について解説していきます。

Squareを使う詳しいメリットや特徴、他のサービスとの比較については後の見出しで解説していくので、ぜひこの記事を読み進めてください。

入金タイミング

Squareで決済した場合、最短で翌日には売上が振り込まれます。翌日入金に追加の振込手数料はかからないので、スピーディな経営が可能です。

振込手数料は無料

Squareならどの金融機関を利用した場合でも、振込手数料が無料となっています。また時間外料金、翌日振込料金など追加の料金も発生しないので気軽に利用できます。

キャッシュレス決済Square(スクエア)の関連アイテム

手軽にカード決済を導入できるSquareですが、実際の利用にはカードリーダーなど関連のアイテムが必要です。

以下では基本的な決済機能を備えたSquare Reader(スクエアリーダー)、顧客の情報管理や決済をより快適にするSquare Stand(スクエアスタンド)の2つを紹介します。

気になる値段やキャンペーンについても解説していくので、ぜひ参考にしてください。

決済に必要なSquare Reader(スクエアリーダー)とは

Squareを利用してクレジットカード決済に対応するには、Square Reader(スクエアリーダー)が必要です。Square Readerとは、顧客のクレジットカードを読み取り会計処理をおこなう機械のことです。

Square Readerなしでもパソコンのブラウザ決済は利用できますが、使えるクレジットカードブランドがVISA、Mastercard、AMEX(アメックス)の3社のみに限られてしまいます。また決済手数料が一律3.75%と割高なので、本格的なカード決済の導入にはSquare Readerが必須です。

Square Readerは2019年現在、7,980円(税込)で購入できます。さらに今、キャッシュレス・消費者還元事業への登録をすれば無料でSquare Readerを手に入れることも可能です。

便利なPOSレジSquare Stand(スクエアスタンド)とは

Square導入の際利用を検討しておきたいのが、Square Stand(スクエアスタンド)です。Square Standとは、手持ちのiPadに取り付けカード決済や顧客情報の一括管理できる機械のことです。

Square Standなら顧客管理だけでなくタイムカードの打刻や商品管理も一つの機械でできるので、お店の情報をしっかり把握できます。

さらにSquare StandにはSquare Reader(スクエアリーダー)の機能も含まれているので、POSレジとして活用するだけでなくカードリーダーとしても使えます。

またSquare StandにはUSBハブが搭載されているため、レシートプリンターやキャッシュドロワー、バーコードスキャナーなど他の機械にも簡単に接続可能です。

値段は32,980円(税込)で、キャッシュレス・消費者還元事業未対応なのでSquare Readerと比べコストは高くなります。しかし便利な機能を多数備えているので、お店のレジ環境をより良くしたいなら購入を検討すべきでしょう。

Square(スクエア)が持つ機能4つ

Square(スクエア)の導入を検討する前に、Squareが持つ決済以外の機能について詳しく知っておきましょう。以下では、Squareを代表する4つの機能について解説していきます。

POSレジ機能

Squareのアカウントを取得すれば、顧客情報や商品情報を管理できる無料のPOSレジ機能を利用できます。もちろんSquareでの決済とも連携しているので、注文や決済の流れ、売上をすぐに把握し経営に生かせるでしょう。

また端末上でお客さんに決済のサインをしてもらえるので、様々なクレジットカードの支払いに対応できます。

SquareのPOSレジはiOSとAndroidの端末に対応しています。気になる方はまずSquareアカウントの作成をおこないましょう。

パソコン決済機能

お店での利用は難しいですが、Squareにはパソコンのブラウザ上でカード決済をおこなう機能もあります。

パソコン決済の場合、店頭でSquare Readerを使わなくてもお客様情報を入力するか保存済カード情報があれば手続きを完了できます。

従業員全員がパソコン決済を利用できるよう設定することも可能なので、様々なシーンに対応できるでしょう。

請求書支払い機能

Squareの請求書支払い機能とは、請求書を顧客に送付し決済をおこなう機能です。請求書や見積書が簡単に作成できるうえ、管理が簡単なことから個人事業主の方に高く評価されています。

また支払期限が近付くとリマインダーを送付してくれる機能もあるので、「お金を受け取ったかどうか忘れてしまった」という事態も防げます。

また請求書支払い機能ならオンラインでのカード払い、現金や銀行振り込みでの支払いも一括で管理できるので、事業の状況を正しく把握できるでしょう。

請求書支払いの導入は無料で、決済手数料は3.25~3.95%となっています。

その他連携サービス

Squareを導入することで、会計やEコマース、在庫管理など必要なアプリを簡単に連携させることができます。商品やスタッフのデータも連携できるので、様々な角度から事業の状況を分析・管理するのに最適です。

Squareでデータ連携ができるサービスの代表例は、以下の通りとなっています。

Squareで連携できるサービス

  • Wix(オンラインストア開発アプリ)
  • WooCommerce(商品の在庫管理アプリ)
  • Money Forward(クラウド型会計ソフト)
  • Bionly(美容サロン特化型POSレジシステム)
  • Super Delivery(Web卸・仕入れサービス)

他のサービスと情報を連携させることで、さらに効率的な経営が可能になるでしょう。

Square(スクエア)の基本的な使い方

Squareの利用に必要なアイテムが揃ったら、すぐに決済の受付を始められます。Squareに必要なアイテム、アプリは以下の通りです。

Square(スクエア)の導入に必要なもの

  • Square Reader(スクエアリーダー)
  • Square POSレジアプリ
  • Apple iOSまたはAndroid搭載のスマートフォン/タブレット

以上の3つを揃え、決済をおこないます。

カードを読み取る機械はICチップ付きカード用のものと、磁気テープのカード用のものに分かれています。お客さんのクレジットカードに合わせて、使い分けるよう意識しておきましょう。

またSquare Readerは充電式となっています。充電が足りなければ利用できないので、あらかじめ充電して使える状態にしておきましょう。

充電が完了した後は、Square Readerと端末をBluetoothで接続し実際の決済に移ります。以下では、ICチップ付きカード、磁気テープカードそれぞれの決済方法を解説していきます。

ICチップ付きカードで決済する方法

  1. リーダーが端末に接続されているか確認する
  2. Square POSレジアプリを開く
  3. 商品を追加し、「お会計」をタップ
  4. リーダー丈夫にある差込口に、ICチップを上にしてICチップ側からカードを差し込む
  5. カードを差し込んだまま少し待つ
  6. リーダーから「ピー」という音が鳴り緑のランプが4つ点灯したらカードを取り出す
  7. お客さんに端末の画面を提示して、サインをもらう

磁気テープのみのクレジットカードで決済する方法

  1. 磁気専用リーダーを端末のイヤホンジャックに差し込む
  2. クレジットカードを端末に差し込み、スワイプする

いきなりお客さんの前でSquare決済をするのが不安、という方は自分のクレジットカードで何度かテスト決済をしてみましょう。

テスト決済の方法はSquareの公式ページで紹介されているので、ぜひチェックしてください。

Square(スクエア)の導入にかかる費用

カード決済を導入するにあたって、費用面の心配をしている方は多いはずです。ここからはSquareの導入にかかる費用について、初期費用、手数料、月額使用料に分け解説していきます。

初期費用

Square導入にかかる初期費用は、カードリーダーのみとなっています。カードリーダーはSquare Readerの場合7,890円(税込)、Square Standの場合32,980円(税込)となっています。

さらにキャッシュレス・消費者還元事業に登録すれば、無料でSquare Readerを入手できるので初期費用は不要です。期限までにキャッシュレス決済を導入しましょう。

手数料

Squareにかかる手数料は、決済の際にかかる手数料のみとなっています。

Squareの決済手数料はVisa、Mastercard、American Express、Discover、Diners Clubの決済で3,25%、JCB決済で3,95%です。

他の決済サービスとの比較はこの後の「Square(スクエア)と他の決済サービスとの違いは?13のポイントで比較」で詳しく説明しますが、JCBでの決済を除き手数料はほとんど業界最安値の水準となっています。

さらに他サービスではでは3,75%ほどかかるDiscover、Diners Clubでの決済手数料が3,25%となっているため、海外からのお客さんが多いお店であればお得な料金だと言えるでしょう。

月額費用

Squareアプリ、Square POSレジアプリの利用は完全無料ですので、Squareの利用に月額費用はかかりません。

年会費などを追加で請求されることもないので、小規模事業者の方も気軽に導入できます。

Square(スクエア)導入のメリット

サービス面やコスト面で高い評価を受けているSquare(スクエア)。ここからは具体的なSquareのメリットを6点、解説していきます。

Suquare導入のメリット

  • 初期費用が安い
  • 加盟店手数料が安い
  • 審査が短い
  • 入金が早い
  • 無料でPOSレジ機能を使える
  • 会計をSquare POS(スクエア POS)アプリから一括管理できる

それぞれのメリットを知り、Square導入を検討していきましょう。

メリット①初期費用が安い

Squareの導入には、入会費、申込金などが不要です。そのため初期費用は、店頭でクレジットカードの読み取りをするのに必要なカードリーダーの費用だけとなっています。

Square Readerは通常時でも7,980円(税込)となっており、他のサービスに比べ安いです。さらにキャッシュレス・消費者還元事業への登録でSquare Readerが無料となるので、2020年4月末日までなら初期費用無料でSquare 決済を導入できます

メリット②加盟店手数料が安い

Square加盟店になったあと、必要なのは決済手数料のみです。そのため毎月振込手数料や年会費、月額費などが発生するサービスと比べ費用を安く抑えることができます。

決済手数料はほぼ業界の最低水準ですので、売上が小さいお店もカード決済を導入しやすいでしょう。

メリット③審査が短い

Squareで非常に特徴的なのは、審査の早さです。Squareは申し込みから最短即日で審査をしてくれるので、急いでカード決済を導入したい方にぴったりです。

メリット④入金が早い

Squareは決済が完了した翌日に入金してくれるので、売上と手持ちの現金に差が出にくくなります。

そのためSquare決済なら「入金が遅すぎて困る」という事態を防げるでしょう。

メリット⑤無料でPOSレジ機能を使える

Squareアカウントの登録(無料)で、POSレジ機能を利用できます。Squareの無料POSレジアプリは非常に充実しており、顧客管理だけでなく商品の在庫や売り上げの状況、従業員の勤務状況まで一括で把握できます。

POSレジの導入を検討していた方にとって、無料で高機能なPOSレジを利用できるSquareのメリットは大きいでしょう。

メリット⑥会計をSquare POS(スクエア POS)アプリから一括管理できる

SquareのPOSアプリ、「Square POS(スクエア POS)」なら会計情報を一括で管理できます。

このアプリなら支払い方法別の売上、従業員ごとの売上もチェックできるので、お店の情報をより正確に把握できるようになります。

Square(スクエア)導入のデメリット

Squareには便利なサービスが多数ありますが、利用するとき注意しておくべき点もあります。Square利用のデメリットは、以下2点です。

Square導入のデメリット

  • 他の決済端末に比べて対応サービスが少ない
  • 一括払いにしか対応していない

ここからはそれぞれのデメリットを解説していくので、申し込みの前にチェックしてください。

デメリット①他の決済端末に比べて対応サービスが少ない

現在Squareはクレジットカード決済にしか対応していません。

国内大手の決済サービス、「AirPAY」「楽天ペイ」などが電子マネー決済、QRコード決済に対応していることを考えると、少し物足りない部分ではあるでしょう。

しかし対応している決済手段が少ない分、カードリーダーが安価なのがSquareの魅力です。

電子マネーやQRコード決済を利用する人はクレジットカードなどと比べ少ないため、「クレジットカードにさえ対応できれば良い」というお店であれば問題ないでしょう。

デメリット②一括払いにしか対応していない

Squareは一括払いにしか対応していないため、高額な商品を扱うお店であれば別のサービスも検討したほうが良いでしょう。

しかし「一括で払えるような商品しかない」、「会社相手の取引しかしない」という方であれば、一括払いの機能のみで十分だと言えます。

Square(スクエア)を導入する方法

Squareの導入方法は非常に簡単で、申し込みは数分で完了します。

Squareの導入申し込みから、Square Reader購入までの大まかな流れは以下の通りとなっています。

Squareの導入方法

  1. Squareアカウントを作成する
  2. キャッシュレス・消費者還元事業に申し込み
  3. 審査の結果が出るまで待つ
  4. Square POSレジアプリをダウンロードし、ログイン
  5. Square Readerを購入する

Squareアカウントは、Square公式サイトの「今すぐ無料のアカウントを作る」から作成できます。会社や事業の情報などを入力し、審査の結果を待ちましょう。

Squareアカウント作成後、キャッシュレス・消費者還元事業への申し込みもできます。アカウント作成に必要な情報を入力した後、「Square Reader無料プレゼントキャンペーン」の案内が出るので、「無料のSquareリーダーを入手」をクリックし手続きを進めましょう。

キャッシュレス・消費者還元事業への申し込みが無事に完了すれば、Square Readerを無料で手に入れることができます。ただしSquare Standについてはキャンペーンの対象外となっているので、購入を検討している方は注意してください。

Squareの審査は最短で即日、遅くても3営業日以内に終了します。Squareからの通知を待っている間、先にSquare POSレジアプリをダウンロードしておきましょう。

Square POSレジアプリは、App StoreかGoogle Playでお手持ちの端末にダウンロードできます。

以上が、Square導入の流れです。カード決済に必要なSquare Readerは一週間ほどで手元に届きます。Square Readerが来るまでの間、カード決済を導入する準備を進めておくと良いでしょう。

Square(スクエア)と他の決済サービスとの違いは?13のポイントで比較

ここまでSquareの特徴やメリットを解説してきましたが、「楽天ペイやAirPAYなどのサービスと何が違うの?」と疑問をお持ちの方は多いでしょう。

そこで当記事では、楽天ペイ、AirPAYとSquareの機能を比較してみました。キャッシュレス決済サービスで注目される13のポイントから比較した表が以下になります。

Square(スクエア) 楽天ペイ AirPAY
初期費用 キャンペーン時実質無料 キャンペーン時実質無料 キャンペーン時実質無料
月額使用料 無料 無料 無料
決済手数料 VISA、Mastercard、アメックス、ダイナースクラブ、ディスカバーは3.25%、JCBは3.95% VISA、Mastercard、アメックスは3.24%、JCB、ダイナースクラブ、ディスカバーは3.74% VISA、Mastercard、アメックスは3.24%、JCB、ダイナースクラブ、ディスカバーは3.74%
振込手数料 無料 楽天銀行以外の場合210円(税込) 無料
クレカ対応ブランド数 7つ 7つ 7つ
電子マネー対応数 今後のアップデートで対応 5つ
3つ
QRコード対応数 対応なし 2つ 5つ
対応OS iOS、Android iOS、Android iOS、Android
入金サイクル 翌日 楽天銀行は翌日、それ以外は出金支持の翌営業日 メガバンクでは月6回、それ以外は月3回
審査期間 最短即日 最短3日 1~2週間
導入までの日数 最短即日 最短3日 1~2週間
キャッシュレス・消費者還元事業への対応 対応あり 対応あり 対応あり
接続方法 Bluetooth Bluetooth Bluetooth

Squareとその他サービスとの違いで特に目立つのは、審査と導入日数の短さでしょう。またSquareなら金融機関に関わらず振込手数料が無料なのも大きな魅力です。

しかし楽天ペイ、AirPAYなどと比べSquareのJCB決済手数料は高めです。Squareを始めたもののJCBユーザーが多く決済手数料が高くなる、という時は別のサービスを検討してみるのも良いでしょう。

また現在、Squareは電子マネー、QRコード決済に対応していないので「対応できる支払い方法を少しでも増やしたい」と感じている人は楽天ペイやAirPAYなどの利用もおすすめです。

Square(スクエア)の導入がおすすめな人とは

Squareにはデメリットもあるものの、初期費用や振込手数料などでコスト面での魅力は大きなものとなっています。Squareの導入がおすすめな人は以下の通りです。

Square導入がおすすめな人

  • 初期費用を安くしたい方
  • 早くキャッシュレス決済を導入したい方
  • 入金されたお金をすぐに受け取りたい方

「メリットデメリットについては分かったけれど、自分に合うサービスかどうか判断できない」という方はぜひ参考にしてください。

おすすめの人①初期費用を安くしたい方

Squareで使うカードリーダーは7,980円(税込)と他の決済サービスと比べ安いです。大手決済サービス「AirPAY」の初期費用は19,800円(税込)、「楽天ペイ」の初期費用は18,800円(税込)と2万円近いことを考えると、Squareは非常にお得です。

「カード決済は導入したいけど、どれだけプラスの効果があるか分からないから初期費用はなるべく抑えたい」という方におすすめです。

おすすめの人②早くキャッシュレス決済を導入したい方

Squareの審査機関は非常に短く、最短即日で導入できるのですぐにカード決済を導入したい方におすすめです。

特定のお客さんがカード決済を希望している場合など、突然の対応が必要になった方はSquareを検討しましょう。

おすすめの人③入金されたお金をすぐに受け取りたい方

Squareの入金サイクルは短いため、売上をすぐに受け取ることができます。Squareなら最短翌日に現金として売り上げが入金されるので、「月末に現金が足りなくなって困っている」というお店におすすめです。

またフリーランスで仕事をしている方の場合、報酬の確定から入金までのサイクルが長いとお金が手に入らず、生活が苦しくなるケースも少なくありません。しかしSquareでカード決済を導入し、早めに入金をしてもらえば資金繰りにもゆとりが出てくるでしょう。

Square(スクエア)で実施中のキャンペーン

キャッシュレス・消費者還元事業への登録で使えるキャンペーンのほか、Squareは独自に決済手数料無料キャンペーンを実施しています。

このキャンペーンでは、カード決済額30万円分に対する決済手数料が無料となります。キャンペーンの対象となるのは、2019年9月30日までに新しくSquareのアカウントを作り利用を始めた事業者です。

キャンペーン参加のための特別な申し込みは不要です。先に無料手数料分がアカウントに付与される形となっているので、Squareを新たに導入した方は登録してから3~4日後に確認してみましょう。

決済サービスSquare(スクエア)のまとめ

カード決済サービス、Squareがあればほとんどのクレジットカードに対応できます。

キャッシュレス・消費者還元事業を利用できる今なら初期費用無料での導入もできますので、まだカード決済に対応していないお店は検討してみると良いでしょう。

またSquareなら振込、POSレジアプリの利用は無料ですのでランニングコストを低く抑えたい方におすすめです。申し込みは数分ほどで終わるので、気になる方はぜひ利用してみてください。

執筆者のプロフィール
manekai_editorial
マネ会 編集部

気になるけど、なかなか話しづらい。けどとても大事な「お金」のこと。 日々の生活の中の身近な節約術から、ちょっと難しい金融知識まで、知ってて得する、為になるお金の情報を更新していきます。