更新日:

PayPay(ペイペイ)にクレジットカードは登録するべき!登録方法やおすすめクレジットカードを紹介

PayPay(ペイペイ)にクレジットカードは登録するべき!登録方法やおすすめクレジットカードを紹介

2018年10月のサービス提供開始から約8カ月間で、累計登録者数が800万人を突破したPayPay。近年、乱立しているQRコード・バーコード決済サービスの中でも、PayPayは通常時のボーナス還元率が最大1.5%と高還元率であることにより人気を集めています。

実は、通常時の還元率をさらに高くする方法があることをご存知でしょうか。

その方法とは、「PayPayを特定のクレジットカードで支払うこと」です。

PayPayをクレジットカード払いにすることで、最大でポイント3重取りが可能となり、通常時の還元率をさらに引き上げることができます!


この記事では、PayPayをクレジットカード払いにするメリットやPayPayに最適なクレジットカード、カードの登録方法、不正利用の問題などについて解説します。

PayPay(ペイペイ)におすすめのクレジットカード

総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.2 調査結果:30件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 1.0%~3.0%
公式サイトを見る

PayPay(ペイペイ)の支払方法とは

PayPay(ペイペイ)の支払方法は、PayPay残高クレジットカードの3通りがあります。

支払方法の優先順位は、PayPay残高、クレジットカードの順番となっていて、決済金額が不足する場合は、優先順位がひとつ下の支払方法で決済されます。

のちほど解説しますが、PayPayでは支払方法によって、PayPayボーナスの還元率や「PayPayチャンス」の抽選対象となるか否かが異なるため、どの方法で支払うかはとても重要なポイントです。

「そもそもPayPayってどういう決済サービスなの?」という方は、PayPayの基本情報について解説している以下の記事をご覧ください。

PayPay(ペイペイ)は使い方によって最大10%ポイント還元に!メリット・デメリットも紹介!
PayPay(ペイペイ)とは話題のポイント高還元率なスマホ決済アプリです。この記事では使うべきメリットやPayPayの新キャンペーンの詳細、お店での使い方、加盟店など、コード決済アプリPayPay(ペイペイ)デビューに必要な情報を写真付きで詳細解説。チャージの方法や登録できるクレジットカード、など、初めての方がつまずきやすい点を中心にわかりやすくまとめました。

PayPay(ペイペイ)の支払方法をクレジットカードにするメリットとは

PayPay残高と比較したとき、PayPayをクレジットカード払いすることで得られるメリットには次のようなことがあります。

メリット

  • ポイント2重取りが可能
  • PayPay残高を気にすることなく使える

それぞれどのような内容なのか、順番に見ていきましょう。

PayPay(ペイペイ)はクレジットカード決済でポイント2重取りが可能!

PayPayはクレジットカード払いをすることで、PayPayボーナスとクレジットカードに付与されるポイントの2重取りが可能です!

他の支払方法ではPayPayボーナスの還元率が0~1.5%となっていますが、のちほどご紹介するクレジットカードをPayPayに登録することで、ポイント2重取りにより、ポイント還元率を最大2.5%に引き上げることもできます。


ただし、ポイント還元率がPayPayボーナスと合わせて2%以上になるクレジットカードは、種類が限られることにお気を付けください。

2019年以降、PayPayの支払方法をクレジッドカードにした場合、PayPayボーナスの還元率0%となってしまったため、ポイント還元率の高いクレジットカードを選ばないかぎり、逆に損してしまうケースが多いです。

クレジットカードの種類によってはポイント2重取りも可能!

のちほどご紹介する「Kyashリアルカード」をPayPayのクレジットカードに登録すると、ポイント2重取りができます!

ここまでご説明したことからわかるように、PayPayをクレジットカード払いにするメリットは、他の支払方法よりもポイントの貯め方や使い方の自由度が高いことにあります。

クレジットカード払いなら、ポイント2重取りができ、自分の好きなポイントを貯めることが可能です。

また、貯まったPayPayボーナスは加盟店でしか使えませんが、クレジットカードに貯まったポイントは、マイルへの交換や電子マネーへのチャージなど、幅広い方法で使うことができます。

クレジットカード決済ならPayPay残高を気にすることなく使える!

PayPayは、支払方法によってアプリの使いやすさが異なってきます。

PayPay残高で支払う場合、紐づけた銀行口座からあらかじめチャージしておく必要があります。そのため、買い物をするときにチャージ金額が足りているかどうかを確認する必要があり、少し面倒というデメリットがあります。

一方クレジットカード払いの場合、口座振替による後払いなので、利用上限金額さえ超えなければチャージ金額を気にする必要なくPayPayを利用できます!

なお、PayPay残高での支払いで決済時にチャージ金額が不足していると、残高をチャージするか他の支払方法を選択するかを選ぶ画面が表示されるため、その場で対応することができます。

しかし、レジ待ちの列があるとき、アプリでこのような操作をするのはなるべく避けたいですよね。

PayPayを日常的に利用する方は、チャージが不要なクレジットカード払いのほうが使いやすいのではないでしょうか。

PayPay(ペイペイ)に登録できるクレジットカードの条件とは

PayPayに登録できるクレジットカードには、以下のような条件があります。

PayPayに登録できる条件

  • 国際ブランドはVISAかMastercard
  • クレジットカードの本人認証が必要

普段使っているクレジットカードが登録できない場合もあるので、事前に条件を把握しておく必要があります。各条件の詳細を以下で解説していきます。

クレジットカードの国際ブランドはVISAかMastercard

PayPayに登録できるクレジットカードの国際ブランドは、VISAMastercardです。ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)のみJCBも登録可能となっています。

それ以外の国際ブランドは登録できないため注意が必要です。PayPayに登録したいクレジットカードがありましたら、国際ブランドを確認してみてください。

PayPay(ペイペイ)ではクレジットカードの本人認証が必要

第1弾100億円キャンペーン開催時、クレジットカードの不正利用が問題となりました。

それにより、PayPayでは不正利用防止の対策として、クレジットカードの利用上限金額を24時間および30日間で5,000円までと定めました。1日で5,000円利用してしまったときには、30日後まで利用することができません。

利用上限金額を引き上げるためには、3Dセキュアによる本人認証が必要です。

本人認証は、事前にカード会社に登録したパスワードをPayPayで入力することによりおこなわれます。本人認証をすると、利用上限金額は24時間で2万円、また、30日間で5万円まで引き上げられます。

また、特定の条件を満たしたユーザーは「青いバッジ」の適用対象となり、本人認証されたクレジットカードでの利用上限金額が24時間および30日間で25万円までに、大幅に引き上げられます。

本人認証前後での利用上限金額は次のとおりです。

クレジットカード払いの利用上限金額
本人認証未設定 本人認証設定済み 本人認証設定済み+青いバッジが表示されている
5,000円
(過去24時間以内)
2万円
(過去24時間以内)
25万円
(過去24時間以内)
5,000円
(過去30日以内)
5万円
(過去30日以内)
25万円
(過去30日以内)

PayPayを日常的に利用する場合、利用上限金額を引き上げるために本人認証は必須だといえます。

PayPay(ペイペイ)の本人認証についてさらに知りたい方は下記記事をご覧ください。

PayPay(ペイペイ)で本人認証サービス(3Dセキュア)の利用はするべき!メリットや登録方法などを紹介
PayPay(ペイペイ)で導入している「本人認証サービス(3Dセキュア)」は、第三者によるなりすましなどの不正行為を防ぐのに便利なサービスです。 事前にクレジットカード会社で設定後、PayPayに本人認証登録をすると、PayPayを安全に使えて、利用金額の上限が引き上げなどのメリットもあります。 今回は、そんなPayPayの本人認証登録のメリットや登録方法を、画像つきで詳しく解説します。

PayPay(ペイペイ)の支払いに最適なクレジットカード

PayPayの支払方法をクレジッドカードにすると、PayPayボーナスの還元率が0%となるため、還元率の高いクレジットカードを選ばないかぎり逆に損をしてしまう可能性があることは先ほど述べた通りです。

そこで本章では、ポイント還元2.0~2.5%が実現可能なPayPayの支払いにおすすめのクレジットカードを2枚ご紹介します。

PayPay(ペイペイ)に最適なクレジットカードはヤフーカード

PayPayの支払いに最適なクレジットカードといえば、断然ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)です!

前述したとおり、PayPayはソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁会社が提供しているサービスですが、ヤフーカードはヤフーのグループ企業であるワイジェイカードが発行しています。

そのため、ヤフーカードをPayPayの支払方法に登録すると、さまざまな面において他のクレジットカードよりも優遇されるというメリットがあります。

ヤフーカードはどのような点で優遇されるのか、3つのポイントを解説します。

Yahoo! JAPANカード
おすすめポイント
  • いつでも還元率1%のTポイントが貯められる!
  • 年会費は永年無料!Yahoo!ショッピングやLOHACOでポイント3倍!
  • PayPayにYahoo!Japanカードでチャージするとポイント1%還元!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1.0%~3.0%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 1週間から10日程度
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 非対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能

PayPay(ペイペイ)はヤフーカード払いでポイント還元率2.5%!

PayPayをヤフーカードで支払うと、PayPayボーナスとTポイントの2重取りができ、ポイント還元率は2.5%になります!

さきほど、クレジットカードのPayPayボーナス還元率は0%だとお伝えしましたが、ヤフーカードのみは例外で、PayPayボーナス還元率はPayPay残高での支払いと同じ1.5%です。

さらに、ヤフーカードを利用すると還元率1%のTポイントが貯まるので、PayPayボーナスと合わせて2.5%という高い還元率が実現されるのです。

支払方法ごとのPayPayボーナス還元率は次のとおりです。

PayPayボーナス還元率
PayPay残高
1.5%
ヤフーカード
その他のクレジットカード 0%

PayPayをクレジットカード払いにする場合、ヤフーカードとその他のクレジットカードでボーナス還元率が1.5%も違うことがわかります。この差は非常に大きいです。

ヤフーカードはPayPayのキャンペーンに参加可能

PayPayをクレジットカード払いにすると、「ワクワクペイペイ」や「PayPayチャンス」などのキャンペーンは適用対象外となります。キャンペーンへの参加を目的にPayPayを利用している方にとって、これほど大きなデメリットはありません。

しかし、ヤフーカードで支払う場合は、PayPay残高での支払いと同様にキャンペーンの適用対象となります!

支払方法によって変わる、「ワクワクペイペイ」のPayPayボーナス還元率や「PayPayチャンス」の当選確率をご紹介します。

「ワクワクペイペイ」のPayPayボーナス還元率は次のとおりです。

「ワクワクペイペイ」のPayPayボーナス還元率
PayPay残高
10%付与
ヤフーカード 10%付与
その他のクレジットカード 対象外

ソフトバンク・ワイモバイルのスマホユーザーやYahoo!プレミアム会員である場合、「ワクワクペイペイ」のPayPayボーナス還元率がアップします。

「ワクワクペイペイ」のPayPayボーナス還元率(ソフトバンク・ワイモバイルのスマホユーザーまたはYahoo!プレミアム会員)
PayPay残高
20%付与
ヤフーカード
19%付与
その他のクレジットカード 付与対象外

「PayPayチャンス」は、100億円キャンペーン時に実施された「やたら当たるくじ」がリニューアルされたもので、支払いのたびに抽選がおこなわれ、当たった場合は支払い額から最大1,000円相当が戻ってきます。「PayPayチャンス」の当選確率は次のとおりです。

「PayPayチャンス」の当選確率
PayPay残高
25回に一回の確率で100円相当のPayPayボーナスor100回に1回の確率で1,000円相当のPayPayボーナス
ヤフーカード
その他のクレジットカード 抽選対象外

ソフトバンク・ワイモバイルのスマホユーザーやYahoo!プレミアム会員は、「ワクワクペイペイ」の対象店舗で買い物をすると「PayPayチャンス」の当選確率がアップします。

「PayPayチャンスの当選確率」(ソフトバンク・ワイモバイルのスマホユーザーまたはYahoo!プレミアム会員)
PayPay残高
10回に1回の確率で最大1,000円相当戻ってくる
ヤフーカード
その他のクレジットカード 抽選対象外

2019年10月の「ワクワクペイペイ」対象店舗の目玉は、ユニクロとライフ(スーパーマーケット)です。ユニクロでは、PayPayでヒートテックを一枚買うともう一枚が無料になるキャンペーンを実施しています。

ただし対象店舗によっては、開催期間が10日程度のものもあるので、早めにPayPayをチェックしキャンペーンの見逃しが内容チェックしましょう。またキャンペーン対象となるのはPayPay残高での支払いとヤフーカードの支払いのみなので、支払い方法がキャンペーン対象となっているか確認する必要があります。

PayPay残高にチャージするには本人認証が必須

ヤフーカードは、PayPay残高をチャージできる唯一のクレジットカードです。

なお、ヤフーカードからチャージするには本人認証が必須です。本人認証前後でのチャージ上限金額は次のとおりです。

ヤフーカードでのチャージ上限金額
本人認証未設定 本人認証設定済み 本人認証設定済み+青いバッジが表示されている
チャージ不可 2万円
(過去24時間)
25万円
(過去24時間)
5万円
(過去30日間)
25万円
(過去30日間)

ヤフーカードでPayPay残高にチャージした際も、ポイント2重取りが可能で、ポイント還元率は2.5%になります。銀行口座から残高をチャージするよりもPayPayをお得に利用できますよ。

ヤフーカードは、年会費永年無料、審査は最短2分で完了します。カードを発行し所有するハードルは低めですので、PayPayの支払用に1枚作ってみてはいかがでしょうか。

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)はポイント還元率が高くて年会費無料の高コスパカード!
YJカード(ワイジェイカード)は、Yahoo!ショッピングやLOHACOで買い物する人におトクなクレジットカードです。YJカードで支払うと、いつでもTポイントが3倍もらえ「プレミアム会員」「ソフトバンクユーザー」といった条件がそろうと、ポイントも倍増。ためたポイントを使う楽しみもついてくる、おトクな1枚です。
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.2 調査結果:30件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 1.0%~3.0%
公式サイトを見る

ヤフーカードを持っていない人におすすめ…Kyashリアルカード

Kyashリアルカードも、PayPayの支払いにおすすめのカードです。

Kyashリアルカードとは、スマホにウォレットアプリの「Kyash」をインストールすることで利用できるプリペイドカードのことです。Kyashには次のような特長があり、節約好きの間で注目を集めています。

Kyashの特長

  • ポイント還元率が常時1%
  • Kyashの残高にキャッシュバック
  • ポイント2重取りができる

Kyashではリアルカードでポイント還元1%、バーチャルカードでポイント還元0.5%となります。

さらに、Kyashリアルカードでは、紐づけたクレジットカードから残高にチャージして利用すると、クレジットカードに付与されるポイントとKyashリアルカードへのポイント還元で2重取りができます。

たとえば、ポイント還元率1%のクレジットカードでKyashにチャージし決済すると、還元率は2%です(リアルカードの場合)。

PayPayをKyashリアルカードで払うとポイント還元率2.0%!

2019年10月以降、ヤフーカード、PayPay残高以外の支払い方法でポイント還元率が0%となってしまったため、Kyashリアルカードでの支払いによるお得感はかなり下がってしまいました。

しかし
ポイント還元率1%のヤフーカードでKyashにチャージした場合、PayPay決済での還元率は2.0%となり現金よりお得であることに変わりはありません。

さらに、店舗によってはポイントの3重取りも可能です。「dポイントカード」「Tカード」「Pontaカード」などのポイントカードが使えるお店で、PayPay決済する前にポイントカードを提示すると、3重取りが実現され、還元率は3.0%にもなります!

Kyashはクレジットカードと比べて発行の条件がやさしく、作りやすいこともメリットです。ヤフーカードを持っていない方は、PayPayの支払用にKyashカードを作ってみてはいかがでしょうか。

PayPay(ペイペイ)のクレジットカード不正利用が心配?セキュリティについて

クレジットカードのセキュリティについて表している画像

2018年12月、PayPayの第1弾100億円キャンペーン期間中にクレジットカードの不正利用が発覚し、SNSで拡散され話題となりました。そのため、いまでもPayPayを利用することに抵抗があるという方も少なくないでしょう。

現在、PayPayではどのようなセキュリティ対策をおこなっているのでしょうか。また、不正利用の発生率は低下したのでしょうか。

前述したとおり、PayPayは、不正利用発覚後の2019年1月にセキュリティ強化のため、3Dセキュアによる本人認証を導入しました。それにより、第1弾100億円キャンペーン時に0.996%だった不正発生率は、第2弾100億円キャンペーン時には0.0004%まで低下しています。

PayPayの不正発生率
第1弾100億円キャンペーン時
(2018年12/4~12/13)
0.996%
3Dセキュアによる本人認証サービス導入後
(2019/1/21~5/13)
0.003%
第2弾100億円キャンペーン時
(2019/2/12~5/13)
0.0004%

以前よりも不正発生率は低くなっているものの、PayPayでクレジットカードを不正利用されたというニュースは、いまでもなくなることはありません。

ただし、不正利用はPayPayを使用していない人が所有するクレジットカードで発生するケースも多く、どこかでクレジットカードの情報が盗まれ、PayPayで悪用されるというケースがほとんどのようです。

そのため、PayPayを利用しないということではセキュリティ対策の効果があまりないことにご注意ください。

個人でできるセキュリティ対策としては、やはり3Dセキュアによる本人認証が最適です。所有しているすべてのクレジットカードにパスワードを設定しておくと、不正利用を高い確率で防ぐことができるでしょう。

万が一PayPayで不正利用が発生した場合、PayPayは被害額を「全額補償」することを発表しています。それでも不正利用が心配な方は、クレジットカードの情報漏洩に気をつけ、セキュリティ対策を万全にしておきましょう!

PayPay(ペイペイ)にクレジットカードを登録する方法

PayPayにクレジットカードを登録する方法を解説します。

PayPayのホーム画面で「カードを追加」をタップします。

PayPayのホーム画面

「クレジットカードの追加」をタップします。

「クレジットカードの追加」を選択

クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードを入力します。もしくはカメラのマークをタップしてクレジットカード番号を自動入力し、他の項目を入力します。

クレジットカード情報の入力

クレジットカードの登録が完了すると、次の画面が表示されます。

クレジットカードの登録完了

以上でクレジットカードの登録は完了です!これでPayPayの支払いにクレジットカードを利用できるようになります。

PayPay(ペイペイ)クレジットカードのまとめ

PayPayのクレジットカード払いについて解説しました。

PayPay残高で支払ったときのPayPayボーナス還元率は1.5%ですが、ヤフーカードは2.5%、Kyashなら2.0%程度が還元されます!


さらにヤフーカード払いはPayPayのキャンペーン対象になるため、とくにおすすめです!

節約したい方はなるべくPayPayボーナスが貯まりやすい方法で支払い、普段のお買い物でもよりお得にPayPayを利用しましょう。

(※)本文中に引用元を掲載していない画像は、公式アプリからの引用したものです。

関連記事