更新日:

d払いはクレジットカード払いにすべき!登録方法からおすすめのクレジットカードまで解説

d払いはクレジットカード払いにすべき!登録方法からおすすめのクレジットカードまで解説

「d払い」は携帯電話会社の「NTTドコモ」が提供するスマホ決済サービスですが、支払い方法で悩んでいる人が少なくないようです。d払いの魅力と言えば、「docomoユーザー以外でも利用きる」ことと「ポイントが貯まりやすい」ところです。

とくにポイントをどんどん貯めたい人は、「クレジットカード」を支払い方法に選択するのがおススメの方法です。d払いとクレジットカードの登録について解説します。

d払いを利用するならdカードとの併用がおすすめ!

入会&エントリー&ご利用で最大8,000円相当プレゼント!
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.4 調査結果:16件
年会費: 無料
次年度以降: 無料
ポイント還元率: 1 〜 5%
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ
公式サイトを見る
入会&エントリー&ご利用で最大15,000円相当プレゼント!
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ 4.2 調査結果:47件
年会費: 10,000円(税抜)
次年度以降: 10,000円(税抜)
ポイント還元率: 1%
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ
公式サイトを見る

d払いとdカードを組み合わせると、dポイントの2重取りができ、今ならポイント還元率がどこで支払いをしても5.5%!

年会費も永年無料なので楽天ペイを使うならdカードがおすすめです!

d払いでクレジットカードを利用するとポイントがどんどん貯まる

d払い最大のメリットは、決済金額の0.5%~1.0%「dポイント」でもらえることです。さらに支払い方法にクレジットカードを選ぶと、各クレジットカードのポイントまでもらえます。つまり「d払いポイント」「クレジットカードポイント」二重取りできます。

docomoユーザーであっても、docomoユーザーでなくても、d払いをおトクに利用するならクレジットカード払いを選択してください。

d払いでdポイントとクレジットカードポイントの二重取り

d払いのポイントプログラムは利用金額に対して「dポイント」が付与されます。ポイント付与条件をまとめてみます。

d払いのポイントプログラム

  • 実店舗で200円(税込)ごとに1ポイント
  • インターネットショッピングで100円(税込)ごとに1ポイント

dポイントは1ポイントが1円として使用できるので、還元率は各々「0.5%(実店舗)」「1.0%(ネット利用)」です。

d払いにクレジットカードを登録した場合は、これにクレジットカード会社のポイントが加算され還元率がさらにアップします。

ネットショップでd払いを使用したケース

  • d払いによるポイント:1.0%
  • クレジットカード会社のポイント:1.0%
  • 合計:2.0%還元

d払いにクレジットカードを登録すると、dポイントとクレジットカードポイントの二重取りで超おトクです。利用しない手はないですね。

d払いでdポイントの三重取りが可能!お得なため方や使い方を徹底解説
d払いを使用するとdポイントをどんどん貯められます。d払いの利用金額に対して実店舗で0.5%、インターネットショップでは1.0%の還元率。さらにdカードやdカードGOLDを支払い方法に設定すると、dポイントの二重取りも可能です。またdポイントカードをd払いの前に提示すれば、さらに1.0%が追加されます。つまり三重取りポイントの完成です。d払いでdポイントを効率よく貯める方法を徹底解説します。

docomoユーザー以外はクレジットカード払いしか選べない

docomoユーザー以外の支払い方法は2種類ありますが、「dポイント払い」はdポイントを集めた会員が利用する支払い方法です。したがってdocomoユーザー以外がd払いを利用するには、「クレジットカード払い」の選択が必須です。

docomoユーザー以外はクレジットカードを登録することが、d払いを利用する条件になることを覚えておきましょう。

dポイントの使い方・交換方法を徹底解説! dポイントカードでおトクにポイントを貯めるには
dポイントは、カード提示やクレジット決済で貯まる便利な共通ポイントサービスです。ドコモの携帯電話を購入する際や携帯の利用料金はもちろん、ファーストフードやコンビニなど街でのお買い物や、ネットショッピングなどでも貯める・使うことができます。本記事では、ポイントの還元率や有効期限などの基本的な情報はもちろん、dポイントを効率的に貯めるためのテクニックや、貯めたポイントの使い方などを紹介していきます。

d払いに登録できるクレジットカードとは?

d払いに登録できるクレジットカードは4種類の国際ブランドのみです。それ以外のクレジットカードは登録できないので、注意してください。

d払いに登録できるクレジットカード

  • VISA
  • Mastercard
  • American Express
  • JCB

d払いで利用するクレジットカードには本人認証サービスが必須

d払いに登録できるクレジットカードは4種類の国際ブランドですが、さらにセキュリティの問題から「本人認証サービス(3Dセキュア)」の登録が必要です。本人認証サービスは2段階認証によりセキュリティレベルを上げるシステムで、クレジットカードの不正使用の防止に効果があります。

本人認証サービスはクレジット会社ごとにおこなっており、登録手続きもクレジットカード会社の「会員サイト」や「カスタマセンター」です。d払いの設定前に、クレジットカードの本人認証サービス登録をおこなってください。

d払いで利用できないクレジットカードに注意

d払いで使用できるクレジットカードブランドは「VISA」、「Mastercard」、「American Express」、「JCB」ですが、海外で発行したものは登録できません。あくまで日本国内で発行されたクレジットカードが対象です。また本人認証サービスが非対応のクレジットカードも、同じく登録できないので注意してください。

またチャージ式のプリペイドカードのなかには、付帯ブランドとして「VISA」、「Mastercard」、「JCB」が搭載されているものがあります。さらに銀行口座と直結しているデビッドカードにも、カードにより同様の付帯ブランドが搭載されている場合があります。

プリペイドカードもデビットカードも基本的に、世界中の各ブランド加盟店で使用可能ですが、一部のカードはd払いに登録できません。d払いに使用できるかを見極める方法は、「本人認証サービスに対応しているか? 」です。未対応のカードは登録できないと思ってください。ここは注意点です。

d払いアプリを利用する前にクレジットカード登録方法を解説

d払いを手軽に利用するには、「d払いアプリ」をスマホにインストールして持ち歩くのが便利です。docomoユーザーはすでに「dアカウントID」「パスワード」が発行されているので問題ありませんが、docomoユーザー以外は「dアカウントサイト」で登録をおこなわなくてはなりません。

d払いアプリで新規登録時にクレジットカードを設定する手順

docomoユーザーはアプリをダウンロードして、「dアカウントID」、「パスワード」でログインするだけで登録は完了です。docomoユーザー以外がd払いアプリを登録する手順を紹介します。

d払いアプリの登録手順

  1. 「dアカウント」サイトで「dアカウントID」と「パスワード」を発行する
  2. スマホに「d払いアプリ」をダウンロードする
  3. d払いアプリを起動する
  4. 「ご利用規約」を確認して「同意してログイン」をタップ
  5. 「dアカウント」を入力して「次へ」をタップ
  6. 「パスワード」とメールで届いた「セキュリティコード」を入力しログイン
  7. 利用設定をおこなう
  8. クレジットカード情報の入力
  9. 案内に従い各クレジットカードの本人認証をおこなう
  10. 認証が確認されれば登録完了

dアカウントIDはd払いアプリからも発行できますが、あらかじめdアカウントのサイトで発行した方が簡単です。

d払いアプリで支払い方法をクレジットカードに変更する手順

docomoユーザー以外がd払いアプリを登録するにはクレジットカードが必須ですが、docomoユーザーは必要ありません。あとから支払い方法を「クレジットカード払い」へ変更する場合は変更登録が必要です。また「クレジットカード払い」からほかの支払い方法への変更も可能です。

支払い方法をクレジットカードに変更する手順

  1. d払いアプリを起動する
  2. アプリのメニューから「設定」をタップ
  3. 「お支払い方法変更」から「クレジットカードの登録」をタップ
  4. クレジットカード情報の入力
  5. 案内に従い各クレジットカードの本人認証をおこなう
  6. 認証が確認されれば変更完了

クレジットカードは複数枚、登録できます。別のクレジットカードを登録する場合は、同じ手順で別のクレジットカードを登録すれば完了です。またつかわないクレジットカードは、「ゴミ箱アイコン」をタップすることで削除できます。

d払いアプリからクレジットカードを削除する手順

d払いアプリに登録されたクレジットカードを削除したい場合は、変更と同じ手順で「クレジットカードの登録」まで進み、削除するクレジットカード横の「ゴミ箱アイコン」をタップするだけです。

ただし注意点があります。docomoユーザー以外はクレジットカードの登録が必須なので、原則クレジットカードの削除はできません。つまりクレジットカードの削除はサービス自体の解約になることから、一見削除されたように見えても再度ログインするとカード情報は復活します。完全に削除したい場合の手順を説明します。

docomoユーザー以外でクレジットカードを完全削除する手順

  1. d払いアプリを起動する
  2. アプリのメニューから「設定」をタップ
  3. 「お支払い方法変更」から「クレジットカードの登録」をタップ
  4. 表示されたクレジットカード横の「ゴミ箱アイコン」をタップ
  5. スマホからd払いアプリを消去する
  6. dアカウントのサイトでアカウントを解約
  7. 削除完了

docomoユーザーは支払い方法を「電話料金合算払い」などに変更してからクレジットカードを消去すれば問題ありませんが、docomoユーザー以外はdアカウントを解約する必要があります。

またdアカウントを解約するとその時点まで貯まっているdポイントも消去されるので、よく考えてからおこなってください。

d払いアプリにクレジットカードが登録できない場合の対策

d払いにクレジットカードを設定しても、エラーになってしまうときは慌てないで問題を見極めることが大切です。また事前にクレジットカードが条件に合っているかを確認することでトラブルを回避できます。

クレジットカードの本人認証サービスが未登録

d払いの登録でエラーになる要因として多いのが、「本人認証サービス(3Dセキュア)エラー」です。本人認証サービスを登録していないクレジットカードを使っても、エラーで設定できません。また本人認証サービスのパスワードを忘れて認証できないトラブルもあります。

本人認証サ―ビスはクレジットカードの機能なので、docomoは関係ありません。「dアカウント」と勘違いしないようにしてください。またどうしても認証できない場合はdocomoでなく、クレジットカード会社のカスタマセンターに相談しましょう。

別のクレジットカードを登録することで解決できる可能性がある

d払いで使用できるクレジットカードは「VISA」、「Mastercard」、「American Express」、「JCB」ですが、海外で発行されたものは使用できません。また一見してクレジットカードに見えるプリペイドカードのなかにも登録できないものがあります。

見分けがつかない場合は、別のクレジットカードを登録してみるのもよい方法です。

d払いにおススメのクレジットカードはどれだ!

d払いに設定するクレジットカードは、高還元クレジットカードがおススメです。登録することでd払いの魅力がアップする注目のクレジットカード4選を紹介します。

①dカード

dカードはdocomoが発行するクレジットカードで、docomoユーザーでなくても高還元が目指せます。年会費は無料で100円(税込)の利用で1ポイントが付与され、還元率は1.0%です。

d払いと合算すると1.5%~2.0%のポイント還元が得られ、さらにdocomoユーザーはスマホ料金などのdocomo料金の1.0%が別に還元されます。またコンビニの「ローソン」では最大5%、ドラッグストアの「マツモトキヨシ」では4%が日常的に付与される特典も注目です。

dカード
おすすめポイント
  • ドコモユーザーでなくてもお得!通常還元率1%!
  • 年会費が永年無料!
  • ローソンで最大5%お得!マツモトキヨシで最大4%ポイントが貯まる!
年会費 無料
次年度以降 無料
ポイント還元率 1 〜 5%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 500円
発行期間 2週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 非対応 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 非対応 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
入会&エントリー&ご利用で最大8,000円相当プレゼント!
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ

②dカードGOLD

dカードに特典サービスを追加したハイレベルのクレジットカードが「dカードGOLD」です。dカードGOLDは年会費が有料ですが、docomo料金の10.0%がポイント還元される特典があり、毎月9,000円のスマホ料金では、年間に10,800ポイントも貯まります。

dカード GOLD
おすすめポイント
  • ドコモユーザーなら利用料金の10%が還元される!
  • 3年間最大10万円のケータイ補償付き!
  • 最大1億円の海外旅行保険あり!
年会費 10,000円(税抜)
次年度以降 10,000円(税抜)
ポイント還元率 1%
マイレージ還元率 -
ETC年会費 無料
発行期間 2週間
付帯サービス
ETCカード対応 ETC
カード
マイルが貯まる 非対応 マイルが
貯まる
家族カード対応 家族
カード
お買い物保険あり お買い物
保険あり
国内旅行保険あり 国内旅行
保険あり
海外旅行保険あり 海外旅行
保険あり
リボ払い可能 リボ払い
可能
分割払い可能 分割払い
可能
入会&エントリー&ご利用で最大15,000円相当プレゼント!
【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ
dカードゴールドは還元率10%以上の最強クレカ!年会費もドコモユーザーなら実質無料?
dカードゴールドは還元率が最大で10%以上となる高還元率クレジットカードです。ドコモユーザなら年会費を実質無料でもつことも可能になります。本記事では、dカード/dカードゴールドの特長をはじめ、年会費が無料となるからくりまで解説します。

d払いはdカードがおススメな理由

高還元クレジットカードをd払いに登録するとポイント二重取りで、1.5%~2.0%の還元率が達成できます。しかしポイント収集を効率的におこなうには、同じ種類のポイント集めることです。たとえば同じ2.0%還元でも1.0%がdポイント、1.0%が楽天スーパーポイントでは、ポイントがばらばらになりたくさんのポイントを集めるのに非効率です。

つまりポイントは同じ種類で集めるのが効率的ですから、d払いで利用するクレジットカードは「dカード」「dカードGOLD」をおススメします。またdocomoユーザーはdocomo料金にもポイントが加算されるので、さらにポイントがアップします。

docomo料金のポイント加算

  • d払いで1.0%
  • docomo料金ポイントで1.0%(dカード)、10.0%(dカードGOLD)
  • dカードポイントで1.0%

このことからdocomoユーザーは迷わず「dカード」か「dカードGOLD」しかないでしょう。またdocomoユーザー以外も1.5%~2.0%と高還元で、なおかつポイントの種類を合わせる意味から「dカード」か「dカードGOLD」がおススメです。

d払いとクレジットカードのまとめ

d払いを利用することで0.5%~1.0%のdポイントがもらえますが、支払い方法にクレジットカードを設定することでさらにポイントが加算されることを解説しました。

d払いとクレジットカードのまとめ

  • d払いの支払い方法はdocomoユーザーとdocomoユーザー以外で違う
  • d払いで使用できるクレジットカードは4種類
  • プリペイドカードの一部や海外発行のクレジットカードはつかえない
  • d払いでは実店舗0.5%、ネットショップ1.0%のdポイント還元がある
  • d払いの支払いでクレジットカードを選択するとポイントが二重取りになる
  • d払いアプリの設定には「dアカウント」が必要
  • ポイントを集めるには同じ種類のポイントが有利
  • d払いの登録は「dカード」、「dカードGOLD」がおススメ

d払いを利用している人のなかには支払い方法を、「電話料金合算払い」のままにしている人が多いようです。たしかにスマホ代金などと合算されて請求されるので便利ですが、クレジットカードを登録することでもっとたくさんのポイントがもらえます。

つかうだけでポイントがもらえるd払い、クレジットカードを設定しておトクにつかってください。

執筆者のプロフィール
manekai_editorial
マネ会 編集部

気になるけど、なかなか話しづらい。けどとても大事な「お金」のこと。 日々の生活の中の身近な節約術から、ちょっと難しい金融知識まで、知ってて得する、為になるお金の情報を更新していきます。

関連記事