更新日:

無職でもカードローンを利用できる? 例外的に借入れが可能なケースやおすすめ商品も紹介!

無職でもカードローンを利用できる? 例外的に借入れが可能なケースやおすすめ商品も紹介!

お金がないとき、シンプルかつスピーディに申込める消費者金融のカードローンは非常に便利な金策手段となります。しかし、申込フォームには勤務先情報を記入する欄があり、無職の方にはハードルが高いように感じられるのではないでしょうか。

それでは、実際のところ、無職の方でもカードローンに申込めるのでしょうか?

また、定職に就いていない方でも、例外的にカードローンに申込むことができるのはどのような場合になるのでしょうか? 詳しく探っていきましょう。

収入のない無職・ニートの方は原則としてカードローンを利用できない

ほとんどのカードローン商品は「安定した収入があること」を申込条件にしているため、収入のない無職の方やニートの方は原則として申込めません。

まず、消費者金融の貸付は「原則として利用者の年収の1/3を超える金額を貸し付けてはいけない」と定める総量規制の影響を受けるので、通常は年収のない方は融資を受けることができないのです。

さらに、銀行カードローンであっても、申込条件に「安定した収入がある方」と記載されているケースがほとんどです。また、総量規制の影響こそ受けないものの、総量規制に準じた自主規制をおこなっている場合もあります。

そのため、基本的には収入のない無職の方やニートの方は、カードローンに申込むことができないのです。ただし、一部例外もあるので、絶対に利用できないというわけではありません。

試しに消費者金融の簡易診断で確認してみた

本当に消費者金融のカードローンでは無収入の方は申込めないのか、各社の公式サイトに用意されている簡易診断を利用して調べてみましょう。

簡易診断とは、いくつかの情報から借入れの可能性を簡易的に調べるためのものです。
審査前にこちらを試してみることで、むやみに申込んで審査に落ちる可能性を低くすることができます。

まずはアコムの3秒診断で、年齢30歳、年収0万円、他社借入額0万円でシミュレーションしてみました。収入のない無職やニートの方は年収がないので、年収の欄に「0」と入力します。

すると、下記のような診断結果が表示されました。

(※)出展:アコム「3秒診断」


「申し訳ございませんが、お客さまご本人にご収入がない場合はお借入ができません。」と記載されていますね。

このことから、アコムでは無収入の方は申込めないことが分かります。

次はプロミスでシミュレーションしてみました。年齢30歳、年収0万円、他社借入額0万円と入力してみます。

(※)出典:プロミス「お借入シミュレーション」


プロミスの診断結果では「絶対に借りられない」と明記されているわけではありませんが、「大変申し訳ございませんが、ご入力いただいた内容だけでは、判断することができません。」とやや後ろ向きな文言が表示されました。

実際、プロミスの申込条件には「お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。」と記載があり、収入のない方の申込みを認めていません。

そのため、なにかの間違いで「収入が0円」と誤って入力したのでなければ、まず審査に通る可能性はないという意味での、上記の診断結果だといえるでしょう。

次はレイクALSAでシミュレーションしてみました。

(※)出典:レイクALSA「お借入れ診断」


レイクALSAでは年収の欄に「0」を記入した時点で、「収入がない場合は、お申込みができません」というアラートが立ちます。このことからも、無収入の方はレイクALSAに申込めないことが分かります。

まとめると、総量規制の影響を受ける大手消費者金融では、無収入の方は原則として審査に通ることができないことが、簡易診断の結果からも分かるということです。

転職中・休職中などで収入がない場合も審査落ちの可能性が高い

消費者金融の審査では、収入があるかどうかを厳しくチェックされます。

そのため、転職中の方や休職中の方など、一時的とはいえ無収入であるなら審査落ちにつながる恐れがあります。お金が必要になる可能性がある方は、なるべく転職・休職の前に借りるようにしましょう。

カードローン審査における「無職」の定義とは?

定職に就いていないがなんらかの収入を得ている方は、「自分は無職? その場合、審査に落ちるのかな?」と、「無職」という言葉の定義が気になるのではないでしょうか。

結論からいうと、定職に就いておらず、一切収入を得ていない方は、「無職」と見なされてカードローン審査に落ちる可能性が高いです。一方で、定職を持っていなくても、安定した収入がある方は、「無職」と見なされず融資を受けられることもあります。

カードローンの審査では、「安定した収入」があるかどうかが重視されるため、無職であることよりも無収入であることが審査に響きます。

そのため、定職に就いていなくても、家賃収入投資内職などで「安定した収入」があるならば、無職とは見なされず、融資を受けられる可能性があるのです。

仕事をしておらず、まったく収入がない方は、審査の際に無職と見なされ、審査通過は非常に厳しいものとなります。

専門家からのコメント

阿久津和宏
阿久津 和宏

借り入れが可能かどうかは、各カードローン会社の判断により異なると思われますが、安定した収入と判断されれば、家賃収入などの所得でも借り入れができる可能性は高くなります。

また、正社員と比べて不利になる可能性については、例えば、「安定度」や「収入」によって、「安定した収入を得ているか」ということや、「総量規制」「在籍確認ができない」など、信用度という面で、借入金額の面で、不利になる可能性はあると思われます。

無職でも例外的にカードローンの借入れが可能な3つのケース

定職に就いていなくても、安定した収入があるとみなされて、カードローンを利用できることがあります。

たとえば年金収入のある年金受給者、配偶者に安定した収入がある主婦・主夫不労所得のある方は、無職であっても審査通過の可能性が0ではありません。

無職でも審査通過の可能性があるケース

  • 年金受給者
  • 配偶者に安定した収入がある主婦・主夫
  • 不労所得のある方

年金受給者

金融機関によっては、年金収入も「年収」のひとつとみなすことがあります。

金融機関の判断基準が分からないときは、カスタマーセンターなどに電話をして尋ねてみましょう。

ただし、年金受給者が申込むときは年齢条件に合っているのかも、忘れずにチェックしてください。とりわけ銀行カードローンは年齢上限が60代までになっていることが多く、公的年金で生活している方は対象外になっていることがあります。

なお、定職に就いていない年金受給者の方でも利用できる商品については、下記の記事で詳しく解説しています。

カードローンは年金受給者でも利用できる?おすすめのカードローン4選もご紹介

配偶者に安定した収入がある主婦・主夫

定職に就いておらず収入もなくても、配偶者に安定した収入がある専業主婦・主夫の方は、カードローンでお金を借りられる可能性があります。

まず、中小消費者金融のなかには、配偶者の年収と合算して融資枠を決定する配偶者貸付を利用できる商品もあります。配偶者の同意を得る必要がありますが、無収入の方は検討してみることができるでしょう。

さらに、銀行カードローンのなかには、無収入の専業主婦であっても申込めるものがあります。配偶者の同意を得たくない方は、先に銀行のローンを検討するほうがよいかもしれません。

下記の記事では、専業主婦・主夫の方でも申込可能なおすすめカードローンをまとめているので、興味がある方はぜひご参照ください。

専業主婦でもカードローンは借りられる!家族にバレずに借入れるポイントを解説!

不労所得のある方

株式などの配当金や不動産収入などの不労所得が安定して得られている方は、定職に就いていなくても申込めることがあります。

ただし、「相続で遺産が入ってきた」、「FXで儲かった」などのようにコンスタントに得られるわけではない収入に関しては、審査の際に考慮されない可能性があります。

金融機関によって基準が異なりますので、分からない点はカスタマーサービスなどに問い合わせてみましょう。

無職やニートの方も仕事を始めれば借入れが可能になる

無収入の方も、一生、カードローンに申込めないというわけではありません。

仕事を始め、収入を得れば審査に申込むことが可能になります。たいていの金融機関では、正社員でなくてもアルバイトや派遣社員なども申込めるようになっています。勤務形態にこだわらずに仕事を始め、安定した収入を得るようにしてください。

なお、「無職・無収入でもOK」などと謳う闇金もありますが、トラブルに巻き込まれる可能性が高いです。銀行や信用金庫、消費者金融などの正規の金融機関以外は絶対に利用しないようにしよう。

専門家からのコメント

阿久津和宏
阿久津 和宏

カードローン会社によって基準は異なりますが、その基準の中で、「安定した収入」と認められれば、「借り入れ」は可能になると思われます。

しかし、「借入額」は、消費者金融業者では、総量規制によって、収入の3分の1を超えて借りることはできませんので、借入額がそれでは足りない場合は、「アルバイトなどで収入を増やす」「銀行カードローンを検討する」または、「配偶者の年収と合算して融資枠を決定する配偶者貸付」などを検討しましょう。

無職やニートの方がお金を調達する方法は?

無収入かつ無職の方が金融機関からお金を借りることは、非常に厳しいものとなります。

そのため、年金受給者や専業主婦・主夫でもなく、完全に収入がない無職の方には、カードローン以外の資金調達方法を検討することをおすすめします。

例えば、収入がない方でも利用可能な公的な融資制度を利用したり、生命保険の契約者貸付を利用したり、不動産や自動車を担保にして融資を受けたりといった方法があります。

完全に無収入の方がお金を調達するための詳細な方法については、下記の記事で解説していますので参考にしてください。

今すぐお金が必要!無職でも合法でお金を借りる方法を徹底紹介

収入がある無職の方が利用できるカードローン5選

無職であっても無収入ではない方は、商品によってはカードローンでお金を借りることが可能です。

この章では、収入がある無職の方の代表例である「年金受給者の方」、「専業主婦の方」、「不労所得がある方」の3種類について、それぞれの方におすすめなカードローンを紹介します。

各商品の年齢条件や貸付条件をしっかりと吟味してから、申込みへと進んでください。まずは、年金を受給している無職の方におすすめの商品からご紹介しましょう。

年金受給者におすすめ!バンクイック

上限金利年14.6%が魅力的な三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)は、年金受給者の方でも申込可能です。

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の公式サイトには、下記のような記載があります。

Q :収入が年金のみですが申し込みできますか?
A :お申し込みいただけます。原則安定した収入がある方であれば、お申し込みいただけます。

収入が年金のみでも申込可能なことが明記されているので、安心して申込めるのではないでしょうか。

メガバンクのカードローンということで利便性も高いので、収入源が年金のみでも利用できるカードローンを探している方には、おすすめしたい商品の1つです。

融資限度額 10万円以上500万円以内(10万円単位)
金利(実質年率) 年1.8%~年14.6%
返済回数
申込条件 ・年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人
・保証会社(アコム(株))の保証を受けられる方
・原則安定した収入がある方
・外国人の場合は永住許可を受けている方
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)
三菱UFJ銀行カードローンのバナー
おすすめポイント
  • 金利年1.8%~年14.6%!
  • 最高500万円までご融資可能!
  • 借入可能かお試し診断あり!
実質年率
1.80〜14.60%
借入限度額
10万円〜500万円
審査時間
-
融資時間
-
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート 非対応 ミニストップ 非対応
収入証明書
公式サイト参照

専業主婦におすすめ!楽天銀行カードローン(楽天スーパーローン)

次に、定職に就いておらず収入がない方でも、専業主婦・主夫の方なら申込可能な商品をご紹介します。

楽天銀行カードローン(楽天スーパーローン)は、自分自身に収入のない専業主婦・主夫の方も申込めるローン商品です。

ただし、通常は満62歳まで申込めますが、パートやアルバイトの方、専業主婦の方は満60歳以下でないと申込めません。

また、融資限度額は800万円ですが、専業主婦の方の融資限度額は50万円以下となります。無理なく返済できるのか、毎月の返済額や返済期間をシミュレーションしてから申込むようにしましょう。

(30代 / 女性 / 主婦 / 収入なし / 借入金額10万円以下)

旦那の給料が少なく、支払いも多くて全く生活費が足りず、ネットで専業主婦でも借りれるところはないかと探していたら、楽天スーパーローンを見つけました。

上記の方は、収入なしの専業主婦であるにもかかわらず、楽天銀行カードローンを利用することができたそうです。このような実例を見ると、専業主婦の方も安心して申込めるのではないでしょうか。

融資限度額 800万円(専業主婦の方は50万円)
金利(実質年率) 年1.9~14.5%(専業主婦の方は年14.5%)
返済回数
申込条件
・満年齢20歳以上62歳以下の方(パート・アルバイト・専業主婦の方は満60歳以下)
・日本国内に居住している方
・外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方
・毎月安定した定期収入のある方、または専業主婦の方
楽天銀行カードローン(楽天スーパーローン)
楽天銀行"スーパーローン"のロゴ
おすすめポイント
  • 入会でもれなく1000ポイント
  • ネット銀行ならではの金利 年1.9%~14.5%
  • コンビニATMでも利用OK!
実質年率
1.90〜14.50%
借入限度額
10万円〜800万円
審査時間
最短即日
融資時間
公式サイト参照
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
公式サイト参照
【PR】Sponsored by 楽天銀行 株式会社

不労所得のある人におすすめ!大手消費者金融3選

最後に、定職に就いていなくても、家賃収入や投資などで不労所得がある無職の方が利用できるおすすめカードローンをご紹介します。

不労所得がある方は、定職に就いていることよりも「安定した収入がある」ことに重きを置いている消費者金融のカードローンに申込むことを検討してみましょう。

銀行より消費者金融のほうが柔軟な審査を実施している傾向にあるため、勤務先がないことが審査に不利に働きにくいです。

消費者金融のなかでもスピーディ、かつ、無利息サービスも用意されているおすすめのカードローンを3つ紹介します。

アイフル

アイフルは、定期的な収入がある方なら申込めるカードローンです。

スピーディな対応を実施しているため、申込むタイミングや審査の進み具合によっては最短で即日融資を受けることも可能です。定期的な不労所得がある方は検討してみましょう。

初回契約日の翌日から30日間の無利息サービスも用意されているので、短期返済できそうな方は必見ですよ。

融資限度額 800万円
金利(実質年率) 年3.0~18.0%
返済回数 最大151回
申込条件 満20歳以上69歳以下の定期的な収入と返済能力を有する方
アイフル
アイフルのバナー
おすすめポイント
  • 申込から借入までWEB完結!郵送物一切なし!最短1時間でご融資可能!
  • 最短30分で審査完了!
  • 事前にご融資可能か1秒診断
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
原則不要(※)
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アイフル株式会社

アコム

アコムも、安定した収入がある方が申込めるカードローンです。

振込融資の対応時間が長いため、できるだけ早く口座にお金を振り込んで欲しい方におすすめです。

もちろん、アイフルと同じく、最短で即日融資が可能です。初回契約日の翌日から30日間の金利0円サービスもあるので、利息を抑えたい方にもおすすめです。

安定した不労所得がある方は、ぜひ検討してみましょう。

融資限度額 800万円
金利(実質年率) 年3.0~18.0%
返済回数 100回以下
申込条件 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
アコム
アコムのバナー
おすすめポイント
  • 30日間金利0円サービス
  • ご利用可能金額は 1万円~800万円、ご利用用途は自由
  • お客さまのご都合にあった方法でお借入、ご返済が可能
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社

プロミス

プロミスも安定した収入がある方が申込めるカードローンです。

最短1時間の融資スピードだけでなく、24時間365日、最短10秒で即時振込が可能な点も魅力的で、急いでお金を借りたい方にはとくにおすすめな商品となります。

無利息期間は、初回借入日の翌日から30日間。初回契約日の翌日から始まるわけではないので、契約後しばらく経ってから借入れたい方でも、余裕を持って無利息サービスのメリットを享受することができるでしょう。

融資限度額 500万円
金利(実質年率) 年4.5~17.8%
返済回数
申込条件 年齢20~69歳の安定した収入のある方
プロミス
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • お申込み~ご融資までのスピードが早い!
  • 無担保でお借入れできる!
  • 契約額の範囲内で、繰り返しご利用可能
実質年率
4.50〜17.80%
借入限度額
1万円〜500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

無職の方がカードローンのキャッシングを利用したいときのまとめ

定職に就いていない無職の方でも、絶対にカードローンでお金を借りられないというわけではありません。

例えば、年金不労所得などで収入を得ている方は、商品によってはお金を借りることができます。また、専業主婦・主夫の方も、仕事をしていなくてもカードローンを利用できる場合があります。

上記にも当てはまらず、収入が一切ない無職の方は、残念ながらカードローンを利用できる可能性は低いです。

公的な融資制度を検討したり、資産を担保に入れたりと、カードローン以外の資金調達方法を検討しましょう。また、仕事を始めたあとなら、問題なくカードローンへの申込みが可能になりますよ。

専門家からのコメント

阿久津和宏
阿久津 和宏

無職でも、収入があれば、カードローンの申し込みをすることは可能ですが、「安定した収入」があることが条件となっていることが多いです。

もし仮に安定した収入がないけど借り入れをしたい場合は、アルバイトやパートなどで安定した収入を作るか、配偶者貸付などを利用できる業者にて申し込みをすることで、可能性が出てきます。

同時に、返済計画も視野に入れて借入の計画を立て、その後のお金の流れも意識しておくことがとても重要です。

<参考>
アコム「3秒診断」
プロミス「お借入シミュレーション」
レイクALSA「お借入れ診断」

お金を残す専門家、阿久津和宏です。FP活動歴10年、一貫して「必要なときに」「必要なお金を」「必要なだけ残す」をテーマに、オーナー社長を中心に社会保険料削減・税コスト削減・資産保全・融資補助や記事の執筆監修、セミナー、講演の活動を継続中。個人向けには、相続対策・家計コンサルティングなども手掛けている。取扱業務は、行政書士業務(書類作成・許認可)、FP業務、各種コンサルティング業務など。身近で頼れる相談員を目指しています。どうぞよろしくお願い致します。

阿久津 和宏の監修記事・プロフィール一覧へ

投資信託・株式の運用歴20年以上。相続問題が発生したことを機に、ファイナンシャルプランナー2級とAFPの資格を取得。 大学や省庁で研究活動をおこないながら、2014年度からはマネーやファイナンス、医学関係の執筆活動を開始。 ライフマネープランニングやIPO投資、金融詐欺の見分け方、ローン・クレジットカードの使い方などを得意テーマとしている。 現在メインで利用しているカードはアメリカンエクスプレスのプラチナ。招待制から申込制に変わって、ちょっと残念に思う毎日。

林 泉の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事