更新日:

200万円を借入れるときにおすすめのカードローンは?大手6社の金利を比較!

200万円を借入れるときにおすすめのカードローンは?大手6社の金利を比較!

少額を借りるときに利用するイメージのあるカードローンですが、実は200万円程度の高額を借りるときにもおすすめです。

大手6社のカードローンの金利と返済シミュレーションを紹介しながら、どこを利用するべきかについて解説しています。

200万円を借りるときの審査ポイントについても説明するので、ぜひカードローンに申込む前にご一読ください。

200万円を借りたいときの選択肢

200万円を借りる選択肢としては、目的別ローンとフリーローン、カードローンなどがあります。どのように借りたいか・返済したいかによって、使い分けるようにしましょう。

各ローン商品の特徴
ローンの種類 借入金の使い道
借入れ時期 返済方法
目的別ローン 限定 契約時に1回のみ リボルビング払い
フリーローン 原則として自由 契約時に1回のみ リボルビング払い
カードローン 原則として自由 契約中ならいつでも可能 リボルビング払い

200万円の借入れにカードローンがおすすめな理由

カードローンのメリット
  • 限度額が高額のときは低金利が適用される
  • 何度も借入れできる
  • 借入方法や返済方法が多様
  • 資金使途は原則自由

金利だけに着目するならば、最初にまとめて借入れる目的別ローンとフリーローンは低い傾向にあります。

しかし、カードローンの金利は限度額が高くなると低くなるため、200万円ほどの高額を借りる場合であれば、目的別ローンやフリーローンと大きな差が出ないことも多いです。

何度でも借入れできる点や、借入方法・返済方法が多様な点など、利便性の高さでは魅力的なカードローン。それに加え、多くの商品で資金使途が自由な点もメリットです。

カードローン大手6社の金利を比較

カードローンを提供している金融機関は、消費者金融と銀行、信販会社の3つに大別できます。

大手消費者金融と信販会社のカードローンの上限金利が年17〜18%程度なのに対して、大手銀行カードローンの上限金利は年13〜15%程度です。

200万円というまとまった金額を借りたいなら、金利差が利息に与える影響も大きいので、少しでも低金利な銀行カードローンを利用しましょう。

各カードローンの金利
カードローン 金利(実質年率) 200万円を借りるときの金利(実質年率)
みずほ銀行カードローン 年2.0~14.0%(※1) 年9.0%(※1)
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)
年1.8~14.6% 年10.6~13.6%
三井住友銀行のカードローン 年4.0~14.5% 年10.0~12.0%
楽天銀行カードローン 年1.9~14.5% 年6.9~14.5%
じぶん銀行カードローン 年1.38~17.4%(※2) 年9.0~13.0%(※2)
住信SBIネット銀行カードローン
・プレミアムコース:年1.59~7.99%
・スタンダードコース:年8.99~14.79%
・プレミアムコース:年6.39~6.99%
・スタンダードコース:年11.99%
(※1)みずほ銀行の住宅ローンを利用している方は適用金利から年0.5%引き下げます
(※2)auユーザーは適用金利から年0.1~0.5%引き下げます


200万円を借りたときの各社の返済シミュレーション

実際に各カードローンで200万円を借りた場合、どの程度の利息や返済額が発生するかシミュレーションしてみましょう。

なお、適用金利は各カードローンで200万円を借りる場合に想定される最大のもの、毎月の返済額は借入額に対して最低限の金額で計算します(※)。

(※)シュミレーションの返済額は参考値であり、実際にお借り入れされた場合の結果と異なる場合があります

みずほ銀行カードローンで200万円を借りたときの利息・返済額

みずほ銀行カードローンでは、借入残高に応じて毎月の返済額が決まるシステムになっています。

そのため、200万円を年9.0%の金利で借りた場合、最初は月22,000円を返済しますが、徐々に返済額が減って毎月の返済負担も減っていきます。

毎月の返済額 返済期間 利息額 返済総額
22,000円以下 753ヶ月 4,054,754円 6,054,754円
参考:みずほ銀行「返済期間シミュレーション」


三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)で200万円を借りたときの利息・返済額

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)で、200万円を年13.6%で借りたときの最低返済額は40,000円です。

返済期間が6年6ヶ月と短い分、利息も少なくなり、お得に返済できます。

毎月の返済額 返済期間 利息額 返済総額
40,000円 78ヶ月 1,100,387円 3,100,387円
(※)参考:三菱UFJ銀行「ご返済期間をシミュレーション」


三井住友銀行のカードローンで200万円を借りたときの利息・返済額

三井住友銀行のカードローンでも、借入残高によって毎月の最低返済額が変わります。そのため、返済が進んでいくと毎月の返済額も減り、返済期間が長引いてしまいます。

200万円を年12.0%で借りると、最初のうちの返済額は月25,000円ですが、徐々に月々の返済額が減っていきます。

毎月の返済額 返済期間 利息額 返済総額
25,000円以下
450ヶ月 3,714,498円 5,714,498円

楽天銀行カードローンで200万円を借りたときの利息・返済額

楽天銀行カードローンも借入残高に応じて、毎月の最低返済額が減っていきます。

200万円を年14.5%の金利で借りると、最初のうちは月30,000円を返済しますが、徐々に毎月の返済額が減り、返済負担も減っていきます。

毎月の返済額 返済期間 利息額 返済総額
30,000円以下 470ヶ月 4,537,615円 6,537,615円
参考:楽天銀行「楽天銀行スーパーローン 返済シミュレーション」

カードローンで200万円を借入れるための必要書類

銀行カードローンで融資を受けるときは、本人確認書類だけでなく、収入証明書類も必要になることがあります。

消費者金融では、貸金業法により50万円を超える融資では収入証明書類の提出が必須と定められていますが、銀行カードローンでも、多くの場合、同様の条件で収入証明書類の提出が求められます。

200万円をスムーズに借りるためにも、前もって以下の書類を準備しておきましょう。

本人確認書類の例

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード

収入証明書類の例

  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 納税証明書

銀行カードローン審査を受ける前のチェックポイント

200万円程度の高額融資を受けたい方は、金利面でメリットのある銀行カードローンを検討したいものです。

しかし、銀行カードローンは審査が厳しい傾向にあるので、以下のポイントに留意して対策しておきましょう。

チェックポイント
  • 信用情報に問題はないか?
  • 他社借入件数・金額は多すぎないか?
  • 十分な返済能力があるか?
  • 短期間に複数のローン商品に申込んでいないか?

1.信用情報に問題はないか?

他社の返済に遅れていたり、自己破産などの債務整理をおこなっていたりすると、信用情報に問題があると判断され、カードローン審査に通過しにくくなる可能性があります。

200万円の融資を申し込む前に、信用情報機関に問い合わせてみましょう。

2.他社借入件数・金額は多すぎないか?

収入に対して返済額が占める割合を返済比率といいますが、この返済比率が高すぎると、カードローンの審査通過は厳しくなります。

他社借入件数や他社借入額が多すぎないか、今一度、ご自身でチェックしてみましょう。

3.十分な返済能力があるか?

借入額の上限は年収の1/3が目安となります。

200万円を借りる場合は年収600万円以上であるほうが望ましいため、年収600万円未満の方は審査落ちの可能性があります。

4.短期間に複数のローン商品に申込んでいないか?

ローンに申込んだ記録はすべて信用情報機関に登録されます。短期間に複数のローン商品に申込んでいると、お金に困っている印象を与えるため、返済能力が不安視される可能性も。

多数のカードローンに申込むのではなく、1社か2社に絞ってから200万円の借入れを申込みましょう。

200万円を借りたいときにおすすめのカードローン3選

実際に200万円を借りるなら、どのカードローンを選べばよいでしょうか。

おすすめの低金利ローンとそれぞれの注目ポイントを紹介するので、参考にしてみてください。

おすすめ①みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンのバナー
おすすめポイント
  • 金利年2.0%~14.0%と納得の金利!
  • 最高ご利用限度額800万円
  • 初心者の方に最適!安心の1枚!
実質年率
2.00〜14.00%
借入限度額
800万円
審査時間
公式サイト参照
融資時間
公式サイト参照
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
公式サイト参照
【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行

メガバンク3社で最も上限金利が低いみずほ銀行カードローン。みずほ銀行で住宅ローンを借りているなら、さらに金利が安くなります。

(40代男性 / 個人事業主・自営業 / 年収400〜600万円未満 / 借入金額100〜300万円未満)

私のようにメインバンクとして利用していたり住宅ローンを契約している方などは、金利面云々よりお金を借りるなら他で借りるより、まとめて一箇所にしたほうが絶対にいいと思いますよ。

確かにメインバンクとして利用している銀行のカードローンを利用すると、返済先を1つに統一できたり、金利面で優遇してもらえたりと、メリットがありますね。

現在ご利用中の銀行で200万円を借りることも検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ②住信SBI銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローン(ミスターカードローン)
住信SBIネット銀行"MR.カードローン プレミアムコース"のロゴ
おすすめポイント
  • 基準金利からさらに最大0.6%の金利優遇
  • 最短60分で仮審査完了!
  • 毎月のご返済は2000円から!
実質年率
1.59〜14.79%
借入限度額
10万円〜1,200万円
審査時間
最短即日
融資時間
最短即日
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
収入証明書
公式サイト参照
【PR】Sponsored by 住信SBIネット銀行株式会社

住信SBI銀行カードローンにはプレミアムコースとスタンダードコースの2つのコースがあり、プレミアムコースが適用されれば低金利で200万円を借りられます。

なお、コースは審査によって振り分けられるので、申し込む際に選ぶことはできません。

また、いずれのコースを選んだ場合も、一定の条件を満たすと最大年0.6%の割合で金利が引き下げられます。プレミアムコースなら年0.99~7.39%、スタンダードコースなら年8.39~14.19%で利用できます。

おすすめ③楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン(楽天スーパーローン)
楽天銀行"スーパーローン"のロゴ
おすすめポイント
  • 金利は年1.9%~14.5%
  • スマホでお申込が完了!
  • 最大限度額は800万円。
実質年率
1.90〜14.50%
借入限度額
10万円〜800万円
審査時間
最短即日
融資時間
公式サイト参照
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
公式サイト参照
【PR】Sponsored by 楽天銀行 株式会社

上記2社には上限金利は劣るものの、下限金利は低い水準の楽天銀行カードローン。コンビニでのATM手数料が無料なので、カードローンの手数料も節約したい方にもおすすめです。

なお、楽天銀行の口座開設は不要で、入会と利用金額に応じて楽天スーパーポイントも貰えます。お得に楽天スーパーポイントを貯めたい方にもおすすめです。

200万円をカードローンで借りたいときのまとめ

まとめ
  • 200万円を借りるときには、目的別ローンとフリーローン、カードローンを検討できる
  • 何度でも借入れ可能なカードローンがおすすめ
  • 銀行カードローンは金利が低めで、200万円程度の高額借入れに適している

200万円をどこで借りようか迷ったときは、銀行カードローンがおすすめです。何度でも借入れ可能なので、追加でお金が必要になったときにも限度額内なら審査不要で借りられます。

しかし、借入期間が長引くと利息も高額になるので、できるだけ多めに返済し、短期完済を目指しましょう。

<参考>
みずほ銀行「返済期間シミュレーション」
三菱UFJ銀行「ご返済期間をシミュレーション」
楽天銀行「楽天銀行スーパーローン 返済シミュレーション」

投資信託・株式の運用歴20年以上。相続問題が発生したことを機に、ファイナンシャルプランナー2級とAFPの資格を取得。 大学や省庁で研究活動をおこないながら、2014年度からはマネーやファイナンス、医学関係の執筆活動を開始。 ライフマネープランニングやIPO投資、金融詐欺の見分け方、ローン・クレジットカードの使い方などを得意テーマとしている。 現在メインで利用しているカードはアメリカンエクスプレスのプラチナ。招待制から申込制に変わって、ちょっと残念に思う毎日。

林 泉の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事