更新日:

カードローンで20~30万円借りるときの金利はいくら?利息・返済額も試算してみよう

カードローンで20~30万円借りるときの金利はいくら?利息・返済額も試算してみよう

カードローンで20万円〜30万円借りたい方は、ある程度まとまったお金を融資してもらうことになるので、カードローンの選ぶときや審査を受けるときに不安を感じるのではないでしょうか?

この記事では、カードローンで20万円~30万円を借りたときの利息や返済額がどれくらいになるのか、シミュレーションを含めて解説します。また、20〜30万円を借りたいときのお得なカードローンの選び方もご紹介します。

カードローンで20万円〜30万円借りるときの金利は何%?

結論からいうと、20〜30万を借りるときには上限金利に近い金利が適用されやすいです。

適用金利は、借入金額が高額になるほど低くなる傾向にあります。最大限度額が数百万円という商品も珍しくないので、利用限度額が20〜30万円の場合には、そこまで金利が低くなることは期待できないでしょう。

例えば、大手消費者金融であるアコムの利用者データを見てみると、10万円超30万円以下を借りている人は23.6%です。

63.4%が30万円超を借りていると考えると、20〜30万円という金額はそこまで多くない借入金額なのかもしれません。

アコムの貸付金額別残高(2019年度)(※)
10万円以下 12.9%
10万円超30万円以下 23.6%
30万円超50万円以下 33.5%
50万円超 29.9%
(※)アコム2019年3月期有価証券報告書より


20万円~30万円を借りるときの金利相場は?

20〜30万円を借りる場合には、「◯%〜◯%」という金利帯のうち、上限金利に近い金利が適用されやすくなっています。

例えば、利用したい商品の金利が「年2.0%〜14.0%」なら、20〜30万円を借りる際には年14.0%に近い金利が適用されやすいということです。

例えば、みずほ銀行カードローンの金利は年2.0%〜14.0%。そして、下表のように、20〜30万円の借入なら金利は年14.0%になります。

みずほ銀行カードローンの融資限度額別金利(年利)帯
10万円以上100万円未満 14.0%
100万円以上200万円未満 12.0%
200万円以上300万円未満 9.0%
300万円以上400万円未満 7.0%
400万円以上500万円未満 6.0%
500万円以上600万円未満 5.0%
600万円以上800万円未満 4.5%
800万円 2.0%

やはり、20〜30万円程度の借入なら、上限金利に近い金利が適用されると思っておくとよいでしょう。

大手カードローンの上限金利
銀行カードローン 14%台
消費者金融カードローン 17~18%

大手カードローンの上限金利の目安は、上記のようになっています。つまり、20〜30万円を借りるなら、銀行カードローンなら約14%(年)、消費者金融カードローンなら約17〜18%(年)になりやすいということです。

カードローンを金利で選ぶなら?金利の仕組みと計算方法からお得に借りるコツまで解説

カードローンで「20万円借りたとき」と「30万円借りたとき」の利息を比較しよう

「カードローンで20万円〜30万円を借りたときに支払う利息・返済額がいくらになるのか?」という点を、借りる前に確認しておきましょう!

ここでは、大手消費者金融と大手銀行カードローンを1社ずつ例に挙げ、利息・返済額をシミュレーションします。

大手消費者金融からは消費者金融のなかで利用者数No.1のアコム、大手銀行カードローンからは3大メガバンクで最も上限金利が低いみずほ銀行カードローンを取り上げました。

20〜30万円を借りるときの利息・返済額はいくらになるのでしょうか? 早速見てみましょう。

大手消費者金融で「20万円借りたとき」と「30万円借りたとき」の利息はいくら?

アコムで20万円と30万円を18%(年)で借りたとき、支払う利息がいくらくらいになるのかを試算してみましょう。

なお、契約限度額=借入額と仮定します。毎月の返済額は、最低返済額とそれを超える、20,000円、30,000円、40,000円として見てみます。

アコムで金利18%(年)で20万円を借り入れた場合の返済
返済額 返済回数 返済総額 利息総額
9,000円 28回 245,093円 45,093円
10,000円 24回 239,554円 39,554円
20,000円 11回 218,320円 18,320円
30,000円 8回 212,311円 12,311円
40,000円 6回 209,504円 9,504円
アコムで金利18%(年)で30万円を借り入れた場合の返済
返済額 返済回数 返済総額 利息総額
13,000円 29回 370,993円 70,993円
20,000円 18回 342,404円 42,404円
30,000円 11回 327,483円 27,483円
40,000円 9回 320,640円 20,640円
(※)上記のシミュレーション結果は目安です。参考値としてご活用ください


返済シミュレーション

このように、アコムで最低返済額で借りた場合には、返済回数としては、2年半以内で利息総額は、それぞれ45,093円と70,993円になります。利息差は25,900円と借入金額に応じた差になっています。

しかし、返済額を上げていくと、それにつれて返済回数が減り、40,000円返済のときには、利息総額は9,504円、20,640円と小さくなっていくのがわかります。返済額が大きくなれば、それだけ利息も減っていくのです。

大手銀行カードローンで「20万円借りたとき」と「30万円借りたとき」の利息はいくら?

メガバンクで最も金利が低いみずほ銀行カードローンの公式シミュレーションで20万円と30万円を上限金利の14%(年)で借りたとき、支払う利息がいくらになるのかを試算してみましょう。

ここでも、アコムと同じように最低返済額とそれを超えて、10,000円、20,000円、30,000円、40,000円の返済額でシミュレーションしています。

みずほ銀行カードローンで20万円借り入れた場合の返済
初回返済額 返済回数 返済総額 利息総額
6,000円 123
336,427
136,427
10,000円 25回 232,119円 32,119円
20,000円 13回 216,564円
16,564円
30,000円 9回 211,967円 11,967円
40,000円 8回 209,801円 9,801円
(※)上記のシミュレーション結果は目安です。参考値としてご活用ください


最低返済額の場合は、初回返済額は6,000円ですが、借入残高が減ることで返済額が少なくなるので、返済期間が長期化していますね。

毎月10,000円以上をコンスタントに返済していけば、返済回数は25回以下で済み、支払う利息も少なく抑えられます。

みずほ銀行カードローンで30万円を借り入れた場合の返済
初回返済額 返済回数 返済総額 利息総額
8,000円 156回 536,169
236,169
10,000円 39回 376,793円 76,793円
20,000円 19回 335,972円 35,972円
30,000円 13回 324,852円 24,852円
40,000円 10回 319,630円 19,630円
(※)上記のシミュレーション結果は目安です。参考値としてご活用ください


こちらも、最低返済額の場合は初回返済額が8,000円ですが、借入残高が減ることで返済額が少なくなるので、返済期間が長期化していきます。

20万円の場合と同様に、毎月10,000円以上をコンスタントに返済していけば、返済回数は40回以下で済み、支払う利息も少なく抑えられます。

返済シミュレーション

みずほ銀行カードローンは最低返済額が少ないので、返済期間が長期化して利息が増えやすい傾向にあります。アコムより利息が高いことからもわかるように、金利が低いからといって利息が安くなるわけではないのですね。

最低返済額が少ないカードローンで利息を抑えたいなら、任意返済や一括返済を活用して返済期間を短縮するようにしましょう。

カードローンで「20万円借りたとき」と「30万円借りたとき」の返済額はいくら?

毎月の返済負担を考えると、最低返済額も確認しておきたいところですよね。

20万円・30万円を借りるときの最低返済額はいくらになるのでしょうか? 利息のシミュレーション時と同様に、アコムとみずほ銀行カードローンを例に挙げて最低返済額を紹介します。

大手消費者金融で「20万円借りたとき」と「30万円借りたとき」の返済額はいくら?

アコムで20万円、30万円を借りた場合の毎月の返済額は次のようになっています。なお、契約限度額=借入額と仮定します。

アコムの毎月の返済額
20万円 9,000円
30万円 13,000円

20万円、30万円の場合には、借入残高の4.2%をかけたものになります。

月に1万円を超えると少し高い気もしますが、その分早期返済して利息を抑えることができますよ。

大手銀行カードローンで「20万円借りたとき」と「30万円借りたとき」の返済額はいくら?

みずほ銀行カードローンの毎月の返済額は、利用残高に応じて変動します。

みずほ銀行カードローンの返済額(※)
20万円 4,000円
30万円 4,000円
(※)2012年7月31日以降に契約の締結か変更をおこない、かつ利用限度額が200万円以上の場合には、20万円は2,000円になっています。


みずほ銀行カードローンの最低返済額は少額なので、月々の返済負担は小さくなってうれしいですが、返済期間は長期化しやすいので注意してください。

なお、みずほ銀行カードローンの返済額については、次の記事で詳しく記載されています。

みずほ銀行カードローンの返済額は高い?低い?他社と比較して詳しく解説

銀行カードローンと消費者金融、20〜30万円を借りたいときはどっちがオススメ?

20万円〜30万円だけを借りたいというときは、銀行カードローンと消費者金融、どちらがオススメなのでしょうか?

表面上は、金利が低い傾向にあるのは銀行カードローンだが、無利息サービスのことを考えると消費者金融のほうがお得な場合もあります。

この章では、状況に合わせたお得なカードローンの選び方をご紹介します。

消費者金融カードローンの無利息サービスなら利息0円で借りられるかも

大手消費者金融では、初回利用時には無利息サービスを利用することができます。

無利息期間中に完済できるのであれば、金利の低い銀行カードローンを利用するよりも、大手消費者金融で利息0円でお金を借りるほうが確実にお得になります。

少額の借り入れであれば、ボーナスなどを利用すれば短期間で完済が可能です。また、多少なら無利息期間を過ぎてしまっても、短期返済することで銀行カードローンよりお得に返済できるケースが少なくありません。

したがって、初めての少額の借り入れであれば大手消費者金融を利用することをオススメします。

おすすめの無利息サービスを展開しているカードローンについては、下記の記事をご参照ください。

無利息期間のあるカードローンを紹介!無利息期間を賢く利用するコツや注意点を解説

20〜30万円という金額だと30日で完済することは難しいかもしれませんね。そんなときは、長めの無利息期間も選べるレイクALSAがおすすめです。

Web申込なら、「初回契約翌日から60日間無利息」or「初回契約翌日から5万円まで180日間無利息」から無利息期間を選択できます。

Web申込以外なら、「初回契約翌日から30日間無利息」or「初回契約翌日から5万円まで180日間無利息」となります。「20〜30万円を60日間で完済できそう」という方は、レイクALSAを検討してみてはいかがでしょうか。

レイクALSA
レイクALSAのバナー
おすすめポイント
  • 申込から借入、返済まで全てWEBで完結
  • コンビニなどの提携ATMでも手数料無料
  • 選べる無利息サービス!※
実質年率
4.50〜18.00%
借入限度額
最小1万円〜最大500万円
審査時間
申込み後最短15秒
融資時間
Webで最短60分融資も可
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
収入証明書
50万円を超える場合提出必要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

返済期間が長期化しそうなら低金利な銀行カードローンがオススメ

返済が長期化しそうな場合には、金利が低い傾向にある銀行カードローンのほうがオススメです。

金利が低い分、大手消費者金融で借りるよりも利息が少なくなりやすいです。ただし、最低返済額が少ないと利息が増えてしまうので、任意返済一括返済で返済期間を短縮することが大切です。

ただし、銀行カードローンの場合は、審査が厳しく、融資までに時間も長くかかる傾向にあります。

したがって、審査に自信がない方や急いでいる方の場合は、金利が高くなっても消費者金融のほうが満足できるかもしれません。

20〜30万円借りるための審査は厳しい?借入可能性を検証してみた

カードローンで20〜30万円というまとまった金額を借りるとなると、属性に自信がない方は審査が不安になるかもしれません。とくにパート・アルバイト・主婦などで収入的に少ない場合にはなおさらでしょう。

しかし、パート・アルバイト・主婦などの場合でも、十分な返済能力があると認められれば、雇用形態に関係なく希望する金額を借りられる可能性があります。

借りたお金を返す能力があると認められれば、問題なくカードローンを利用できるということです。

実際に、パート・アルバイト・主婦でも20〜30万円を借りられたという口コミを確認してみましょう。

【口コミ】パート・アルバイト・主婦でも20〜30万円借りられた?

マネ会に寄せられている各社の口コミから、「職業:フリーターor主婦」で「借入金額」が「10〜50万円未満」になっている口コミ例をご紹介しましょう。

下記の方は、パート勤務の兼業主婦で収入が少ないなか、レイクALSAで10〜50万円未満を借りることができたそうです。

(30代女性 / 主婦 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額10〜50万円未満)

当時は短時間パート勤務で私自身の収入が少なく旦那の収入も安定してなかったので、つい手軽なクレジットカードでの買い物が塵積もったのと、子供が中学生で習い事や部活費用、受験生で塾も入った時期だったので収入以上に支出が多くなり、誰にも頼れない状況で窮困してしまい旦那から頼まれて仕方なく私名義で借入を利用しました。

下記の方は、フリーターのときに生活に困り、アイフルで融資を受けたそうです。

(20代女性 / フリーター / 年収200万円未満 / 借入金額10〜50万円未満)

生活に困っていたため、アイフルがたまたま傍にあったし周りも借りたりしていたので安心かなと思って借りることにしました。

下記の口コミは、審査が厳しいイメージがある三井住友銀行のカードローンのものですが、無事に10〜50万円未満を借りられたという口コミが寄せられています。

(30代女性 / フリーター / 年収200万円未満 / 借入金額10〜50万円未満)

当時私はフリーターをしてたのですが、収入に波があって友人とも食事などしたいし、たまには旅行もしたいし、でも少しお金が足りなくて困ってました。フリーターでいわゆる消費者金融にお金を借りる事も抵抗あって、そんなときに三菱UFJ銀行のバンクイックのCMをよく見かけて、これならば銀行のカードローンだし安心な感じがしたので借り入れしました。

このように、パート・アルバイト・主婦などの属性の方でも、問題なくカードローンで20〜30万円程度のまとまった金額を借りることは可能です。

「属性が低いから諦める」というのではなく、「十分な返済能力があるなら属性に関わらず審査に通る」と考えるとよいでしょう。

カードローンで20万円・30万円借りるときのまとめ

カードローンで20万円~30万円を借りるときは、上限金利に近い金利が適用されやすいです。「まとまった金額だから金利が低くなるかも?」と期待しすぎないようにしましょう。

また、利息は金利だけでなく、毎月の返済額によっても異なります。利息を抑えたいなら、早期返済を目指すことをおすすめします。

さらに、無利息サービスを利用して期間内に完済すれば、利息0円で20〜30万円を借りることも可能です。無利息期間が長めのレイクALSAなどを検討して、上手にカードローンを利用できるとよいですね。

【参考】
アコム「有価証券報告書」(2019年3月期末)
アコム公式「ご返済シミュレーション」
みずほ銀行公式「カードローン返済シミュレーション」

長く1部上場の消費者金融で経営企画課長をして、カードローン事業にかかわってきました。経営計画の担当が中心でしたが、カードローンのスコアリングシステムなどを担当するリスク管理や審査、回収などをおこなう集中センターの構築にも携わった経験があり、比較的カードローンに関しては詳しいと自負しております。また、子会社のクレジットカード会社に行っていたことがあり、カード事業の方面もいろいろ情報を提供できるかと思います。宜しくお願い致します。

野崎 照美の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事

みずほ銀行カードローン:※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。 レイクALSA:※即日振込みをご希望の場合は、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。 ※審査結果をご確認いただける時間:8時10分~21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分~19時) ※上記以外の時間帯は、審査結果をメールなどでお知らせいたします。 ※パート・アルバイト:安定した収入がある方に限る ※金利:貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。 ※ご融資額:1万円~500万円 ※貸付利率(実質年率):4.5%~18.0% ※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。 ※お申し込み資格:満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方) ※遅延損害金(年率):20.0% ※ご返済方式:残高スライドリボルビング方式/元利定額リボルビング方式 ※ご返済期間・回数:最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回) ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。 ※返済期日:お客さまのご都合にあわせて、毎月のご返済日をご指定いただくことができます ※必要書類:運転免許証(ない方は健康保険証など)、収入証明等 ※担保・保証人:不要 ※収入証明書:契約額に応じて、レイクALSAが必要とする場合(レイクALSAのご利用限度額の総額が50万円を超える場合/レイクALSAのご利用限度額の総額と他社のお借入れ総額の合計が100万円を超える場合) ※収入証明書:他社とは、使途自由の類似無担保融資サービスを提供している会社のことを表します ※即日融資:21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能 ※即日融資:初めてのお客さまへの当日ご融資は、8〜22時 ※即日融資:ご融資時間は、一部店舗によって異なります ※無利息期間:初回契約翌日から無利息 ※無利息期間:Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります ※無利息期間:60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで ※無利息期間:30日間無利息、60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません ※無利息開始日はご契約日の翌日からとなります ※無利息期間経過後は通常金利適用 ※商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)) ※貸金業者の登録番号:(関東財務局長(9) 第01024号)