更新日:

大光銀行カードローンの魅力は?審査の流れやメリット・デメリットを徹底解説!

大光銀行カードローンの魅力は?審査の流れやメリット・デメリットを徹底解説!

新潟県長岡市に本店がある大光銀行では、来店不要で契約できる個人向けのカードローンを用意しています。

借入資金の使い道は自由なので、突然の出費や生活費が足りないときに頼れる、心強い存在です。

ここでは、大光銀行カードローンのメリット・デメリット、審査の流れなどをご紹介します。いざというときに慌てないように、大光銀行カードローンをチェックしておいてください。

大光銀行カードローンと大手カードローン6社の徹底比較

大光銀行が個人向けに提供しているのが、「大光銀行カードローンLUXZO」です。

「大光銀行カードローンLUXZO」には、どんな特徴があるのでしょうか。大手の消費者金融銀行カードローンと比較しながら解説いたします。

会社名・商品名 金利 利用限度額 最低返済額
カードローンLUXZO 3.80%〜14.00% 800万円まで 3,000円
プロミス 4.50%~17.80% 500万円まで 1,000円
アコム
3.00%~18.00% 800万円まで 2,000円
アイフル 3.00%~18.00% 800万円まで 4,000円
みずほ銀行カードローン 2.00%~14.00% 800万円まで 10,000円
三井住友銀行カードローン 4.00%~14.50% 800万円まで 2,000円
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)
1.80%~14.60% 500万円まで 1,000円

最大金利の違いについて

大手消費者金融カードローンの最大金利は17.8~18.00%、大手銀行カードローンの最大金利は14.00~14.60%です。

「大光銀行カードローンLUXZO」は最大金利14.00%となっており、大手銀行カードローンに比べて、低金利で借り入れできるローンです。

はじめての借入の場合、最大金利が適用されることがほとんどなので、最大金利がいくらかは重要なポイントです。

利用限度額の違いについて

大手消費者金融でも、銀行カードローンでも、利用限度額が500万円~800万円になっています。「大光銀行カードローンLUXZO」では利用限度額が800万円ですので、大手カードローン各社と同水準です。

大光銀行カードローンの4つのメリットをご紹介

最大金利や利用限度額で大手カードローン会社に負けいない魅力の「大光銀行カードローンLUXZO」ですが、さらにいくつかのメリットがあります。

「大光銀行カードローンLUXZO」を賢く利用するためにも、ぜひお得な情報をチェックしておいてください。

①来店不要で契約できる

「大光銀行カードローンLUXZO」では、インターネットを使って申込ができるため、来店する手間や時間がかかりません。WEB申込は24時間、365日受け付けていますので、お仕事や家事で忙しい方でも、土日や夜間に自宅にいながら申し込みできます。

大光銀行の普通預金口座を持っていない方は、「大光銀行カードローンLUXZO」への申し込みと同時に、普通預金口座の開設が必要です。大光銀行ではスマートフォンでできる口座開設アプリを用意しています。

ただし、口座開設アプリで普通預金口座を開設するためには、運転免許証が必要です。有効期限内の運転免許証がない方は、アプリでの口座開設はできませんので、注意してください。

②固定金利で安心

「大光銀行カードローンLUXZO」では以下のように、利用限度額に応じた固定金利を設定しています。

利用限度額コース 契約金額 金利
100万円以下コース 20万円/30万円/50万円/90万円 14.00%
100万円コース 100万円/150万円 11.50%
200万円コース 200万円/250万円 9.00%
300万円コース 300万円 7.00%
400万円コース 400万円 5.80%
500万円コース 500万円 4.80%
600万円以上コース 600万円/700万円/800万円 3.80%

「大光銀行カードローンLUXZO」では、全ての限度額コースで固定金利です。申込み時に金利がいくらになるかわかるので、他行のカードローンと比較検討中の方には理解しやすい仕組みとなっています。

③借り換えやおまとめローンにも利用可

「大光銀行カードローンLUXZO」は事業性資金を除き、使い道が自由です。他社で借入している残高の借り換えやおまとめローンとして使うこともで可能です。

カードローンによっては、借入資金を他社への返済に利用してはいけないと定めているものがあります。その場合は、他社で借入ている分の借り換えやおまとめができません。

最大金利18.00%の消費者金融カードローンから、最大金利14.00%の「大光銀行カードローンLUXZO」へ借り換えした場合、4.00%分の利息を減らすことができるので、返済の負担がだいぶ軽くなります。

④インターネットバンキングで借り入れ・返済できる

大光銀行ではインターネットバンキングサービスとして、「たいこうパーソナルe-バンキング」を提供しています。

すでに大光銀行の普通預金口座をお持ちで、「たいこうパーソナルe-バンキング」を契約している方は、「大光銀行カードローンLUXZO」の借り入れ・返済にも使うことができます。

「たいこうパーソナルe-バンキング」は、パソコン、スマートフォンやタブレット、携帯電話でも利用が可能です。

ただし、「たいこうパーソナルe-バンキング」は、利用申込書の受け付け後、利用開始まで2週間ほどの期間がかかります。急いで借入したい方は、事前に「たいこうパーソナルe-バンキング」の申し込みをしておくか、キャッシュカードを使ってATMで借入してください。

大光銀行カードローンのデメリットも知っておこう

「大光銀行カードローンLUXZO」のざまざまなメリットを紹介しましたが、一方でデメリットに感じられる面もあります。

ここでは、「大光銀行カードローンLUXZO」のデメリットについて、解説します。

①変動金利の銀行カードローンより金利が若干高め

固定金利を採用するカードローンの場合、変動金利を採用するカードローンより、若干金利が高めです。

例えば変動金利を採用するバンクイックでは、以下のような金利となります。

限度額 金利
10万円~100万円 13.60%~14.60%
100万円超~200万円 10.60%~13.60%
200万円超~300万円 7.60%~10.60%
300万円超~400万円 6.10%~7.60%
400万円超~500万円 1.80%~6.10%

利用残高が100万円を例とすると、「大光銀行カードローンLUXZO」の100万円コースでは金利11.50%です。バンクイックの限度額100万円~200万円では、最低金利が10.60%なので、「大光銀行カードローンLUXZO」よりも金利が低くなる可能性があります。

ただし、バンクイックは。10.60~13.60%と幅があるので、必ずしも「大光銀行カードローンLUXZO」より低くなるとは限りません。

②借り入れまで1週間ほどかかる

「大光銀行カードローンLUXZO」での借り入れは、ローンカード到着後となります。申し込み手続き完了からローンカード到着まで、およそ1週間かかるため、申し込み当日中の借り入れはできません

一刻も早くお金を借りたい方は、即日融資に対応している消費者金融のカードローンをご利用ください。

【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
【PR】Sponsored by アコム株式会社
【PR】Sponsored by アイフル株式会社

③大光銀行営業エリア外だと利用不可

「大光銀行カードローンLUXZO」を利用できるのは、大光銀行営業エリア内に居住している方、または勤務している方に限定されます。

大光銀行は新潟県中心の営業エリアのため、遠方の方は事前に確認してから申し込みしてください。

④取引明細表が自宅に届くので、家族に知られたくない方は注意

「大光銀行カードローンLUXZO」では、取引明細表が自宅に届きます。郵便物は親展扱いなので本人しか開封できないとされているものの、うっかり家族が開封した時にはカードローンを利用した事実が知られてしまいます。

一人暮らしの方、家族に知られても問題ない方であれば、デメリットにはなりません。

大光銀行カードローンがおすすめなのはどんな人?

ここまで「大光銀行カードローンLUXZO」の特徴やメリット、デメリットをご説明してきました。

実際に、どのような人におすすめなのか、気になるところですよね。まずは、「大光銀行カードローンLUXZO」に向いている人について、ご紹介します。

大光銀行の口座をすでに持っている人

「大光銀行カードローンLUXZO」は、大光銀行の普通預金口座がない方は、口座開設の手続きが必要になります。

すでに大光銀行の普通預金口座をお持ちの方や、日ごろ大光銀行を利用している方は、インターネットを使ってカードローンの申込ができるので、余計な手間がかかりません。

さらに、「だいこうパーソナルe-バンキング」も契約中であれば、借り入れ・返済もスムーズになります。

少額の融資を希望している人

「大光銀行カードローンLUXZO」は、20万円~50万円といった少額融資を受けたい人にピッタリです。

契約金額が20万円、30万円、50万円、90万円の場合、限度額100万円以下コースになりますが、100万円以下コースであれば、14.00%の固定金利となるため、変動金利を採用する大手銀行カードローンより利息の節約が期待できます。

余裕を持って返済を続けたい人

「大光銀行カードローンLUXZO」の最低返済額は3,000円のため、余裕を持って返済を続けたい人に向いています。

毎月の返済は元金と利息込みで一定額のため、返済金額がいくらになるか分かりやすくなります。

無理のなく返済計画が立てられる、安心のカードローンとなります。

ただし、最低返済額が3,000円だからといって、毎月3,000円だけの返済にすると、完済までの期間が長くなってしまいます。

支払う金利の総額も増えてしまいますので、可能であれば、任意返済をして、借入残高を減らしていくことをおすすめします。

大光銀行カードローンを利用する前に注意しておく点は?

続いて、「大光銀行カードローンLUXZO」を利用する前に注意しておくべき点をご紹介します。

せっかくの便利な「大光銀行カードローンLUXZO」でも、以下の点を知らないと、申し込みした後になって、「こんなはずじゃなかった……」となりかねません。

申し込みできるのは60歳未満

「大光銀行カードローンLUXZO」の申し込み年齢は、満20歳以上満60歳未満です。60歳に達していない方は、申し込みが可能で、カードローンの利用も65歳の誕生月の月末までできます。

大手のカードローンでは、申し込み時の年齢が65歳または69歳未満としているところが多いので、年齢によっては、大手カードローンを利用した方がいいケースもあります。

年齢が気になる方は、消費者金融がおすすめ!

大手消費者金融のプロミス、アコム、アイフルなら、申し込み時の年齢が満20歳以上69歳以下となっています。

年齢が気になる方は、大手消費者金融の利用を検討してください。

【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
【PR】Sponsored by アコム株式会社
【PR】Sponsored by アイフル株式会社

不正利用をされてしまっても補償されない

「大光銀行カードローンLUXZO」では偽造ローンカード、盗難ローンカードなどで不正利用の被害に合っても補償が受けられません。身に覚えのない借り入れが見られても、利用者が返済しないといけません。

ローンカードの紛失・盗難に気が付いたら、直ちに大光銀行へ連絡して下さい。ローンカード紛失・盗難時は大光銀行取引店の他、ATMサービスセンター「0258-36-4100」にも連絡可能です。

連絡後はローンカードが停止され、新しいローンカードが発行されるため、被害拡大の防止が期待できます。新しいローンカードの再発行手数料1,080円(税込)が必要です。

大光銀行カードローンの審査の流れ

「大光銀行カードローンLUXZO」の申し込みから審査の流れは、以下のとおりです。

申し込みから審査までの流れ

  1. メール、WEB、郵送で申し込み
  2. 必要書類の提出
  3. 審査
  4. メールで審査結果の連絡
  5. ローンカードの郵送

仮審査に合格しても本審査で否決されるケース

審査を受ける時に申告した内容に虚偽があったり、過去にカードローンやクレジットカードを利用して、返済に遅れたり、債務整理をしたなどの金融事故を起こしている方は、審査で落とされる可能性があります。

また、申し込み時に入力内容を間違えてしまうと、審査結果が出るまでに時間がかかってしまうこともありますので、入力時に間違いがないか、しっかり確認してください。

銀行カードローンの審査では、警察庁データベースへの照会も行っています。反社会的組織に関わりがあるかどうか、確認するために行う審査の項目です。

照会結果が出るのは最短翌営業日となるため、当日中に審査結果が出ることはありません。

条件次第では別のカードローンのほうが低金利

大光銀行では「LUXZO」の他、「たいこうカードローンEX」というローン商品も提供しています。

「たいこうカードローンEX」では新規契約時の最大限度額が100万円、固定金利年12.00%の設定です。

「大光銀行カードローンLUXZO」の最大金利より「たいこうカードローンEX」のほうが2.00%ですが低金利となります。

「たいこうカードローンEX」の審査基準である居住年数1年以上、勤続年数1年以上、税込年収180万円以上を満たす人は、こちらも選択肢として考えてみて下さい。

大光銀行カードローンの借り入れ方法

「大光銀行カードローンLUXZO」ではインターネットバンキングの他、ATMより借り入れできます。治療費や冠婚葬祭費用などで現金が手元に必要な時は、インターネットバンキングよりもATMのほうが手っ取り早いです。

借り入れに利用できるのは、「大光銀行ATM」「ゆうちょ銀行ATM」「イオン銀行ATM」「セブン銀行ATM」です。

「ローソン銀行ATM」、「イーネットATM」とは提携していないため、コンビニ提携ATMは種類が限られるのが難点です。

しかし、「セブン銀行ATM」は2019年3月末の時点で、全国に25,152台もあります。

ATM設置台数が多いため、全国幅広いエリアの方で「セブン銀行ATM」の利用が可能です。

提携ATMの利用手数料

「大光銀行ATM」「ゆうちょ銀行ATM」「イオン銀行ATM」「セブン銀行ATM」ともに平日8時45分~18時00分の時間帯は引き出し時の利用手数料無料です。

無料以外の時間帯と土日祝は税抜100円の利用手数料がかかります。ATMより引き出しする時は、なるべく利用手数料無料になる平日8時45分~18時00分の時間帯に行うと良いでしょう。

ATM 平日8:45~18:00 左記以外の時間および土日
・大光銀行ATM
・ゆうちょ銀行ATM
・イオン銀行ATM
・セブン銀行ATM
無料 108円(税込)

大光銀行カードローンの返済方法

「大光銀行カードローンLUXZO」では毎月10日に、次の約定返済額が口座より自動引き落としされます。

貸越極度額 約定返済額
20万円 3,000円
30万円 5,000円
50万円 7,000円
90万円 15,000円
100万円 15,000円
150万円 20,000円
200万円 25,000円
250万円 30,000円
300万円 30,000円
400万円 35,000円
500万円 40,000円
600万円 45,000円
700万円 55,000円
800万円 60,000円

「大光銀行カードローンLUXZO」では毎月決められた日に返済する他、好きなときに任意返済ができます。任意返済はインターネットバンキングのほか、ATMにて可能です。

任意返済に利用できるのは、「大光銀行ATM」、「ゆうちょ銀行ATM」、「セブン銀行ATM」となります。

預け入れ時のATM利用手数料は、平日、土日祝ともに終日無料です。

ただし、借り入れ時と違い、「イオン銀行ATM」では返済できませんので注意して下さい。

ボーナスが支給されたなどで全額返済したい時は、最寄りの店頭窓口へ出かけて下さい。

大光銀行カードローンまとめ

今回は「大光銀行カードローンLUXZO」について詳しく解説してきました。大光銀行営業エリア内に限られるものの、来店不要で契約できる地方銀行のカードローンです。

金利や限度額、最低返済額、借り入れ方法、返済方法など、バランスの取れたローン商品のため、多くの方で利便性が高くなっています。

ただし、当日中の借り入れ不可、大光銀行営業エリア外は不可などのデメリットには注意して下さい。

関連記事