更新日:

配偶者貸付ってどんな制度?メリットや注意点、おすすめ商品まで一挙解説

配偶者貸付ってどんな制度?メリットや注意点、おすすめ商品まで一挙解説

家計が苦しくなったとき、消費者金融でお金を借りようと考えている方も多いでしょう。

しかし、申込者の条件として「安定した収入があること」を掲げていることが多く、個人的な収入がない専業主婦(主夫)の方や収入が低い方は申込めないケースが少なくありません

そんなときには配偶者貸付を検討してみましょう。配偶者貸付を実施している消費者金融なら、たとえ収入のない方でも申込めることがあるのです。

今回は配偶者貸付の仕組みや利用法、注意点、そして、対応しているローン会社を紹介します。今まで無収入や低収入のために消費者金融を利用できなかった専業主婦(主夫)の方は、ぜひご覧ください。

配偶者貸付の仕組みをご紹介

消費者金融や信販会社などの貸金業者による貸付には、貸金業法が適用されます。貸金業法で定められた総量規制によって、貸金業者は原則として、利用者の年収の1/3を超える金額を貸し付けることはできません。

そのため、専業主婦(主夫)の方は、原則として消費者金融のカードローンを利用することができなくなります。しかし、専業主婦(主夫)であっても、カードローンに対する需要をお持ちの方はいらっしゃいますよね。

マネ会に寄せられた口コミを分析してみると、カードローン利用者の2.8%は主婦の方であり、そのうちの約45%は「収入なし」と回答しています。このことからは、収入のない主婦(主夫)の方でも、一定数はカードローンでお金を借りていることがわかります。

収入がない既婚の方が消費者金融を利用したいときに役立つのが、貸金業法の例外貸付である配偶者貸付です。

配偶者貸付に対応している貸金業者では、借入れを希望する人の年収に配偶者の年収を加えた額の1/3までなら融資を実施することがあります。つまり、年収が0円の方でも、配偶者に300万円の年収があれば、100万円まで借入れできる可能性があるということです。

配偶者貸付は、収入がない方だけでなく、収入が少ないために限度額が低く設定されがちな兼業主婦の方にも役立つ制度です。「融資枠が足りない」、「年収がないため融資枠がない」と感じている人はぜひチェックしておきましょう。

専業主婦は配偶者貸付か専業主婦OKの銀行カードローンを検討しよう

個人的な収入がない専業主婦(主夫)がお金を借りるときは、配偶者貸付OKの消費者金融カードローンを検討することができます。

また、貸金業法が適用されない銀行では、専業主婦の申込みを受け付けていることがあります。銀行でお金を借りたいときは、専業主婦OKの銀行カードローンも検討してみましょう。

専業主婦(主夫)の方でも申込可能な銀行カードローンについては、下記の記事で詳しく紹介しています。

専業主婦でもカードローンは借りられる!家族にバレずに借入れるポイントを解説!

専業主婦が配偶者貸付を利用するときに必要なもの

配偶者貸付を利用するときに必要な書類

  • 申込者本人の本人確認書類
  • 配偶者の同意書(各カードローン会社で独自のフォームがある)
  • 配偶者の収入証明書類
  • 申込者本人の収入証明書類(申込者の収入も合算する場合のみ)

消費者金融のカードローンを利用するときは、運転免許証やパスポートなどの申込者本人の本人確認書類が必要になります。借入れる金額によっては収入証明書類の提出も求められるでしょう。

一方、専業主婦が配偶者貸付を利用して融資を申込むときは、本人確認書類と配偶者の同意書、配偶者の収入証明書類が必要になります。

専業主婦に個人的な収入があり、配偶者の年収と合算して融資を受ける場合には、専業主婦本人と配偶者の両方の収入証明書類を提出します。

同意書がないときは配偶者貸付を利用できない

配偶者貸付を利用する場合は、配偶者に「お金を借りたい」ということを相談し、配偶者自身に同意書を書いてもらうことが不可欠です。

配偶者に話すのが嫌だからという理由で同意書を偽造する…ということは法に触れる行為ですので、絶対にしてはいけません。

配偶者貸付を利用するメリット

配偶者の同意を得られるのならば、配偶者貸付に対応している消費者金融のカードローンに申込むことができます。

配偶者貸付を利用することには、次の3つのメリットがあります。

配偶者貸付のメリット
  • 専業主婦でも消費者金融を利用できる
  • 融資枠が増えることがある
  • 金利が下がることがある

専業主婦でも消費者金融を利用できる

通常、消費者金融のカードローンでお金を借りられるのは、申込者自身に収入がある場合だけです。

消費者金融のカードローンでは、無利息サービス即日融資などの魅力的なサービスを展開していることがありますが、通常ならば専業主婦(主夫)は利用できません。

しかし、配偶者貸付を利用するなら、収入のない専業主婦(主夫)も消費者金融のカードローンに申込めます。この点は、収入がないせいで消費者金融への申込みを断念していた専業主婦(主夫)の方にとっては大きなメリットとなるでしょう。

融資枠が増えることがある

配偶者貸付を利用すると、夫婦で収入を合算することになるため融資枠が増えるケースが多いです

たとえば年に30万円の収入のある主婦の方なら、本来ならば消費者金融カードローンで10万円以下しか借りられません。しかし、配偶者の年収が300万円とすると、夫婦で110万円以下の融資を受けることが可能になります。

この点は、収入が少ない兼業主婦の方にとってメリットとなるのではないでしょうか。

金利が下がることがある

カードローンでは、融資限度額が増えれば増えるほど低金利が適用されることが一般的です。

たとえば融資限度額が30万円のときは年18%の金利が適用されていても、融資限度額が100万円に増えると年15%以下の金利で借りられるようになります。

低金利で借りたいのなら、高額を借入れる予定がなくても融資限度額を多めに設定しておくというのもおすすめの方法です。配偶者貸付によって利用限度額の上限は高くなるので、その分金利が低くなる可能性があります。

ただし、「融資限度額が大きいとたくさん借りてしまいそうで不安…」という方は、必要最低限の融資限度額で申込むようにしましょう。

配偶者貸付を利用する際の注意点

メリットの多い配偶者貸付ですが、注意すべき点がないわけではありません。

利用前に知っておきたい注意点を3つ紹介しますので、しっかりと把握してから申込みの手続きへと進みましょう。

配偶者貸付の注意点
  • 契約者はあくまで本人
  • かならず配偶者の同意が必要
  • 事実婚や同棲カップルの場合には利用できない

契約者はあくまで本人

契約者はあくまでも申込者本人です。配偶者ではないため、返済の義務も契約者本人が背負います。

無理なく返済できるのか、しっかりと返済計画を立ててから申込むようにしましょう。

かならず配偶者の同意が必要

配偶者の同意を得られないときには、配偶者貸付は利用できません。また、口では同意をしても、実際に同意書を書いてくれない場合も利用できません。

なぜお金を借りるのか、どのように返済していくのかを配偶者にきちんと説明し、同意書を書いてもらうようにしましょう
。もしかすると、話し合いの過程で別の金策が見つかる可能性もあります。

事実婚や同棲カップルの場合には利用できない

配偶者とは、法的に婚姻している人を指す言葉です。

そのため、入籍しないで事実婚のスタイルを取っている方や、単に同棲しているだけのカップルでは、配偶者貸付を利用できません。

配偶者貸付を利用できるおすすめ商品3選

大手消費者金融では、配偶者貸付に対応していないケースが多いです。

例えば、アイフル・アコム・プロミスなど、頻繁にTVCMをおこなっているような商品は、いずれも配偶者貸付に対応していません。

一方で、地域密着型のいわゆる街金では配偶者の同意に基づく貸付をおこなうことが多いですが、消費者金融を今まで一度も利用したことがない方には少々ハードルが高いかもしれません。

そこで、日本全国どこにお住まいの方でも申込め、なおかつ配偶者貸付に対応しているローン商品を3つ紹介しますので、ぜひ検討してみてください。

ベルーナノーティス

ベルーナノーティスのレディースローンは、配偶者貸付に対応しています。

女性オペレーターと相談できる女性専用のテレフォンサービスもありますので、不安な点があるときは何度でも相談してみましょう。また、完済すれば何度でも利用できる14日間無利息サービスもあり、お得な借入れを実現しやすい点も魅力です。

融資限度額 300万円
金利(実質年率)
年4.5~18.0%
返済回数 最大117回
最低返済額
月2,000円~
ベルーナノーティスカードローン
ベルーナノーティスカードローンのロゴ
おすすめポイント
  • 主婦でも自身に安定収入があればOK
  • 限度額50万円まで収入証明書原則不要!
  • 初めての場合は1~300万円までの融資
実質年率
4.50〜18.00%
借入限度額
1万円〜300万円
審査時間
最短30分
融資時間
公式サイト参照
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
【PR】Sponsored by 株式会社サンステージ

キャネット

通常のキャネットのフリーキャッシングでは無収入の方は申込めませんが、配偶者に借入同意書を書いてもらえるなら配偶者貸付を利用して融資を受けられる可能性があります。

スピーディな対応
を心がけていますので、急ぎのときにも頼れるローンです。

融資限度額 500万円
金利(実質年率) 年15.0~20.0%
返済回数 最大60回
最低返済額 月3,000円~

⇒キャネットを利用したい方はこちら

セディナ

クレジットカードやローンカードを展開しているセディナのカードローンは、配偶者貸付に対応しています。

最短即日でカードが発送されるスピード感もうれしいですね。商品概要は下記のとおりです。

融資限度額
ご利用可能枠の範囲内で1万円単位
金利(実質年率) 上限は年18.0%
返済回数 最終借入日から最長8年2カ月・1回~98回
最低返済額

⇒セディナのカードローンに申込みたい方はこちら

なお、セディナではカードローンだけでなく、クレジットカードのキャッシング機能でも配偶者貸付を利用することができます。

例えば、セディナカードJiyu!da!では、利用可能額が1万円~200万円(新規申込は上限50万円まで)となっています。

専業主婦(主夫)の方や、仕事をしていても収入が少ない方は、配偶者貸付を利用して夫婦の収入を合算することで、利用できるキャッシング枠を増やせる可能性があります。

クレジットカードのキャッシングでも問題ないという方は、ショッピング枠の利用でポイントが貯まるメリットがあるので、こちらの商品もあわせて検討してみてはいかがでしょうか。

セディナカード jiyu!da!
セディナカード jiyu!da!の詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費が永年無料!
  • ダイエー、イオン、セブンイレブンでのご利用で毎日ポイントが3倍!
  • 支払い方法・支払回数を自由に選べる!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~10.0%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
ID(アイディ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社セディナ

配偶者貸付を利用したいときのまとめ

配偶者の同意を得られるならば、配偶者の年収と合算して融資枠の上限を引き上げてもらう配偶者貸付を利用できることがあります。

しかし、申込みを検討している消費者金融などの貸金業者側が配偶者貸付に対応している必要があります。そして、なによりも配偶者の同意を得なくてはならないことも忘れてはいけません。

利用できる条件が整っているのかしっかりとチェックしてから、申込みの手続きを進めていきましょう。

<参考>
キャネット公式サイト
セディナカードローン公式サイト

投資信託・株式の運用歴20年以上。相続問題が発生したことを機に、ファイナンシャルプランナー2級とAFPの資格を取得。 大学や省庁で研究活動をおこないながら、2014年度からはマネーやファイナンス、医学関係の執筆活動を開始。 ライフマネープランニングやIPO投資、金融詐欺の見分け方、ローン・クレジットカードの使い方などを得意テーマとしている。 現在メインで利用しているカードはアメリカンエクスプレスのプラチナ。招待制から申込制に変わって、ちょっと残念に思う毎日。

林 泉の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事