更新日:

三井住友銀行のカードローンに総量規制は適用される?年収や他社借入との関係は?

三井住友銀行のカードローンに総量規制は適用される?年収や他社借入との関係は?

カードローンに申し込むときに、意識をしなくてはならないのが総量規制です。総量規制が適用されるローン商品では、原則として年収の3分の1を超えてお金を借りることができません。

それでは、三井住友銀行のカードローンは総量規制の対象なのでしょうか? この記事では、三井住友銀行のカードローンと総量規制の関係性について詳しく解説します。

「三井住友銀行のカードローンも総量規制の対象?」とお悩みの方は、ぜひこの記事をご覧ください。

三井住友銀行のカードローンは総量規制が適用されない

貸金業法では、貸金業者が利用者の年収の3分の1を超えて貸付をおこなうことを原則として禁止しています。

この決まりを総量規制と呼びますが、すべてのカードローンに適用されるわけではありません。

実は、三井住友銀行のカードローン総量規制の適用対象外です。

それでは、どのようなローンが総量規制の影響を受けるのでしょうか? また、三井住友銀行のカードローンは総量規制の対象外ですが、限度額や借入限度額などで気をつけるべきことはないのでしょうか?

「三井住友銀行 カードローン」の審査に落ちないために!審査時間や流れを詳しく解説
「三井住友銀行 カードローン」の審査が心配な方や、審査に落ちてしまう原因が分からないという方のために、この記事では審査基準や注意点を詳しく解説します。審査に通りやすくなるケースや、審査に落ちる理由をを知っておくと、審査通過の可能性を上げることができるかもしれません。三井住友銀行のカードローンで審査に落ちてしまった後の対処法についても説明しています。

総量規制が適用されるローンの種類

総量規制が適用されるのは、貸金業者が提供しているローンです。一部、例外的に年収の3分の1を超える金額の融資を受けられるローン商品もあります。

貸金業者とは、消費者金融やクレジットカード会社などの金融庁に貸金業者として登録している会社のことですので、三井住友銀行等の銀行は含まれません。

総量規制とローン商品
総量規制が適用されるローン商品 貸金業者のローンのなかでも総量規制が適用されないローン商品
・消費者金融のカードローン
・信販会社のカードローン
・クレジットカードのキャッシング枠
・おまとめローン
・クレジットカードのショッピング枠
・配偶者貸付が適用されるカードローン

「三井住友銀行のカードローンなら総量規制の範囲を超えて借入できる」はホント?

総量規制の対象ではないローン商品であっても、年収の1/3を超える金額を利用できるとは限りません

実際に、三井住友銀行のカードローンは総量規制の対象外ですが、だからといって、かならずしも年収の1/3を超える金額を借りられるとは言い切れないのです。その理由としては、以下の2つが挙げられます。

総量規制対象外でも年収の1/3を超えて借りられるとは限らない理由

  1. 銀行カードローンは総量規制に準じて自主規制をしていることがあるから
  2. 総量規制の対象外でも、他社借入がカードローンの審査に影響を与える可能性がある

銀行カードローンは総量規制に準じて自主規制をしていることがある

銀行では、消費者への過剰貸付を防ぐために、自主規制をしていることがあります。

そのため、総量規制対象外のカードローンであっても、総量規制が適用されているカードローンとあまり変わらない基準で審査されることもあります。

総量規制の対象外でも、他社借入がカードローンの審査に影響を与える可能性がある

総量規制が適用されないカードローンでも、審査の際に他社からの借入状況がチェックされます。

他社から多額を借りていると融資額や審査結果に影響を及ぼす可能性がある点においては、総量規制が適用されるカードローンと同じです。

複数の他社借入がカードローンの審査に及ぼす影響については、下記の記事でも詳しく解説しています。

カードローンは2つ以上の申し込み可能?複数社への申し込みが審査に与える影響も解説
カードローンを複数かつ同時に申し込むと、印象がよくない傾向にあるため、審査に通過できないことが多いといわれています。しかし、急にお金が必要になってカードローンを利用したい方であれば、審査に落ちてしまったときのことを考えると、同時に2つ以上のカードローン会社に申し込みをしたいと考える方も少なくないことでしょう。この記事では、複数のカードローンに申し込みする場合の注意点とポイントをご説明します。

三井住友銀行のカードローンでも希望融資額によって収入証明書の提出が必要

貸金業者は、一定の金額を超えてお金を貸す際に、利用者の収入証明書類を確認する義務があります。しかし、収入証明書類の提出が求められるのは、かならずしも貸金業者のカードローンだけではありません。

三井住友銀行のカードローンでも、50万円を超える極度額を希望するときは、収入を証明する書類を提出しなくてはなりません。

銀行カードローンであっても、収入の安定している人・きちんと返済してくれる人にお金を貸したいと思うのは当然のことですよね。この点は、銀行カードローンも貸金業者のカードローンも大きな違いはないと思われます。

このことから、三井住友銀行のカードローンは総量規制の対象外とはいえ、「利用者の年収の3分の1を超えてもお金を借りられる」と言い切ることはできないことがわかるでしょう。なぜなら、収入に対する返済額の比率である返済比率が高まれば、その分貸し倒れのリスクも高くなってしまうからです。

三井住友銀行のカードローンに申し込むときは、ご自身の年収を考慮に入れ、無理なく返済できる極度額を希望するようにしましょう。

三井住友銀行に提出できる収入証明書類の例

  • 発行日が3ヶ月以内の給与明細書類
  • 源泉徴収票(1月に申し込むときは前々年度以降のもの、それ以外は前年度のもの)
  • 税額通知書(1~6月に申し込むときは前々年度以降のもの、それ以外は前年度のもの)
  • 納税証明書(1~6月に申し込むときは前々年度以降のもの、それ以外は前年度のもの)
  • 所得証明書(1~6月に申し込むときは前々年度以降のもの、それ以外は前年度のもの)
  • 前年度の確定申告書(1~3月に申し込むときは前々年度のものも提出可能)

三井住友銀行のカードローン以外で、総量規制が心配な方におすすめなローンはある?

銀行カードローンでは即日融資を受けられないことを表す画像

総量規制について知りたいと思った読者の皆様のなかには、すでに他社借入が膨らんでおり、「もうすぐ総量規制に抵触するかも」、「借入額が年収の1/3に達してしまった」という方もいらっしゃるかもしれません。

そこで検討したいのが、総量規制の対象外となるローン商品ですよね。

しかし、銀行カードローンのように総量規制適用外のローン商品であっても、総量規制とはまったく無関係に審査がおこなわれるというわけではありません。他社借入が多いことを理由に、審査に落ちてしまう可能性もあります。

他社借入が多く総量規制が気になる方は、多重債務者向けのローンであるおまとめローンを検討してみましょう。貸金業法に基づくおまとめローンなら、貸金業者が展開していても総量規制の対象外となります。

なお、銀行カードローンで即日融資を受けることはできませんが、消費者金融のおまとめローン専用商品なら、当日中に審査が終わることもあります。

おまとめローンの特徴については、次の記事でも詳しく解説しています。

おまとめローンはどこがおすすめ?メリットや審査について徹底比較
おまとめローンは「複数の借入れをまとめ、返済しやすくするためのローン」です。しかし商品の選び方を間違えてしまうと、月々の返済は楽になっても、結果的に「返済総額は増えていた」ということになりかねません。メリットやデメリット、自身の借入れ状況もよく吟味し、最適な返済方法を見つけましょう。

アコムのおまとめローン

消費者金融のアコムでは、複数の借入がある方や総量規制に抵触する恐れがある方向けに貸金業法に基づく借換え専用ローンを提供しています。

すでに借入額が年収の1/3を超えている方は検討してみてはいかがでしょうか。複数の借入がある方なら、1つにまとめることで返済管理が楽になるだけでなく利息を減らせる可能性もあります。

アコムのおまとめローン審査は甘い?厳しい?審査に落ちないためのポイントも徹底解説
大手消費者金融アコムは、おまとめローンを展開しています。本記事では、申込方法や審査に落ちる理由、返済方法やメリット・デメリットなど、アコムのおまとめローンを詳しく解説します。アコムのおまとめローンを検討中の方は、ぜひご一読ください。

アイフルのおまとめローン

消費者金融のアイフルでも、総量規制が適用されないおまとめローン「おまとめMAX」・「かりかえMAX」を提供しています。

複数の借入がある方なら、おまとめMAXでまとめることで月々の返済額を減らせる可能性もあります。

アイフルのおまとめローン「おまとめMAX・かりかえMAX」の審査や在籍確認を解説!
アイフルのおまとめローンは、「おまとめMAX」と「かりかえMAX」の2種類です。この記事では、おまとめローンの選び方やメリット・デメリット、申込~審査~契約の流れや信用情報への影響など、アイフルのおまとめローンに関するあらゆる疑問にお答えしていきます。多重債務などで返済に苦労している方は、本記事を参考にアイフルのおまとめローンをご検討ください。

プロミスのおまとめローン

プロミスでも、複数の借入を1つにまとめるおまとめローンを提供しています。

こちらも総量規制が適用されないローン商品ですので、すでに借入額が年収の1/3を超えている方や超えそうな方も申し込めます

プロミスのおまとめローンは即日利用できる?メリット・デメリットや審査について解説!
プロミスのおまとめローンは、総量規制の対象外。即日利用も可能なので、抜群の審査スピードが魅力的です。カードローンやクレジットカードのキャッシングなどを利用していて、気づけば複数の借入先ができ、返済の負担が増えてきた…。「おまとめローン」は、そんな悩みを改善する有効な手段の一つです。この記事では、おまとめローンの概要と、プロミスのおまとめローンについて詳しく解説しています。

三井住友銀行のカードローンと総量規制に関するQ&A

三井住友銀行のカードローンは総量規制適用外のローン商品ですが、総量規制とまったく無関係というわけでもありません。

三井住友銀行のカードローンに申し込む前に知っておきたい総量規制関連の疑問とその答えをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

1.三井住友銀行のカードローンの保証会社はプロミス。本当に総量規制の対象外なの?

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)には、消費者金融としての側面と保証会社としての側面があります。

消費者金融としてカードローンを提供しているときは、総量規制が適用されます。しかし、保証会社としてカードローンと関わっているときには、総量規制が適用されるかどうかはカードローンの種類によります。

三井住友銀行のカードローンに関しては、プロミスは保証会社としてかかわっています。そのため、三井住友銀行のカードローンが総量規制対象外である限り、プロミスが関わっていても総量規制は適用されません

2.三井住友銀行のカードローンのように総量規制対象外のローンも信用情報は記録される?

総量規制が適用されるかどうかと、信用情報が記録されるかどうかは無関係です。

日本には全国銀行個人信用情報センターとCIC、JICCの3つの信用情報機関がありますが、総量規制が適用されるかどうかにかかわらず、カードローンやクレジットカードの審査時にはいずれかの機関で信用情報が照会されます

なお、三井住友銀行のカードローンでの返済履歴等は、銀行が加盟している全国銀行個人信用情報センターに登録されます。

実際のところ、全国銀行個人信用情報センターとCIC、JICCは情報を共有しています。そのため、全国銀行個人信用情報センター以外の信用情報機関に加盟しているローン会社も、全国銀行個人信用情報センターに登録されている情報を知ることができるのです

今後もカードローンやクレジットカードを快適に活用したいのなら、三井住友銀行のカードローンへの返済は滞らないようにしましょう。

3.三井住友銀行のカードローンの利用履歴は総量規制適用ローンの審査に影響を与える?

総量規制が適用されるローンの審査では、年収と借入額の関係だけがチェックされるわけではありません。

信用情報、つまり、ローン返済やクレジットカードの支払いをきちんとおこなっているかもチェックされます。そのため、三井住友銀行のカードローンで返済が遅れていたり滞納が長引いていたりすると、他社での審査に影響を及ぼすことがあるのです。

4.三井住友銀行のカードローンではどの程度の自主規制をおこなっている?

銀行カードローンは総量規制の対象外ですが、総量規制に準じた自主規制をおこなっていることもあります。

とはいえ、自主規制はあくまでも自主規制ですので、どの程度の規制をおこなっているかを外部からうかがい知ることはできません

しかし、カードローンでお金を貸す側が気にしているのは、「ちゃんと借りたお金を返してくれる人なのか?」という点ですよね。その点を考えると、年収の3分の1を超えた限度額を希望すると、総量規制の対象外であっても貸し倒れのリスクを懸念して審査に落ちるかもしれません。

そのため、総量規制の対象外とはいえ、自分の年収と見比べて無理のない金額を借りるようにすることが大切です。

三井住友銀行のカードローンを利用する前に他社借入をかならずチェックしよう

銀行カードローンは、総量規制は適用されませんが、総量規制に準じた自主規制をおこなっていることがあります。

そのため、三井住友銀行のカードローンが総量規制の対象外だからといって、「年収の3分の1を超えてもお金を借りられる!」と思い込まないようにしましょう。

また、ご自身の年収と他社借入額を調べて、借りられる金額を計算してから申し込むようにしましょう。

総量規制が適用されるかどうかにかかわらず、ローン審査やクレジットカード審査では信用情報が照会されます。信用情報を良好に保つためにも、返済すべきお金や支払うべきお金は期限までに支払うことを常に意識してください。

執筆者のプロフィール
manekai_editorial
マネ会 編集部

気になるけど、なかなか話しづらい。けどとても大事な「お金」のこと。 日々の生活の中の身近な節約術から、ちょっと難しい金融知識まで、知ってて得する、為になるお金の情報を更新していきます。

関連記事

三井住友銀行 カードローンの審査に関する記事

三井住友銀行 カードローンの借り方に関する記事

三井住友銀行 カードローンの金利に関する記事

三井住友銀行 カードローンの増額に関する記事

三井住友銀行 カードローンの返済に関する記事

三井住友銀行 カードローンに関するその他の記事