更新日:

三井住友銀行カードローンは返済方法と返済日が選べるから生活スタイルに合わせて返済可能!

三井住友銀行カードローンは返済方法と返済日が選べるから生活スタイルに合わせて返済可能!

三井住友銀行カードローンは、3大メガバンクの1つである三井住友銀行が展開しているカードローンです。銀行カードローンならではの金利の低さや安心感から、「利用したい!」という方も多いのではないでしょうか。

カードローンで借入をすれば、かならずやってくるのが返済です。

この記事では、返済方法や返済日など、三井住友銀行カードローンの返済を詳しく解説します。毎月指定された金額だけを返済するよりも、もっと効率よく返済できる方法についてもご紹介します。

三井住友銀行のバナー
おすすめポイント
  • お申込時には三井住友銀行に口座がなくてもお申し込みいただけます。
  • 10万円から最高800万円までお申込可能
  • 金利 年4.0%~14.5%(変動金利)
審査時間 公式サイト参照
融資時間 公式サイト参照
実質年率 4.00〜14.50%
無利息期間 なし
借入限度額 10万円〜800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by 株式会社三井住友銀行 ※21時まで受付可能ですが、時間帯によっては回答が翌日以降となる場合があります。

三井住友銀行カードローンの返済方法は選べる3種類

三井住友銀行カードローンの返済方法は以下の3種類です。

三井住友銀行カードローン返済方法

  1. ATM
  2. インターネットバンキング(SMBCダイレクト)
  3. 口座振替

三井住友銀行カードローンでは、契約時に「かならず毎月この方法で返済します」と決める必要はありません。その都度、状況に合わせて返済方法をセレクトすることができます。

それでは、詳しい返済方法を見てみましょう。

1.ATMで返済

三井住友銀行カードローンは、ローン専用のカード、もしくは、普通預金キャッシュカードのいずれかでATMから返済可能です。

利用できるATMは以下のとおりです。

三井住友銀行カードローン返済で使えるATM

  • 三井住友銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • イーネットATM
  • ゆうちょATM(ローン専用カードのみの取り扱い)
  • ローソン銀行ATM

ゆうちょ銀行ATMはローン専用カードのみの取り扱いのため、普通預金キャッシュカードでは返済できません。

また「近くに三井住友銀行ATMがない」という場合でも、コンビニATMから手続きが可能であり、出先からでも簡単に返済ができます。

2.振込で返済

事前に三井住友銀行でインターネットバンキング(SMBCダイレクト)に登録をしていれば、パソコンやスマートフォンからでも返済は可能です。

カードローン専用の銀行口座があるので、その口座宛てに振込をすれば完了です。振込扱いになるので、手数料は発生しますが、わざわざ外出せずとも自宅から返済手続きが取れるという利点はあります。

そのため「返済日にATMまで行く暇がない」という人にとっては便利なサービスと言えるでしょう。

3.口座振替で返済

「ATMに行く時間もない」、「ネットバンキングの登録もしていない」ということであれば、口座振替での返済が有効です。

返済用の口座から自動的に、残高に応じた返済金額が引き落としされますので、事前に口座にお金をいれておけば返済日に慌てることもありません。

ただし、口座残高が返済金額に満たない場合には、引き落としにならないので延滞扱いになってしまいます。そのため多めに口座にお金をいれておくなどの対策は必要になってきます。

三井住友銀行カードローンの返済用預金口座の登録方法

先に「口座振替は返済用口座から自動引き落とし」と説明しましたが、返済用口座を新規で作る必要があるのは、今まで三井住友銀行の口座を持っていない人に限ります。

すでに三井住友銀行の普通預金口座を持っている人や、口座を持っていなくてもインターネットバンキングに登録している人は、自動的に返済用口座が登録されるので、手続き不要です。

返済用口座を作る場合には、別途窓口まで出向き、手続きが必要です。

返済方法はいつでも変更可能

三井住友銀行カードローンには3種類の返済方法があり、好きな方法で返済できる点が魅力です。それでは、どのように返済方法を変更することができるのでしょうか?

三井住友銀行カードローンでは、返済方法を変更したいときに、その都度連絡をする必要はありません。

ATM・振込で返済する場合は、どちらかの方法でローン専用口座に入金すれば、返済完了となります。「今回はATMです」、「次回は振込です」と連絡をしなくても大丈夫です。

そして、ATM・振込からローン専用口座への入金がない場合は、自動的に返済用預金口座から口座振替(引き落とし)がおこなわれます。つまり、「今月は口座振替で返済したい」というときは、ATM・振込で返済しなければよいということです。

ただし、口座振替で返済するためには、返済用預金口座を指定しておく必要があります。返済用預金口座を指定していないのに、「口座振替にしよう」とATM・振込から入金しないでいると、返済に遅延してしまう点にご注意ください。

連絡不要で3種類の返済方法を自由に選ぶことができるので、それぞれのライフスタイルにあった方法で返済できる点がうれしいですね。

三井住友銀行カードローンの返済日について

三井住友銀行カードローンでは、自分で返済日を決めることが可能です。

多くの銀行カードローンでは、最初から返済日が指定されているため、返済方法同様、自分で返済日を決めることができるのは大きなポイントといえるでしょう。

1ヶ月のうちで収入が入る日付などを鑑みて、自分のスケジュールに合わせて返済日を設定できるとよいですね。

返済日は「5日・15日・25日・月末」から選択可能

三井住友銀行カードローンの返済日は「5日・15日・25日・月末」から選択できます。そのため自身の給料日に近い日付を選ぶことができますし、配偶者の給料日に合わせることだって可能です。

いずれにしても「必ずこの日付にまとまったお金が入る」「この日付であれば返済日に慌てずに済む」という日付を選んでおくといいでしょう。

三井住友銀行カードローンの返済日は原則変更できない

三井住友銀行カードローンの返済日は4種類から選べますが、どの日を返済日にするのかは契約時に決めておかないといけません。

「選べる」というワードからつい返済方法同様に「決められた日付であれば、いつでも返済可能なのか」と勘違いしてしまいそうですが、そうではありません。

契約時に「この日を返済日にします」と決めた日付から原則変更はできません。

ただし、転職してそもそもの給料日が変わったなどの事情があれば、相談は可能です。

三井住友銀行カードローンの返済金額は結局いくらなのか

三井住友銀行カードローンのイメージは低金利という人も多いのではないでしょうか。しかしいくら低金利と言えど、返済をする際に重要なのは、結局いくら返済をしなくてはいけないのかという点です。

三井住友銀行カードローンの返済金額は、いくらになるのかを見てみましょう。

三井住友カードローンは残高によって返済金額が変わる「残高スライド方式」を採用

あまり耳なじみのない言葉ですが、三井住友銀行カードローンは、現在の借入残高に応じて返済金額が変わる「残高スライド方式」を採用しています。

借入残高が大きければその分、返済金額も大きくなりますし、借入残高が減れば同じように返済金額も減るという流れです。しかしそう言われてもなかなかピンときにくいものですから、まずは表で確認してみましょう。

借入残高 最低返済金額
2,000円~100,000円 2,000円
100,001円~200,000円 4,000円
200,001円~300,000円 6,000円
300,001円~400,000円 8,000円
400,001円~500,000円 10,000円

50万円以降は借入残高が10万円増えるごとに、最低返済金額は1,000円ずつ上がっていきます。60万円であれば11,000円という計算です。

ただし借入残高が300万円以上になると、今度は50万円単位で5,000円ずつ上がっていきます。

借入残高 最低返済金額
3,000,001円~3,500,000円 40,000円
3,500,001円~4,000,000円 45,000円
4,000,001円~4,500,000円 50,000円
4,500,001円~5,000,000円 55,000円
5,000,001円~6,000,000円 60,000円
6,000,001円~7,000,000円 65,000円
7,000,001円~8,000,000円 70,000円

新規借入から利用可能枠が300万円以上で設定されている人はあまりいませんが、今後、利用枠が増加し、300万円を超えるようなことがあれば、返済金額は5,000円刻みになると覚えておけば問題ありません。

三井住友カードローンの最低金額だけで返済すると利息が膨らむ

三井住友銀行カードローンの魅力の1つとして、返済金額が少ないことが挙げられます。これは契約者からすればありがたい話ですが、返済金額が少なければ、その分返済期間も長くなるということです。

返済期間が長くなれば、利息も長く支払うことになるので、結果的に総返済金額が大きくなってしまうという側面も持ち合わせています。

最低金額だけをコンスタントに支払うよりも、余裕がある月に少しでも多く返済し、返済回数を減らしていくことが重要になってきます。

三井住友カードローンの公式シミュレーションを活用して返済金額を確認しよう

三井住友銀行カードローンから提示されている返済金額はあくまで「最低」返済金額です。設定されている金額以上に返済をしても何の問題もありませんし、むしろ契約者からすれば無駄な利息をカットできるというメリットが生まれます。

とはいえ、大事なお金のことですから具体的にどの程度変わるのか分からないと実行に踏み出せません。そこで活用したいのが三井住友銀行カードローンの公式ホームページにあるシミュレーションです。

それではこの公式シミュレーションを使って、どの程度の差が生じるのかを見てみましょう。融資金額は10万円、金利は14.5%と仮定します。

【10万円を1年で支払った場合】
月の返済金額
総返済額
9,002円 108,020円(返済回数12回)
【10万円を最低金額のみコンスタントに返済した場合】
月の返済金額 総返済金額
2,000円 154,259円(返済回数78回)
(※)上記のシミュレーション結果は、三井住友銀行カードローン公式の返済シミュレーションを元にした参考値です。目安としてご利用ください


月の返済金額の差額は約7,000円ですが、総返済金額でみると借入金額は同じ10万円でも、利息だけで5万円ほどの差が生じます。

そのため、できる限り多く返済をして総返済回数を減らすことが、効率よく返済をするポイントといえるでしょう。

三井住友銀行カードローンの返済を延滞した場合の注意点

カードローンでお金を借りたあとは、かならず返済の義務が生じます。三井住友銀行カードローンも同様で、もし返済を延滞した場合にはデメリットが発生してしまいます。

三井住友銀行カードローンの返済を延滞した場合に生じるデメリットは、大きく分けて以下の3つです。

延滞した場合のデメリット

  • 遅延損害金が発生するので、返済金額が膨れあがる
  • ブラックリスト入り
  • 場合によっては一括返済を求められる

1.返済日翌日から遅延損害金が発生する

もし返済日に返済ができなかった場合には、返済日の翌日から「遅延損害金」という、通常の利息とは異なる利息が発生します。

遅延損害金は日割りで発生する利息であり、利率は19.94%と通常金利(4.0%~14.5%)よりも高く設定されています。1日でも返済に遅れると、その分の遅延損害金を支払わなくてはなりません。

利息制限法では10万円以上の借入に対する金利が18.0%までに制限されているため、「19.94%は違法な利率なのではないか」という人もいるかもしれませんが、そうではありません。

利息制限法による上限金利は、遅延損害金に関しては通常の利息の1.46倍までとなります。つまり、元本が10万円未満の場合は29.2%、10万円以上100万円未満の場合は26.28%、100万円以上の場合は21.9%が遅延損害金利率(年)の上限です。

あえて高い利率の遅延損害金を支払いたい人なんていないでしょう。余分な利息を払わないためにも、返済には遅れないように気をつけたいですね。

2.返済日から長期延滞になればブラックリストにのり他社の審査に通らない

返済日から長期間にわたって返済が滞れば、3ヶ月以上を目安に、いわゆるブラックリスト入りしてしまいます一般的にブラックリストと呼ばれているのは、信用情報上の「金融事故」のことです。何度も延滞を繰り返している場合には、3ヶ月以内でもこの状態になることもあります。

一度金融事故の記録が残ると、最大10年間はローンやクレジットカードの審査に通ることが難しくなります。なぜなら、金融機関は信用情報を共有しており、保有期間が過ぎるまでは情報が残り続けるからです。

結果として、新たな借入先に申込みをしても、長期延滞の事実がバレてしまい審査に通る可能性が極めて低くなってしまいます。

短期間でも返済日に遅れると審査にマイナスの影響がある

ブラックリスト入りしなくても、銀行カードローンで少しでも返済に遅れると信用情報に延滞の記録が残ります。

数日の遅れであれば金融事故にはなりませんが、少しでも返済に遅れたという事実はローンやクレジットカードの審査にマイナスの影響を与えます。なぜなら、「返済日に決められた返済ができない人」だと認識される可能性が高まるからです。

また、少しでも返済に遅れると、三井住友銀行カードローンの増額審査にも落ちやすくなります。三井住友銀行カードローンの増額について詳しく知りたい方は、下記の記事もあわせてご覧ください。

三井住友銀行カードローンで増額したい人必見!増額審査の流れや注意点を徹底解説
三井住友銀行カードローンを利用していると、「もっと限度額を引き上げたい!」という方もいらっしゃるでしょう。本記事では、三井住友銀行カードローンで増額する際の申込方法や審査、増額のメリット・デメリットや注意点について、詳しく解説していきます。 増額できるタイミングになると、三井住友銀行から増額案内が届くこともあります。「増額案内とはどのようなものなのか?」、「どのような人に送られるのか?」など、増額案内に関するあらゆる疑問にもお答えします。 三井住友銀行カードローンで増額をお考えの方は、ぜひご一読ください。

3.返済日から一定期間延滞すると一括返済が求められる可能性がある

三井住友銀行カードローンの返済に遅れ続けると、一括返済を求められることがあります。つまり、遅れた分の返済額だけでなく、最終返済額を支払って完済するように求められるということです。

「分割支払いもできない状態だから延滞したのに一括なんて無理」と言いたい気持ちは分かりますが、返済に遅れている人はすでに期限の利益を喪失しています。

期限の利益とは、「期限が到来するまでは債務を履行しなくてもよい」という利益のことです。期限の利益を喪失すると、分割で支払う権利が認められなくなってしまいます。

この点についても、遅延損害金と同じくかならず契約書に記載している内容であり、一括返済を求めることは三井住友銀行の正当な権利となります。一括返済を避けたいなら、返済に遅れないように気をつけて、もし遅れてしまっても急いで返済するようにしましょう。

三井住友銀行カードローンを効率よく返済するポイントは「臨時返済」&「一括返済」

利息を抑える返済のコツの画像

カードローンをせっかく利用しているのであれば、毎月の返済日に追われるばかりではなく、効率よく返済をして利息を抑えたいところですよね。

三井住友銀行カードローンを今よりももっと効率よく返済するポイントは、下記の2点です。

返済のポイント

  1. 臨時返済
  2. 一括返済

臨時返済・一括返済を活用すると、返済期間を短縮して利息を抑えることができます。三井住友銀行カードローンをお得に利用したい方は、ぜひこれらの返済を活用しましょう。

それでは、臨時返済一括返済とは何を指すのでしょうか? 下記で詳しくご説明します。

1.臨時返済なら毎月の返済日に限らず返済OK

三井住友銀行カードローンが提示している毎月の返済額は、「最低」返済金額です。そのため、最低返済額以上に返済しても、なんの問題もありません。

最低返済額よりも多めに返済することを、「臨時返済」と呼びます。臨時返済を活用することで、返済期間を短縮して利息を抑えることができます。

いつも口座振替を利用している方は、最低金額のみしか引き落としされませんよね。具体的にどのようにすれば、臨時返済ができるのかを見てみましょう。

臨時返済の方法について

臨時返済は、ATM・振込・インターネットバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキング(SMBCダイレクト)のいずれかでおこなうことができます。特に金額の指定はありませんから、少しでも追加で返済できるときは臨時返済を活用しましょう。

返済日よりも前に臨時返済をおこなうと、自動的に次回の返済日は繰越になる点にご注意ください。例えば毎月5日で、月末に臨時収入があったので臨時返済をした場合、通常ならば次回の返済日は5日ですが、返済日前に入金しているため返済日が繰り越されます。

上記の場合、返済日に引き落としされていないと「なんで?延滞になっちゃう」と慌ててしまいますが、返済日よりも前に返済したことになるため、延滞にはなりません。

その分、返済予定だった金額をまた臨時返済すれば、なお返済期間を短縮できるでしょう。

2.一括返済なら一気に完済できる

ある程度借入残高が減ってきた段階ならば、一括返済も視野に入れておきましょう。一括返済は臨時返済同様、本来の返済日でなくても完済できます。

一括返済をすれば、一時的に現金が減るかもしれませんが、三井住友銀行カードローンの返済からは解放されます。もちろん、返済期間を短縮できるため、早く完済すればするほど利息を抑えることができます。

それでは、一括返済の方法についてご説明しましょう。

返済日以外もOK!一括返済の方法について

一括返済は、いつでもおこなうことができます。毎月の返済日にこだわる必要はなく、1日でも早く完済すればその分の利息を抑えることが可能です。

一括返済をする際には支払い日までの日割り計算をしてもらわないといけないので、必ず三井住友銀行カードローンプラザ(0120-923-923)まで電話連絡をする必要があります。

最終返済額を確認したら、ATM振込で一括返済しましょう。

ATMからであれば、手数料は無料ですが、三井住友銀行ATM以外ですと小銭の入金ができません。振込であれば、手数料が発生する点にご注意ください。

三井住友銀行ATMであれば手数料無料で、小銭も入金できるため、一括返済には最もおすすめな方法であるといえるでしょう。

三井住友銀行カードローンの返済管理にはスマホアプリが便利

三井住友銀行では、公式アプリでカードローンの返済管理をすることが可能です。

返済管理をするなら、毎日持ち歩くスマートフォンが便利ですよね。一々WEB上で検索しなくても、アプリであればホーム画面からすぐ開くことができるのもうれしいポイントです。

それでは、三井住友銀行のアプリでどのようなことができるのかを見てみましょう。

「三井住友銀行アプリ」で借り入れ残高を照会

三井住友銀行では、カードローン専用のアプリである「カードローン」のほか、「三井住友銀行アプリ」も提供しています。残高照会や入出金の管理には、この「三井住友銀行アプリ」が便利です。

三井住友銀行アプリでは、カードローンの残高照会ができるので、現状の残高を常に確認しておくことができます。

また、三井住友銀行口座の入出金やクレジットカードの利用履歴で収支がグラフ化されますので、収支のバランスを確認することも可能です。

「カードローン」アプリでATMを検索できるから返済日も安心

三井住友銀行カードローンの専用アプリである「カードローン」を使えば、三井住友銀行カードローンが使えるお近くのATMを検索可能です。

「今日は返済日だけれども遠方に来ている」「土地勘がないからどこにATMがあるのか分からない」という時にサッと検索すれば、最寄りのATMをすぐに探すことができます。

いつもは口座振替をしているけど、臨時返済一括返済のためにATMを利用したい場合にも、ぜひ「カードローン」アプリをご活用ください。

「カードローン」アプリの返済シミュレーションを活用しよう

三井住友銀行カードローンの専用アプリである「カードローン」では、返済シミュレーションを利用することもできます。

アプリで利用できる返済シミュレーションでは、「月々の返済額」、「返済期間」、「約定返済額での返済期間・返済額」を試算することができます。臨時返済で返済額を増やしたときの返済期間と利息などを確認して、より効率的な返済計画に役立てましょう。

ちなみに、同様の返済シミュレーションを公式HPから利用することもできます。アプリをダウンロードするのが面倒な方は、下記の「公式サイトへ」をクリックして、三井住友銀行カードローンの公式HPに進んでください。

【PR】Sponsored by 株式会社三井住友銀行

三井住友カードローンの返済まとめ

三井住友銀行カードローンの返済方法は、ATM振込口座振替から選択可能です。返済日も4種類から選択可能であるため、自分のスケジュールに合った返済スタイルをアレンジすることができるでしょう。

三井住友銀行カードローンをより効率よく返済するカギは、臨時返済と一括返済です。公式シミュレーションを活用し、返済期間を短縮するとどれだけお得に返済できるのか、一度計算してみることをおすすめします。

この記事が、三井住友銀行カードローンの返済でお悩みの方のお役に立てることを願っています。

三井住友銀行のバナー
おすすめポイント
  • お申込時には三井住友銀行に口座がなくてもお申し込みいただけます。
  • 10万円から最高800万円までお申込可能
  • 金利 年4.0%~14.5%(変動金利)
審査時間 公式サイト参照
融資時間 公式サイト参照
実質年率 4.00〜14.50%
無利息期間 なし
借入限度額 10万円〜800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by 株式会社三井住友銀行 ※21時まで受付可能ですが、時間帯によっては回答が翌日以降となる場合があります。