更新日:

「三井住友銀行 カードローン」の審査時間は?審査結果が遅いときの原因もご紹介

「三井住友銀行 カードローン」の審査時間は?審査結果が遅いときの原因もご紹介

銀行カードローンのなかでも、3大メガバンクの1つである三井住友銀行が展開している三井住友銀行のカードローンを利用したいと思っている方も多いのではないでしょうか。

カードローンの審査を受けようと思ったら、気になるのは審査時間ですよね。

銀行カードローンの審査は、消費者金融よりも時間がかかる傾向にありますが、「三井住友銀行 カードローン」の審査時間はどのようになっているのでしょうか?


そこで、「三井住友銀行 カードローン」の審査時間はどれくらいかかるのかを中心に、審査結果が遅い場合の原因などについてもご紹介します。

「三井住友銀行 カードローン」の審査時間はどのくらいかかる?

三井住友銀行のカードローンは、テレビコマーシャルなどでもおなじみのカードローンです。

このカードローンを利用したいなら、まずは「三井住友銀行 カードローン」の審査を受ける必要があります。

では三井住友銀行のカードローンで、審査にかかる時間はどれくらいなのでしょうか?

「三井住友銀行 カードローン」の審査結果が出るのは、最短でも翌営業日

三井住友銀行のカードローンに申し込んで、審査結果が出るのは、本人確認書類を提出してから最短翌営業日になります。

申し込んだその日に審査結果が出ることはなく、審査結果については電話メールで連絡がくることになります。

銀行カードローンは審査に時間がかかる傾向にあり、即日融資を受けることができません。三井住友銀行のカードローンも、銀行カードローンですから、やはり即日融資はできないのです。

したがって、三井住友銀行のカードローンに申し込む場合には、そのことをよく理解しておこなう必要があります。なお、「三井住友銀行 カードローン」の審査については、以下の記事に詳しく記載されていますのでご覧ください。

「三井住友銀行 カードローン」の審査に落ちないために!審査時間や流れを詳しく解説
「三井住友銀行 カードローン」の審査が心配な方や、審査に落ちてしまう原因が分からないという方のために、この記事では審査基準や注意点を詳しく解説します。審査に通りやすくなるケースや、審査に落ちる理由をを知っておくと、審査通過の可能性を上げることができるかもしれません。三井住友銀行のカードローンで審査に落ちてしまった後の対処法についても説明しています。

「最短翌営業日」は、銀行カードローンとしては速い審査スピード

銀行カードローンで審査結果がわかるのは、最短のところでも翌営業日になります。

そのため、「三井住友銀行 カードローン」の審査結果が最短翌営業日というのは、銀行カードローンとしては最短の部類に入っているといえるでしょう。

そのため、即日融資を受けたいという場合には、銀行カードローンよりも消費者金融がおすすめです。消費者金融は審査スピードが速いのが特長で、下記のようなカードローンなら審査は最短30分で完了します。

【PR】Sponsored by アイフル株式会社
【PR】Sponsored by アコム株式会社
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

銀行カードローンの審査に時間がかかり、即日融資ができないのはなぜ?

銀行カードローンでは即日融資を受けられないことを表す画像

「三井住友銀行 カードローン」に限らず、銀行カードローンが即日融資できない理由は、警察庁のデータベースを照会する必要があるからです。

警察庁のデータベースを照会するためには、かならず1日以上の時間を要します。これが、銀行カードローンの審査が消費者金融の審査よりも時間がかかる傾向にある理由です。

ただし、最短翌営業日まで待てば審査結果が出るので、それまで待てるという人には銀行カードローンもおすすめです。

大手消費者金融の上限金利の目安は17〜18%(年)であるのに対し、「三井住友銀行 カードローン」の上限金利は14.5%(年)。金利負担の軽減が期待できます。

「三井住友銀行 カードローン」の審査時間を長引かせないための3つのポイント

三井住友銀行のカードローンに申し込んで、審査を長引かせないためには、次のような3つのポイントがあることをご存じでしょうか。これらを意識することで、審査をスムーズに進めてもらうことができるのです。

審査を長引かせないためのポイント

  • 本人確認書類と収入証明書類を用意しておく
  • 在籍確認に対応できるように準備しておく
  • 借入希望額を少なめにする

審査を長引かせないポイント①本人確認書類と収入証明書類を用意しておく

三井住友銀行のカードローンに審査の申し込みをする場合、事前に必要書類である本人確認書類とを用意しておくとスムーズ審査が進めてもらうことができます。

収入証明書類はかならず必要というわけではないものの、審査の内容次第で提出が必要になる場合も出てきます。提出を求められて、あわてて収入証明書類を探すことになると、時間がかかってしまうことも多いのです。

事前にこれらの書類を用意しておくことで、書類の準備で審査時間が長引く可能性がなくなり、審査をスムーズに進めてもらうことができるのです。

審査を長引かせないポイント②在籍確認に対応できるように準備しておく

「三井住友銀行 カードローン」の審査では、原則として在籍確認があります。在籍確認とは、担当者が勤務先に電話をかけて、申告した職場で本当に働いているか確認することを指します。

すぐに電話がつながれば問題ありませんが、勤務先で人が出払っている時間帯で誰もいなかったり、休日でつながらなかったりという場合には、確認がとれるまで審査結果が出ません。

そのために、在籍確認の電話がつながりやすい電話番号を申告するとともに、つながりに食い時間帯があれば事前に伝えておくことで、審査がスムーズに進みやすくなるでしょう。

なお、「三井住友銀行 カードローン」の在籍確認については、次の記事に詳しく記載されています。

「三井住友銀行 カードローン」の在籍確認を徹底解説!在籍確認の流れやよくある質問をご紹介
「三井住友銀行 カードローン」を申し込むと、職場に在籍確認の電話がかかってくることになります。この記事では、その在籍確認とはどのようなものか、ならびに在籍確認の流れについて解説いたします。場合によっては、在籍確認の結果として、審査落ちになるケースもあります。そこで、「三井住友銀行 カードローン」の在籍確認で注意したい点についても述べていきます。

審査を長引かせないポイント③借入希望額を少なめにする

「三井住友銀行 カードローン」の審査時間を短くするためには、借入希望額を少なめにすることも1つの方法です。

カードローンの審査では、収入に対する返済額の割合(返済比率)も確認されます。借入希望額が大きいほど返済比率は高くなり、返済が滞る可能性も高まるので、審査は慎重におこなわれる傾向にあるのです。

そのため、収入に自信がない場合には、借入希望額を少なめにしたほうが良いでしょう。

せっかく審査に申し込むからといって、必要以上に大きな借入希望額を申告すると、審査時間が長引いたり、審査に落ちたりする原因になる場合があるので注意してください。

なお、最初に設定された限度額でずっと利用しなくてはいけないわけではありません。あとから、限度額を増額することもできます。

「三井住友銀行 カードローン」で増額したい人必見!増額審査の流れや注意点を徹底解説
「三井住友銀行 カードローン」で増額をしたいときには、どのような手続きが必要なのでしょうか?この記事では、三井住友銀行のカードローンで限度額を増額する場合の申込方法や審査についてまとめています。また増額審査をする際に注意するべき点やメリット・デメリットについても詳しく解説していきます。

「三井住友銀行 カードローン」の審査結果の連絡が遅いときに考えられる原因は?

「三井住友銀行 カードローン」の審査結果は、基本的には最短で翌営業日になります。

しかし、上記の審査時間はあくまでも最短なので、審査が長引くこともあり得ます。とくに次のような場合には、審査結果が遅れやすい傾向にあるようです。

審査結果が遅れる原因

  1. 申告内容に誤りや矛盾がある
  2. 高額な限度額を希望している
  3. 審査結果のメールが、迷惑メールとして分類されている
  4. 審査が混雑している

審査結果が遅い原因①申告内容に誤りや矛盾がある

「三井住友銀行 カードローン」の審査に申し込みをした際に、申告内容に誤りや矛盾がある場合には、その確認がおこなわれるため、審査時間が長引く可能性があります。

したがって、十分に申告内容を確認してから申し込みをするようにしましょう。

審査結果が遅い原因②高額な限度額を希望している

「三井住友銀行 カードローン」の審査で、収入に対して高額な限度額を希望している場合には、その是非を慎重に検討するため、審査時間が長くなる可能性があります。

したがって、必要以上に借入希望額を大きくしないようにすることが、審査時間を短くするコツになるでしょう。

審査結果が遅い原因③迷惑メールとして分類されている

「三井住友銀行 カードローン」の審査結果が出ると、その結果は電話かメールで連絡されます。

いつまで経っても審査結果が届かない場合は、審査結果のメールが「迷惑メール」に振り分けられている可能性があります。

そのため、審査結果が遅いと思ったときには、迷惑メールのフォルダも確認することをおすすめします。

なお、審査結果は公式サイトでも確認できるので、遅いと感じたらそちらも確認してみるとよいでしょう。

審査結果が遅い原因④審査が混雑している

審査結果が遅れる原因としては、利用したい人が集中して、審査が混雑しているケースも考えられます。

曜日や季節的な要因など、さまざまに審査が混雑する原因はあるので、その場合には審査結果の連絡がくるまで時間がかかる可能性もあるのです。

必ず最短の翌営業日に連絡がくるとは限らないため、余裕を持って三井住友銀行のカードローンに申し込めるとよいですね。

三井住友銀行のカードローンよりも審査時間が短く、即日融資も可能なカードローンは?

「三井住友銀行 カードローン」の審査時間は、最短翌営業日となっており、即日融資を受けることはできません。

しかし、カードローンを申し込む場合には、「どうしても即日でお金を借りたい!」という場合もあることでしょう。そのような場合には、即日融資が可能な消費者金融がおすすめです。

消費者金融の審査時間は短く、即日融資も可能

消費者金融のカードローンは、審査スピードの速さが魅力であり、最短で即日融資も可能です。銀行カードローンに比べて金利はが高い傾向にあるものの、大手消費者金融なら、最短30分で審査が終わる場合もあります。

それでは、三井住友銀行のカードローンよりも最短の審査時間が短く、即日融資も可能なカードローンを紹介します。

即日融資がおすすめの消費者金融カードローン3選

即日でお金を借りたい場合には、アコムプロミスアイフルなどの大手消費者金融がおすすめです。

ただし、即日融資を受けるためには、審査に通る必要があります。紹介しているどの業者も審査対応時間は21時までであり、即日融資を受けるためには、その1時間前には申し込む必要があります。

また、下記の3つのカードローンでは、初めての利用の場合には無利息サービスを利用することもできます。無利息期間内に完済すれば、利息0円でお金を借りることもできますよ。

おすすめの大手消費者金融カードローン①アイフル

アイフルのバナー
おすすめポイント
  • 申込から借入までWEB完結!郵送物一切なし!最短1時間でご融資可能!
  • 最短30分で審査完了!
  • 事前にご融資可能か1秒診断
実質年率3.00〜18.00% 借入限度額800万円
審査時間最短30分 融資時間最短1時間
コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 収入証明書原則不要(※)
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アイフル株式会社 ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る ※利用限度額が50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)

アイフルは、テレビコマーシャルも活発におこなっているので、ご存じの方も多いと思います。テレビCMでも紹介しているように、最短30分で審査結果が出るため、短時間の審査で即日融資が受けられます。

アイフルへの申し込みは、自動契約機・インターネット・電話・店頭窓口で可能です。アイフルで即日融資を受けたい方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

アイフルは即日融資OK!審査最短30分でお金を今すぐ借りるポイントを徹底解説
アイフルのカードローンは、最短30分で審査を完了できるため、即日融資に最適です。即日融資のタイムリミットとしては、申し込みの時間だけでなく借入の時間も意識する必要があります。当日中に審査を完了させるために、本記事を参考にしてスムーズに審査を進めるための準備を進めてください。

おすすめの大手消費者金融カードローン②アコム

アコムのバナー
おすすめポイント
  • 来店不要で審査は最短30分、最短1時間融資可
  • 初めてなら最大30日間金利0円
  • 事前に借入可能か3秒診断
実質年率3.00〜18.00% 借入限度額800万円
審査時間最短30分 融資時間最短1時間
コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 収入証明書50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社 ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

2019年3月期の各社決算資料によると、大手消費者金融のなかでもっとも融資残高がの多いのはアコムです。

アコムでも審査時間は最短30分であり、即日融資が可能です。アコムへの申し込みは、自動契約機・インターネット・電話・店頭窓口・郵送で可能です。

また、アコムの振込キャッシングは、利用したい金融機関によっては24時間365日、最短1分での振込が可能です。振込を多く利用したい方に便利なカードローンですね。

なお、アコムの即日融資については、以下の記事に詳しく記載されています。

アコムで即日融資を受けたい人必見!最短30分で審査を終えるための時短テクもご紹介
即日融資ならば申込先として検討したいのが、大手消費者金融のアコム。しかしいつ申込みをしても、必ず申込みをした日にキャッシングができる訳ではありません。即日融資を叶えるための申込み方法や時短テク、タイムリミットなどを徹底調査してみました。アコムで即日融資を受けたい方は、ぜひこの記事をご一読ください。

おすすめの大手消費者金融カードローン③プロミス

プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
実質年率4.50〜17.80% 借入限度額1万円〜500万円
審査時間最短30分 融資時間最短1時間
コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 収入証明書50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

プロミスでも審査時間は最短30分であり、即日融資が可能です。プロミスへの申し込みは、自動契約機・インターネット・電話・店頭窓口・郵送で可能です。

また、プロミスの振込キャッシングは、利用したい金融機関によっては24時間365日、最短10秒での振込が可能です。アコムと同様、振込を多く利用したい方に便利なカードローンですね。

なお、プロミスの即日融資については、次の記事に詳しく記載されています。

プロミスの即日融資は土日も審査OK!最短10秒で当日振込できる「瞬フリ」とは?
この記事では、プロミスの即日融資について詳しく解説します。プロミスの即日融資で特徴的なのは、「瞬フリ」という振込キャッシングを原則24時間365日利用できる点です。「瞬フリ」の手続きをしたあとは、すぐに口座へと現金が振り込まれます。「平日の14時まで」など、即日振込に制限があるカードローンも多いなか、この点は融資をお急ぎの方にとってうれしいメリットとなるでしょう。

「三井住友銀行 カードローン」の審査時間についてのQ&A

「三井住友銀行 カードローン」の審査時間については、次のような疑問点もあると思います。これらについては、Q&Aで方式でお答えすることにします。

「三井住友銀行 カードローン」の審査時間に関する疑問点

  • 三井住友銀行のカードローンは審査が完了したら、すぐに借りられる?
  • 審査結果の連絡がくる時間帯は?

三井住友銀行のカードローンは審査が完了したら、すぐに借りられる?

三井住友銀行のカードローンを申し込みしたあとで、「審査が完了したら、すぐにお金を借りられるのだろうか?」という疑問を持っている人もいるようです。

三井住友銀行のカードローンには、ATMかSMBCダイレクト、そして自動融資という3種類の借入方法があります。

ATMで借りる場合には、ローンカードの受取方法を郵送にしてしまうと、ローンカードが届くまで待つ必要があります。すぐにATMでキャッシングしたいのであれば、ローン契約機でローンカードを受け取るとよいでしょう。

また、SMBCダイレクトで借りるなら、インターネットですぐに利用が可能です。

自動融資とは、返済用預金口座の残高が不足したときに、自動でカードローン用口座から融資することを指します。この借入方法を利用したい場合には、窓口かローン契約機での手続きが必要になるので注意してください。

審査結果の連絡がくる時間帯は?

「三井住友銀行のカードローンに申し込んだが、審査結果がくる時間帯は決まっているのだろうか?」という疑問を持っている人もいることでしょう。

三井住友銀行のカードローンから審査結果の連絡がくるのは9時~21時までとなっています。21時を過ぎても連絡がない場合には、翌日9時以降になります。

なお、審査結果は公式サイトでも確認することができます。

「三井住友銀行 カードローン」の審査時間まとめ

「三井住友銀行 カードローン」の審査時間は、最短翌営業日であり、即日融資はできません。

どうしても即日融資でお金が借りたいという場合には、アコムプロミスアイフルなどの大手消費者金融を使うことを考えてもよいでしょう。

審査結果の連絡がこない場合には、審査自体が長引いている可能性もありますが、結果の通知メールが迷惑メールフォルダに振り分けられていることもあります。

審査結果が気になる方は、公式サイトでも確認できるので、そちらをチェックしてみてくださいね。

執筆者のプロフィール
manekai_editorial
マネ会 編集部

気になるけど、なかなか話しづらい。けどとても大事な「お金」のこと。 日々の生活の中の身近な節約術から、ちょっと難しい金融知識まで、知ってて得する、為になるお金の情報を更新していきます。

関連記事

三井住友銀行 カードローンの審査に関する記事

三井住友銀行 カードローンの借り方に関する記事

三井住友銀行 カードローンの金利に関する記事

三井住友銀行 カードローンの増額に関する記事

三井住友銀行 カードローンの返済に関する記事

三井住友銀行 カードローンに関するその他の記事