更新日:

「三井住友銀行 カードローン」の金利は低い?相場比較と金利を引き下げる方法を徹底解説

「三井住友銀行 カードローン」の金利は低い?相場比較と金利を引き下げる方法を徹底解説

カードローンを利用するなら、少しでも低い金利でお金を借りたいと思ってしまいますよね。

メガバンクの1つである三井住友銀行が展開する、三井住友銀行のカードローンこちらのカードローンの金利は何%なのでしょうか?

この記事では、「三井住友銀行 カードローン」の金利について、他社のカードローンの金利相場と比較しながら詳しく解説します。また、「三井住友銀行 カードローン」の金利を下げる方法や金利について知っておきたいこともまとめました。

これから三井住友銀行のカードローンを利用したいという方は、この記事を参考に金利に関する理解を深めてみてください。

「三井住友銀行 カードローン」の金利を解説

金融機関が提供しているローン商品には、それぞれ金利が決められています。設定された金利と返済期間に応じて利息が発生していくので、金利が低いほどお得にお金を借りられる傾向にあります。

「三井住友銀行 カードローン」の金利は、年4.0~14.5%です。

この金利によって生じた利息以外に入会費や年会費などが発生することはありませんが、提携ATMなどを利用すると所定の利用手数料がかかることがあります。

「三井住友銀行 カードローン」の金利は審査で決まる

「三井住友銀行 カードローン」では、審査によって契約極度額が決まります。そして、その契約極度額によって、借入利率も設定されます。

契約極度額 借入利率
100万円以下 年12.0%~14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%~8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 年4.0%~4.5%
(※)借入利率は変動金利なので、金融情勢などによっては、金利が見直されることがあります


ただし、対象となる三井住友銀行の住宅ローンを利用している方で、返済に遅延がない場合は、上記の金利よりも低い金利が適用されることもあります。

金利の引き下げについては、「三井住友銀行のカードローンで金利を下げるには?金利を変えず利息を抑える方法もご紹介」の章で詳しくご説明します。

金利を比較するときは上限金利に注目

一般的に、カードローンの審査に新規で申し込むときには、低めの極度額が設定されやすい傾向にあります。そのため、金利も高めになりやすいのです。

きちんと返済しながら長期的にカードローンを利用していると、その分の信用が積み上がっていくので、増額審査に通りやすくなる可能性があります。増額によって契約極度額が大きくなればその分金利も下がりますが、それまでは初回審査時に設定された極度額に応じた金利で利用することになるでしょう。

そのため、新しくカードローンの審査に申し込むときには、下限金利だけでなく上限金利も重視して利用したいカードローンを選ぶとよいでしょう。

「三井住友銀行 カードローン」の金利は高い?低い?他社の相場と比較してみた

三井住友銀行のカードローンの金利は、ほかのカードローンの金利相場と比べるとどのようになっているのでしょうか。

この章では、三井住友銀行のカードローンと同じくメガバンクのカードローンであるみずほ銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)と、大手消費者金融であるアコムアイフルプロミスの5社を取り上げ、それぞれの金利を比べてみました。

大手カードローンの金利
カードローン 金利
三井住友銀行 カードローン 年4.0~14.5%
みずほ銀行カードローン
年2.0~14.0%(※)
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)
年1.8~14.6%
アコム 年3.0~18.0%
アイフル 年3.0~18.0%
プロミス 年4.5~17.8%
(※)みずほ銀行の住宅ローンを利用している方は、適用金利が年0.5%引き下げられます


銀行カードローンと消費者金融、それぞれの金利の特徴について下記で詳しくご説明します。

「三井住友銀行 カードローン」の金利はメガバンクの銀行カードローンとしては一般的

三井住友銀行のカードローンを含めたメガバンク3社の銀行カードローンの上限金利は、年14%台に設定されています。

そのため、「三井住友銀行 カードローン」の金利はメガバンクが展開する銀行カードローンの金利としては一般的だといえるでしょう

「三井住友銀行 カードローン」の上限金利は大手消費者金融の上限金利よりも3〜4%低い

アコム・アイフル・プロミスという大手消費者金融3社の上限金利(年17.8〜18%)と比べると、「三井住友銀行 カードローン」の上限金利は年3~4%低いです。

そのため、同じ金額を借りて同じ期間で返済した場合には、上記の消費者金融よりも「三井住友銀行 カードローン」のほうが、生じる利息が低くなりやすいといえるでしょう。

ただし、大手消費者金融では無利息サービスを実施していることがあります。無利息期間内に完済すれば利息0円でお金を借りられることになるので、このサービスを利用すれば金利差をカバーできるかもしれません。

また、大手消費者金融は審査スピードが速く、申し込むタイミングや審査の進み具合によっては即日融資が可能なこともあります。無利息サービスのメリットを享受したい方や融資をお急ぎの方は、消費者金融も検討してみるとよいでしょう。

下記、おすすめの消費者金融3社をご紹介します。

アコム

アコムでは、審査最短30分で即日融資が可能です。

アコムでは、金融機関によっては原則として24時間365日、最短1分での振込融資が可能です。ただし、金融機関や振込手続きのタイミングによっては、翌営業日以降に振込融資が実行されることもあります。

また、初回契約日の翌日から30日間、無利息サービスを受けることもできます。

アイフル

アイフルでも、審査最短30分で即日融資が可能です。

もちろん、振込融資にも対応していますが、即日振込のためには平日14時ごろまでの振込予約が必要です。セブン銀行のスマホATMを利用すれば、カードレスでATMからキャッシングすることもできます。

また、アコムと同様に初回契約日の翌日から30日間、無利息サービスを受けることもできます。

プロミス

プロミスの無利息期間は初回利用日の翌日からであることを表す画像期間は初回利用日の翌日からであることを表す画像

プロミスでも、審査最短30分で即日融資が可能です。

プロミスでは、金融機関によっては原則として24時間365日、最短10秒での振込融資が可能です。ただし、金融機関や振込手続きのタイミングによっては、翌営業日以降に振込融資が実行されることもあります。

また、セブン銀行のスマホATMを利用すれば、カードレスでATMからキャッシングすることもできます。

プロミスの無利息期間は、初回借入日の翌日から30日間となっています。そのため、「契約してからすぐにお金を借りないかもしれない」という場合にも、無利息期間が無駄に過ぎてしまう可能性が低いでしょう。

三井住友銀行のカードローンで金利を下げる&利息を抑える方法はある?

金利を引き下げるコツを表す画像

「三井住友銀行 カードローン」を利用するなら、できるだけ低金利で利用できればうれしいですよね。

この章では、「三井住友銀行 カードローン」の金利を引き下げるための方法をご紹介します。

また、金利が同じでも、返済の工夫によって利息総額を減らすことも可能です。家計における利息の負担を軽減したい方は、ぜひ実行してみましょう。

金利を低くする方法1:「三井住友銀行 カードローン」の極度額を増額する

先述のとおり、「三井住友銀行 カードローン」の金利は、契約極度額に応じて変動します。そのため、契約極度額を増額すれば、その分金利が低くなる可能性があります。

たとえば極度額が100万円以下のときは年12.0~14.5%の金利が適用されますが、極度額が100万円超200万円以下なら、適用金利は年10.0~12.0%です。

契約極度額を増やして金利を下げたいという方は、「三井住友銀行 カードローン」の増額審査を受けてみてはいかがでしょうか。増額の申込方法や審査に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

「三井住友銀行 カードローン」で増額したい人必見!増額審査の流れや注意点を徹底解説

金利を低くする方法2:三井住友銀行の住宅ローンを利用して、遅れずに返済する

「三井住友銀行 カードローン」の新規申込時や契約極度額変更の申込時に、対象となる三井住友銀行の住宅ローンを利用しており、なおかつ返済に遅延がない方は、金利を引き下げてもらえることがあります。

ただし、三井住友銀行で申し込める住宅ローンすべてが、「三井住友銀行 カードローン」の金利引き下げに影響を与えるわけではありません。利用中の住宅ローンが金利引き下げの対象であるか、新規申込時や増額申請時に確認しておきましょう。

金利そのままでも利息が減少する?臨時返済や一括返済がおすすめな理由

金利を引き下げたいのは、支払う利息の金額を抑えたいからですよね。実は、利息総額を減らすための選択肢は、金利を引き下げることだけではありません。

カードローンの利息は、返済期間が長引くほど増えていく傾向にあります。そのため、毎月の約定返済に加えて臨時返済一括返済を活用して返済期間を短縮すると、支払う利息を抑えることができるのです。

利息総額を抑えたいという方は、家計に余裕がある月などに、普段よりも多めに返済してはいかがでしょうか。「三井住友銀行 カードローン」の臨時返済や一括返済については、次の記事でも紹介しています。

三井住友銀行のカードローンは返済方法と返済日が選べるから生活スタイルに合わせて返済可能!

三井住友銀行のカードローンを含めた複数の借入がある方が、金利を引き下げる方法は?

前章では、「三井住友銀行 カードローン」で金利を引き下げる方法をご紹介しました。

しかし、「三井住友銀行 カードローン」を含めた複数の借入先からお金を借りており、「合計の利息総額を減らすにはどうしたらよい?」という疑問を抱えていらっしゃる方もいらっしゃることでしょう。

そこでこの章では、「三井住友銀行 カードローン」だけではなく多重の債務を抱えている方が利息を抑える方法をご紹介します。

「三井住友銀行 カードローン」以外でローンをまとめる

多重債務で返済にお困りの方には、おまとめローンがおすすめです。

おまとめローンとは、複数の借入先を1つのローンにまとめることを指します。金利が低くなる可能性があるだけでなく、返済管理が楽になるというメリットもあります。

なお、「三井住友銀行 カードローン」はおまとめローン専用の商品ではありません。他社のおまとめローン専用商品や、公式サイトに「おまとめOK!」などの記載があるカードローン・フリーローンを利用するとよいでしょう。

ただし、現在の適用金利が充分に低いときなどは、おまとめをしてもかならずしも利息が下がるとは言い切れません。おまとめローンを利用する前にかならず返済計画を作成し、毎月の返済額や利息がどう変化するのか計算してみてください。

おまとめローンはどこがおすすめ?メリットや審査について徹底比較

高金利のカードローンからの借入を低金利ローンに借り換える

おまとめローンを利用しなくても、複数ある借入のうち金利が高いものを低金利なカードローンで借り換えると、合計で支払う利息額が少なくなる可能性があります。

例えば、A社から年18%、B社から年12%、C社から年10%の金利でお金を借りているとします。このとき、とくに金利が高いA社を低金利なカードローンで借り換えることができれば、利息総額をおさえることができますよね。

ただし、すでに複数社からお金を借りている人が新規でカードローンに申し込むと、他社借入が審査にマイナスの影響を与えることもあるので注意が必要です。複数のカードローンを利用したいときの注意点については、下記の記事をご参照ください。

カードローンは2つ以上の申し込み可能?複数社への申し込みが審査に与える影響も解説

「三井住友銀行 カードローン」の金利に関するQ&A

この章では、「三井住友銀行 カードローン」の金利にまつわるよくある疑問とその答えをまとめました。カードローンを利用する際には、金利に関しては細かい点も確認しておきたいところです。

「三井住友銀行 カードローン」を利用している方、そして、これから利用を検討している方はぜひ参考にしてください。

Q1:返済に遅れると金利が高くなる?

「三井住友銀行 カードローン」の返済に遅れると、返済に遅れた日数分だけ、日割りで遅延損害金利率が適用されます。

遅延損害金利率は通常のカードローン金利よりも高く、年19.94%です。少しでも利息を減らしたいのなら、返済に遅れないことが大切です。

Q2:極度額が変わらずに金利だけが下がることはある?

原則として、「三井住友銀行 カードローン」の金利は契約極度額に応じて変動します。

しかし、対象となる三井住友銀行の住宅ローンを利用し、遅れることなく返済しているならば、金利が引き下げられる可能性もあります。なお、住宅ローンの利用によって金利を引き下げるためには、カードローンの新規申込時増額申請時に対象の住宅ローンを利用している必要があります。

Q3:「三井住友銀行 カードローン」の金利によって発生する利息額を計算する方法は?

三井住友銀行のカードローンの公式ホームページで公開されている返済シミュレーションを活用すれば、支払う利息額を試算することができます。

返済シミュレーションはいつでも利用できますので、最初にお金を借りたときだけでなく、追加で借り入れて借入残高が変化したときにも活用して、返済計画を立て直しましょう。

なお、「三井住友銀行 カードローン」の公式ホームページでは、以下の3つの返済シミュレーションが利用できます。知りたい内容に合わせて使い分けてください。

「三井住友銀行 カードローン」の返済シミュレーション
返済シミュレーションの種類 知りたい内容 入力する情報
毎月返済額シミュレーション 指定した期間で返済する場合の毎月の返済額
・借入金額
・返済月数
・借入金利(年率)
返済期間シミュレーション 毎月一定額で返済する場合の返済期間
・借入金額
・毎月返済額
・借入金利(年率)
約定返済額シミュレーション 最低返済額(約定返済額)で返済する場合の返済期間と返済総額
・返済日
・残高
・借入金利(年率)
・初回貸付日/前回入金日

「三井住友銀行 カードローン」の金利まとめ

カードローンの利息は、返済期間が長くなるほど増えていく傾向にあります。

「三井住友銀行 カードローン」で利息を抑えてお得に返済したいなら、まずは臨時返済や一括返済で返済期間を短縮することをおすすめします。なおかつ、増額や住宅ローンの利用状況によって金利を引き下げることができれば、さらにお得に「三井住友銀行 カードローン」を利用することができるでしょう。

投資信託・株式の運用歴20年以上。相続問題が発生したことを機に、ファイナンシャルプランナー2級とAFPの資格を取得。 大学や省庁で研究活動をおこないながら、2014年度からはマネーやファイナンス、医学関係の執筆活動を開始。 ライフマネープランニングやIPO投資、金融詐欺の見分け方、ローン・クレジットカードの使い方などを得意テーマとしている。 現在メインで利用しているカードはアメリカンエクスプレスのプラチナ。招待制から申込制に変わって、ちょっと残念に思う毎日。

林 泉の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事

三井住友銀行 カードローンの審査に関する記事

三井住友銀行 カードローンの借り方に関する記事

三井住友銀行 カードローンの増額に関する記事

三井住友銀行 カードローンの返済に関する記事

三井住友銀行 カードローンに関するその他の記事