更新日:

三井住友銀行カードローンで増額したい人必見!増額審査の流れや注意点を徹底解説

三井住友銀行カードローンで増額したい人必見!増額審査の流れや注意点を徹底解説

三井住友銀行カードローンを利用していると、「もっと限度額を引き上げたい!」という方もいらっしゃるでしょう。本記事では、三井住友銀行カードローンで増額する際の申込方法や審査、増額のメリット・デメリットや注意点について、詳しく解説していきます。

増額できるタイミングになると、三井住友銀行から増額案内が届くこともあります。「増額案内とはどのようなものなのか?」、「どのような人に送られるのか?」など、増額案内に関するあらゆる疑問にもお答えします。

三井住友銀行カードローンで増額をお考えの方は、ぜひご一読ください。

三井住友銀行のバナー
おすすめポイント
  • お申込時には三井住友銀行に口座がなくてもお申し込みいただけます。
  • 10万円から最高800万円までお申込可能
  • 金利 年4.0%~14.5%(変動金利)
審査時間 公式サイト参照
融資時間 公式サイト参照
実質年率 4.00〜14.50%
無利息期間 なし
借入限度額 10万円〜800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート 非対応 ミニストップ 非対応
【PR】Sponsored by 株式会社三井住友銀行 ※21時まで受付可能ですが、時間帯によっては回答が翌日以降となる場合があります。

三井住友銀行カードローンの「増額」とは

三井住友銀行カードローンの増額とは、現在設定されている限度額の設定を引き上げることです。

「新規申込時に設定した限度額では、借入をしたい金額に満たない」という方もいらっしゃるでしょう。そんなときに増額の申込みをすれば、限度額が大きくなる可能性があります。

三井住友銀行カードローンでは、利用限度額は10万円~800万円となっています。

そのため、最大で800万円までの増額が可能となっていますが、増額には審査が必要です。

三井住友銀行カードローンをご利用中の方は、新規で申し込んだときに審査のステップを経たことでしょう。そのときと同じように、増額をする際にも増額審査に通過する必要があります。

増額審査を受けたい方のために、次の章では「三井住友銀行カードローンで増額する方法」を詳しくご紹介します。

三井住友銀行カードローンで増額する方法は?

三井住友銀行カードローンで増額したいときは、三井住友銀行から届く増額案内に応じる方法と、自ら申込みをする方法の2通りがあります。

前者は、三井住友銀行から増額案内が届いている方のみが使える方法です。増額案内が届いていない方は、後者を選びましょう。

それぞれの方法について、下記で詳しく解説していきます。

三井住友銀行からカードローン増額案内が届いた場合の申込方法

今までの返済実績が優秀だったり、返済能力が高く限度額を引き上げてもよいと認められたりした場合には、三井住友銀行から増額案内が届くことがあります。

増額案内としては、インターネットバンキングのマイページで「増額可能」と表示される場合と、三井住友銀行のカードローン担当者より電話で案内される場合があります。

増額の案内を受け、増額を希望する場合には、そのまま審査に進むことができます。

この増額案内は優良顧客に送られるものなので、増額案内が届いた方は審査に通りやすい傾向にあります。ただし、確実に審査を通過できることを保証するものではない点にご注意ください。

三井住友銀行から増額案内が届きやすいケース

では、どのような場合に増額案内が届くのでしょうか? 三井住友銀行から増額案内が届くケースについて説明していきます。

まず重要になるのが、「毎月の返済を滞りなくおこなっているか?」という点です。

返済が遅れることがあったり、催促の電話を受けることが続くと、まず増額の案内が来ることはありません。遅れずにきちんと、三井住友銀行のカードローンを継続していることが大切なポイントになります。

また、約定返済だけではなく積極的に随時返済で追加の返済を行っていることもプラスポイントになる可能性があります。

収入が増えていることや、他社借入が減っていることなども返済能力が上がっていると認められるポイントになるので、この場合にも増額案内が届きやすくなります。

三井住友銀行に利用者自らカードローン増額の申込みをする方法

増額案内が来ていない方は、自ら増額の申込みをする必要があります。

自ら増額の申込みをする場合にも、もちろん審査が必要となります。増額案内がくる場合に比べると、審査難易度は多少高くなるかもしれません。

自ら増額の申込みをする方法は、下記の2通りです。

増額の申込方法

  1. 電話で申し込む方法
  2. ローン契約機で申し込む方法

下記で順番に解説していきます。

1.電話で申し込む方法

電話で申込みをする場合は、契約者本人から三井住友銀行のフリーダイヤル(0120-923-923)に電話をして、必要事項を口頭で伝える必要があります。

受付時間は1月1日を除く9:00~21:00で土・日・祝も受付可能。平日が仕事で忙しい方でも、休日を利用して電話で申込むことが出来ます。

電話での申込みは、自宅などで担当者と相談しながら申し込みたい方におすすめの方法です。

2.ローン契約機で申し込む方法

三井住友銀行のローン契約機(無人契約機)でも、増額申請が可能です。利用時間は9:00から21:00で、銀行の営業時間外でも利用することができます。

土・日・祝でも利用ができるので、平日忙しい方にとっても大変便利です。タッチパネルで操作ができるので、パソコンなどの入力が苦手な方でも簡単に操作することができます。

ローン契約機の設置場所を知りたい方は、下記の「公式サイトへ」をクリックして、三井住友銀行カードローンの公式HPに進んでください。

【PR】Sponsored by 株式会社三井住友銀行

三井住友銀行カードローンにおける増額審査の流れ

増額の申込みをして必要書類を提出すると、増額審査に入ります。増額審査では、在籍確認がおこなわれることもあります。審査結果は電話かメールで通知され、審査に通過していると限度額が引き上げられます。

在籍確認とは、三井住友銀行が勤務先に電話をかけて、本当に在籍しているかの確認をとる作業のことです。

銀行名は名乗らず、個人名で電話がかかってくるので、カードローンの審査であることは勤務先にばれないように配慮されています。

増額審査に必要な書類とは?

新規利用時に運転免許証などの身分証明書を提出しているので、増額申請の際は本人確認書類の提出が求められないこともあります。ただし、住所や氏名に変更がある場合には、改めて本人確認書類の提出が求められることもあるでしょう。

限度額が50万円を超える場合には、収入証明書が必要になります。収入証明書には、源泉徴収票や確定申告、給与明細などがあり、どちらも直近のものが必要となります。

他社を含めた借入の総額が100万円以上になる場合にも、収入証明書が必要になります。そのほか、借入額にかかわらず審査の経過で所得証明書が必要となった場合にも、提出が求められることがあります。

三井住友銀行カードローンの増額審査は難しい?確認されることは?

増額の審査は、新規契約時の審査よりも難しくなることが考えられます。なぜなら、新規申込時よりも高い限度額を設定するため、より厳しい審査基準が設定される傾向にあるからです。

ただし、毎回の返済をきちんと続けている方は、それだけで三井住友銀行における評価が上がっています。返済に遅れることなく継続的に三井住友銀行カードローンを利用している方にとっては、審査難易度は低くなるかもしれません。

増額審査の際には、「なぜ増額をするのか? どんなことにお金を使うのか?」ということを確認されます。この確認事項は、インターネットで入力するか、口頭で伝えなければなりません。

また個人情報(住所・連絡先・勤務先・収入・苗字など)に変更はないかなどの質問にも答える必要があります。

増額審査でも在籍確認の電話はある?

増額審査であっても、在籍確認がおこなわれる可能性は高いです。

かならず在籍確認がおこなわれるというわけではないようですが、勤務先が変更になっている場合には、ほぼ在籍確認がおこなわれると考えられます。

この場合は、新しい勤務先に電話がかかってきます

「勤務先にカードローンを利用していることがばれるも?」と懸念される方は、あらかじめ電話の時間を指定し、その電話を自身が受けるようにするか、周囲にクレジットカードや自動車ローンの審査を受けていると伝えるとよいでしょう。

カードローンの在籍確認について詳しく知りたい方は、下記の記事もあわせてご覧ください。

カードローンの在籍確認を徹底解説!職場や家族に秘密にするためのコツとは?
カードローンの申込みで多くの人が気になるのが、在籍確認でしょう。会社に電話連絡がきて、その電話によって周りの人にカードローンの利用がバレないか心配になるというものです。ここでは在籍確認の内容や回避する方法をわかりやすく解説します。

増額審査にはどれくらい時間がかかるの?

増額の審査にかかる時間は、申込方法によって異なります

増額審査にかかる時間

  • 電話→1時間~2時間程度
  • ローン契約機→1時間程度
  • インターネット→30分~5時間程度

上記は目安となりますが、どの方法で申し込むか迷われている際には、参考にしていただきたいと思います。

審査に通過して増額されやすいケース

三井住友銀行カードローンの増額審査に通りやすいケースは、下記のとおりです。

審査に通過しやすいケース

  • 年収が上がった
  • 他社での借入額が減った
  • 滞りなく返済を続けている

第1に、増額されやすいケースとして考えられることは、まず年収の増加、または非正社員から正社員になったなど、昇給があった場合です。

第2に、他社での借入が完済した、もしくは大幅に減ったなどの場合は、増額の審査に通過する可能性が高くなります。

第3に、三井住友銀行カードローンで、半年から1年以上の間、返済遅れなどが1度もないことも増額されやすいポイントになります。

以上のことをふまえると、三井住友銀行カードローンで返済に遅れておらず、昇進や副業などで年収がアップしたときは、増額の申込みをする絶好のタイミングといえるでしょう。

三井住友銀行カードローンの増額審査に落ちる理由

三井住友銀行で増額審査に落ちた場合には、以下のようなことが理由として考えられます。

増額審査に落ちる理由

  • 返済をはじめてから半年未満
  • 信用情報に金融事故の記録がある
  • 返済に遅れたことがある
  • 他社借入件数・金額が多い
  • 収入が下がった
  • 転職したばかり
  • 満70歳以上になった

増額審査に落ちる理由としては、収入面や現在の借入状況で、返済能力がないと判断されたことが要因となるようです。

また三井住友銀行の利用資格は、満20歳以上で満69歳以下となっているので、満70歳以上の利用者は増額することはできません

増額審査に落ちた方は、以上の項目が自分にあてはまるかどうか確認してみてください。

三井住友銀行カードローンで増額する際の注意点

三井住友銀行カードローンで増額する際の注意点を表す画像

増額を自分から申し込む場合には、気を付けるべき注意点があります。

注意点

  • 限度額を減額される可能性がある
  • 増額案内が届いても、増額審査に通るとは限らない
  • 増額審査は時間がかかる傾向にある

増額のリスともいえる上記の注意点について、順番に説明していきます。

1.増額審査に落ちて利用限度額を減額される可能性がある

増額の申込みをし、再度審査されることになれば、現在の勤務状態や年収、信用情報や借入状況などを調べあげられることになります。

そこで三井住友銀行が返済能力や信頼度がないと判断した場合には、限度額を減額する可能性があります。借入額が足らず、増額の申込みをしているのに、減額をされてしまうと大変ピンチな状況になりますよね。

最悪の場合には、利用停止になるということも考えられます。

利用者の信用情報に金融事故の履歴があがっていたり、3ヶ月以上の延滞があるのにもかかわらず、増額の申請をすることで信用性を疑われ利用を止められることがあります。

自身の信用情報に不安がある場合には、増額の申込みをすることは差し控えた方が賢明です。

年収減にご注意!減額されやすいのはこんな人

減額される要因として考えられることは、信用情報だけではなく年収が大幅に減少したことなども含まれます。

減額される人の特徴

  • 失業した
  • 転職して年収が減少した
  • 結婚して専業主婦(夫)になった
  • 正社員から非正社員になった
  • 数週間以内に他社での新規借り入れが増えた
  • 利用目的が「生活費の補填」「ギャンブル」「他社への返済」のうちいずれか

このような場合には、減額されてしまう可能性がおおいにあります。

この中でも、失業の場合には利用停止になる危険性が高いといえるでしょう。利用停止や減額を免れるために、上記の条件に当てはまるときには増額申請を控えることをおすすめします。

三井住友銀行カードローンの増額審査に通過するために年収はどれくらい必要?

三井住友銀行カードローンでは、「増額審査に通過するために必要な年収がいくらか」ということは明かされていません。ただし、「三井住友銀行から返済能力があると認められるだけの年収が必要」ということはできます。

カードローンの増額審査では、利用者の返済能力が重点的にチェックされます。すなわち、「この人は限度額をあげてもきちんと返済してくれるか?」という点が見られているのです。

限度額が上がれば、収入に対する返済額の比率である返済比率も上がることになります。「これだけの年収があれば、返済比率が上がってもちゃんと返済できるだろう」と判断されれば、増額審査を通過する可能性は高まるということです。

2.増額案内の電話があっても、増額審査に通るとは限らない

三井住友銀行から増額の案内があった場合でも、かならず審査に通過するというわけではありません。

増額の案内は、三井住友銀行での借入状況で限度額をあげることができるかもしれないと判断され届けられます。しかし、その時点では勤務状況や他社の借入状況までは把握されていません

よって、実際に審査となりすみずみまで詳しく調べることで、増額できない理由がでてくることも容易に考えられます。

この場合には、増額案内が来ていても増額審査に落ちるということになってしまうでしょう。

3.増額審査は時間がかかる傾向にある

三井住友銀行カードローンでは、増額の申込み日当日に増額融資を受けることは不可能です。

追加融資を急がれる場合には、他社での新規借入れを検討する必要があります。

また増額の申込みをすることによって、減額利用停止になってしまう危険性があるという点もデメリットになります。

「今日中に追加で融資を受けたい!」という方は、下記のような即日融資を受けられる消費者金融をご検討ください。

【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
【PR】Sponsored by アイフル株式会社
【PR】Sponsored by アコム株式会社

三井住友銀行カードローンで増額するときの2大メリット

三井住友銀行カードローンの増額審査には2つのメリットがあります。

三井住友銀行で増額する2つのメリット

  • 金利が下がる可能性がある
  • 新規で借入先を増やす必要がない

1.金利が下がる可能性がある

金利は借入限度額によって定められており、限度額が高いほど金利は安くなるように設定されています

また利息制限法という法律により、貸付金利は借入金額に応じて上限が定められています。

利息制限法で定められた上限金利
借入金額 上限金利
10万円未満 20%
10万円以上100万円未満 18%
100万円以上 15%

仮に増額審査に通過し、限度額が100万円以上となれば金利は15%以下に制限されることになります。

さらに限度額が大きくなると、金利が下がる可能性があるため、金利負担を軽減するためにも増額をしておくことは有利かもしれません。

ですが、限度額を大きくするということは、それだけ大きな金額のお金を借りることができるので、借りすぎてしまう傾向にある方には注意が必要です。

2.新規で借入先を増やす必要がない

三井住友銀行カードローンで増額せずに借入金額を増やすためには、新規での借入先を探さなければなりません。

ほかのカードローンを利用するとなれば、返済日や返済方法が異なるので、管理していく中で不便な点がいろいろと発生するでしょう。

他のカードローンを利用しないで済めば管理がしやすく、多重債務者になるというリスクもありません。


多重債務とは複数社からお金を借りている状態のことで、返済困難になってしまう恐れがあるため、大変危険な状態です。

このような状態にならないように、借入先は1本にしておくことが安全と言えます。

三井住友銀行カードローンの増額まとめ

三井住友銀行で増額の申込みをする際には、まず自身の経済状況をしっかり把握して、増額融資をしても返済していけるかどうかを判断することが重要です。

返済能力が満たない場合には、増額の申込みをしても審査に落ちるどころか、減額利用停止になってしまう可能性があるのです。

このような結果になってしまえば、自身の信用情報にまで傷をつけてしまうことになり、新規での契約も難しくなってしまいます

そのような事態を避けるために、本記事を参考にして「自分が増額できるかどうか」の判断をしていただければ幸いです。

三井住友銀行のバナー
おすすめポイント
  • お申込時には三井住友銀行に口座がなくてもお申し込みいただけます。
  • 10万円から最高800万円までお申込可能
  • 金利 年4.0%~14.5%(変動金利)
審査時間 公式サイト参照
融資時間 公式サイト参照
実質年率 4.00〜14.50%
無利息期間 なし
借入限度額 10万円〜800万円
パート・アルバイト
収入証明書 公式サイト参照
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート 非対応 ミニストップ 非対応
【PR】Sponsored by 株式会社三井住友銀行 ※21時まで受付可能ですが、時間帯によっては回答が翌日以降となる場合があります。

関連記事

三井住友銀行カードローンの審査に関する記事

三井住友銀行カードローンの返済に関する記事

三井住友銀行カードローンに関するその他の記事