更新日:

三井住友銀行のカードローンで収入証明書類が必要なのはどんなとき?提出方法もご紹介

三井住友銀行のカードローンで収入証明書類が必要なのはどんなとき?提出方法もご紹介

三井住友銀行のカードローンに申し込むと、収入証明書類の提出が必要になることがあります。

運転免許証などの本人確認書類とは異なり、収入証明書類は準備に時間がかかることもありますので、スムーズにカードローン審査を済ませるためにも早めに準備しておきたいものです

この記事では、「収入証明書類が必要になるのはどんな場合か?」という点や、提出できる書類の種類、収入証明書類に関するよくある疑問とその答えについてまとめました。「三井住友銀行 カードローン」への申込を検討している方はぜひご覧ください。

三井住友銀行のカードローンでは、かならず収入証明書類が必要になるわけではない

三井住友銀行 カードローン」の審査に申し込む方は、かならず本人確認書類を提出しなくてはいけません。三井住友銀行の口座をお持ちの方も、本人確認書類の提出は省略不可能です

しかし、収入証明書類に関しては、かならずしも提出しなくてはならないわけではありません。「三井住友銀行 カードローン」に50万円以下の極度額で申し込むときには、基本的には提出不要です。

「三井住友銀行 カードローン」の審査に落ちないために!審査時間や流れを詳しく解説

三井住友銀行のカードローンで収入証明書類が必要な2つの状況

三井住友銀行 カードローン」で収入証明書類の提出を求められるのは、次の2つの状況に限られます。

収入証明書類を提出しなくてはいけないとき

  1. 50万円を超える極度額でカードローンを申し込むとき
  2. カードローン利用中に三井住友銀行から提出を要請されるとき

1つは50万円を超える極度額で申し込むときで、もう1つは三井住友銀行のカードローンを利用中で三井住友銀行から収入証明書類の提出を要請されるときです。

それぞれのケースについて、下記で詳しく解説していきます。

収入証明書類が必要な状況①50万円超の極度額で申し込むとき

50万円を超える極度額で三井住友銀行のカードローンに申し込むときは、収入証明書類をかならず提出しなくてはいけません。

「三井住友銀行 カードローン」の審査において収入証明書類の提出を求められるのは、この条件のみです。審査を円滑に進めるためにも、50万円を超える極度額を希望する方は収入証明書類を事前に準備しておきましょう。

収入証明書類が必要な状況②契約中に、提出が求められたとき

三井住友銀行 カードローン」では、審査のときだけでなく、利用中にも収入証明書類の提出を要請されることがあります。極度額が増えたときや転職したとき、提出してからある程度の期間が経ったときなどに収入証明書類の提出が求められることがありますが、そのほかの理由もあります。

いずれにしても三井住友銀行から収入証明書類の提出を要請されるときは、速やかに提出するようにしてください。提出しないで放置しておくと、カードローンの利用が制限される可能性もあります。

三井住友銀行のカードローンで収入証明書類を提出する方法

三井住友銀行のカードローン利用中に収入証明書類の提出を要請されたときは、WEBの書類提出ページからの提出が便利です。

公式サイトから「収入証明書類のご提出」→「書類のご提出はこちら」と進むと、書類提出ページに進めます。

一方、審査時に収入証明書類を提出するときは、申込方法によって提出方法が異なります。ローン契約機で申し込むときとインターネットか電話で申し込むときでは、次のように収入証明書類の提出方法が変わります。

1.ローン契約機で申し込むときは機械で収入証明書類を提出

三井住友銀行の店舗内などに設置されているローン契約機で申し込むときは、契約機の画面に収入証明書類を載せてスキャンさせて提出します。

三井住友銀行 カードローン」の申込手続きと同時に書類提出ができますので、時間もかからず手間もかかりません

2.インターネットや電話で申し込むときはWEBからの提出が便利

インターネットか電話で三井住友銀行のカードローンに申し込むときは、WEBから収入証明書類を提出します。画像をアップロードするだけで簡単に提出できます。

なお、お手持ちのパソコンにカメラ機能がついていない場合は、スマートフォンから申し込むほうが簡単かもしれません。スマートフォンならカメラ機能を使って収入証明書類を撮影し、そのままアップロードができます。

三井住友銀行のカードローンで提出する「収入証明書類」って、具体的にはどんな書類?

収入証明書類の例を表す画像

さまざまな消費者金融や銀行がカードローンを提供していますが、提出できる書類の種類は異なります。

三井住友銀行のカードローンでは、収入証明書類として以下の書類を提出できます。なお、いずれの書類も発行日や年度が決まっていますので、かならず確認してから正しい書類を提出するようにしてください

提出できる収入証明書類の種類
種類
備考
給料明細書 発行日が3ヶ月以内のもの
源泉徴収票
・申込が1月の場合は前々年度以降のもの
・2~12月に申し込む場合は前年度のもの
税額通知書
・申込が1~6月の場合は前々年度以降のもの
・7~12月に申し込む場合は前年度のもの
納税証明書
・申込が1~6月の場合は前々年度以降のもの
・7~12月に申し込む場合は前年度のもの
所得証明書
・申込が1~6月の場合は前々年度以降のもの
・7~12月に申し込む場合は前年度のもの
確定申告書 前年度のもの。ただし、1~3月に申し込む場合は前々年度のものも提出可能

収入証明書類と違って、本人確認書類はかならず提出する必要がある

三井住友銀行のカードローンを利用する際、収入証明書類はかならずしも提出しなくてはならないわけではありません。審査においても、50万円を超える極度額で申し込む場合のみ、収入証明書類の提出が求められます。

一方、本人確認書類は審査の際にかならず必要です。以下の書類のいずれかを提出してください。

提出できる本人確認書類の種類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 顔写真付きの住民基本台帳カード
(※)保険証など、上記以外の書類を本人確認書類として使用したいと考えている方は、三井住友銀行のカードローンプラザに電話をかけて相談してください


なお、本人確認書類に記載された住所と現住所が異なるときは、現住所が分かる書類を添えて提出しなくてはなりません

現住所が記された税金の領収書や納税証明書、公共料金の領収書、社会保険料の領収書のコピーを一緒に提出してください。ただし、いずれも6ヶ月以内に発行されたものか領収印が押されたものに限ります。

「三井住友銀行 カードローン」の収入証明書類に関するQ&A

三井住友銀行のカードローンを利用する際、収入証明書類に関して疑問が生じることがあります。

とりわけ申込の際には、正しい書類を提出しないと審査落ちすることもありますので慎重に提出すべきです。よくある疑問とその答えをまとめましたので、ぜひご覧ください。

Q1:該当する書類なら発行時期に関係なく提出できる?

三井住友銀行が指定している収入証明書類であっても、発行時期や当該年度が異なるときは提出することはできません。

基本的に最新のものを提出すれば、申し込むことが可能です
。詳しくは上記の「提出できる収入証明書類の種類」の表を参考にしてください。

Q2:収入証明書を提出するということは三井住友銀行のカードローンは総量規制の対象?

総量規制の仕組みを表す画像

三井住友銀行のカードローン銀行カードローンですので、総量規制の対象ではありません

そのため、かならずしも利用額が年収の3分の1以下に限定されるわけではなく、総量規制に引っかかっていないかを調べるために収入証明書類を提出させるわけでもありません。

それでは、なぜ「三井住友銀行 カードローン」の審査では、金額によって収入証明書類の提出が求められるのでしょうか?

それは、申込者が多額なお金を借りても返済できるだけの、十分かつ安定した収入があることを確かめるためだといえるでしょう。

在籍確認で勤務先と収入の確認をすることもできますが、在籍確認だけでは年収がいくらかまでは確認することができませんよね。

とりわけ50万円を超える極度額で申し込む方には、返済できるだけの安定した収入があるのかどうかを調べるために収入証明書類の提出を課している可能性があります。

Q3:収入証明書類で審査に落ちることがある?

申込時に収入証明書類を提出する場合は、収入証明書類も審査項目の1つになります。そのため、収入証明書類に記載されている内容によっては、「三井住友銀行 カードローン」の審査に落ちることがあります。

たとえば申込金額に対して収入が少なすぎると判断されるときは、審査落ちするでしょう。また、申込フォームで申告した収入と収入証明書類に記されている収入が著しく相違するときも、審査落ちにつながることがあります。

Q4:提出した書類は返還してもらえる?

三井住友銀行のカードローン収入証明書類や本人確認書類を提出するときは、後で返還してもらうことはできません。提出した書類は、三井住友銀行内で申込者の個人情報として厳重に管理されることになります。

なお、WEBで書類を提出する場合は電子データとして三井住友銀行に送信しますので、収入証明書類や本人確認書類の原本を三井住友銀行に送る必要はありません。また、ローン契約機で書類を提出する場合も書類をスキャンするだけですので、書類原本は手元に残ります

収入証明書類を正しく提出して、スムーズに審査を進めよう

50万円を超える極度額で申し込むときと三井住友銀行から提出を要請されたときは収入証明書類をかならず提出しましょう。

当然のことですが、収入を証明する書類なら何でもよいのではなく、三井住友銀行が定めた種類の書類で、なおかつ発行日や当該年度が正しいものを提出しなくてはなりません。

申込時に正しい書類を提出するなら、「三井住友銀行 カードローン」の審査がスムーズに進み、借入までの時間を短縮できることもあります。できれば申込手続きを開始する前に、正しい収入証明書類を準備しておきましょう。

執筆者のプロフィール
manekai_editorial
マネ会 編集部

気になるけど、なかなか話しづらい。けどとても大事な「お金」のこと。 日々の生活の中の身近な節約術から、ちょっと難しい金融知識まで、知ってて得する、為になるお金の情報を更新していきます。

関連記事

三井住友銀行 カードローンの審査に関する記事

三井住友銀行 カードローンの借り方に関する記事

三井住友銀行 カードローンの金利に関する記事

三井住友銀行 カードローンの増額に関する記事

三井住友銀行 カードローンの返済に関する記事

三井住友銀行 カードローンに関するその他の記事