更新日:

三井住友銀行のカードローンは専業主婦も利用OK?主婦が審査で気をつけたい点もご紹介

三井住友銀行のカードローンは専業主婦も利用OK?主婦が審査で気をつけたい点もご紹介

三井住友銀行 カードローン」は、三井住友銀行の口座をお持ちでない方も利用できる銀行カードローンです。

インターネットやローン契約機でも申し込めるので、利用を検討している方も多いでしょう。ところで、三井住友銀行のカードローンは専業主婦の方も利用できるのでしょうか? 

専業主婦では利用できないカードローンが多いなか、この点は気になるところですよね。

この記事では、「三井住友銀行 カードローン」を専業主婦の方が利用する方法やカードローンを主婦の方が利用する際の注意点、「三井住友銀行 カードローン」を利用する際のよくある疑問とその答えをまとめました。

カードローンの利用を検討している主婦の方、必見です。

三井住友銀行のカードローンを専業主婦が利用することはできない

結論からいうと、「三井住友銀行 カードローン」を専業主婦の方が利用することはできません。

「三井住友銀行 カードローン」に申し込むためには、原則として、申込者本人に収入がなくてはいけません。そのため、本人に収入がない専業主婦の方は、「三井住友銀行 カードローン」に申し込むことは難しいでしょう。

ただし、専業主婦の方であっても、配当金や家賃収入などの個人収入がある方は申し込めます。ご自身に安定した収入があるのか確認してから、「三井住友銀行 カードローン」に申し込むようにしましょう。

「三井住友銀行 カードローン」の審査に落ちないために!審査時間や流れを詳しく解説
「三井住友銀行 カードローン」の審査が心配な方や、審査に落ちてしまう原因が分からないという方のために、この記事では審査基準や注意点を詳しく解説します。審査に通りやすくなるケースや、審査に落ちる理由をを知っておくと、審査通過の可能性を上げることができるかもしれません。三井住友銀行のカードローンで審査に落ちてしまった後の対処法についても説明しています。

パートをしている主婦や個人収入がある主婦は申し込める

パートアルバイトなどで安定した収入を得ている主婦の方も「三井住友銀行のカードローン」に申し込むことができます。

つまり、専業主婦ではなく、なんらかのかたちで安定した収入を得ている主婦の方なら、「三井住友銀行 カードローン」を利用できる可能性があるということです。

複数の職場を掛け持ちして働いている方も、安定した収入を得ている場合は申し込むことができます。

また、勤務先がない場合であっても、安定した収入を得ているなら申し込めます。たとえば、自宅でクラウドソーシングサービスを使って収入を得ている方や、株式投資FXでコンスタントに利益を得ている方も申込可能です。

専業主婦が三井住友銀行のカードローンに申し込む方法

「三井住友銀行 カードローン」を利用したいと考えている専業主婦の方で、ご自身に収入がまったくない場合は、そのままの状態では原則として申し込むことができません。

しかし、ご自身の条件あるいは申込先の条件を変えることで、カードローンを利用できるようになることがあります。次の2点を検討してみてください。

無収入の専業主婦がカードローンに申し込む方法

  1. パートやアルバイトを始める
  2. 専業主婦OKのカードローンに申し込む

専業主婦の申込方法1:パートやアルバイトを始める

安定した収入があり、なおかつ満20歳以上満69歳以下ならば「三井住友銀行 カードローン」に申し込むことができます。

年齢条件を満たしている専業主婦の方は、パートやアルバイトを始めて安定した収入を得てから申し込むのはいかがでしょうか。

とはいえ、パートやアルバイトを始めてすぐに「三井住友銀行 カードローン」に申し込むのでは、収入が安定していない状態で申込をおこなうことになります。

できれば、働き出してから少し時間が経過し、収入が安定してから「三井住友銀行 カードローン」に申し込むようにしましょう。

専業主婦の申込方法2:専業主婦OKのカードローンに申し込む

専業主婦でも利用できるカードローンを紹介することを表す画像でも利用できるカードローンを紹介することを表す画像

「三井住友銀行 カードローン」にこだわらず、専業主婦が利用できる別のカードローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。銀行カードローンのなかには、自分自身に収入がない専業主婦でも申し込めるものがいくつかあります。

なお、消費者金融のカードローンは総量規制が適用されるため、原則として本人に収入がない方は申し込めませんので、除外して検討するほうがよいでしょう。

下記の記事では、主婦がカードローンを利用したいときに気をつけたい点などをまとめています。

専業主婦でもカードローンで借りられる!?夫にバレずに借入、返済するポイント
家計を預かる主婦にとって、人ごとではない家計のピンチ。「月末の支払いが足りない」、「子どもの月謝が払えない」など、手持ちのお金が足りない事態に陥ることは、決して珍しいことではありません。パートの主婦や専業主婦がカードローンを利用する場合、どんなハードルがあるのでしょうか。実際に利用できるカードローンとあわせて、家族に内緒で利用したい場合のバレないコツをご紹介します。

イオン銀行カードローンは専業主婦も申し込める

イオン銀行カードローンは、自分自身に収入がない専業主婦の方も申し込める銀行カードローンです。

イオン銀行に口座をお持ちでない方も申し込めますが、口座を開設しているならキャッシュカードをカードローン用のカードとしても使えます。

また、イオン銀行カードローンは手数料無料のATMが多いという魅力もあります。イオン銀行のATMだけでなく、イーネットとローソン銀行のATMも無料で利用可能です。

セブン銀行カードローンも専業主婦OK

セブン銀行カードローンも、自身に収入がない専業主婦の方が利用できる銀行カードローンです。

申し込むためにはセブン銀行の口座が必要ですが、口座をお持ちでない方もカードローンと口座開設を同時に申し込めますので手軽です。

なお、借入や返済で利用できるATMは、セブン銀行の自社ATMに限られます。しかし、セブンイレブン店舗内や駅構内、ショッピングセンターなどに25,000台以上(2019年3月末時点)ありますので、利用場所に困ることは少ないです。

主婦が三井住友銀行のカードローンに申し込む際に注意すること

安定した収入があり、年齢条件を満たしているなら、「三井住友銀行 カードローン」に申し込むことが可能です。主婦の方も安定した収入を得て年齢条件を満たしているときは「三井住友銀行 カードローン」に申し込めます。

「三井住友銀行 カードローン」に申し込む前に知っておきたいことを3つまとめました。審査に通過する可能性を高めるためにも、ぜひご覧ください。

注意点

  • 50万円超の極度額を希望するときは収入証明書類を提出
  • 審査結果は即日には出ない
  • 返済は計画的におこなう必要がある

注意点1:50万円超の極度額を希望するときは収入証明書類を提出

「三井住友銀行 カードローン」に申し込む際に、極度額の希望金額を申込書に記入しなくてはなりません。50万円を超える極度額で申し込むときは、源泉徴収票や給与明細書などの収入を証明する書類提出が必須となります。

正社員の方だけでなく、パートなどの非正規雇用で働いている方も収入証明書類は提出必須です。スムーズに借り入れるためにも、前もって準備しておきましょう。

収入証明書はなぜ提出が必要なのか?その種類や取得方法について解説
カードローンや住宅ローンなどの審査を受ける際や、賃貸保証を受ける際など、様々な場面で必要になる収入証明書ですが、なぜ収入証明書は必要になるのでしょうか?この記事では、「なぜ収入証明書の提出が必要になるのか?」という理由や、その種類や取得方法について解説していきます。

注意点2:「三井住友銀行 カードローン」の審査結果は即日には出ない

銀行カードローンでは即日融資を受けられないことを表す画像

「三井住友銀行 カードローン」に申し込むと、審査結果が分かるのは最短翌営業日となります。

通常は電話で連絡が届きますが、インターネットで申し込んだ場合はメールで審査結果を知ることも可能です。どうしても今日中に融資が必要な方やお急ぎの方は、即日審査・即日融資が可能な大手消費者金融カードローンに申し込みましょう。

ただし、消費者金融のカードローンは総量規制が適用されますので、ご自身にまったく収入がない方は原則として申し込めないことが多いです。パートや在宅ワーク、不動産投資などで安定した収入を得ている方なら、申し込みやすいでしょう。

「三井住友銀行 カードローン」の審査時間は?審査結果が遅いときの原因もご紹介
「三井住友銀行 カードローン」の審査を受けようと思ったら、気になるのは審査時間ですよね。銀行カードローンの審査は、消費者金融よりも時間がかかる傾向にありますが、「三井住友銀行 カードローン」の審査時間はどのようになっているのでしょうか?そこでこの記事では、「三井住友銀行 カードローン」の審査時間はどれくらいかかるのかという点を中心に、審査結果が遅い場合の原因などについてご紹介します。

注意点3:「三井住友銀行 カードローン」の返済は計画的に

パート・アルバイトなどで収入を得ている方も、「三井住友銀行 カードローン」に申し込むことは可能です。

しかし、毎月の収入が少ない主婦の方は、カードローンでお金を借りると返済に行き詰まる恐れがあります。お金を借りすぎると返済できなくなってしまう可能性がありますので、計画的に利用・返済するようにしてください

三井住友銀行のカードローンは返済方法と返済日が選べるから生活スタイルに合わせて返済可能!
「三井住友銀行 カードローン」を利用すれば、かならず発生するのが返済です。カードローンの返済に関しては、返済金額はいくらになるのか、返済方法は選べるのか、など疑問が尽きません。本記事では「三井住友銀行 カードローン」で効率よく返済する方法を詳しくお伝えします。

三井住友銀行のカードローンを専業主婦・主婦が利用したいときのQ&A

専業主婦や主婦の方も、条件を満たして所定の審査に通過するなら、「三井住友銀行 カードローン」を利用することができます。

この章では、主婦の方が「三井住友銀行 カードローン」に対して抱きがちな疑問とその答えをまとめましたので、申込の前にぜひご確認ください。

Q1:配偶者の収入で三井住友銀行のカードローンに申し込める?

カードローンを展開している金融機関のなかには、総量規制の例外となる配偶者貸付を利用できる消費者金融や、配偶者のみに収入がある場合でも申し込むことができる銀行カードローンも存在します。

しかし「三井住友銀行 カードローン」では本人の収入が必要になるので、配偶者の収入で申込手続きをおこなうことはできません。かならずご自身の収入で申し込むようにしてください。

Q2:三井住友銀行のカードローンは配偶者の信用情報に問題があると利用できない?

「三井住友銀行 カードローン」で審査の対象になるのは、あくまでも申込者個人の収入や信用情報です。

そのため、配偶者の信用情報に問題があっても、原則として「三井住友銀行 カードローン」の審査結果には影響は及ぶことはないでしょう。

しかし、住宅ローンなどを配偶者と共同で返済している場合は、返済が滞っていると「三井住友銀行 カードローン」の審査に影響を与えるかもしれません。

まずは、「三井住友銀行 カードローン」の審査に申し込む前に、ご自身の名義のローンやクレジットカードの返済・支払いをしているのか確認しておきましょう。これらの情報は信用情報として指定信用情報機関で保有され、カードローン審査の際にはかならず照会されます。

信用情報機関はどんな情報があるのか?また情報開示についても解説
住宅ローンやカードローンなどお金を借り入れる際には、信用情報機関というあまり馴染みのない言葉を耳にすることがあるかと思います。この記事ではその信用情報機関について、詳しく解説していきます。

Q3:専業主婦申込可能なローンは配偶者の信用情報に問題があっても利用できる?

「三井住友銀行 カードローン」以外の専業主婦OKのローンの場合、利用するのは専業主婦としても、配偶者の収入から返済されることになります。

そのため、専業主婦がカードローンに申し込んだ場合には、配偶者の信用情報をチェックして、本当にコンスタントに返済できるのかを調べることがあります。

たとえばイオン銀行カードローンセブン銀行カードローンなどに無収入の専業主婦として申し込むときは、配偶者の収入や信用情報は審査対象となります。

配偶者の信用情報に問題があるときは、審査通過は厳しくなるでしょう。

Q4:配偶者が契約中の「三井住友銀行 カードローン」を、専業主婦が利用できる?

カードローン契約は、契約者とカードローン会社の一対一の契約です

そのため、専業主婦かどうかに関わらず、自分の名義以外のカードローンを使ってお金を借りることはできません。

カードローンを利用したい方は、ご自身の年齢や収入条件などに合うカードローンに申し込み、ご自身の名前で契約するようにしてください。

三井住友銀行のカードローンを専業主婦・主婦が利用したいときのまとめ

「三井住友銀行 カードローン」は、主婦の方でも年齢と収入条件が合い、所定の審査に通過するなら利用できます。

しかし、ご自身にまったく収入がない場合は、原則として申し込むことはできません。パートや在宅ワークなどで収入を得てから申し込むか、専業主婦OKのカードローンに申し込むようにしてください。

また、収入が少ない主婦の方は、多額を借りると返済に行き詰まりやすくなります。借りたいだけを借りるのではなく、ご自身が返済できる金額だけを借りるように心掛けましょう。

執筆者のプロフィール
manekai_editorial
マネ会 編集部

気になるけど、なかなか話しづらい。けどとても大事な「お金」のこと。 日々の生活の中の身近な節約術から、ちょっと難しい金融知識まで、知ってて得する、為になるお金の情報を更新していきます。

関連記事

三井住友銀行 カードローンの審査に関する記事

三井住友銀行 カードローンの借り方に関する記事

三井住友銀行 カードローンの金利に関する記事

三井住友銀行 カードローンの増額に関する記事

三井住友銀行 カードローンの返済に関する記事

三井住友銀行 カードローンに関するその他の記事