更新日:

プロミスの手数料はいくら?手数料を無料にするお得な裏ワザも解説します

プロミスの手数料はいくら?手数料を無料にするお得な裏ワザも解説します

プロミスは三井住友フィナンシャルグループの100%子会社であり、アコムアイフルと並び大手消費者金融の一つとなっています。このプロミスでカードローンを利用した場合に、借入や返済でどのような手数料がどれくらいかかるのかを気にする方も多いと思います。

プロミスでは、借入・返済方法によって手数料が発生する場合があります。しかし、手数料無料で借入・返済する方法を知っていれば、余計な手数料を払わずにお得に利用することが可能なのです

この記事で、プロミスの手数料について詳しく解説します。

プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
実質年率4.50〜17.80% 借入限度額1万円〜500万円
審査時間最短30分 融資時間最短1時間
コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 収入証明書50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

プロミスの手数料、どんなときに発生する?

これからプロミスで、カードローンを利用してお金を借りようと思っている方もいらっしゃることでしょう。その場合に、気になるのは手数料ですね。

消費者金融は銀行カードローンよりも金利が高い傾向にあるので、支払う利息が高くなってしまいがちです。せめて手数料の発生は最低限に抑えて、お得にお金を借りたい方も多いのではないでしょうか。

まずは、どんなときに手数料が発生するのかを確認してみましょう。

プロミスに申し込むときは手数料がかからない

プロミスでは、カードローンに申し込むときには手数料は発生しませんこれは、自動契約機・インターネット・電話・店頭窓口といったいずれの申込方法を利用した場合でも同様です。

「電話の通話料が発生するのでは?」と思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、プロミスの電話申込みはフリーダイヤル(0120-24-0365)でかけられるため、通話料は生じないのです。また自動契約機での利用手数料なども発生しないので安心です。

プロミスで手数料が発生するのはこんなとき

プロミスでは、借入や返済の手続きをする際に、方法によっては手数料が発生します1回当たりの手数料は高くなくても、何度も手続きをおこなう場合には、合算すれば大きな負担となってしまうかもしれません。

また、せっかくプロミスの無利息サービスを利用しても、借入や返済の手数料が必要になれば、なんだか損をしたような気分になってしまいますよね。

しかし、ご安心ください。きちんと手数料無料の方法を利用すれば、手数料を支払うことなくプロミスで借入・返済をおこなうことも可能です。

プロミスの借入時に発生する手数料

プロミスで借入をする場合の手数料については、下表のように借入方法によって、手数料がかかったり、かからなかったりします。

借入方法別手数料の有無
瞬フリ(振込キャッシング) 無料
店頭窓口(お客様サービスプラザ) 無料
直営ATM 無料
提携ATM 有料(※)
(※)提携ATMでも三井住友銀行のATMは無料で利用が可能です

なお、プロミスのATMの利用では、銀行のように一定の営業時間を過ぎると時間外手数料が加算されるということはありません。昼間の利用でも夜間の利用でも、直営・提携ともに時間外手数料はかからないので、お得です。

プロミスの瞬フリ・店頭窓口・直営ATMなら手数料無料で借りられる!

プロミスでは、手数料無料でお金を借りられる方法がいくつも設けられています。

第一に、プロミスの振込キャッシングである「瞬フリ」は、手数料無料で借りることができます。原則として24時間265日、最短1分で振込融資が受けられるので、この便利な借入方法の手数料が無料なのはうれしいですね(振込実施時間は金融機関によって異なります)。

第二に、店頭窓口(お客様サービスプラザ)でお金を借りる際にも、手数料は発生しません。店頭窓口の営業時間は、平日10:00〜18:00です。

第三に、プロミスの店舗に併設されている直営ATMを利用する場合にも、利用手数料はかかりません。なお、直営ATMの営業時間は下表のようになっており、24時間営業ではないものの、夜遅くでも利用が可能なため、近くにあれば便利に利用できます。

プロミスの直営ATM営業時間
直営ATM営業時間 7時~24時(※)
(※)設置場所や時期によって、営業時間が違っていることがあります

手数料無料で今すぐ借りる 【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

提携ATMで借りるときの手数料と営業時間

プロミスでは、下記のような提携ATMを利用することができます。基本的には、1万円以下の借入なら108円(税込)、1万円を超える借入なら216円(税込)の利用手数料が発生します。ただし、三井住友銀行ATMだけは、手数料無料で利用できるのでお得です。

提携ATMの提携先と営業時間
提携銀行ATM(※) ・三井住友銀行ATM
・三菱UFJ銀行
・ゆうちょ銀行ATM
・西日本シティ銀行ATM
・イオン銀行ATM
・横浜銀行ATM
・東京スター銀行ATM
・第三銀行ATM
・福岡銀行ATM
・熊本銀行ATM
・親和銀行ATM
・広島銀行ATM
・八十二銀行ATM
提携コンビニATM ・ローソン銀行ATM(主にローソン設置)
・セブン銀行ATM(主にセブンイレブン設置)
・イーネットATM(主にファミリーマート、中堅コンビニなど設置)
提携クレジット会社ATM クレディセゾンATM
(※)なお、親和銀行、広島銀行、八十二銀行は借入のみの提携になります

営業時間は、提携先によって違っており、銀行などはATM稼働時間が短い傾向にあります。銀行ATMの営業時間は、それぞれの銀行で設定されているATM稼働時間内での利用に限られます。

また、コンビニに置かれているATMは、基本的には24時間近く利用が可能ですが、定期的にメンテナンスがおこなわれており、その時間帯には利用はできません。

クレディセゾンATMの営業時間は、設置場所によって異なります。

提携ATMでも、三井住友銀行ATMでの借入は手数料無料!

プロミスの数多い提携ATMの中でも、三井住友銀行の提携ATMは手数料無料で利用することができます。

ATMの利用手数料は払いたくないが、消費者金融であるプロミスの直営ATMを利用していると、周囲に借入がバレてしまうのではないかと心配な人もいらっしゃることでしょう。

そのような場合には、三井住友銀行ATMであれば銀行取引をしている人も利用しているので、周囲に借入がバレる心配が少なく利用することができるでしょう。

プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
実質年率4.50〜17.80% 借入限度額1万円〜500万円
審査時間最短30分 融資時間最短1時間
コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 収入証明書50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

プロミスの返済時に発生する手数料

プロミスのカードローンでは、さまざまな返済方法が以下のように用意されています。その手数料は、それぞれの返済方法で違っています。

借入時と同様に、返済方法によっては、手数料がかかる場合とかからない場合があるのです。無料で返済する方法もたくさん設けられているので、賢く利用して手数料を抑えるとよいでしょう

返済方法とその手数料
直営ATM 無料
インターネット返済 無料
口座振替(自動引き落とし) 無料
コンビニのマルチメディア端末 無料
店頭窓口(お客様サービスプラザ) 無料
提携ATM 有料(※1)
銀行振込 有料(※2)
(※1)コンビニの提携ATMでは、取引金額が1万円以下なら108円(税込)、1万円超なら216円(税込)の手数料が発生します
(※2)銀行振込にかかる手数料は、それぞれの銀行によって異なります


借入時の手数料はそのとき限りですが、返済は毎月おこなう必要があります。できる限り、無料での返済方法を利用したいですね。

プロミスで無料で返済する5つの方法

プロミスでは、直営ATM・口座振替・店舗窓口・インターネット返済・マルチメディア端末という5つの返済方法を手数料無料で利用することが可能です。

直営ATMと店頭窓口(お客さまサービスプラザ)は、借入と同じですので、そのほかの無料返済方法について見てみましょう。

まず口座振替とは、自身の口座から返済金額を自動引き落としで返済することです。この場合には、送金手数料はかかりません。

次にインターネット返済とは、プロミス公式サイトの会員ページにログインして、無料でインターネットバンキングを利用する方法です。こちらの方法でも、手数料は発生しません。

ただし、プロミスでインターネットバンキングを利用できる金融機関は、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ジャパンネット銀行・みずほ銀行・楽天銀行に限られています。これ以外の金融機関を利用したい方は、インターネット返済ができない点にご注意ください。

最後に、コンビニのマルチメディア端末を使って返済する場合も、手数料は発生しません。利用できるマルチメディア端末は、ローソンやミニストップに設置されているLoppiと、ファミリーマートに設置されているFamiポートです。

このように、プロミスでは無料で返済できる方法が用意されているので、無駄なコストをかけずに返済することができます。

提携ATMで返済するときの手数料と営業時間

プロミスの提携ATMでは、借入時と同様に返済時にも手数料が発生します。

金額も借入時と同じで、1万円以下を返済するときには108円(税込)、1万円超を返済する時には216円(税込)の手数料が発生します。1回の返済で発生する手数料は大きなものではありませんが、毎月の返済や繰上げ返済などで毎回提携ATMを利用していると、気づけば大きな金額を支払っているかもしれません。

提携ATMでも、三井住友銀行ATMでの返済は手数料無料!

プロミスの提携ATMの中でも、三井住友銀行の提携ATMは、借入も返済も無料で利用できます。全国に展開されている三井住友銀行の支店はもちろん、駅前などに設置されている場合もあります。

三井住友銀行の提携ATMであれば、手数料が無料なだけでなく、消費者金融に返済していることもわかりませんので、知人などに借りていることを知られたくない人には便利です。

プロミスの銀行振込による返済で発生する手数料はいくら?

プロミスに銀行振込で返済する場合には、利用する金融機関によっては手数料が発生します。

「1ヶ月に何回まで振込手数料無料」などのサービスをおこなっている金融機関もあるので、そちらを利用すれば振込手数料を節約することができるでしょう。いずれにせよ、振込手数料は利用者の負担になるということを覚えておきましょう。

プロミスの銀行振込は、振込方法や金融機関によって手数料が違う

プロミスの銀行振込では、それぞれの銀行によって、また、振込方法によって送金手数料は違っています。窓口とATMでも違います。具体的に三井住友銀行や三菱UFJ銀行などの例を見てみましょう。

例えば、三井住友銀行の他行宛の銀行振込手数料は次のようになっています。

三井住友銀行の振込手数料(※1)
取扱区分 他行宛(※2) 同行宛(※3)
窓口(3万円未満) 648円 324円
窓口(3万円以上) 864円 540円
ATMで現金入金(3万円未満) 432円 216円
ATMで現金入金(3万円以上) 648円 432円
ATMからキッシュカードで振込(3万円未満)(※4) 216円 108円
ATMからキッシュカードで振込(3万円以上)(※4) 432円 108円
インターネットバンキングで振込(3万円未満) 216円 無料
インターネットバンキングで振込(3万円以上) 432円 無料
(※1)個人の方(個人事業主)の場合で、税込金額になります
(※2)他行宛では、SMBCグループのみなと銀行宛とSMBC信託銀行宛の場合は支払手数料が違っています
(※3)同行宛は本支店間の手数料であり、同一支店内の振込の場合は違っています
(※4)キャッシュカードは同行のカードを使った場合であり、他行のキャッシュカードでは違っています


次に三菱UFJ銀行では次のようになります。

三菱UFJ銀行振込手数料(※1)
取扱区分 他行宛 同行宛(※3)
窓口(3万円未満) 648円 324円
窓口(3万円以上) 864円 540円
ATMで現金入金(3万円未満) 432円 216円
ATMで現金入金(3万円以上) 648円 432円
ATMからキャッシュカードで振込(3万円未満)(※2) 270円 108円
ATMからキャッシュカードで振込(3万円以上)(※1) 432円 108円
インターネットバンキングで振込(3万円未満) 216円 無料
インターネットバンキングで振込(3万円以上) 432円 無料
(※1)個人の方(個人事業主)の場合で、税込金額になります。
(※2)キャッシュカードは同行のカードを使った場合であり、他行のキャッシュカードでは、同行間の3万円以上は216円(税込)と高くなっています
(※3)同行宛は本支店間の手数料であり、同一支店内の振込の場合は違っており、ATMで現金の場合と窓口以外は無料です


以上のようになっています。

ATMからキャッシュカードを使っても、一番安いのは3万円未満の216円(税込)かかることになります。

同じATMでも、プロミスの提携ATMになっていれば、3万円未満であれば、108円(税込)で返済出来るので、割高になってしまいます。

インターネットバンキングの場合には、プロミスの会員ページからやれば、無料になるため、他行での目安としてみてください。

また、プロミスの返済用口座と同じ銀行口座を持っている場合には、同行宛手数料は、三菱UFJ銀行、三井住友銀行もとにATMを使えば、金額にかかわらず108円(税込)で振込みができます。

いずれにしても、銀行振込の場合は、インターネットバンキングを使えれば、一番安く返済できますが、やはり、無料の返済方法がいくつか用意されているだけに、そちらを利用するのがよいと言えます。

プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
実質年率4.50〜17.80% 借入限度額1万円〜500万円
審査時間最短30分 融資時間最短1時間
コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 収入証明書50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

提携ATMの利用手数料を無料にするお得な裏ワザがある!?

プロミスではポイント制度があります。このポイントを使って、提携ATMの利用手数料を一定期間無料にできる方法もあるのです。

ポイントによる提携ATM手数料の無料期間は次のようになっています。

ポイントによる提携ATM無料期間
申込日から翌月末 40ポイント

このように、申し込みが月初であれば、最長2ヵ月間提携ATMは無料で利用できるのです。

ただし、プロミスのポイントは、提携ATMの利用手数料を無料にできますが、ほかにも一定期間無利息サービスを受ける方法があります。次のような基準になっています。

ポイントによる無利息期間
250ポイント 7日間
400ポイント 15日間
700ポイント 30日間

ポイントを利用する場合、どちらがお得か見てみましょう。

例えば、250ポイントがあれば、7日間が無利息になります。借入が50万円あれば、利息は1,706円になります。

しかし、250ポイントで提携ATMの利用手数料を無料化すれば、申し込み日によっては、8ヶ月近く手数料を無料で利用できます。裏ワザといえますね。

借入50万円で、毎月追加融資を1回と返済1回をコンビニで行えば、返済額は13,000円になり、利用手数料は216円(税込)です。

追加借入も1万円超であれば、利用手数料を軽減できるため、ポイントの使い方としては無利息サービスを受けるよりもかなり大きくなります

ATMを無料にした場合の手数料削減額

  • 216円×(2回×8ヶ月)=3,456円

また、借入が10万円以下と小さく、追加借入もあまりしないということであれば、利用手数料軽減額は864円(税込)と小さいですが、無利息サービスによる利息軽減額も341円と小さくなります。

無料で返済をする方法が無い場合には、提携ATMの利用手数料無料に使ったほうが有利と言えるでしょう。

ただし、プロミスでは無料で借入、返済をおこなえる方法がいくつもあるので、それを利用できる場合には。ポイントを無利息サービスで使ったほうがよいでしょう。

プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
実質年率4.50〜17.80% 借入限度額1万円〜500万円
審査時間最短30分 融資時間最短1時間
コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 収入証明書50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

プロミスの手数料についての疑問にお答えします

プロミスでは、提携ATMの利用や銀行振込による返済などには手数料がかかってきますが、借入も返済も無料の利用方法もいくつも用意しています。これらの手数料無料の豊富さは、アコムアイフルなどの大手消費者金融の中でも際立っていると言えます。

しかし、豊富な利用手段があるだけに、疑問な点も出てきます。このプロミスの手数料についての以下のような疑問点についてQ&Aで説明します。

手数料についての疑問点

  • ATMで返済するときは、返済額に加えて手数料も支払う必要がある?
  • コンビニのマルチメディア端末手数料が無料なプロミス。これって普通のこと?

ATMで返済するときは、返済額に加えて手数料も支払う必要がある?

プロミスでは、ATMで返済するときに、返済額以外に手数料も支払わなければならないのかしらと疑問に思う方もいらっしゃいますね。

プロミスでは、提携ATMで返済時に発生した手数料については、そのときの返済額とあわせて支払うことが必要です。

その分のお金も用意しておく必要があります。手数料が上乗せされていない場合には、その分は追加借入となってしまい、次回以降の利息計算時の元本が増えて、利息に上乗せになるのです。

コンビニなどの場合には、1千円未満の小銭に対応していないため、現実には支払わずに追加借入扱いになっていることが多いようです。

ただし、1千円を上乗せして入金すれば、それだけ端数分は元本入金に充当されるので、完済は早くなり、利息総額も少なくてすみます

できれば1千円上乗せして返済されることをおすすめします。

また、ATMで借入れたときの手数料は、次回返済時に清算することになります。この場合も、返済時と同じく、コンビニATMでは支払いできないため、次回1千円上乗せして返済するようにしましょう。

コンビニのマルチメディア端末手数料が無料なプロミス。これって普通のこと?

プロミスでは、ローソンやファミリーマートのマルチメディア端末を利用すれば無料で返済できるけど、ほかの消費者金融などでもおこなわれているのかしらと思う方もいますね。

同じ大手消費者金融を挙げると、アイフルではマルチメディア端末利用時に手数料がかかり、アコムではマルチメディア端末を利用できません。したがって、手数料無料でマルチメディア端末から返済できるのは、プロミスの強みと言えます。

同じコンビニの店内でも、ATMを使うと手数料がかかるけど、マルチメディア端末を使えば無料で返済できるので、実質的なコスト負担は毎月完済まで続くだけに大きいですよ。

プロミスの手数料まとめ

プロミスでは、申し込み、借入、返済もさまざまな方法が用意されています。申し込みはどのような方法でも無料ですが、借入や返済でも無料で利用できる方法が用意されています。ただ、借入、返済の方法には有料の場合もあります。

とくに、三井住友銀行を除く提携ATMや銀行振込による返済の場合には、けっこうな額の手数料がかかります。借入はその場限りですが、返済は毎月完済まで長い期間支払うことになるため、ばかにはなりません。

なるべく、手数料のかからない方法を利用して、利息以外のコストを抑えるようにして、快適な生活を満喫してください。

プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 4.50〜17.80%
無利息期間 30日間
借入限度額 1万円〜500万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで原則不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

関連記事

プロミスの審査に関する記事

プロミスの借り方に関する記事

プロミスの金利に関する記事

プロミスの増額に関する記事

プロミスの返済に関する記事

プロミスに関するその他の記事