更新日:

プロミスの無利息サービスとは?利息0円でお金を借りる方法を教えます!

プロミスの無利息サービスとは?利息0円でお金を借りる方法を教えます!

アコムアイフルと並ぶ大手消費者金融プロミスは、正式社名をSMBCコンシューマーファイナンスという三井住友フィナンシャルグループの100%子会社です。

このプロミスでは、一定期間は利息0円でお金を借りることができるという、無利息サービスが用意されています。利息を払いたいという人はいないでしょうから、お得にお金を借りられるこのサービスはとても魅力的ですよね!

ほかの消費者金融でも無利息サービスが展開されていることがありますが、そのなかでもプロミスの無利息サービスは、「無利息期間が始まるのは初回利用の翌日から」という特長を持っています。プロミスのお得な無利息サービスについて、詳しくご説明しましょう。

プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
実質年率4.50〜17.80% 借入限度額1万円〜500万円
審査時間最短30分 融資時間最短1時間
コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 収入証明書50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

プロミスの無利息サービスは「30日間」

三井住友銀行の100%子会社であるプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)は、アコムアイフルなどと同様に、大手消費者金融です。各社ともに、初めて利用する方に対して、30日間無利息サービスを設けています。

無利息サービスとは、「その期間は、借りたお金に対する利息が発生しない」ということです。

例えば、プロミスで5万円を借りたとします。30日以内に5万円を返済すれば、かかる利息は0円です。また、30日以内に追加で5万円を借りて、5万円+5万円=10万円を期間内に返すことで、利息0円プロミスの追加融資を受けることもできます。

ただし、30日を過ぎた場合には、それ以降の利息は発生するということを覚えておきましょう。30日間を過ぎてからの利息金額については、次回の返済日に請求されることになります。

プロミスの30日間無利息サービスは、出費が多くて生活費が足りなくなって、収入があるまでのお金を調達したいときなどに、非常に便利に使えます。

なぜなら、30日以内に収入があって返済すれば、利息を払う必要なくお得にお金を借りられるからです。

また、30日以内にお金を返せない場合でも、最初の30日間の利息は無料になるので、その分の利息を払う必要はありません。

無利息期間が30日間だからといって、「30日以内に返済しないとお得なメリットを享受できない」というわけではなく、30日分の利息を節約できるので、通常よりもお得にプロミスを利用することができます。

プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
実質年率4.50〜17.80% 借入限度額1万円〜500万円
審査時間最短30分 融資時間最短1時間
コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 収入証明書50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

プロミスの無利息期間は初回利用の翌日から!

プロミスの無利息期間は初回利用日の翌日から始まることを表す画像

プロミスの無利息期間は、「初回利用の翌日から30日間」です。初回利用とは、初めてお金を借りるときのことです。もし、プロミスと契約してから初回利用日までに時間が経ってしまっても、勝手に無利息期間が始まるということはないので安心です。

アコムやアイフルにも無利息サービスはありますが、こちらの無利息期間は「契約日の翌日から30日間」となっています。そのため、契約後すぐにお金を借りないという場合には、借りる前に無利息期間が終わってしまうということがあり得るのです。

その点、プロミスの無利息サービスは「初回利用の翌日から30日間」なので、無利息サービスのメリットを十分に享受できる可能性が高いといえるのです。

プロミスで無利息サービスを利用するための3つの条件

プロミスで無利息サービスを受けるためには、次のような3つの条件が必要になります。利用を始める際に、登録しておかなければならい必要事項があり、それを満たしたうえで利用を始めないと、サービスは適用されないのでご注意ください。

無利息サービスの3つの適用条件

  1. プロミスを初めて利用すること
  2. メールアドレスを登録すること
  3. WEB明細を選択すること

プロミスの無利息サービスを受けるためには、初めての利用である必要があります。プロミスで追加融資を受けるときや、増額のときには無利息サービスは適用されないので、ご注意ください。

また、メールアドレスも登録しておく必要があります。こちらは、プロミスと契約する際に登録するものです。

最後に、書面の受取方法として、「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択する必要があります。この3つの条件を満たせば、プロミスで無利息サービスを受ける準備は完了です。

プロミスの無利息サービスって、どのくらいお得なの?返済額を比較してみた

プロミスで無利息サービスを受けた場合には、いくらくらい利息がお得になるのでしょうか。具体的な例を設定して、わかりやすくご説明しましょう。

例えば、融資金利17.8%で10万円を借りたとします。最低返済額である4,000円を毎回の返済額とすると、無利息サービスなし(通常時)の場合と、無利息サービスを利用した場合では、以下のように利息差が発生します。

なお、無利息サービスを利用した場合には、無利息期間である30日の間に返済日が来て、初回の返済をおこなったものと仮定します。

通常時の利息計算
30日後の利息額 1,463円
返済回数 32回
利息総額 25,381円
無利息サービス適用時の利息
30日後の利息額 0円
返済回数 31回
利息総額 23,098円
(※)上記のシミュレーション結果は目安です。参考値としてご活用ください


無利息サービスを利用すると、初回利用から30日間の利息は0円になります。そして、無利息期間である30日の間に初回返済時に初回返済日が訪れたので、その際に返済した4,000円はすべて元本に充当されます。

返済すべき元本が減ると、利息額は元本に対して発生するので、その後に払う利息も減るのです。結果として、無利息サービスなし(通常時)の場合は32回、無利息サービスを利用した場合は31回の返済を経て、2,283円の差額が発生しました。

また、もしも無利息期間内に借りたお金を完済できれば、通常時の利息である25,381円が0円になるということです

このように、無利息サービスを利用すると、利息額を節約することができます。30日以内に完済することができなくても、繰上げ返済や一括返済をあわせて活用すれば、さらに利息を節約することが可能です。

プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
実質年率4.50〜17.80% 借入限度額1万円〜500万円
審査時間最短30分 融資時間最短1時間
コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 収入証明書50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

プロミスで無利息サービスを利用する方法

プロミスで無利息サービスを利用するためには、まず先述した「プロミスで無利息サービスを利用するための3つの条件」を満たしている必要があります。そのうえで、下記のような借入方法でお金を借りれば、30日間の無利息期間が始まります

借入方法

  1. ATM
  2. 振込
  3. 店頭窓口

とくに、プロミスに「今から借りるので、無利息サービスをお願いします」などと連絡する必要はありません。ただし、心配であれば担当者に確認してから、初回利用を始めてもよいでしょう。

無利息サービス期間中に返済した場合は、30日以内であれば再度利用できる

プロミスの無利息サービスは、初回利用の翌日から30日間以内であれば、再度利用しても利息は0円になります。例えば、30日の間に一度完済して再度借入れたり、限度額内でプロミスから追加融資を受けても、その間の利息は発生しないということです。

ただし、何度でも利用できるからといって油断して、借り過ぎないように注意する必要があります。なぜなら、30日間を過ぎれば、残高に対して利息が発生するようになるからです。

今すぐプロミスに申し込む<br> 【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

プロミスポイントで無利息サービスを受けることも可能

プロミスポイントで無利息サービスを受けることもできる旨を表す画像

プロミスでは、消費者金融としては珍しく、ポイントサービスを展開しています。

プロミスのインターネットの公式サイトにある会員ページを利用すると、利用のたびに下表のようにポイントが付いてきます

ポイント付与基準
条件 ポイント
「返済日お知らせメール」サービス登録 月末のたびに1ポイント
「取引確認メール」サービス登録 月末のたびに1ポイント
「インターネット経由での書面の受け取り」サービス登録 月末のたびに1ポイント
会員サービスログイン 毎月初回ログイン時に10ポイント
会員サービスの「プロミスからのお知らせ」を確認(ポイント対象のもの) 5~20ポイント
ポイントサービスの申込み 初回のみ100ポイント
収入証明書類の提出 同年度中は初回のみ160ポイント

このポイントを利用すれば、提携ATMの手数料を無料にしたり、無利息サービスを利用したりすることができます。

つまり、初回利用時以外でも、ポイントを貯めれば何度でもプロミスで無利息サービスを受けられるということですね。ポイントに応じて利用できる無利息期間は、以下のとおりです。

ポイントに応じた無利息期間
必要ポイント 無利息期間
250ポイント 7日間
400ポイント 15日間
700ポイント 30日間

ちなみに、こちらの方法で無利息サービスを利用する場合の無利息期間の開始日は、初回利用の翌日ではありません。

すでにプロミスでお金を借りている方であれば、無利息サービスに申し込んだうえで、利息以上を返済すれば、翌日から無利息期間が始まります。利息以上を返済するには、返済日に最低返済額以上の金額を入金すればOKです。

プロミスで借りたお金を完済して、借入残高がない方は、次に出金した日の翌日から無利息期間が始まります

このプロミスポイントサービスを利用すれば、何度でも無利息サービスを利用することができますね。会員サービスへのログインや「プロミスからのお知らせ」チェックなど、ちょっとした手間でコツコツとポイントを貯めてみてはいかがでしょうか。

プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
実質年率4.50〜17.80% 借入限度額1万円〜500万円
審査時間最短30分 融資時間最短1時間
コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 収入証明書50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

プロミスで無利息サービスを利用する際の注意点

とてもお得なプロミスの無利息サービス。しかし、注意点を把握したうえでサービスを利用しなければ、思わぬ落とし穴にはまってしまうかもしれません。

プロミスの無利息サービスを利用する際には、下記のような注意するべき点があります。

無利息サービスの注意点

  • 返済日に遅れると、無利息サービスを利用できなくなるかも
  • 追加借入も無利息の対象になるからといって、借りすぎに注意

返済日に遅れると、無利息サービスを利用できなくなるかも

プロミスで無利息サービスを受けている間でも、返済日が来た場合には確実に返済をおこなう必要があります。返済日がきたのに返済しないでいると、無利息サービスが停止されることがあるので注意が必要です。

つまり、「無利息期間なので返済の必要はないだろう」と返済の入金をしなかった場合には、遅延損害金が発生するだけでなく、無利息サービスそのものが受けられなくなるかもしれない、ということです

30日間の無利息の権利が消えてしまうので、借入残高が大きい場合の負担額はばかになりません。無利息期間中だからといって、返済日を忘れてしまわないように気をつけましょう。

プロミスの無利息サービス期間中もきちんと返済しよう!

無利息期間中は利息が0円になると言っても、返済日にはきちんと約定返済額を支払う必要があります。返済日に遅れると遅延損害金が発生するのは、無利息期間中も同様なのでご注意ください。

無利息期間中の返済日では、通常の返済と同様の約定返済額を支払う必要があるので、無利息の実感がない人もいるかもしれません。しかし、無利息期間中の返済額はすべて元本に充当されているので、借入残高は確実に減っています。それによって、無利息期間後の利息は減り、完済も早くなるのです。

無利息サービス期間でも遅れることなく、確実に返済をするようにしてください。

追加借入も無利息の対象になるからといって、借りすぎに注意

プロミスの無利息サービスでは、初回利用の翌日から30日間であれば、追加融資を受けても無利息の対象となります。初回利用で借りたお金で満足がいかなければ、期間内に追加でお金を借りてもよいということです。

たしかに、「利息0円でお金を借りられる」という感覚はうれしいものです。しかし、「どうせなら!」と必要以上のお金を借りてしまわないように注意が必要です。

利息0円で利用できるのは、あくまでも初回利用の翌日から30日間に限られます。無利息期間が過ぎれば、借入残高に対する利息が発生するので、借り過ぎた残高が30日を過ぎても残っていれば、翌月からの返済で困ってしまうことになるでしょう

無利息期間だからといって、必要以上にお金を借り過ぎないように注意してください。

プロミスの無利息サービスに関するQ&A

ここまで、プロミスの無利息サービスについて詳しく解説してきました。この記事を読む前に抱いていた疑問を解消することはできたでしょうか?

この章では、プロミスの無利息サービスに関するさらに詳しい内容をQ&A形式でご紹介します。とくに、他社の無利息サービスとの比較のなかで、プロミスの無利息サービスへの理解を深めていきましょう。

無利息サービスの疑問点

  • プロミスとアコムの無利息サービス、どちらがおすすめ?
  • 無利息期間が30日以上のカードローンはある?

プロミスとアコムの無利息サービス、どちらがおすすめ?

プロミスと同様、同じ大手消費者金融のアコムにも無利息サービスがあります。

アコムとプロミスは、消費者金融業界では融資残高と顧客数でNo.1No.2の座に君臨しているので、「アコムとプロミス 、どっちで借りよう?」と迷う方もいらっしゃるようです。アコムとプロミスの2社を無利息サービスで比較すると、どちらがおすすめなのでしょうか?

プロミスもアコムのどちらも、無利息期間は30日です。この点は変わりがありません。

ただし、無利息期間の開始日は異なります。アコムは、契約日の翌日から30日のカウントが始まるのに対して、プロミスは初回利用の翌日から30日のカウントが始まります。

したがって、契約してすぐに利用しない可能性がある、という人にとってはプロミスのほうがうれしい無利息サービスとなるでしょう。反対に、契約日にそのまま借りるという方にとっては、両社の無利息サービスはあまり変わらないかもしれません。

これはアコムだけでなく、アイフルレイクALSAなどの無利息サービスにもいえることです。これらのカードローンにおける無利息期間の開始日は契約日の翌日からなので、初回利用の翌日から無利息期間を始めたい人にはプロミスがおすすめです

【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
【PR】Sponsored by アコム株式会社

無利息期間が30日以上のカードローンはある?

プロミスの無利息期間は30日間。「もっと無利息期間が長ければいいのに!」という希望がある方もいらっしゃることでしょう。

プロミス以外にも、無利息サービスを展開している消費者金融は少なくありません。先述したアコムのほかに、アイフルレイクALSAなどでも無利息サービスがおこなわれています。

なかでも、30日間以上の無利息サービスを利用したい方には、レイクALSAがおすすめです

レイクALSAの無利息期間は、「借入れ額の全額を30日間無利息」か「借入れ額のうち5万円まで180日間無利息」のどちらかを選ぶことができます。180日間無利息であれば、プロミスの無利息期間のなんと6倍です。

5万円以下を借りたい人であれば、プロミスの30日間無利息よりもレイクALSAの180日間無利息を選びたいと思うのではないでしょうか。

ただし、レイクALSAで無利息期間が始まるのは契約日の翌日からなので、「契約後すぐにお金を借りる予定がない」という方はご注意ください。

レイクALSAのバナー
おすすめポイント
  • 申込から借入、返済まで全てWEBで完結
  • コンビニなどの提携ATMでも手数料無料
  • 選べる無利息サービス!※
実質年率4.50〜18.00% 借入限度額最小1万円〜最大500万円
審査時間申込み後最短15秒 融資時間Webで最短60分融資も可
コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応 収入証明書50万円を超える場合提出必要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社 ※即日振込みをご希望の場合は、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。 ※審査結果をご確認いただける時間:8時10分~21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分~19時) ※上記以外の時間帯は、審査結果をメールなどでお知らせいたします。 ※パート・アルバイト:安定した収入がある方に限る ※収入証明書:レイクALSAのご利用限度額の総額が50万円を超える場合必要 ※収入証明書:レイクALSAのご利用限度額の総額と他社のお借入れ総額の合計が100万円を超える場合必要 ※収入証明書:他社とは、使途自由の類似無担保融資サービスを提供している会社のことを表します ※即日融資:21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能 ※即日融資:初めてのお客さまへの当日ご融資は、8~22時 ※即日融資:ご融資時間は、一部店舗によって異なります ※無利息期間:初回契約翌日から60日間全額もしくは180日間5万円分の利息が無料のどちらかを選べます ※無利息期間:Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります ※無利息期間:60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで ※無利息期間:30日間無利息、60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません ※無利息開始日はご契約日の翌日からとなります ※無利息期間経過後は通常金利適用

プロミスの無利息サービスまとめ

三井住友フィナンシャルグループの100%子会社であるプロミスでは、初めてカードを作った方に対しては30日間の無利息サービスを実施しています。

プロミスの無利息サービスは、アコムやアイフルのように契約日の翌日から30日間ではなく、初回利用の翌日から30日間と条件が柔軟になっています。「契約後、すぐにお金を借りないかもしれない」という方にとっては、初回利用の翌日が起算日になるのはうれしいですよね。

30日間であれば、追加融資を受けた分の利息も0円になります。ただし、無利息期間中であっても、返済日にはきちんと返済しなくてはいけない点にご注意ください。

プロミスのバナー
おすすめポイント
  • 事前に借入可能か3秒診断可能!
  • 30日間無利息サービスあり!(※)
  • WEB完結なら郵送物不要カードレス
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
実質年率 4.50〜17.80%
無利息期間 30日間
借入限度額 1万円〜500万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円まで原則不要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。 ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

関連記事

プロミスの審査に関する記事

プロミスの借り方に関する記事

プロミスの金利に関する記事

プロミスの増額に関する記事

プロミスの返済に関する記事

プロミスに関するその他の記事